野菜作りや温泉などの日常の出来事を綴ったつれづれなるままの日記です。ズボラで手抜きの勝手に菜園ですが、よろしくお付き合いください。
 佐賀神社のアームストロング砲と・・・
2017年01月15日 (日) | 編集 |
まずは年末の野菜収穫です。

PC291778.jpg
↑まずはダイコン、まるまるとしています。


PC291779.jpg
↑生でもおいしい甘美人、はいニンジンです~


PC291780.jpg
↑ミニサイズのサラダゴボウ まともに育っているのは数本

でもま~お正月の煮物には十分かな

PC291781.jpg
↑プランターのサニーレタスはお手軽に使えます。


PC310004.jpg
↑年末に頂いたさがほのか


PC310002_20170115094859559.jpg
↑娘が大福を作成


PC310001_20170115094857e51.jpg
↑あんこは市販のやつだそうです。


PC310003_20170115094900001.jpg
PC310006.jpg
↑イチゴ大福の出来上がり~ 

おいしくいただきました~



PC310017-1.jpg
↑大晦日の佐賀神社前の道路


P1010074.jpg
↑佐賀神社は日本で唯一、大晦日に大砲をぶっ放す神事が行われます。

PC310015.jpg
↑アームストロング砲といいます。佐賀藩が独自に作ったものだそうです・・・


PC310009.jpg
PC310021.jpg
↑ちょうど大砲を打つタイミングでの撮影はムリでした~

あまりの轟音にカメラがぶれちゃいます。7発でした・・・

P1010078.jpg
↑こちらは佐賀藩のカノン砲


P1010077.jpg
↑2017年になりました。今年は酉年だ~


P1010079.jpg
↑我が家は正月から鍋。頂き物のカニ鍋だ~













スポンサーサイト

 そよかぜ館とかかし市
2017年01月10日 (火) | 編集 |
佐賀のご紹介ですが、だんだんスケールが小さくなっていきます(*^_^*)

PA290695.jpg
↑佐賀市大和町でかかし市やってました。

そよかぜ館(佐賀市にある道の駅)から北に500m程いったところ

PA290696.jpg
↑今はバスを使う人も少なくなったけど、やっぱり公共の足は大事ですね。


PA290697.jpg
↑おじさん、何か釣れてますか~


PA290700.jpg
↑ワンコが散歩しています~


PA290701.jpg
↑柿の収穫だ~ 大和町は柿の産地、特に干し柿が有名です。


PA290703.jpg
↑佐賀では「稲こずみ」と呼びます。

昭和40年代から機械乾燥が始まり、今は共同のライスセンターでの乾燥に
稲こずみを見かけることはほとんどなくなりました。

PA290705.jpg
↑牛にひかせて田んぼの耕し、オイドンところにも牛がいました。

トラクターが入って牛がいなくなり、そのトラクターが故障すると
人間(オイドン)が引くことになります。農家ってつらかったな~ (*^_^*)

PA290708.jpg
PA290709.jpg
↑手で稲刈りしていた時代は、稲こずみ

小さなコンバインの時代は、田んぼに米袋が置いて行かれるので
それを後から回収する作業がありました。
今は、大型コンバイン、その中に保存するから必要が無くなった作業。

こうして見れば、かかしって昔のくらしや生活を表していますね。
懐かしくなりました。

PA290712.jpg
PA290713.jpg
↑そよかぜ館で友人が作ったコンニャクを購入


PB030719.jpg
PB030731_201612182037162b9.jpg
PB030737.jpg
↑以前もご紹介したオイドンの手作り料理

芋づるの佃煮風でお客さんをおもてなしました~ (*^_^*)
佐賀を楽しんだ日、佐賀って意外とすごいでしょ~




















 東与賀町のシチメンソウ
2017年01月07日 (土) | 編集 |
去年からの佐賀のご紹介が続きます。次は同じく有明海に面した東与賀町
海の紅葉と言われるシチメンソウのご紹介

PA290667.jpg
↑日本一のシギ・チドリの飛来地で、バードウオッチングされるかたの憧れの地だとか

PA290666.jpg
↑紹介看板の写真はクロツラヘラサギ

PA290668.jpg
↑この日はシチメンソウ祭り

まつりが多い日でした。バルーン大会が行われていたからそれに合わせておられるのでしょうね。

PA290669.jpg
↑まだ完全には紅葉していません・・・


PA290671.jpg
↑アカザ科なのでホウレンソウの仲間でもあるとか・・・

世界的に見ても珍しい塩生植物で、秋には真っ赤に紅葉します。
昭和62年に、昭和天皇が佐賀に来られた時にご覧になられ、
佐賀県民もその存在を知るように。それまでは全く知りませんでした。

その後、地元の方が守る会を作られ地道な活動の結果、一面に紅葉するシチメンソウが
見られるようになったと。時期はもう少し後でしょうかね~

PA290674.jpg
PA290675.jpg
↑体の横に紫の斑点が見えるので、たぶんムツゴロウかな~


PA290678.jpg
↑片方のハサミだけが大きいのは、シオマネキ

佐賀ではこの塩漬けを「ガンツケ」と呼びます。カニ→ガニ→ガンで、ガン漬けということに
めちゃめちゃ塩辛くて、トウガラシ効いてます。大人の酒のつまみ
今は食べる人少ないかな~ オイドンも40年ほど食べてません~

PA290684.jpg
↑これは普通のカニ? 種類は不明です。


PA290688.jpg
↑これはムツゴロウですが、左上を見てください。

小さなトビハゼがいます。

PA290689.jpg
↑ムツゴロウと触れ合いコーナーが・・・

子供たちが遊んでいますが、ムツゴロウには大迷惑でしょう。
後からかば焼きになるのかな (*^_^*)
佐賀では、ムツゴロウはかば焼きです・・・ 
ちなみにウナギと違って開きません。そのまま焼いてかば焼きのたれ
真っ黒になります。
これも40年ぐらい食べていません。お客さんにムツゴロウ料理紹介することはないです。

PA290690.jpg
↑真ん中の色が違う長いのは、ワラスボ

有明海のエイリアンと呼ばれている魚です。
干してダシにしたり、最近では刺身でも食べるとか











 2017明けましておめでとうございます
2017年01月01日 (日) | 編集 |
中学校時代からやっている版画での年始挨拶です。腕は全く上がりません・・・

PC291777.jpg
↑明けましておめでとうございます。

今年は文字なし・・・ 面倒だったから (*^_^*)
花押は押しますけど・・・

今回は、版画の作り方をご紹介します。

PC181735.jpg
↑絵心がある方以外は、元になる図案が必要です。

そんなのがないオイドンは、マール社の木版画年賀状を買います。
中に薄い紙があるので、気に入った図案を切り取ります。
今回は二版です。

PC181736.jpg
↑フエキ糊、今でもこんな糊使っている人いるのかな?

スティック糊ですよね普通は、でも版画にはこれなんです。

PC181737.jpg
↑水に溶かして・・・


PC181739.jpg
↑版画板に薄く延ばしていきます・・・

そこに図案の薄紙を張り付けて・・・

PC211740.jpg
↑図案の黒を残して、白の部分を彫ります。

だから、黒が多い方が簡単です。

PC211741.jpg
↑こういう細かいところが木版は難しい~

ゴム板だと結構簡単に彫れますけど、木目が出ないので味わいが少ないんです。

PC241766.jpg
↑今回は一つの版で二色使います。

筆は三本、茶色、黄土色、そしてその二つをぼかす筆

PC241767.jpg
↑バレンではがきに刷り込んでいきます。年季が入ったバレン

彫るのより、こっちの刷る方が難しいかな・・・
バレンも100円から10万円ぐらいの開きがあるとか・・・

PC251769.jpg
↑ぼかし技法は今回初挑戦、なかなか難しい~


PC291774.jpg
↑それにもう一つの版を重ねると・・・



PC291775.jpg
↑こんな風になります~

今回文字を入れるスペースがありませんでした。
普通は、版画自体に、迎春とか、初春とか、入れるんですが
面倒だったので省きました~ (*^_^*)

で、この作業をしているとき・・・ 目の前の畑で・・・


PC241742.jpg
↑バルーンが上げられていました~ 自宅のリビングから窓も開けずに撮影

吉野ヶ里遺跡のイベント関連かな?

PC241743.jpg
PC241744.jpg
↑大勢の方が集まっておられました。

オイドンの村の人口より多いかな (*^_^*)

PC241745.jpg
PC241749.jpg
↑十数機は集まっていたようです。


PC241750.jpg
↑鶴の里って、ブラックモンブランの会社が作っているマシュマロのこと?

サロは、わかります。佐賀県が誇る大企業、サロンパスの久光製薬です。

てことで、佐賀らしいお正月の記事になりました~
今年もよろしくです~








 三重津海軍所跡地と佐野常民記念館
2016年12月28日 (水) | 編集 |
佐野常民公は、大隈重信公と並ぶ、明治の佐賀を代表する偉人です。
日本赤十字社の創始者として知られています。

PA290629.jpg
↑三階建ての大きな建物でした。

基本的に入場無料で、二階のシアターに入る場合だけ有料です。

PA290631.jpg
↑アームストロング砲は、当時のイギリス軍が持つ最新鋭の武器

佐賀藩が、独自に作ったものが上野の戦いで活躍したという説がありますが
佐賀藩だけの力で作れたか疑問という説もあります。
しかし、佐賀はには当時鉄を製錬する技術があり、長崎警備の任にあたっていたことから
西洋の技術を受け入れる素地があったという説も

当時の大砲は前から弾薬をと球を詰めて爆発させるもの
一回ずつ掃除が必要で連発がきかず、命中精度の落ちるものだったのだが
佐賀藩のアームストロング砲は、後ろから砲弾を込めて打つものだったそうです。

PA290632.jpg
↑この船がなんだったか、説明撮影してなかったから忘れました~(*^_^*)


PA290633.jpg
↑三階は三重津海軍所跡のインフォメーションセンター

うまかどんで食べた蒸気船について学習しましょう~

PA290634.jpg
↑ドライドッグの写真ですが、これ見てもなんのことだか・・・

当時の横浜とかの港は石造りですが、佐賀は超軟弱地盤なので、それはムリ
だから軽い木材でドライドッグを作ったことか・・・
説明聞いてもなんのことだかよくわかりませんが・・・

PA290636.jpg
↑つまりこういう構造です。川の途中に掘ってドッグを作ります。

干満の差、日本一の有明海。満潮の時に船を入れ、干潮の時に入口を閉めれば
中は乾いた作業場になります。そこで船を作ったり、修理したようです。

PA290641.jpg
↑日本初の実用蒸気船が佐賀藩が作った凌風丸、海軍カレーうどんのモデルです~


PA290642.jpg
↑電流丸はスクリュー船


PA290644.jpg
↑世界文化遺産になりましたからね~ すごいですよ

ちなみに手前の鳥みたいなのはカチガラス、おとなしくてかわいいカラスの仲間です。

PA290647.jpg
↑二階からは直接外に出ることができます。

外は歴史公園

PA290648.jpg
↑何もないんですけど・・・


PA290649.jpg
↑一番、二番と番号があります。この場所に来て・・・


PA290646.jpg
↑バーチャルスコープを使えば・・・

当時の姿が浮かび上がってきます。

PA290650.jpg
↑説明パネルもありますが・・・

PA290652.jpg
PA290653.jpg
↑スコープだと目の前に迫力の映像とガイド説明も聞こえてきます。


PA290655.jpg
↑これは現在橋を作っているところ、有明海沿岸道路です。


PA290657.jpg
PA290659.jpg
↑な~んもなかですが・・・

PA290660.jpg
↑大砲が目の前に~

危ない~

PA290662.jpg
↑歴史公園からみた佐野常民記念館

お世話になりました~ タダでした~ 佐賀は最高だ~












 うまかどんの三重津海軍カレーうどん
2016年12月26日 (月) | 編集 |
佐賀市諸冨町に「うまかどん」といううどん屋さんがありました。
あるのは知ってたけど、初めて行きました。結構人気店、満車です。

PA290628.jpg
↑何とか車を止めてと・・・


PA290619.jpg
PA290620.jpg
↑ヒレカツ?だんご汁? うどん屋さんですよね・・・


PA290621.jpg
↑かれーうどん、いいな~


PB050744.jpg
↑三重津というのは地名でしょうが、海軍カレーうどん?

海軍カレーといえば横須賀とか、呉じゃないの? 佐賀県に海軍?

はい、三重津海軍所跡は、安政5年に佐賀藩が設立した蒸気船の修理・造船施設。
今は、八幡製鉄所等を合わせて(主に九州の)明治日本の産業革命遺産として
世界文化遺産に登録されています。

で、海軍カレーうどんはいいとして・・・

PA290622.jpg
↑先ほどの牛肉と野菜のカレーうどんとどこが違うの?

カボチャが蒸気船本体、レンコンが水車というか、周りで回っているやつをイメージ

PA290623.jpg
↑外輪船っていうのかな、その回るやつがレンコン・・・

ちょっと笑えますね(*^_^*)

PA290624.jpg
↑うどんの麺を揚げてありますが、これって帆船の帆かな?


PA290625.jpg
↑お味は辛くなく、甘すぎることもなくバッチリだと思います。

うどんのダシ汁がなく、そのまま麺にカレーをかけるタイプ

PA290627.jpg
↑カレー鍋うどんは、カレーうどんではないけど、カレー風味のうどんです。

オイドンは、海軍カレーうどん派です。

念のためですが、三重津海軍跡地は、諸冨町ではなく、佐賀市川副町
海苔の生産で有名な町です。













 吉野ヶ里遺跡は広いです~
2016年12月23日 (金) | 編集 |
とても広い吉野ヶ里遺跡、中を移動するのにシャトルバスもあります。
行きは歩いて、帰りに使うことにしました。

PA290566.jpg
↑高床式は穀物を保存する場所なんでしょうね

ニャンコがネズミ対策で飼われていたのかな~

PA290567.jpg
↑復元イメージです~


PA290570.jpg
↑こちらはカイコの小屋らしいです。


PA290572.jpg
↑カイコは桑の葉っぱを食べます。食べるときに雨が降るような音を立てます。

飼ってたから知ってます~ 昔の農家はなんでもやってましたからね。

PA290574.jpg
↑敵の襲来がないか監視する物見やぐら


PA290575.jpg
PA290576.jpg
↑とにかく佐賀は平地です・・・


PA290581.jpg
↑食物の倉庫かな


PA290582.jpg
↑当時はすぐ近くまで海が来てたのかな?

海のお魚も食べていたようです。意外とごちそう~
アワビやサザエ、まじでそんな高級なものあったのかな~

PA290584.jpg
↑ここは個人の住居かな


PA290585.jpg
↑冬はこの格好じゃ寒いでしょうね~



PA290587.jpg
↑ムラの有力者の家だそうです。



PA290588.jpg
↑なるほど、ベッド風になっているのかな



PA290589.jpg
↑一泊おいくらですか~ (*^_^*)


PA290590.jpg
↑イノシシ退治だ~ 夜はイノシシ鍋~


PA290591.jpg
↑仕留めたぞ~ エイエイオ~




PA290597.jpg
↑若い団体さんが盛り上がってました~

バンザイはいいですね。必ず笑顔になります。バンザイ最高~


PA290607.jpg
↑資料館もありました~ 以下省略~

てことで吉野ヶ里遺跡は終わります。まだまだ佐賀の紹介は続きますよ~












 吉野ヶ里遺跡に行きました
2016年12月22日 (木) | 編集 |
吉野ヶ里遺跡は年に数回、無料開放日があるらしいです。
行ったら無料でラッキーでした~ 夜は炎まつりだとか・・・

PA290535.jpg
↑この日はお天気、裏から入ったので入口には何もありません・・・

無料開放日だからでしょうね、普段は裏からは入れないと思います。

PA290536.jpg
↑公園の柵も、古代のイメージで作られています。

環濠(かんごう)集落といいまして、この外に濠を作って外敵を防ぐ、
当時は隣村でも収穫を巡って争いがあったんでしょうね。

PA290537.jpg
↑これが環濠集落を再現したイメージ


PA290538.jpg
↑集落の一番端っこに大きな丘がありました。


PA290540.jpg
↑入口がありました。


PA290541.jpg
↑北墳丘墓は歴代の王の墓だとか 2100年前の王の威光を示すもの

甕棺(かめかん)は本物を展示されていrそうです。

PA290542.jpg
↑ストロボを使わないなら撮影OKです。古文書とかは撮影禁止ですが・・・

結構迫力あります。無料なんですよ、この日は・・・

PA290543.jpg
PA290544.jpg
↑この甕棺は本物だそうです。


PA290545.jpg
↑弥生時代の「クニ」社会を裏付ける最も重要な施設だそうです。


PA290547.jpg
↑古代史がお好きな方には宝物のようなところでしょうね。


PA290551.jpg
PA290552.jpg
↑レプリカの有柄銅剣とガラス管玉

吉野ヶ里の発掘物といえばこの二つが全国的に有名になりました。
もちろんレプリカです。

PA290554.jpg
↑これは発掘時のイメージ


PA290557.jpg
↑これもイメージ


PA290558.jpg
↑一部改修工事が行われていましたが、この物見やぐらも吉野ヶ里を代表するものですね。

続きます~

















 アンデスレッドとデジマの収穫だ~
2016年12月20日 (火) | 編集 |
12月17日、ジャガイモの収穫です。

IMGP0937_20161217205605a30.jpg
↑霜が降りてジャガイモの枝が・・・

収穫時期です~

IMGP0938_201612172056079c3.jpg
↑今回はちょっと少なく植えています・・・


IMGP0939_20161217205608d07.jpg
↑デジマは白い美人かな~


IMGP0940_20161217205609737.jpg
↑アンデスレッドは色が鮮やか~


IMGP0941_2016121720561107b.jpg
↑トウガラシ、兄がたくさん作っていました。


IMGP0942_20161217205618340.jpg
↑ちょっと養子に出しました~

後は春まで野菜ネタは封印かも~









 2016の冬野菜だぞ~
2016年12月18日 (日) | 編集 |
今年の冬前半は、野菜が高騰していました。東日本が大雨で野菜作りに影響が出たのが原因
12月になると家庭菜園や地元の路地野菜で落ち着きましたね。

IMGP0919_20161217203758e79.jpg
↑シュンギク、鍋料理に使います~


IMGP0920_20161217203759179.jpg
↑サニーレタスはサンドイッチやサラダに


IMGP0926_201612172038312d7.jpg
↑プランターのサニーレタスが復活しました・・・・


IMGP0923_201612172038034e7.jpg
↑ダイコンも元気です~


IMGP0927_20161217203833391.jpg
↑ブロッコリー


IMGP0924_20161217203829167.jpg
↑ニンジンがふさふさになってきました・・・



IMGP0925_20161217203830d29.jpg
↑小さいのもあるけど、それなりのサイズも・・・


IMGP0922_20161217203802919.jpg
IMGP0921_20161217203800317.jpg
↑自家製ハクサイ、結構おいしいです~

今年は50個だったけど、来年は150個に挑戦しようかな~
タネ一袋で150~200個植えられるはず・・・ タヌキの計算式です。

IMGP0935_20161217203834a99.jpg
↑冬はやっぱり鍋ですね~ 毎日でも鍋でOKです~


IMGP0936_201612172050244a1.jpg
↑ホウレンソウは兄の畑から拝借~

ダイコンはおでんにバッチリですね~ 











 玉ねぎ苗争奪戦始まる・・・
2016年12月17日 (土) | 編集 |
今年は、春の玉ねぎがまったくダメで、家庭菜園はもちろんですが佐賀県の農業に大打撃。
なので、来年こそはと、11月12月は玉ねぎ植えつけシーズン気合を入れていたのですが

IMGP0918_2016121719505088d.jpg
↑電話しまくってやっと手に入れた早生の玉ねぎ苗、マルチ栽培です。

いつもはそんなことないけど、今年は玉ねぎ苗の生育が悪く
売り物が店に入ってことないと、入っても販売と同時に売り切れて、店には行列が・・・
春・初夏出荷玉ねぎでは日本一の佐賀県なのに・・・

早生は11月上旬から中旬、11月下旬から12月は晩生の植えつけなんですが
これがまた手に入らなくて・・・

IMGP0917_20161217195049a92.jpg
↑晩生玉ねぎの植えつけ準備してと・・・

12月10日です。またも電話しまくって苗をゲットしました。
IMGP0928_201612171950513ae.jpg
↑、これは800円(100本入り)、いつもよりかなり高いです・・・

例年だと100本で600円程度だったような・・・ 今年は仕方ないな~
これが続くようなら、種から植えるか・・・

IMGP0929_20161217195053ce6.jpg
↑これを植えていきます。深すぎず、浅すぎず・・・


IMGP0930_2016121719505597b.jpg
IMGP0931_20161217195138ced.jpg
IMGP0932_201612171951400d0.jpg
IMGP0933_20161217195141d85.jpg
↑ちかれた~

早生300本、赤玉100本、中生500本、晩生900本、合計1800本で~す。
今年こそ・・・









 水郷柳川を散策しました
2016年12月14日 (水) | 編集 |
オヤジの二人旅、締めは水郷柳川です。ここは北原白秋のふるさと
文化の香り高い街ですが、それもわれらには縁がないかな・・・(*^_^*)

PA140479.jpg
↑北原白秋の資料館らしいですが、入り口は違う場所だそうです。


PA140480.jpg
↑北原白秋の生家、今回はパス~ 時間と財布の都合です。いや、お安いですけどね。


PA140481.jpg
↑北原白秋は童謡が有名です。

ゆりかごのうた、この道(この道はいつか来た道)、あめふり(あめあめふれふれ)
ペチカ(雪の降る夜は楽しいペチカ)・・・

聞いたことのある歌ばかりです。

PA140482.jpg
PA140483.jpg
↑いいお天気でした~


PA140484.jpg
↑柳川の掘割、川下りが有名です。もちろん有料なのでパス


PA140485.jpg
PA140486.jpg
↑水郷柳川については、また後日特集しますね。川下りはやってないけど

いろいろと楽しめるんですよ~

PA140487.jpg
PA140488.jpg
↑お花は大広間がいい感じなんですが、今は耐震工事中

来年の夏以降かな、行くなら2月のお雛様の時期が一番お勧めです。
柳川の立花藩については、このブログで何度もご紹介しましたが
真田源二郎(幸村)にも引けをとらないとされた、戦国の勇猛な武将が立花宗茂
藩祖宗茂公の末裔が建てた洋館も含め、歴史も併せて勉強できます。

PA140489.jpg
PA140491.jpg
PA140492.jpg
↑適当にアップしてます~


PA140494.jpg
↑なんか神社もありました・・・


PA140496.jpg
PA140497.jpg
PA140498.jpg
↑前の記事で紹介した、佐賀線跡と筑後川・・・

これでシリーズ終了~















 タマスタジアムと川の駅船小屋恋ぼたる
2016年12月10日 (土) | 編集 |
タマスタジアムに来ました~

PA140445.jpg
↑恋のくに筑後、こりゃまた縁がなか~ (*^_^*)


PA140446.jpg
PA140447.jpg
PA140448.jpg
PA140449.jpg
↑タマホームというのは、この地域の住宅メーカー 最近売り出し中です。


ホークスベースボールパークでもあります。
今はシーズンオフ、また野球の季節は燃えます。

PA140450.jpg
↑無料と聞けば、血が騒ぐ~ (*^_^*)


PA140451.jpg
PA140452.jpg
PA140453.jpg
↑この日は若手捕手中心の練習が行われていました。

プロの一軍ってのは相当厳しい世界なんでしょうね。
オイドンが運動で疲れた~なんてのとは次元が全く完全に違います。
でも、楽しみでやるスポーツもいいもんですけどね。

われらはそのレベルではできないので、ただ応援するだけです。

PA140457.jpg
↑川の駅船小屋に車を止めてと、もちろん駐車料金無料です。


PA140458.jpg
↑この地図を頭の中にいれて散策します。

PA140459.jpg
↑すずめ地獄、そんな名前のところはよくありますよね・・・


PA140460.jpg
↑昭和初期はとても賑わったそうですね。今はそんな雰囲気あまりありません。


PA140461.jpg
↑船小屋鉱泉場とガタガタ橋に行くことにしました。

かなり歩くのかと思いきや、駐車場から100mほどでした・・・

PA140462.jpg
↑ガンテツ、つまり鉄を含む・・・ お味は当然ながら・・・


PA140463.jpg
↑先ほどの長田鉱泉場とは全然違う、強烈な味・・・ 血の味ですね


PA140464.jpg
↑ここは汲んでいる人いませんでした・・・


PA140465.jpg
↑ありゃ、橋がないけど・・・


PA140467.jpg
↑そうですか、大雨で流出ですか、確かに大雨だとすごいことになりますからね・・・


PA140474.jpg
↑足湯もありますが、中に本格的な温泉があるので入りました。

残念ながら中では撮影できないの、想像してください・・・
いや、今回は男二人の旅なんで想像しない方がいいでしょう(*^_^*)

お湯はあまり暑くなく、ぬるめです。炭酸温泉は概ねそうです。
色は、茶色、泥の沼って感じですが、温泉の効能はめちゃめちゃ感じるような、気がします。
のんびり温まりました。


PA140475.jpg
↑ハロウィンの飾りつけ


PA140477.jpg
↑夏になるとホタルが飛ぶらしいですよ。


PA140478.jpg
↑物産館もあるんで、ホークスと合わせて楽しめます。







 みやま市の九州芸文館
2016年12月07日 (水) | 編集 |
福岡県みやま市を散策します。

PA140404.jpg
↑九州新幹線の新船小屋駅

そのすぐ向かい側に・・・

PA140403.jpg
↑でっかい建物

PA140408.jpg
PA140407.jpg
↑でかすぎて写真に入りきれません・・・


PA140406.jpg
↑ありゃ、馬が芝生にめり込んでる~


PA140405.jpg
↑九州芸文館、隈研吾氏の監修らしいです。

ま、文化の香りが高い場所は、オイドンには似合わないはずですが・・・

PA140409.jpg
↑SL鉄道博、なるほど~(*^_^*)


PA140410.jpg
PA140412.jpg
↑これは、諸冨町の昇開橋じゃないですか・・・

オイドンが社会人になったころ、まだこうして走っていましたね~

PA140413.jpg
PA140414.jpg
↑佐賀線ってローカルな路線があったんですよ・・・


PA140416.jpg
PA140417.jpg
↑みやま市はホークスの街でもあります。


PA140418.jpg
PA140419.jpg
↑王会長直筆のサイン入りバットとボール


PA140420.jpg
↑ホークスの二軍本拠地が、ここに出来たんです。


PA140432.jpg
↑二軍は今年も優勝したんですけどね・・・


PA140422.jpg
↑段ボールで作った実物大のSL、D51です。


PA140423.jpg
PA140424.jpg
PA140425.jpg
PA140426.jpg
↑細かいところやパーツまで丁寧に段ボールで作られています。


PA140428.jpg
PA140431.jpg
↑入場料100円はとってもリーズナブル~ もちろん期間限定です。


PA140434.jpg
↑タマスタジアム筑後といいます。

野球場が二つと室内練習場、でっかいです~

PA140439.jpg
↑地元の紹介パネル、コガ・コーラもありました。


PA140440.jpg
↑ごろし・・・?? 昔はどこの家庭でも食べてた??

受付の若い女性に聞いてみました。「食うたことあんね?」、「ありません~ん」とのお返事。
ぱっと見、うどんにしか見えませんけど・・・






 満州屋、大力うどんとコガ・コーラ
2016年12月04日 (日) | 編集 |
取り急ぎ、適当にご紹介します~ なんのまとまりもない勝手な記事は、男の二人旅です。

PA130328.jpg
↑佐賀市川副町にある食堂です。

川副町は日本一の海苔の産地ですよ~

PA130326.jpg
↑普段は満席ですが、この日は平日の二時過ぎ、さすがにピークは過ぎてます。


PA130327.jpg
↑ちゃんぽんは、長崎だけじゃなく佐賀でも名物なんです。

九州各地はそれぞれの地域でちゃんぽんが有名です。

PA130331.jpg
↑佐賀北高校、この日百崎監督はお留守でした。


PA130335.jpg
↑オイドンお気に入りの餃子のお店・・・ しかし、相変わらずすごい外観です。

窓ガラスの代わりに段ボールですか・・・

PA130334.jpg
↑シンプルな室内ですが、意外と椅子が立派です。

以前はもっともっと簡単な椅子でした・・・

PA130333.jpg
PA130332.jpg
↑餃子しかありません・・・

で、肝心の写真は忘れてがっつきました (*^_^*) めちゃ旨いんです・・・

PA140386.jpg
PA140385.jpg
PA140384.jpg
↑翌日は、福岡県みやま市瀬高町にある長田鉱泉場

炭酸たっぷりの水が湧いているんです。試飲無料です・・・

PA140387.jpg
↑柔らかい炭酸で、お砂糖入れたらサイダーみたいになるそうです。



PA140388.jpg
↑お持ち帰りは有料ですよ~ でも、安いですね。


PA140392.jpg
↑売店がありました。ホークスの旗がありますね~

その理由は後からとして・・・

PA140383.jpg
↑コガ・コーラなるものが売ってました~

古賀さんって方が作られているようです。
大昔、コカ・コーラが日本に上陸したときに、パクリというか似たような炭酸飲料が出回りましたね。

PA140393.jpg
PA140394.jpg
↑購入はしましたが、まだ飲んでません~


PA140402.jpg
↑みやま市といえばうどんです。大力うどん、少し早い時間だったので、空いてました。


PA140397.jpg
↑友人はごぼう天うどん。福岡ではごぼう天うどんが超メジャー

薄切りの天ぷらのお店もあるし、細長い天ぷらも、この手のかき揚げ風は珍しいです~

PA140400.jpg
↑オイドンはカレーうどんに肉トッピングです。


PA140396.jpg
↑カレーうどんだけだと290円、お安いです~ トッピングのお肉は別料金ですよ~