野菜作りや温泉などの日常の出来事を綴ったつれづれなるままの日記です。ズボラで手抜きの勝手に菜園ですが、よろしくお付き合いください。
 2017佐賀北新聞局OB会ツアー初夏編
2017年06月20日 (火) | 編集 |
新聞局という名前に誇りを持とう!先輩から指摘を受けました・・・
確かに・・・ 素晴らしいクラブで、三年間(実際は二年と三か月)お世話になりました。

そのクラブのOB会を主催しました。自分と一つ上の先輩、後輩も・・・
一度に大勢だと厳しいので、同期はまた後日かも・・・

内容的には、ついこの前も行ったような・・・ 4月と5月にも同じようなコースでした。

P5203764.jpg

佐賀駅に集合。早朝から夕方、夜中までってのがワル猫ツーリストの基本です。

P5203769.jpg

千葉城跡、須賀神社というのは、佐賀県小城市にある、通称 祇園さん
九州一(自称)のホタル乱舞で有名です。

P5203772.jpg

今回、朝からの参加は6名と少し寂しいですが、いや超盛り上がりました。

P5203773.jpg
P5203775.jpg

急階段、息を切らして登っていきます。

P5203820.jpg

近くにある(車で移動だけど) 清水の滝

P5203812.jpg

ユキノシタの花 初めて見たような・・・ 花言葉は「恋心」

P5203827.jpg

ここからは前回の別ツアーと全く同じ・・・ 道の駅厳木の佐用姫像

P5203836.jpg

広島風焼きそばみたいな、文化焼卵入り、略称 文玉

P5203840.jpg

焼うどんと焼きそばのミックス。つまり二人前ってこと。でもお値段は一人前程度

P4222988_20170620193339759.jpg

これが定番のお好み焼き大 それに卵を付けると 大玉

P4222978_20170620193338ea4.jpg

大玉250円、広島風の文玉 380円 ミックスは二人前の量で 630円 と激安。

P5203844.jpg
P5203847.jpg
P5203851.jpg

唐津神社に参拝

P4223007_20170620193209d5c.jpg
P5203858.jpg
P5203861.jpg
P5203862.jpg

前回と全く同じ、淡雪まんじゅうが松露まんじゅうに変わっただけ 
もちろんメンバー変わっても、どちらも盛り上がりました。




P4223028_20170620193210567.jpg

そして唐津城

P4223050_20170620194124025.jpg

宝くじで有名な(九州では)、宝当神社のある高島 山頂まで登れます。
今回はパスでした。いずれ・・・

P4223054_20170620194125f72.jpg

西の浜、先日地元の佐賀新聞に記事が・・・
以前は群生していたハマヒルガオが極端に少なくなっていると・・・

P5203907.jpg

少ないですがありました・・・ 昼顔じゃなく、ハマヒルガオ~


P4223059_20170620194126b74.jpg

でも砂浜はきれい・・・ 青春が蘇ってきました。



P5203913.jpg
P5203918.jpg

前回も行った曳山会館

P5203926.jpg

イチゴ狩りも前回同様~ お世話になりました。

P5203934.jpg

レンタルミツバチなんだって・・・ 花とミツバチですね。

P5203941.jpg

夜は打ち出の小槌、なかなかいいお店。オイドンはノンアルです。

P5203946.jpg

宴は盛り上がりました。色んな話題が・・・

P5204109.jpg

締めはカラオケ、家に帰ったのは12時過ぎてた・・・ 楽しかった~




002.jpg

青春時代の宝物の写真。先輩方と行った唐津 今回はその再現でした。
ほんとお世話になった先輩方、少しでも恩返しをと今回のイベント。

予想以上に喜んでいただき、こちらも感激でした。
「あと10年続けんばよ~」 大先輩からありがたい激励の言葉

はい、元気なら必ず続けます。皆さん今後もよろしくです。

スポンサーサイト

 初夏の家庭菜園2016 その2
2017年06月14日 (水) | 編集 |
初夏の野菜、6月です。それなりに順調 

IMGP1181_20170614220305ef8.jpg

伏見甘長、辛くないトウガラシ系

IMGP1182_20170614220307a5b.jpg

ピーマン系の花 白くて可憐

IMGP1183_20170614220308778.jpg

キュウリの花は黄色くて夏らしい雰囲気 夏の少女って感じかな

IMGP1185.jpg

ナスの花、この花の一つ一つが大切な実になるんです。

IMGP1186_201706142203112b7.jpg

安納芋、三列植えつけ、約300本かな

IMGP1191_20170614220329100.jpg

また二列追加、苗が余っているので・・・

IMGP1187_20170614220324d82.jpg

こんな風になってくればもう大丈夫かな しばらくは水やりしていました。

IMGP1189_201706142203260db.jpg
IMGP1193_20170614220330789.jpg

タマネギの晩生、ぼちぼち収穫。 思ったより豊作です。

IMGP1190_20170614220327ead.jpg

ニンジンの写真はピンボケ・・・

IMGP1196_20170614220908321.jpg

ピーマンは、京波

IMGP1194_20170614220907156.jpg

しかし、キャベツはほとんど全滅状態。20個程収穫はしたものの、超ミニサイズ

IMGP1197_20170614220910a01.jpg

つるしタマネギ、自慢です。11月までは確実に持ちます。
毎日タマネギ食べても食べきれないかも

















 2016初夏の家庭菜園
2017年06月11日 (日) | 編集 |
5月のゴールデンウイークの作業写真

IMGP1116.jpg

夏野菜の植えつけ準備

IMGP1117_2017061106004346f.jpg

サツマイモは普通にミニビニールハウスで生育
温めすぎたら逆にいけないと学習。

IMGP1126_20170611060044c45.jpg

ニンジンは間引きが大事、しかし間引きは苦手・・・
精神的な問題・・・

IMGP1128_2017061106004577b.jpg

この時まではキャベツ順調だったが、やはり無農薬農法には限界あり・・・

IMGP1136_201706110601035a2.jpg
IMGP1137_20170611060104edd.jpg

5月に入って急に大きくなってきた赤タマネギ
今年は大成功

IMGP1140_20170611060106582.jpg
IMGP1141_20170611060107d64.jpg
IMGP1142_20170611060109899.jpg

IMGP1143_2017061106074744c.jpg
IMGP1144_201706110607484c5.jpg

植えた夏野菜、やっぱりラベルがあると後から分かるからいい。

IMGP1145_20170611060750913.jpg

いつもはうまくいかないナス。今年は順調、すべて安い苗、次ぎ木ではない。
水やりが大事のようだ。

IMGP1146.jpg

早生タマネギを収穫。一番甘いタマネギ
日持ちしないから、量は少なめ

IMGP1166_201706110607532b8.jpg
IMGP1167_201706110608050ff.jpg

甘いレモンの品種 レモンレモネードは花が咲いた。
普通のレモンはまだ咲いてない。来年かな?

花が咲くってことは実がなるってこと?一応期待

IMGP1168_20170611060807248.jpg

サツマイモの植えつけ準備 

IMGP1177_2017061106080857d.jpg
IMGP1178_2017061106081058a.jpg

マルチを張った。少し高いが、土に還る カエルーチ
マルチをせずに植える実験もひと月遅れでやる。

いや、昨日6月10日に植えた。マルチがないと草取りが大変だが
もう定年したし、それなりに時間取れるかな




















 ブログと人生、そしてこれから
2017年06月01日 (木) | 編集 |
いつもブログ読んでくださる皆さんへ。
これまでありがとうございました。
いや、ブログを止める訳じゃないけど、運用スタイルを変更することに・・・

世の中にさまざまなSNSがあります。パソコンブームから始まり
携帯、スマホ、そしてSNSもホームページ、ブログ、ツイッター、ライン
時代に合せて変わってきたんでしょう。最近ではインスタグラムとかも人気とか。
しかし、私の中では自分がやってきたことを記録に残して後から確認する
このブログが一番気に入ってます

そもそもなぜブログを始めたか・・・
遠く離れて暮らす家族に
自分たちが今やっていることを知らせたかった。


メールしても返事なく、電話しても電話に出ない。
そんな心が通わない時期がありました。
家にいたときから会話もなく・・・

紆余曲折あり、様々なことを乗り越えてまた元に戻り・・・
今はやっと独立して、離れて暮らすことに。今度はもう心配ありません。


東日本大震災の時は、既に戻っていましたので
心配はなかったのですが、あの震災にショックを受けて
一時はブログやめようと思いましたが、関東の友が
みんな楽しみにしているよ。これからも地元の情報や
佐賀北の話聞かせてよ。いつもどうりの暮らしを続けることが
被災地への復興に繋がると・・・


そして、還暦同窓会を主催・開催して友への感謝を示しました。
いったんこれで区切 りかなと・・・


私も退職しましたし、今でも仕事はしていますけど
昔みたいに仕事人間じゃなくなり、ちょうど家庭菜園始めたころかな
友や家族を大事にしたいと思うようになりました。
もちろん、昔から大事にしてきたはずですけど

今、こうして生きていることに感謝。家族に出会えたことに感謝
友や先輩方後輩に出会えたことに感謝。
全ての事に感謝です。

これからあと何回、満開の桜を見ることができるのか
畑の中で四季を感じることができるのかわかりませんが
生きている限り、感謝し続ける人生でありたいと思っています。
恨んでも、悔やんでも、過ぎた時は戻らない。
素敵な思い出を胸に刻んで、これか らも真っ直ぐに生きていきたい。
そう思っています。


皆さんには本当にお世話になりました。
ブログは続けますが、コメント欄でのつながりはいったん打ち切らせていただきます。

縁あって、お会いした方々には、いろんな人生観を伺い勉強になったものです。

これからも、畑の野菜や野の花、山野草を愛でたり、趣味の登山、バドの話題等は
自分の記録として残していきますが、人に読んでもらうことを前提とはしないかな。

いつか家族みん なで山に登って楽しい人生だったと振り返りたい。
時を元に戻すことはできないから、今を精一杯生きるしかないけど。
もう一度佐賀北の高校生に戻りたかったかな。

北高のみんなありがとう。こんな俺を友達と思ってくれて・・・
そして導いてくださった先輩方、慕ってくれた後輩達に
感謝の意を捧げます。





 麦の秋は初夏の季語
2017年05月23日 (火) | 編集 |
麦秋(ばくしゅう)は、麦の秋と書いて初夏の季語です。
麦にとって収穫期の秋は、実際には5月末から6月なんです。

IMGP1147_20170523221328931.jpg
↑佐賀平野ではこの時期、麦の穂が揺れます。そのことを麦秋といいます。


IMGP1148_2017052322132949f.jpg
↑きちんと二列に分かれていますよね。二条大麦、ビール麦とも呼びます。


IMGP1149_20170523221330fa6.jpg
↑佐賀県は日本一のビール麦の産地

IMGP1150_201705232213321cc.jpg
↑だから皆さんが楽しまれているビールも元は佐賀平野のオイドン(兄)のところのやつかも

IMGP1151_20170523221333073.jpg
↑風に揺れる麦の穂

IMGP1152.jpg
↑ヒゲっていうのかな、ニャンコのヒゲより長いです。

IMGP1153_20170523221349b13.jpg
↑こちらは少し色がまだ青いかな


IMGP1154_201705232213511f0.jpg
↑佐賀平野では、東部は麦、西部はタマネギです。

IMGP1155_2017052322135259d.jpg
↑タマネギも北海道に次ぐ日本第二位だから、味も含めたらやっぱ佐賀が一番かな

IMGP1156_20170523221354fbd.jpg
↑さ、今日もビール飲むかな~


IMGP1157_20170523222222d77.jpg
IMGP1158_20170523222223cff.jpg
↑この麦刈りが終わると田植え準備が始まります。

さて、あと何回この麦秋を感じることができるのか・・・
それまで精一杯まっすぐに生きていきたいワル猫です、ついつい曲がりそうになるけど・・・

生きてるって最高ですね。

IMGP1160_201705232222241e1.jpg
↑麦畑の隅にひっそりと咲く、ミゾソバ 可憐です。

ソバじゃないけど、そばに似ているってことで名前が付いたようです。
どんな花にも名前がある、だからなるべくその名前で呼びたいです。
ついつい、雑草とひとくくりにしちゃいますが・・・

それは人もいっしょですね。ナンバーワンじゃなくていいんです。
頑張らなくてもいいんです。生きてさえいれば・・・ 人生に感謝です。

すいません。しばらくブログ休ませてもらいます。すぐに復帰しますけど
また、登山やバド大会、バドボランティア活動、DVD作成等、
何かと慌ただしく過ごしています。もちろん合間に仕事してますけど(*^_^*)

最後に今週末から始まる友人の個展をご紹介させていたたきます。



P3232707.jpg
↑高橋千賀子水彩画展 ブータンの風、さがの風

佐賀で5年ぶりになる水彩画の展覧会。
2年程前から行き来のあるブータンでの生活。
ゆっくりのんびり暮らす人々、景色
ヒマラヤからの風を感じていただけたら・・・


5月26日(金)~6月4日(日)
場所はギャラリー シルクロ
松原神社の北側、川沿いの二階がギャラリーです。

warunekofarmer.blog112.fc2.com/blog-entry-1409.html
↑5年前の個展記事です。








 簡単アールグレイマフィンは定番スイーツ
2017年05月21日 (日) | 編集 |
男の手料理シリーズ、簡単アールグレイマフィンです。

まずは、マーガリン(バターでもいいようです)をレンジでチン

P5023233.jpg
↑そこに卵を入れてかき混ぜます。

ひたすら混ぜます。でも、手動で十分です。

P5023234.jpg
↑次にお砂糖を混ぜます。

量はいろんなサイトから適当に取捨選択しているので、皆さんで試行錯誤してください。

P5023235.jpg
↑とろ~りなってきました。


P5023236.jpg
↑牛乳を入れて混ぜます。


P5023237.jpg
↑ここがポイント、ホットケーキミックスを使うのでとても簡単なんです。


P5023238.jpg
↑ここもひたすら混ぜます。

つまり量を計って順に混ぜるだけ・・・ ネコでも作れます。

P5023239.jpg
↑アールグレイ紅茶を入れます。風味がいい感じです。


P5023240.jpg
↑つぶつぶがこんな感じ。


P5023241.jpg
↑小さめのケーキカップに入れます。

カップの重さも含め、40グラム程度。大きいよりも小さめがいいと思います。
一口サイズが食べやすいし・・・ 

P5023242.jpg
↑今回は家人手作りのイチゴジャムを上に載せました。

先にカップにジャムを入れる手法もありますが、今回は上に載せました。
チョコチップ入れたり、甘納豆入れたり、あんこ入れることも可能。

ジャムは一瓶使ってしまいました。

P5023243.jpg
↑材料は膨れ上がるので、カップ6分目ぐらいでも大丈夫です。


P5023246.jpg
P5023247.jpg
↑170度に予熱します。


P5023248.jpg
↑焼くと膨れます。


P5023251.jpg
↑焼きたてのアールグレイマフィン


P5023253.jpg
↑しばらくたつと、少ししぼんできます。


P5023255.jpg
↑関係ないけど、マフィンを置くトレイ


P5023256.jpg
P5023257.jpg
P5023259.jpg
↑オーブンのプレートから、トレイに移し替えます。

これを以前は知らなくて、最初は下が焦げてしまいました。
しっとりしたおいしいマフィンができました。
ここまで約40分。とっても簡単です。







 唐津城と曳山会館
2017年05月18日 (木) | 編集 |
オイドンの唐津記事、いつも定番ばかりですが・・・

P4222993.jpg
↑とりあえずここに車を止めてと

唐津神社や市内を散策します。もちろん後で展示場に入ります。

P4222994.jpg
P4222997.jpg
↑秋のおくんちがメインですが、春にも曳山が出てくるんです。

しかし、29日は有田陶器市の初日、今年は曳山はパスでした。

P4223004.jpg
↑ユネスコの無形文化遺産に登録されました。


P4223006.jpg
↑博多にも新天町ってあるけど、唐津にもあるんです。


P4223009.jpg
↑お知らせのポスター


P4223014.jpg
↑木造三階建ての歴史的建物は、うなぎ屋さん・・・


P4223016.jpg
↑旧唐津銀行の跡地・・・ 

今は無料の観光施設に!タダで、明治の建物の雰囲気を味わえます。


P4223028.jpg
↑比較的最近できた橋、たしかに以前はありませんでした。


P4223034.jpg
P4223041.jpg
P4223044.jpg
↑唐津城もここまでは無料で昇れます~


P4223087.jpg
P4223089.jpg
P4223103.jpg
↑曳山展示場・・・・ もう何回も何回も来ています。

落ち着くんですよ、ここは。地元民じゃないですが
地元に自慢できるお祭りがあるっていいですね。大変なことも多いとは思いますが・・・

P4223110.jpg
↑最後は鏡山に登って、日本三大松原の虹の松原を見て終了~

定番コースです。年に一度は行っているかな・・・









 唐津市周辺の定番コース
2017年05月16日 (火) | 編集 |
いつものお出かけ記事 4月のGW前のことです。

P4222888.jpg
↑道の駅厳木、厳しい木とかいて「きゅうらぎ」と読みます。

看板の左上にある池を目指します。ま、歩いていく訳じゃないですけど・・・

P4222889.jpg
↑ゆっくりゆっくり回っている佐用姫がシンボル

佐賀県最初の道の駅だったと思うのです・・・ たぶんですが・・・

P4222920.jpg
↑一番近い駐車場からほんの少し歩くだけです。

宗像三女神が祭られています。作礼山に来ました。

P4222923.jpg
↑キャンプ場の管理棟。今は閉鎖されたキャンプ場です。


P4222926.jpg
P4222932.jpg
↑花はなんだったか、全く不明・・・


P4222937.jpg
↑ほとんど山頂まで車で登れます。

ただ、そこまでが結構長い・・・

P4222940.jpg
↑なぜか石を積み重ねてありました。


P4222947.jpg
P4222954.jpg
↑池に来ました。 ありゃ~ カエルさんのお子さんがたくさんおられる~

ほんとはもっとウジャウジャ・・・ ちと写真がひどかったのでそれはパス

P4222957.jpg
↑まだきれいなのにもったいないな~

時代は変わりましたね。今はオートキャンプが主流かな・・・

P4222962.jpg
↑ぜんぜんピンボケですいません~ たぶんオドリコソウ、うちの畑にたくさんあります。


P4222966.jpg
P4222972.jpg
↑シャガは色鮮やかです。


P4222978.jpg
↑お昼はいつものお好み焼き

一番お安いのは150円ですよ~ 軽いお昼ならそれでも十分です。

P4222985.jpg
↑文化焼、つまりモダン焼きですね。それに卵がついた、文玉


P4222987.jpg
↑半分食べてから気が付いた、ありゃ~ 写真忘れとった~ ミックス玉

焼きそばと焼うどん、それに卵を付けたやつ

P4222988.jpg
↑これが定番のお好み焼き、卵を付けた大き目の方なので、大玉(だいたま)


P4222990.jpg
P4222989.jpg
↑特に意味はないけど、可愛かったのでアップしました~

後半に続く~ (*^_^*)


























 平尾台の花々の続き~
2017年05月14日 (日) | 編集 |
続きです~

P5033346.jpg
↑しょっぱなからですが、不明です。調べてもわかりません。

ご存じの方おられたらお願いします~

P5033354.jpg
↑とりあえず、オイドンはいつものトレランシューズ

山で走ったりしませんけど、この靴は歩きやすいです。

P5033359.jpg
P5033360.jpg
↑ヤブレガサ 傘が破れたみたいにしていますね。

春に芽を出した状態。花は夏ですが、とても地味で小さい花だとか・・・

P5033361.jpg
↑ヒトリシズカの咲いた後かな


P5033371.jpg
P5033375.jpg
P5033376.jpg
↑ホタルカズラが群生していました。


P5033383.jpg
↑シロバナハンショウヅル

木の枝に咲いていたと思いましたが、調べてみるとツルですから、低い木に絡まっていたようです。

P5033389.jpg
↑キンラン

以前はよく見かける普通の和ランだったそうですが、近年絶滅が危惧されるようになったそうです。

P5033391.jpg
↑オキナグザ 花が咲いた後に白ひげ爺さんになるそうで、だから翁草


P5033402.jpg
↑野生のシランがもうすぐ咲きそう・・・


P5033411.jpg
↑初めて見たシュンラン 日陰に咲くんですね。自分で見つけるのはムリでした。


P5033417.jpg
↑アマドコロ

根茎は、てんぷらにするとおいしいとか・・・ いや山野草を勝手に取ってはいけません!
取るのは写真だけ~

P5033423.jpg
↑イブキシモツケも絶滅危惧種だそうです。


P5033428.jpg
↑アマドコロによく似たホウチャクソウ

どこが違うのかよく分かりません。

P5033429.jpg
↑独特の葉っぱ、まだ花の咲いていないヤマホトトギス 鳴きません(*^_^*)


P5033433.jpg
↑タイリンアオイ

葉っぱの横にある柿のヘタみたいなのが、花 ビックリです。

P5033435.jpg
P5033437.jpg
↑これが花? 薬草だそうです。


P5033455.jpg
↑オドリコソウみたいですね。


P5033472.jpg
↑青空だ~


P5033475.jpg
↑アザミです。


P5033479.jpg
↑ハバヤマボクチの残骸

おしまい~







 GWに出会った平尾台の花々
2017年05月12日 (金) | 編集 |
福岡県にあるカルスト台地、平尾台に行ってきました。
カルスト台地は、山口県の秋吉台が有名ですが、福岡県北九州市の平尾台です。

P5033267.jpg
↑お天気でよかった~

羊がたくさんいるような・・・ 石灰岩の岩がゴロゴロしています。

P5033270.jpg
P5033271.jpg
↑山としてもなだらかな登りやすい山です。


P5033272.jpg
↑ホタルカズラ


P5033273.jpg
P5033274.jpg
↑オスのキジがいました~ 逃げません。

望遠で撮影だ~

P5033275.jpg
↑大平山を目指します。


P5033281.jpg
↑分岐点にきました。吹上峠の方に行くのかな


P5033284.jpg
↑まだあまり咲いていないカノコソウ


P5033286.jpg
↑どこにでもあるタンポポかな シロバナタンポポ

在来種のタンポポだそうです。それなら以外と珍しいのかな?
少なくとも畑では見かけないような・・・

P5033287.jpg
↑綿毛になってふわふわ飛んでいきます。


P5033288.jpg
↑小さな黄色い花は難しいですが、たぶんキンポウゲ

別名ウマノアシガタ

P5033292.jpg
↑たぶん、オカオグルマ


P5033301.jpg
↑カノコソウ 花が開いています。


P5033307.jpg
↑すぐに忘れてしまいます。タツナミソウ

花の開き方が波が立っているように見えるからだとか・・・

P5033308.jpg
↑以前はこんな看板なかったような・・・

知らない人には助かりますね。

P5033315.jpg
P5033323.jpg
↑スミレとアザミ

どちらももしかしたらもっと詳しい名前があるかもですが、オイドンには不明。

P5033328.jpg
P5033338.jpg
↑おにぎらずのおにぎり~ ありがたく頂きます~ (*^_^*)

続きます~














 有田陶器市とニャンコ達
2017年05月09日 (火) | 編集 |
陶器市はもう終わってしまいましたが、ご報告です。

P4293140.jpg
↑有田の姉の家にいるニャンコ、とにかくでかい、メイが小さく感じます。


P4293142.jpg
↑体がまん丸


P4293151.jpg↑見つめてきます・・・


P4293152.jpg
↑先代のニャンコ達。娘が十数年前に書いた絵、今でもリビングに貼ってあります。


P4293153.jpg
↑我が家のワンコ、ミッキーも書いていました・・・ 去年旅立ってしまいましたが・・・


P4293184.jpg
↑上が焼き物をイメージしたオブジェの有田駅


P4293185.jpg
↑駅前通りは賑わっています。


P4293186.jpg
↑この器と料理をイメージした写真は、概ね有田町ではなく、お隣長崎県の波佐見

有田陶器市といっても、美濃焼や全国の焼き物が売られています。

P4293187.jpg
↑有田はちゃわん王国です。


P4293188.jpg
↑これも波佐見焼ですね。


P4293189.jpg
P4293190.jpg
P4293191.jpg
P4293192.jpg
↑おしゃれなタストペリーのお店もありました。


P4293193.jpg
P4293194.jpg
P4293195.jpg
P4293196.jpg
ついつい、同じようなのを写してしまいます・・・


P4293197.jpg
↑50%引きは大体当たり前かな・・・


P4293209.jpg
↑夜は近くのお店で焼肉。夕方帰っても大混雑なので落ち着いてから帰ります。


P4293211.jpg
P4293212.jpg
↑お肉はもちろんおいしいけど・・・


P4293219.jpg
↑この海鮮チジミがおいしかった~


P4293232.jpg
↑帰ったらニャンコ達が餌が欲しくてシンクロして顔を動かしていました(*^_^*)














 タケノコとブルーベリー
2017年05月07日 (日) | 編集 |
春の旬はタケノコ、竹冠に旬と書いて、筍です。

IMGP1095_20170506151948b6e.jpg
↑今年も出てました~ これぐらい出ていた方が掘るのがラクちん


IMGP1099_20170506151954ca5.jpg
↑かなりでかいのもあります~


IMGP1100_20170506152009c91.jpg
↑じっくり炒める男の手料理。最高にうまいです。

色が完全に変わるまで炒めます。

IMGP1096_20170506151950352.jpg
IMGP1097_20170506151951b1e.jpg
↑ブルーべりー、植えていますがそこまで元気じゃないんで一本追加です。

ラピッドアイ系です。

IMGP1098_20170506151953ebd.jpg
↑ウッダード


IMGP1101_20170506152011667.jpg
IMGP1102_201705061520129e3.jpg
IMGP1103_20170506152014424.jpg
↑連休前の記事です。連休の間に植えつけできるようスタンバイしました。


IMGP1105_20170506152015e14.jpg
↑ライスセンターの巨大倉庫、中に入っているのはもみ殻

タダで頂いていきます。しかし、たったそれだけ? と言われてしまいました。
軽トラック一台分だったんですけどね・・・


IMGP1107_20170506152607d6e.jpg
↑袋に詰めてスタンバイです。

いろいろと使えるようですが、一番は土壌改良かな

IMGP1108_20170506152759d2c.jpg
↑ダイコンの初収穫 まだ小さいけどダイコンおろしが新鮮でおいしい~


IMGP1109.jpg
IMGP1111_20170506152612bb3.jpg
↑中生、晩生のタマネギの草取りです。


IMGP1112_20170506152613535.jpg
↑赤タマネギは茎はしっかりしているけど、実は大きくなってません・・・

てことで次回は有田陶器市の記事になります~
















 いつもの家庭菜園
2017年05月05日 (金) | 編集 |
代り映えしませんが、家庭菜園記事・・・

IMGP1078_20170505080543d8b.jpg
↑またもキャベツ、順調~ あと一か月ぐらいかな~


IMGP1079_201705050805456f0.jpg
↑大根だ~


IMGP1080_20170505080546d6e.jpg
↑結構茂ってきました~

IMGP1081_20170505080548e60.jpg
↑トラクターで畑を一気に耕し・・・ しばらく放置します。


IMGP1090_20170505080603380.jpg
↑堆肥と石灰まいて、夏野菜の準備


IMGP1089_20170505080549a4d.jpg
↑二週間程前の第二弾サツマイモ苗育成状況

第一弾はあったかすぎて大失敗、第二弾はいつものスタイルでそれなりにそれなり・・・

IMGP1091_20170505080604e59.jpg
↑レモンを植えました~


IMGP1094_201705050806091ef.jpg
↑収穫はまだまだ先のことでしょうが・・・ 楽しみです。


IMGP1092_20170505080606fef.jpg
↑レモンレモネード 甘いレモンだそうです。


IMGP1093.jpg
↑レモネードはレモンをシロップで割った飲み物だけど、レモンレモネードは新しいレモンの品種

酸っぱくない甘いレモンだとか・・・ 枯れずに育ってくれたらうれしいけど・・・

















 早生タマネギとニャンコ達
2017年05月02日 (火) | 編集 |
4月15日撮影、キャベツ今のところ順調です~


IMGP1070_201705022157475eb.jpg
↑朝露に濡れたキャベツ 収穫が楽しみ~


IMGP1072.jpg
↑早生タマネギが盛り上がってきた~


IMGP1071_20170502215749d2e.jpg
↑めくるとこんな感じ、もう十分食べごろでしょ~


IMGP1074_20170502215751480.jpg
IMGP1075_20170502215753908.jpg
↑結構大きいです~


P4192886.jpg
↑実はまだ新しい葉は食べられます。


P4192885.jpg
P4192883.jpg
↑炒めました~ うまいです~


P1290062.jpg
↑伸びきりのメイ太郎



P2040066.jpg
↑二匹で丸くなってます。


P2050069.jpg
↑変な顔になっているよ~


P2050078.jpg
↑鼻近づきすぎ~


P2110098.jpg
↑こんな機能も付いているようです・・・















 GWは有田陶器市(その1)
2017年04月30日 (日) | 編集 |
もう30年以上、毎年行っている有田陶器市のご紹介です。
とりあえずは、有田というか、武雄市と長崎県の波佐見になりますが・・・

P4293132.jpg
↑武雄市山内町にある友人の桃林窯

陶器めぐりのスタートはここです。春の窯びらき

P4293133.jpg
↑陶器市の混雑とは一切無縁の、お隣山内町。

黒髪山のふもと、少年自然の家の手前にあります。
ここには若手陶芸作家の方が十数件集まって陶芸村のようになってます。

詳しい情報でなくてすいませんが、途中ですごくでかい採石場跡地みたいなところがあり
そこに、近代的な図書館、カフェ、美術館??? のような窯があります。
あまりにも敷居が高く、一度も入ったことないですが、
桃林窯さんに聞いたら、世界的に有名になった陶芸家の方がおられるとか・・・

まったく存じあげませんでしたが、コーヒーカップだけで十数万円とか
バブルの頃は、有名芸能人の方がビックリするようなお値段で大皿を買われたとか・・・

その大皿のベースは、頼まれたので自分が作ったけど、
それに一年間かけて絵を描いたのが彼だと、話してくれました。

そもそも名前もよく知りませんが、行く機会があったらご紹介しますね。

P4293134.jpg
↑木漏れ日の坂道を上るとギャラリーがあります。


P4293135.jpg
↑坂の途中に掘り出し物が・・・ もう売り切れたかな~(*^_^*)

今回お店は撮影していません。同窓会の話とかに夢中になってました。
当日は写真撮影だけで、ほとんど誰とも話できませんでしたからね・・・ (*^_^*)


ちなみにですが、陶器市は高速道路を使わずに(使っても多久か武雄まで)
山内町方面の裏道から行くのがベスト。
これだと陶器市で渋滞するバイパスを通らずに旧道の有田の一番手前に行けます。
広い駐車場もあるのでバッチリです。深川製磁本社へも近いですし
いくつか美術館もあります。

柿右衛門さんとか源右衛門さん、九州陶磁文化館に行かれたい方は
渋滞覚悟でバイパスに出るか、そもそも有田ではなく、伊万里に行って
裏から行くルートもあります。早朝以外ならそちらのルートがいいかな。

説明が中途半端ですいません。以前の記事に地図とルート紹介したのがあるはず。
ネットにもいろいろと出ているかな?

で、渋滞覚悟でバイパスに出て、有田ではない、反対側長崎県の波佐見に

P4293154_201704300715267c2.jpg
↑コンパクトな会場なので、全部回っても大したことはありません。

有田陶器市だとメインだけで2.5キロ程、往復することになるので計5キロ
路地とかも合わせれば、8キロぐらいにはなりますが、
こちらは500mの範囲に全部集まってます。

有田陶器市といいますが、そもそも有田や波佐見は、土の陶器ではなく、石の磁器。
陶器もあるので、陶磁器祭りが本当なんでしょうけどね~

ここ波佐見の磁器も、有田では有田焼みたいな雰囲気で売られています。
最近は波佐見がかなりおしゃれな雰囲気になってます。
有田は昔からの伝統って感じかな、伊万里の大川内山はまた違う雰囲気。

P4293155.jpg
P4293159.jpg
リーズナブルな器が、コンテナに山積み。


P4293160.jpg
P4293161.jpg
ここのコーナーは波佐見の産業会館?だったか、常設展示販売場の前

正真正銘の波佐見焼だけを置いています。外のテントには美濃焼とかもあるので、
分からない方は、会館の前が確実です。お値段は一緒ですが値切ることはできません。
たぶんですが・・・

P4293162.jpg
P4293163.jpg
↑インディゴブルー系の器、最近波佐見でよく見かけます。

有田焼の昔からの定番にもブルーはありますが、かなり雰囲気は違いますね。
深川製磁の深川ブルーは別物。あれはいいですけど、お値段が・・・

P4293164.jpg
P4293166.jpg
↑お皿に盛りつけたときのイメージ写真と合わせて展示しているのがあれば、波佐見焼

これはモダンブルーとありますね。

P4293167.jpg
P4293168.jpg
↑パステルカラーの器もありました。


P4293169.jpg
P4293170.jpg
↑なんだかわからんけど、ニャンコもいました~


P4293171.jpg
P4293172.jpg
↑カラフルな作品も


P4293173.jpg
↑クラゲだそうです・・・


P4293174.jpg
P4293175.jpg
↑アニマルシリーズ



P4293183.jpg
↑写真の左隅が切れていますが、これ、テントです(*^_^*)

説明しなきゃいけない写真って最悪ですね、アハハ 
この焼き物公園の中にあります。公園は行ってません。

で、ここへの行き方ですが、嬉野インターからが一番近いですが、最悪の渋滞になります。
伊万里方面に行ってから、有田に戻り、中心部の手前で裏道行くのが一番。
佐世保方面から行くなら大丈夫ですが、そもそも佐世保に行くのが渋滞です。

山内町から、そのまま南下して山越えするルートは混まないけど、道が大変です。
ま、行かれる方は事前にリサーチした方が無難です。
駐車場もめちゃ混みますが、公営駐車場が満杯なら個人宅の駐車場がねらい目かな。

陶器市はシリーズになりますが、次はとりあえず畑記事です。