野菜作りや温泉などの日常の出来事を綴ったつれづれなるままの日記です。ズボラで手抜きの勝手に菜園ですが、よろしくお付き合いください。
 唐戸市場その(2)と とす麺之介
2016年08月26日 (金) | 編集 |
唐戸市場でのお寿司ランチの続きです~ 

DSCF1288_20160613175203ac3.jpg
↑なぬ~ 海鮮丼が500円~ これはいい~

てことでゲット

DSCF1289.jpg
↑まぐろ専門店もあるようですが、どこのお寿司やさんもまぐろありますよ~


DSCF1291_201606131752059fb.jpg
↑ちょっと豪華なネタになると2000円か~ やっぱり500円のでよかったです~ 

オイドンは、お値段だけが気になります~

DSCF1292.jpg
↑雨が降っていると最低だけど、お天気だから外で気持ち良く食べれます。


DSCF1293_20160613175209648.jpg
↑概ねひとつ300円ぐらいするお寿司

二つでオイドンの海鮮丼より高い・・・ (^_^.)
オイドンもクジラベーコンだけ買ってきてもらいました。

DSCF1294_20160613175221544.jpg
↑くじらベーコンあるでしょ


DSCF1295_20160613175223d29.jpg
DSCF1296_20160613175224ec9.jpg
↑豪華ですね~


DSCF1297_20160613175226d0f.jpg
↑では、頂きます~


DSCF1300_201606131752273fe.jpg
↑オイドンは500円の海鮮丼がメインです (^_^.)

十分おいしいですよ~ あ~ビール飲みて~ (^_^.)




DSCF1303_201606131759061e8.jpg
↑帰りに福岡で一番人気のパン屋さんに寄りました。

パンストックという東区にあるお店

DSCF1304_20160613175908299.jpg
↑でも、そこまで行列じゃないし・・・ 時間帯もあるのかな


DSCF1305_20160613175909e5a.jpg
↑中は撮影していませんけど、普通のパン屋さんかな・・・

でも、ここの一番人気はめんたいフランスだそうで、それを待っておられるお客さんが
大勢おられました。
たしかに、人気だけあってすごいめんたいの量です。ふんだんに使ってあります。

それとカレーパンもおいしかったですよ。

DSCF1306_20160613175911208.jpg
↑当日ではないですが、後日、鳥栖のうどん屋さんに行きました。とす麺之介

豊前裏打ち会という北九州が発祥のうどん勉強会のグループ。
半透明の腰のある麺が特徴。柔らかいうどんもいいけど、これもおいしいです。

DSCF1308_20160613175921e12.jpg
↑とり天ぶっかけ


DSCF1311_20160613175922916.jpg
↑オイドンはいつもあなごぶっかけ





DSCF1314.jpg
↑最近のメイはソファーに頭をくっつけています。

なぜかは不明・・・

DSCF1316_201606131759251ce.jpg
↑考え中??


DSCF1320_201606131759274cc.jpg
↑ニャンコです~





















スポンサーサイト

 山口県下関市の唐戸市場へ その(1)
2016年08月22日 (月) | 編集 |
山口県下関市の唐戸市場に行きました。その1です~

DSCF1264_2016061317340205c.jpg
↓九州最後のサービスエリア めかり

門司にあります。

DSCF1265_20160613173403782.jpg
DSCF1268_20160613173405eaf.jpg
↑関門海峡を望むロケーションが素晴らしいですね。



DSCF1269_20160613173406acb.jpg
↑昔からあるゆるキャラ? はかたぶらぶらのマスコット

はかたぶらぶらというのは、餅のお菓子で、赤福みたいなものです。
オイドンは大好き (^_^.)

DSCF1270.jpg
↑門司はバナナのたたき売りが名物だったから、ばななぶらぶらなんでしょうね。


DSCF1271_20160613173421c07.jpg
↑博多出張のお土産の定番は、これ 博多の女(ひと)

佐賀市で作っているんですけどね (^_^.)

で、これから下関に行くのですが、目指すは唐戸市場、しかしそこの駐車場に入れるのは
避けた方がいいでしょう。めちゃめちゃ込みますから・・・

手前でコインパーキング探して入れた方がいいと思います。
オイドンは、今回はマルショクというスーパーの駐車場。
帰りに買い物したから少し料金が安くなりました。

分かってはいるつもりでも、毎々ぼ~っとしておくと唐戸市場に直接行きそうになります。
めちゃめちゃ込むので迂回してくださいね。

DSCF1278_20160613174130752.jpg
↑フグだ~ 下関ではフクって濁りませんけど・・・


DSCF1272_201606131734223cc.jpg
DSCF1273.jpg
↑丼物もですが、瓦そばも山口県の名物です。

海鮮苦手な人は、瓦そばもいいかも・・・

DSCF1277_2016061317412859c.jpg
DSCF1276_2016061317342722e.jpg
↑フグやお店の看板を見ながら、ウッドデッキの道を歩いていきます。


DSCF1280_20160613174132fb9.jpg
↑やっぱり海鮮丼もいいな~と思いますが、お値段がちょっと・・・

DSCF1281_201606131741331d9.jpg
DSCF1284_20160613174134b36.jpg
↑フグの模型がでかい唐戸市場


DSCF1286_20160613174143c50.jpg
DSCF1287_20160613174145571.jpg
↑まぐろ脳天とかありますね。結構珍しいですよね。

一個ずつ、好きなお寿司を買うスタイルです。めちゃめちゃ多いので買うのも大変・・・

てことで続く~

















 佐賀県唐津市呼子のイカ活き作り
2016年08月19日 (金) | 編集 |
オリンピックに夢中でブログはほったらかしていました。
テレビの前で応援にしていましたよ。バドミントンがやってくれたし、
今年は日本勢が大活躍。うれしいですね~

記事は相変わらずの、昔の写真からのご紹介です。よろしくお付き合いください。



佐賀県の呼子はイカの活き作りで有名な町です。新鮮なイカは透明です。

DSCF1078_20160613152343c88.jpg
↑呼子の中心部から少し離れています、「大和」


DSCF1079_20160613152344e7f.jpg
↑イカのいけすが隣にあります。


DSCF1080.jpg
DSCF1081.jpg
DSCF1082_20160613152349cba.jpg
↑世界中のイカを食べ尽くしそうな感じがする大きないけす(^_^.)

ニャンコとかに食べられないのかな~

DSCF1083_20160613152400966.jpg
DSCF1084.jpg
DSCF1085.jpg
↑活き作りのイカと海苔、卵が入ったイカ丼

お値段のリーズナブルだし、お味も最高~ なんといってもイカが新鮮~

DSCF1086.jpg
↑活き作りも注文しました。


DSCF1089_2016061315240635c.jpg
↑海老味噌汁を付けました。

活き作りでなくても、イカ丼だけで十分なんだけど、活き作りだと・・・

DSCF1090_20160613152848e73.jpg
↑イカの天ぷらが付いてきます~


DSCF1091.jpg
↑あまりに雨がひどくてお店の看板も読めませんが・・・

甘夏かあちゃんです。

DSCF1092.jpg
DSCF1093_201606131528532ea.jpg
↑甘夏を買ったのですが、ゼリーを試食させてくださいました。

ありがとうございました。

DSCF1095.jpg
↑道の駅桃山天下市

秀吉が朝鮮出兵の拠点にした名護屋城、それがあるのが呼子町のお隣鎮西町

DSCF1096_2016061315290389f.jpg
↑真田幸村の墓とありますけど、ここじゃないはずです。

NHKのPRポスターですかね。

DSCF1097.jpg
↑陣を張ったのは間違いないでしょうね。

秀吉まんじゅう、初めて聞きました(^_^.)




















 朝倉の神社めぐりと天拝山
2016年08月02日 (火) | 編集 |
朝倉は日本の首都だったこともある由緒ある地、ちゃんとWikkiに書いてあります。
古代に思いをはせて神社をめぐります。

DSCF1157_201606131609290cc.jpg
↑朝倉市の寺内ダムのすぐ下にある美奈宜神社

特に神社に詳しいわけではありませんので、説明は適当です (^_^.)

DSCF1158_20160613160930a02.jpg
↑石段は多くありません。簡単に参拝できます。


DSCF1159.jpg
↑こんにちわ~


DSCF1163_20160613160933665.jpg
↑しゃくなげ


DSCF1173_20160613160945c68.jpg
↑神功皇后と羽白熊鷲の伝説があります。

ある部分歴史的事実なんでしょうが、オイドンには詳しいことは不明です。
つまりは、大和朝廷の力がこの九州の地にまで及んだってことでしょうか?



DSCF1174_2016061316094729c.jpg
↑次は近くにある大己貴(おおむなち)神社

ここは、日本最古の神社と言われているそうです。
もちろん他にもそう主張している神社もあるとか・・・

DSCF1175_201606131609488ac.jpg
↑こちらも神功皇后ゆかりの神社のようですね。


DSCF1177_20160613160950170.jpg
DSCF1178_201606131609515cc.jpg
↑意外と立派な神社・・・


DSCF1179_201606131618358f5.jpg
↑リフォームされています。


DSCF1185_20160613161837c60.jpg
↑筑紫野市の二日市駅に来ました。


DSCF1186.jpg
↑駅前からもう見えています。


DSCF1187_20160613161840c59.jpg
↑筑紫野にきたならここでしょ、小林カレー

DSCF1189_20160613161841253.jpg
DSCF1194.jpg
DSCF1196.jpg
↑オイドンはいつも大辛

ふつうでも結構からいと家人は言いますが・・・
辛くないならカレーやなかろうもん~

DSCF1197.jpg
DSCF1198_20160613161855e2c.jpg
↑定番のチキンカレーに野菜トッピング

野菜トッピングは100円だから激安。他のトッピングもお安いです。

DSCF1201_20160613161857f36.jpg
↑ちょっとホワイトバランス調整、上の方が実際に近いかな


DSCF1202_201606131624137d9.jpg
DSCF1203.jpg
↑オイドンはこちらのキーマカレーに野菜トッピング


DSCF1207.jpg
↑四時間無料ってすごいでしょ~


DSCF1226.jpg
↑なんと屋根付き、真夏でも大丈夫です。


DSCF1211_201606131624186b5.jpg
↑天拝山歴史公園へ


DSCF1213_201606131624199c5.jpg
↑これが何をイメージしているかは不明ですが・・・

DSCF1214_20160613162434116.jpg
DSCF1215_20160613162436493.jpg
↑九州で一番古いお寺 武蔵寺(ぶぞうじ)


DSCF1217_20160613162437e2d.jpg
↑お参りさせていただきます。


DSCF1218.jpg
↑天台宗はいろんな宗派の元になったそうです。

へ~

DSCF1220.jpg
↑すぐ裏手に天神さまの経

天拝山に登る裏ルートですが、今回は山登りなし

DSCF1221_2016061316260158a.jpg
↑ゆっくり登って30分から40分です。

DSCF1222.jpg
↑おしまい~















 朝倉市のキリンビアパーク
2016年07月27日 (水) | 編集 |
キリンビールの工場で一番大きいのは、この福岡(朝倉)の工場

DSCF1107_20160613154154908.jpg
↑こちらはレストランや花壇の方

とても人気の施設なので、予約必須なのですが、コスモスやポピーのシーズンでなければ
時間帯によっては予約なしで入れることもあるそうです。

コスモス時期は予約さえできないかも・・・

DSCF1108.jpg
↑朝一番だったからかな、お客さんも少なく行ったらすぐにOKでした~

ラッキ~

DSCF1109.jpg
↑まずシアターで概要を学習してから工場に向かいます。


DSCF1110.jpg
↑原材料の説明

ちゃんと説明もありましたが、実はビール用の大麦、生産日本一は佐賀県です。
福岡県もそれなりに多いですけどね。

DSCF1111.jpg
↑ホップ、これは佐賀県にはありません (^_^.)

ホップステップ、ジャ~ンプ って何の意味もありません (^_^.)
少し揉んで匂いを嗅ぐと、匂いがします。

ホップは北海道と青森県だけだそうですね。ハーブの一種だとか・・・

DSCF1112.jpg
↑実際に匂いを嗅ぐことができます。


DSCF1113_201606131542122c5.jpg
↑え~っと、確かここで麦のでんぷんを糖分にするんだったっけ・・・

その後にローストしたホップを加えるんでしたよね。

DSCF1114_20160613154213b9a.jpg
↑一番搾り麦汁だけを使っているので、コストがかかるということでした。

お値段は同じなんですけどね。世界でキリンビールだけだそうです。

DSCF1120_20160613154215a6e.jpg
DSCF1121.jpg
↑ではバスで工場を外から見学

ここからは撮影禁止とのこと。職員さんがおられたりするからでしょうね。

途中から写真サイズが変わっていますけど、気にしないでください~
編集もできるはずですが、面倒なので手抜きです~(^_^.)

DSCF1122_20160613155456923.jpg
DSCF1123_201606131554571af.jpg
DSCF1123_201606131554571af.jpg
DSCF1125.jpg
DSCF1125.jpg
↑ラベルもいろいろあるってことです~ 

手抜き記事・・・ (^_^.)

DSCF1128.jpg
↑福岡だから「ふくキリン号」です。お世話になりました。


DSCF1134.jpg
DSCF1135_20160613155555d2f.jpg
DSCF1140.jpg
↑生でも、缶でも好きなものを選べます。

黒いのは黒ビールと普通のビールを半分ずつ入れたもの ハーフ&ハーフ
なんだかスケート選手の会見で聞いたような・・・ (^_^.)
ちなみに黒ビールはホップをローストするときにしっかり焦がすと黒くなるとか

もちろん運転手はノンアル。

DSCF1142.jpg
↑ビールチョコ 昔あったウイスキーチョコみたいな感じかな

これも運転手は控えます(^_^.)


DSCF1148.jpg
↑都道府県それぞれのビールですか・・・

どこがどうちがうのか、全部飲まないと分かりませんね。
まあ、無理ですけど・・・


























 丹波黒豆は難しいかな
2016年07月25日 (月) | 編集 |
毎年作っている丹波黒豆の枝豆ですが、今年は梅雨時期に雨がひどくて
少し時期遅れになりました。


IMGP0777_20160724140236731.jpg
↑7月上旬に一応植えたのですが・・・

白いのは牡蠣殻の有機石灰
今年は、初めてポット栽培にチャレンジ。ハトにやられないよう用心です。

IMGP0779_20160724140238e28.jpg
↑結構まばらに芽を出しました・・・


IMGP0780_20160724140239b7d.jpg
↑元気いいのもあるのですが・・・


IMGP0781_20160724140252040.jpg
↑芽が出てないところは再度種を買ってと・・・


DSCF2203_201607242050059d4.jpg
↑結構探したけど、意外と身近な隣村にありました (*^_^*)

買えばそれなりのお値段だし、量が少ないです。
農家だと絶対に割りに合いません。

IMGP0776_201607241402353fd.jpg
↑もうひとつ7月上旬に蒔いた秋用のキュウリ


IMGP0782_201607241402546f6.jpg
↑下旬にはこれぐらいになったので、畑に植えつけします。


IMGP0783_20160724140255ebe.jpg
↑ちょっと気温が高いですが、植えてみます。


IMGP0784_2016072414025735c.jpg
↑新聞紙で水分が蒸発するのを防ぎます。


IMGP0786_20160724140258869.jpg
↑更に日よけシートをかぶせて温度上昇を防ぎます。

果たしてどうなるかな? 夕立でも来ればいいんですけどね~

IMGP0787_2016072414100695f.jpg
↑プランターシュギク、一度は失敗して全滅だったので、第二弾

それなりにそれなりです。

IMGP0789_201607241410083c7.jpg
↑5月に植えたキュウリはもう戦線離脱状態・・・

なので秋用のキュウリが必要なのです。

IMGP0790_20160724141009e00.jpg
↑ちょっとピンボケですが、ニンジンの花・・・

花が咲いちゃまずいですよ~ 8月に収穫予定で6月ごろ植えていたやつ

IMGP0791_20160724141011760.jpg
↑さすがにこれでは食べるの無理でしょう


IMGP0792_20160724141012477.jpg
↑花が咲いていないやつで比較的大きめでもこのサイズ

いわゆる失敗ってやつです。成功することが難しいかな (*^_^*)













 桃林窯の窯開きと陶器市のニャンコ達
2016年07月24日 (日) | 編集 |
だいぶ以前の記事ですいません。ブログ更新さぼってました~

DSCF1052_20160613150902f84.jpg
↑黒髪山の麓にあります・・・


DSCF1053_20160613150904c37.jpg
↑桃林窯の窯びらき

DSCF1055_2016061315090585d.jpg
↑木漏れ日のアプローチ


DSCF1056_2016061315090778c.jpg
↑この日はお天気でなにより~


DSCF1057_20160613150908fe5.jpg
↑いつものギャラリー


DSCF1058_20160613150923ccf.jpg
↑ニャンコもいますよ~


DSCF1059.jpg
↑ちょっとお茶をおごちそうになります。


DSCF1060.jpg
↑じっくり選んでと・・・


DSCF1061_20160613150927e1c.jpg
↑ではではお世話になりました~


DSCF1062_201606131509297fe.jpg
↑伊万里警察署の裏手にある「アーマパスタ」

パスタってあるけど、パスタ屋さんじゃなくケーキ屋さん

DSCF1063_20160613151516f16.jpg
↑プリンを焼いたやつ、クリームブリュレ


DSCF1064_20160613151517ea8.jpg
↑あっさり系でとてもおいしいロールケーキ


DSCF1066.jpg
DSCF1067.jpg
DSCF1068.jpg
DSCF1069_20160613151543c9a.jpg
↑恒例の有田陶器市


DSCF1070_20160613151545dbf.jpg
↑有田の姉の家のニャンコ

ちょっとでかすぎるよ~ ダイエットしなさい~ (^_^.)

DSCF1075_20160613151546e06.jpg
↑人見知りのニャンコだけど、あまりに長くいるので仕方なくご飯食べに顔を出しました。


DSCF1077.jpg
↑うちのメイよりでかいです・・・


















 強豪の佐賀商業戦とサンバレエール
2016年07月21日 (木) | 編集 |
引き続き、佐賀北甲子園(佐賀県予選ですが)ネタ。
今大会の大本命と目される佐賀商業が対戦相手です。

DSCF1906_20160721204556830.jpg
↑2016年7月21日 今日のリアルタイム記事


DSCF1907_2016072120455721c.jpg
↑佐賀北甲子園バス このロゴが甲子園を席巻したのは2007年


DSCF1908_20160721204558ba8.jpg
↑佐賀県は小さな県ですが・・・

それでも、これだけのトーナメントを勝ち上がった一つのチームだけが甲子園に行けます。

DSCF1910_201607212046003c8.jpg
↑佐賀商業に勝てば、ベスト4 甲子園が現実に近づきます。


DSCF1911.jpg
↑今日はどんなドラマが生まれるんだろ・・・


DSCF1913.jpg
↑北高タオルを敷いて応援準備をされる糸山前館長


DSCF1925_20160721204623cd2.jpg
↑部員の皆さんに応援の指導とあいさつ


DSCF1926_2016072120462419c.jpg
↑試合開始直前、高ぶる魂を抑えながら・・・

DSCF1928.jpg
↑お願いします・・・


DSCF1931.jpg
↑糸山前館長も深々とあいさつ


DSCF1934_2016072120552739f.jpg
DSCF1936_20160721205531094.jpg
↑この日佐賀県地方は33.8度の真夏日

青空にメガホンが映えます。

DSCF1938_20160721205531924.jpg
DSCF1940_201607212055321a5.jpg
↑糸山前館長のサンバレエール

1回から最終回まで毎回行われます。すごいですよ・・・

DSCF1942.jpg
DSCF1943_20160721205550cb1.jpg
↑後ろは父兄さんたち

試合はやや劣勢・・・

DSCF1947.jpg
DSCF1949.jpg
DSCF1955_20160721205555080.jpg
↑反撃開始、点が入るとメガホンが立ちます。


DSCF1966_201607212104430da.jpg
↑四点取られてどうなることかと思っていたら、その裏に三点返したぞ~

すごいすごい、五分五分の戦いやってます。

DSCF1972_201607212104451ae.jpg
↑またも点が入った~

DSCF1975_20160721210446d19.jpg
DSCF1977_20160721210448cec.jpg
↑6対4で、二点差、挽回できるぞ~


DSCF1980_20160721210449008.jpg
↑逆転の佐賀北

8回には同点に追いついて、あわや勝ち越しだったのですが・・・
相手が好守備


DSCF1994_20160721210510672.jpg
↑最終回も反撃して点を入れたものの・・・

DSCF2005.jpg
↑9回表の失点が重くのしかかります。

エラーはしてないし、引き締まったいい試合。しかし相手は強打者揃い

DSCF2007.jpg
↑糸山前館長必死の応援

とにかく暑いんですよ。それなのに裸足の応援ですよ。

DSCF2011.jpg
↑相手チーム佐賀商業の校歌を聞くことに・・・

監督、選手、父兄、関係者の皆さん、お疲れ様でした。燃える夏をありがとうございました。

◆◆◆ 糸山前館長のサンバレエール 動画でご紹介です ◆◆◆
You Tube サイトに行きます。よろしくです。











 2016の夏 三回戦突破と糸山元館長
2016年07月18日 (月) | 編集 |
佐賀北野球部の応援記事です。オイドンは野球にはなんの関係もないのですが・・・
監督の百﨑君が高校時代のクラスメート。なので監督の応援です。

DSCF1841.jpg
↑三回戦は強豪の佐賀学園と、佐賀北は三塁側です。

梅雨も明けて猛暑。暑いので屋根のあるところで観戦・・・

DSCF1842_20160718153044633.jpg
↑頑張れ~


DSCF1843.jpg
↑何のシーンだったかさっぱり記憶になし

今回は取材ではなかったし、記事にする予定もなかったので
メモしていませんでした。なぜアップすることになったからは後でご説明

DSCF1844_2016071815304770f.jpg
↑佐賀北野球部は、いつもこの大きな選手ごとのメガホンを作って応援です。


DSCF1845.jpg
↑父兄応援席の前で、おじさん?が指揮を・・・

どこかで見たことあるような・・・

DSCF1846.jpg
↑試合は北高が先制

内容は覚えてません~ (^_^.)

DSCF1848.jpg
↑チャンスで適時打だったような・・・ あいまい~


DSCF1849_2016071815312157f.jpg
↑でも、その後相手にに点を入れられて・・・

なお次の回も得点入れられて逆転されました・・・

DSCF1850_20160718153122dc2.jpg
DSCF1851_2016071815312456c.jpg
↑ランナーは出すものの、あと一本が・・・


DSCF1852.jpg
↑しかし、五回裏になんとか同点に追いついた~

その後も再三チャンスを作るものの・・・

DSCF1856.jpg
↑スクイズも決まりません・・・

両者譲らず、2対2のままですが、相手打線は結構いい当たりを連発
佐賀北は好守備でなんとか追加点を抑えていました・・・

DSCF1857_20160718154651433.jpg
↑これはライトファインプレーの後

そういえは2007年の夏は、帝京戦でライトがフェンスにぶつかりながらも好捕
この後ヒットを打ってチャンスを広げたんだったな~

DSCF1858_2016071815465325c.jpg
↑9回になったので、暑いですが屋根の下から父兄応援席に移動



DSCF1859.jpg
↑学生さんも応援


DSCF1861_2016071815470735a.jpg
↑応援指揮のおじさん・・・

佐賀北の先輩でした。オイドンが高校卒業して地元の大学に行っていたとき
同窓会役員を四年間勤めましたが、その時に可愛がってもらった先輩

佐賀北高の同窓会会館の館長を長く勤められていましたが
十数年前から御病気で退任されたと聞いていましたが・・・

糸山元館長です。

DSCF1862.jpg
↑打て~ サヨナラだ~


DSCF1863_201607181547106a9.jpg
↑同窓会館長の時は、学ラン制帽での応援でした。

確か以前は応援団の団旗を持ったりされていたと聞きますが
あれは年寄りには無理 (^_^.) オイドンも来年年寄りになります・・・

DSCF1864_201607181547125a6.jpg
↑さて試合は延長に入りました。


DSCF1865.jpg
↑見てください、炎天下ずっと裸足で応援ですよ・・・

もう67歳になられますが、大病を患われていたと聞いていました。大丈夫かな・・・

DSCF1866_2016071816063963d.jpg
↑延長10回、佐賀北選手の好守備に笑顔の糸山先輩


DSCF1867_20160718160641773.jpg
↑佐賀北の攻撃の時は、毎回行われます・・・


DSCF1869_20160718160642064.jpg
↑糸山先輩の北高サンバレ精神の応援

ネバレ~ キバレ~ ガンバレ~

野球だけではなく、同窓会館長の時は受験に臨む生徒さんたちに
イベントの際はサンバレ応援エールをご披露されていたそうです。

DSCF1870.jpg
↑そして深々とグランドに礼儀正しくお辞儀。

毎回、試合のイニングの初めにご披露されています。
梅雨明けした佐賀の炎天下ですよ。考えられない超人です・・・

DSCF1873_20160718160645f0e.jpg
↑10回はチャンス 満塁だ~

DSCF1875_20160718160711c21.jpg
↑試合後半でチャンスになると、部員の応援ダンスが始まります。

その時は、場所を移動して一緒にダンス応援
部員の皆はもちろん靴履いてます。糸山先輩は裸足・・・

今日のことですよ 7月18日

DSCF1876.jpg
↑そういえば甲子園でもこのダンスが恒例だったな~


DSCF1878_20160718160714d62.jpg
DSCF1880_2016071816071798c.jpg
↑ワンナウト満塁の大チャンス。サヨナラだ~と思いきや・・・

結局点が入らず・・・

DSCF1881_20160718161627532.jpg
↑またも声援のエール

ネバレ~ キバレ~ ガンバレ~

DSCF1883_20160718161628e5b.jpg
↑しかし、暑いです。糸山先輩は頭から水を被って耐えておられます。



DSCF1885.jpg
↑チャンスで適時打。サヨナラの瞬間

プレー撮影は間に合わなかったので、喜びの応援席。
糸山先輩は、応援の父兄やOBの皆さんに感謝のお辞儀

DSCF1888_20160718161631350.jpg
DSCF1889_20160718161633d51.jpg
↑感謝・・・


DSCF1890.jpg
DSCF1891.jpg
↑こみ上げてきます。


DSCF1893_2016071816165517c.jpg
DSCF1894.jpg
↑佐賀北タオル応援

甲子園でも見たいですね~

DSCF1895.jpg
↑校歌斉唱、脊振天山~ 波よろい~ ♪


DSCF1896.jpg
↑やはり最後は、深々とお辞儀

ありがとうございました。先輩のお姿に感動です。
この後、約40年ぶりに(途中何回かお会いしましたが)お話をさせていただきました。
オイドンのことも覚えてくださっていました。

DSCF1898_201607181825523f1.jpg
↑ブログ掲載の御了解もいただいています。真面目一本の先輩でした。

10年程前、あの甲子園優勝メンバーが入学してその秋に北高会館の館長を退任
長くご病気を患っておられたそうです。
でも、今年の三月ぐらいから調子が良くなったので、いてもたってもいられず、
母校佐賀北の応援に・・・

今年が百﨑監督の正式には最後の夏。最後にぜひ甲子園行ってほしいと・・・
その思いはオイドン達も同じですが、この先輩のようなことは誰にもできません。

DSCF1899_201607181825537ec.jpg
↑このお姿で初回から最後まで、裸足で応援です。

すごか~

かぶっておられる帽子は、学生時代のもの。50年の歴史を刻んでいます。
北高館長時代は、生徒たちは、自分の教え子。いや子供のように愛されていたのでしょう。
子供達の活躍を喜んでおられたと聞きます。

しかし、2007年の全国制覇の時は、一切応援に行くことはできず
さぞ悔しかったことでしょう。
そんなお話をさせていただきました。
百﨑君を最後にぜひと何度も何度も・・・


DSCF1902_2016071818255579e.jpg
↑これが50年の歴史を刻んだ学帽

もう団旗は持てないな~ 甲子園決まっても体力が続くかなと一言。
いっしょに行きましょう・・・

ムリせずにと言ったら、「いや行ったら、応援せずにはおられん・・・」
何よりも佐賀北高を愛しておられる糸山大先輩です。

オイドンのブログで個人を紹介したことはないのですが、
糸山先輩だけは皆さんにご紹介せずにおられません。

佐賀北にはこんなすごい先輩がおられるんですよ。

DSCF1905_20160718182556c38.jpg
↑現役の学生さんも糸山先輩を敬って、ぜひ一緒に写真をと待ってくれていました。

もち皆さんにはブログ掲載の御了解得ています~
糸山先輩、これからもお体にお気をつけて、出来る範囲で応援よろしくです~





 赤いトラクターで畑の耕し2016の夏
2016年07月16日 (土) | 編集 |
畑の耕しは7月上旬、あの野菜を植える準備です。

IMGP0751_20160707151417161.jpg
↑実は畑には道がないので、耕作放棄地の人の土地を横断・・・

ジャングルに突入だ~

IMGP0752_201607071514186a3.jpg
↑轟音をなびかせてトラクターが行きます~

IMGP0754_201607071514203c5.jpg
↑兄のトラクター。よろしく頼みますよ~

兄は、冷房、ラジオ付きのトラクターを持っているので、オイドンは父の形見の赤いトラクター

IMGP0755_20160707151421ac5.jpg
↑これがなければ、菜園やってないでしょうね。

手作業ではとても無理です・・・

IMGP0756_20160707151423257.jpg
↑これが例の野菜の植え付け候補地

例の野菜は、また後日ご紹介です。果たして芽が出るかどうかという問題があります。

IMGP0757_20160707151450fa0.jpg
それなりにきれいになりました。

耕す前の畑はひどすぎてアップできません・・・ (^_^.)
真ん中にあるのは、かろうじて生き残ったキャベツたち

IMGP0759_201607071514534a1.jpg
IMGP0760_2016070715145556e.jpg
↑十センチ程とミニサイズですが、ちゃんとしたキャベツです。

二十個程は残っていました。一か月分程度は十分あります。

IMGP0761_20160707151456d6d.jpg
↑写真が上下さかさま? いえいえオクラだからいいんです。

もう収穫しないといけません・・・

IMGP0762_20160707152846ef0.jpg
↑もう大丈夫です。しかしちょっと少ないな・・・

なので、せっかく耕したので、最後のサツマイモの植え付けをします。
こちらでは7月上旬まで大丈夫と言われていますよ。苗は十分あります。

IMGP0763_2016070715284835b.jpg
↑とっても残念なナス・・・ おたんこなすかな (^_^.)

虫?にやられてボロボロのなす・・・

IMGP0764_20160707152849f72.jpg
↑ジャンボシシトウだったかな?


IMGP0765_201607071528515c3.jpg
↑中玉フルーツトマト やっと色づきました。


IMGP0766_201607071528523e6.jpg
↑こちらは普通のミニトマト ノーブランドです。

IMGP0767_20160707152917974.jpg
↑柔らかくておいしい京波 オイドン的に定番のピーマン


IMGP0768_20160707152919f70.jpg
↑ちょっとでかくなり過ぎたキュウリ

しかし、7月一杯で撤収かな~ もうだいぶ枯れてきています。

IMGP0769_20160707152920ab8.jpg
↑ビニール屋根をテープで補強しています。

台風は来てほしくないな~

IMGP0770_201607071529224a1.jpg
↑大豊作って訳じゃないけど、それなりにそれなりです。


IMGP0771_20160707152923d14.jpg
↑柿の木の下にほったらかしていたサトイモが・・・

日が当たらないから、乾燥せずによく育つのかな?
放置していますが、育ってくれたらうれしいですね。






 2016夏の菜園はそれなりだ~
2016年07月12日 (火) | 編集 |
代わり映えしませんが、いつもの菜園の野菜達をご紹介

IMGP0713_201607071444098d6.jpg
↑プランターの春菊

春菊といえば、冬に鍋に入れるイメージですが、夏でも食べることができます。
プランターだと非常にお手軽

密集して植えてもいいんです。間引きするイメージで、やわらかい春菊が味わえますよ。
しかしながら、この後虫にやられて全滅・・・

冬はそんなことなかったから、夏はやっぱり虫対策が必要ですね。
ネットをかけるか・・・ 現在第二弾にチャレンジ中


IMGP0714_20160707144410106.jpg
↑鍋にサラダに、味噌汁に、吸い物に・・・

何にでも使えて重宝してます~

IMGP0715_20160707144411540.jpg
↑定番の夏野菜、ナス、キュウリ、ピーマン系


IMGP0716_201607071444138a5.jpg
↑ジャンボシシトウ

結構でかいです。

IMGP0717_20160707144414516.jpg
↑キュウリは毎日収穫しています。

ほったらかしておくと、急に巨大化します。雨の後は必ず収穫しないと大変なことに・・・

IMGP0718_20160707144427e53.jpg
↑ナスもつやつや、いいお肌しています。


IMGP0719_201607071444282a8.jpg
↑並べてみました~


IMGP0720_20160707144430970.jpg
↑もう少し大きくなってきた春菊

なんども言いますが、この後全滅 (^_^.)


IMGP0721_20160707144431817.jpg
↑サツマイモの植え付けは、梅雨の6月に植えました。

今はしっかり根が付いています。

IMGP0722_201607071444332c9.jpg
↑ナスもこの頃までは元気だったんですけどね~


IMGP0723_20160707145515df8.jpg
↑ピーマン系は元気です。


IMGP0724_20160707145517f3e.jpg
↑実が小さいうちはどれがどれだか不明~


IMGP0725_201607071455186c1.jpg
↑テントウムシダマシにやられたようです・・・

これがだんだんひどくなって・・・ 今じゃ葉っぱが萎れています・・・
なんとかしないと・・・

IMGP0726_2016070714552056b.jpg
↑結球レタスを数個収穫しました。

二十個程植えていたはずですが、あまり出来はよくなかったかな。
丸くならないリーフレタスの方が作りやすいです。

IMGP0750_201607071455216a5.jpg
↑細長いのは万願寺とうがらし、チビは普通のシシトウ、それに定番のピーマンは京波

毎日食べてます~







 竹崎城跡とうどんかまくら
2016年07月10日 (日) | 編集 |
近くに竹崎城跡展望台がありました。

DSCF1017.jpg
↑結構新しい建物のようです (^_^.)

昔はここにお城があったんでしょうね。
今は、コンクリートの展望台です。

DSCF1018_20160613143730827.jpg
↑南北朝時代に島原の有馬氏によって建てられたとか

その後、龍造寺氏により戦国時代に改修されたそうです。
もちろん当時の建物ではありません (^_^.)

DSCF1020_20160613143731e64.jpg
↑残念ながら景色がイマイチ、雨で霞んでいます。


DSCF1023_20160613143734b7f.jpg
↑天気がよければ荒尾市の三井グリーンランドも見えるんですね~


DSCF1022.jpg
↑竹崎の漁港


DSCF1024.jpg
↑中に入るときに用心してください。

誰かいます・・・ ビックリしました。暗い倉庫のようなところに誰か座っていました。
写真ないけど、潜水夫さんの道具が一式おいてあります。

この竹崎は、以前はタイラギ貝の産地でもありまして、潜水して貝をとっておられました。
あの諫早湾締切以降、タイラギが取れなくなって今では潜水夫の方はおられないとか。

DSCF1027_20160613143747b14.jpg
↑竹崎漁港


DSCF1028_20160613143749954.jpg
↑温泉です。源泉かけ流しのところもあるようです。


DSCF1029.jpg
↑カニのほかに牡蠣も有名なんですよ~

今では普通になった道路沿いの牡蠣焼き小屋、発祥はここ竹崎のようですよ。
佐賀県のパンフレットに書いてありました~

DSCF1030_20160613145124274.jpg
↑太良町のキャッチフレーズ、月の引力が見える町

潮の満ち引きですね。

DSCF1032_2016061314512645d.jpg
↑前日の干潟体験の場所。時間帯によっては水没しています。


DSCF1035_20160613145127666.jpg
↑ガタリンピックは佐賀県鹿島市です~


DSCF1036_20160613145129be6.jpg
↑棚じぶは、潮の満ち引きを利用して行われる漁法

まあ、小魚なんでしょうね。大物が取れることはないようです。

DSCF1037.jpg
↑鹿島市にある ONLY ONE 本店は長崎県だそうで、佐賀県ではここだけ

ラスクのお店です。結構おいしくて、ラスクならここがナンバーワンかな。
お店はオンリーワンなんですけど・・・

写真は撮影してません~

DSCF1038.jpg
↑ここがお店、カフェもあります。

DSCF1039_201606131451473be.jpg
↑ミカンもあったので、不思議に思ったら、半分は別のお店でした (^_^.)


DSCF1040.jpg
↑では買い物して帰ります~


DSCF1041.jpg
↑お昼はうどん、行列ができる店でした。

佐賀県武雄市北方町の「かまくら」さん

DSCF1043_20160613150249c30.jpg
↑ごぼう天うどん


DSCF1044_20160613150251b43.jpg
↑一番人気はこのカレーうどん


DSCF1045_20160613150252ec5.jpg
↑確かにおいしいです~

てことで無事に帰りました~




























 竹崎観光ホテル 梅崎亭
2016年07月07日 (木) | 編集 |
佐賀県太良町に竹崎地区というのがありまして、有明海のワタリガニが有名
竹崎ガニといって、九州では非常に有名です。

DSCF1015_20160613142154003.jpg
↑特別に大きなお宿ではありませんが、こじんまりしたいい感じです。


DSCF0985.jpg
↑お部屋とは別に食事専用に部屋を使わせていただきました。

DSCF0986_2016061314214988a.jpg
↑ま、ここらは普通のどこにでもある感じかな・・・


DSCF0987_201606131421510e3.jpg
↑ハマチとかは、地元の海(干潟)では取れないので仕入です。

ここのお宿は漁師さんが経営されているので、カニは自慢だそうです。
そういえばカニの刺身もある~ ちょっと食べにくいけど・・・ (^_^.)

DSCF0989_2016061314221086f.jpg
↑結構大きめのカニ、今回はカニづくしコース。当然ですが・・・


DSCF0994_20160613142213301.jpg
DSCF0995_2016061314221526a.jpg
DSCF0996.jpg
↑カニカニカニ~



DSCF0993.jpg
↑カニのから揚げかな


DSCF0997.jpg
↑たぶんカニしゅうまい(^_^.)


DSCF0998_20160613142809e53.jpg
↑結構おいしかった茶わん蒸し


DSCF1001.jpg
↑焼きガニ~


DSCF1003_2016061314281242b.jpg
↑茹でガニとカニみそ


DSCF1008_20160613142814964.jpg
↑普通はアサリ貝とかだけど、カニのバター焼きとは珍しいな~


DSCF1010_20160613142831064.jpg
↑満腹で夜は更けていきます・・・

もちろん、お部屋でまったりのんびりお酒を楽しんでと・・・
ぐっすり・・・

DSCF1014.jpg
↑朝からカニの味噌汁だ~

ここ竹崎には他にも多くのカニ専門のお宿があります。
佐賀県の名物の一つです。全国の皆さんもぜひ佐賀県にお越しくださいね~

って、そこまでメジャーなブログじゃないっつ~の (^_^.)


















 道の駅鹿島と干潟体験
2016年07月03日 (日) | 編集 |
干潟体験、オイドンはやりません。田植えと似たようなものだし・・・(^_^.)

DSCF0968_20160613140341b8c.jpg
↑道の駅鹿島

以前はこの建物がレストランだったのですが、今はお隣に直売所が出来ています。
ここは干潟展望ができます。干潟の生き物の展示も行われているとか

DSCF0969_20160613140343101.jpg
↑鹿島といえば祐徳稲荷神社

ここはタイでテレビドラマの舞台になったということで、タイの方が大勢観光に
見えられているそうです。



DSCF0970_20160613140344e3b.jpg
↑ここが直売所です。

DSCF0971_20160613140346735.jpg
↑裏手に干潟体験コーナーが


DSCF0972.jpg
↑なかなか九州の有明海以外ではこんな体験できませんよ~


DSCF0974_2016061314035827d.jpg
↑ガタリンピックは、よくテレビでも紹介されていますね。


DSCF0975.jpg
↑体験されている方がおられました~

DSCF0976_20160613140401f72.jpg
↑これが有名?な潟スキー 

これに腹ばいになって潟を進み、ムツゴロウを捕まえるのですが・・・
まさか、体験でそんなこと出来る訳もなく・・・
単に泥んこ遊びです。

DSCF0977.jpg
↑田植えの田んぼみたいにもしていますが・・・(^_^.)


DSCF0979_20160613140404cd2.jpg
↑ホースで洗ってくれます。痛いだろうな~(^_^.)


え~っともちろん有料でして・・・

DSCF0980.jpg
↑料金表で~す。ご興味がおありの方はどうぞ~


DSCF0981.jpg
↑おとなりの太良町にも道の駅があります。

数年前に全焼したのですが、無事に復旧されています。
冬場は牡蠣焼きや蟹焼きも楽しめます。


DSCF0982_201606131415004dd.jpg
↑道の駅はいいですよね~

てことでお出かけしました。












 キュウリ特集とタネイモ苗
2016年06月26日 (日) | 編集 |
キュウリが数年ぶりに豊作になりそうです・・・
 例年は一回ぐらい収穫したらすぐに枯れていました。

IMGP0700_20160613132141682.jpg
↑キュウリは花が咲いて、そこから実が・・・

夏野菜系はその例が多いですね。

IMGP0701_20160613132142972.jpg
↑雨が降るとキュウリはすぐに大きくなります。


IMGP0702_20160613132143f3a.jpg
↑次々に収穫できそう~


IMGP0703_20160613132145aa7.jpg
↑今年は病気もしてないし、虫の攻撃も少な目・・・

全然いないわけじゃないけど、キュウリの成長の方が早いかな。
でも、7月には次の地這いを準備しないと・・・

IMGP0704_20160613132146a4b.jpg
↑こちらはコンポストカボチャ~

まだ、実は付いていないようです。

IMGP0705_20160613132201059.jpg
IMGP0706_201606131322024cf.jpg
↑とりあえずは、キュウリの大量収穫が楽しみ~


IMGP0707_20160613132204c16.jpg
↑ニンジンですが、ちょっと根っこを見てみたら、まだまだ小さいです。


IMGP0708_201606131322050d0.jpg
↑シシトウの花


IMGP0709_20160613132207db2.jpg
↑ナスの花


IMGP0697_2016061313285763d.jpg
↑安納芋のタネ芋の場所

長いのから切って準備しています。

IMGP0698_20160613132859325.jpg
↑シルクスイート


IMGP0699_201606131329002e6.jpg
↑自家製紅はるか


IMGP0712_20160613132902ec7.jpg
↑新聞紙に包んで浅く水を張ったバケツに・・・

この後、植える前の夜ぐらいに水から上げる。水上げが必要らしいです。
これから、自分で生きていかないといけないという厳しさを教えるためだとか・・・

IMGP0710.jpg
IMGP0711_2016061313292098d.jpg
↑ほとんど撤収したけど、すぐに盛り返したブラックベリー

これは生命力がすごいな~ ジャムにするしか食べる方法はないでしょう。
タネが大きくて食べにくく、酸っぱいです。ジャムだとその酸っぱさがいいんですけどね。