野菜作りや温泉などの日常の出来事を綴ったつれづれなるままの日記です。ズボラで手抜きの勝手に菜園ですが、よろしくお付き合いください。
 簡単アールグレイマフィンは定番スイーツ
2017年05月21日 (日) | 編集 |
男の手料理シリーズ、簡単アールグレイマフィンです。

まずは、マーガリン(バターでもいいようです)をレンジでチン

P5023233.jpg
↑そこに卵を入れてかき混ぜます。

ひたすら混ぜます。でも、手動で十分です。

P5023234.jpg
↑次にお砂糖を混ぜます。

量はいろんなサイトから適当に取捨選択しているので、皆さんで試行錯誤してください。

P5023235.jpg
↑とろ~りなってきました。


P5023236.jpg
↑牛乳を入れて混ぜます。


P5023237.jpg
↑ここがポイント、ホットケーキミックスを使うのでとても簡単なんです。


P5023238.jpg
↑ここもひたすら混ぜます。

つまり量を計って順に混ぜるだけ・・・ ネコでも作れます。

P5023239.jpg
↑アールグレイ紅茶を入れます。風味がいい感じです。


P5023240.jpg
↑つぶつぶがこんな感じ。


P5023241.jpg
↑小さめのケーキカップに入れます。

カップの重さも含め、40グラム程度。大きいよりも小さめがいいと思います。
一口サイズが食べやすいし・・・ 

P5023242.jpg
↑今回は家人手作りのイチゴジャムを上に載せました。

先にカップにジャムを入れる手法もありますが、今回は上に載せました。
チョコチップ入れたり、甘納豆入れたり、あんこ入れることも可能。

ジャムは一瓶使ってしまいました。

P5023243.jpg
↑材料は膨れ上がるので、カップ6分目ぐらいでも大丈夫です。


P5023246.jpg
P5023247.jpg
↑170度に予熱します。


P5023248.jpg
↑焼くと膨れます。


P5023251.jpg
↑焼きたてのアールグレイマフィン


P5023253.jpg
↑しばらくたつと、少ししぼんできます。


P5023255.jpg
↑関係ないけど、マフィンを置くトレイ


P5023256.jpg
P5023257.jpg
P5023259.jpg
↑オーブンのプレートから、トレイに移し替えます。

これを以前は知らなくて、最初は下が焦げてしまいました。
しっとりしたおいしいマフィンができました。
ここまで約40分。とっても簡単です。






スポンサーサイト

 甘長とうがらし料理と手作りパン
2015年08月13日 (木) | 編集 |
菜園の甘長とうがらしやピーマン系は校長先生です。

DSCF7183.jpg
↑甘長ししとう、苗は普通にししとうと書いてありましたが・・・

甘長ししとうの方が大きくなるので、これはこれでよかったです~

DSCF7182.jpg
↑次から次に収穫だ~

霜が降りる前まで収穫出来そうです。


DSCF7184.jpg
↑こちらは普通のピーマン 京みどりだったと思います。

ならば適当に炒めて男の手料理だ~

DSCF7178.jpg
↑自家製なすびや、超ミニのタマネギも加えて、豚バラと炒めます。

DSCF7177.jpg
↑こんな感じ~ 


DSCF7179.jpg
↑では頂きます~

またある日は、伏見甘長(少し細長い)をメインに・・・

DSCF7696_20150812075926032.jpg
↑少し甘めに仕上げました~

お酒が進みますね~

DSCF7199.jpg
↑ニンジンも自家製でした。

畑に放置しているのもかなり・・・ ぼちぼち撤収かな~

DSCF7185.jpg
↑久しぶりに家人がパンを作り出しました。


DSCF7186.jpg
↑自家製ブラックベリーをジャムにしてと・・・

DSCF7192.jpg
↑ちょっとジャムが多すぎない?


DSCF7194.jpg
↑オレンジのジャムも使ったそうです。詳しいことは不明~


DSCF7195.jpg
↑あ~あ~ ジャムがはみ出してる~ (^_^.)


DSCF7191.jpg
↑袋に入れて完成です~ どこのお店にも並びません~ (^_^.)

ではでは~















 2014定番の芋づる炒め
2014年10月04日 (土) | 編集 |
台風はそれなりにそれなりでした。畑以外には大きな被害なし。とりあえずは一安心。
久しぶりの男の手料理。適当です。

IMGP1525.jpg
↑芋づるは、メインの茎じゃなくて、葉っぱになっているところをちぎります。

なんだか赤い色が付いています。
種類一緒の芋でも赤いのと緑のがあるんですよ。
なぜか不思議です。

IMGP1526_201410042050116e1.jpg
↑こちらはきれいな緑色の芋づる

ここから手間がかかるんです。

IMGP1527_2014100420501259d.jpg
↑洗いながら、皮をむいていきます。

料理は油いためと佃煮の二種類
佃煮は皮を全部向かない方がいいとの説もありますが・・・
今回は全部向きました。

手が痛い~(^_^.)

IMGP1528.jpg
↑三時間ぐらいかかったかな?

こちらは赤い方なので、佃煮にします。なかだか固そうです。

IMGP1529_2014100420501596a.jpg
↑いったん茹でてから、自家製唐辛子で炒めます。

じっくりじっくり・・・ 途中で塩コショウを少し、みりん、お砂糖、お醤油は適量です。
感覚で作っています。量のレシピはありません。

それと昆布を小さく切って入れています。

IMGP1530_2014100420503048f.jpg
↑ある程度炒めました。もっとじっくりやる必要があります。

ここで、所要が出来たので、炒めものを同時に作ります。

IMGP1531_2014100420503102d.jpg
↑油いためは、しゃきしゃき感を残すため、茹でません。

油と唐辛子、今度は市販の一味にしました。

IMGP1533_2014100420503324e.jpg
↑丸天がなかったので、アジ天にしました。こちらが高級です(^_^.)


IMGP1535_20141004205034938.jpg
↑完成です~


DSCF2595.jpg
↑こちらは翌日に丸天で作った定番の油いため

器は桃林窯になってます。

DSCF2597.jpg
↑娘がフィナンシェを作っていました。学校の友人用だそうです(^_^.)

オイドンはデブになるからダメとのこと。確かに・・・

DSCF2598.jpg
↑栗の甘露煮を入れたフィナンシェ

栗は山に住む、山の仲間が持ってきてくれました。
ゆがいて、むいて、煮込んで、味付けして・・・
おいしく頂いてます~

ちょうどフィナンシェのタイミングと合ってばっちり~

そういえば最近お菓子作ってないな~ メタボ検査に引っ掛かりそうなので
最近控えています。いや食べるのは控えてませんよ~(^_^.)






















 タケノコ掘って男の手料理だ~
2014年05月07日 (水) | 編集 |
4月中旬のこと。少し遅かったかな?今年もタケノコ掘りに出かけました。

DSCF8543.jpg
↑兄の軽トラックかりて、元ミカン山に行きました。


DSCF8545.jpg
↑竹やぶになっています。自然と・・・


DSCF8547_20140419112846f05.jpg
↑以前は軽トラックも通りましたが・・・


DSCF8548.jpg
↑右の方はちゃんと管理されたタケノコ林

直売所あたりに出されているようです。

DSCF8555.jpg
DSCF8556_20140419112908ed8.jpg
↑いくつかありましたので早速掘ります。


DSCF8549_201404191128492c6.jpg
↑あまり手際よくありません(^_^.)


DSCF8559.jpg
↑結構出てましたよ~


DSCF8561.jpg
↑ウグイスがさかんに鳴いてます。


DSCF8562.jpg
↑それなりに大きいタケノコもありました。


DSCF8565.jpg
↑この四倍ぐらいの量を掘りました。



DSCF8566.jpg
DSCF8567.jpg
↑皮をむかずに茹でる方法もあるらしいですが・・・・

そうすると鍋がめちゃ大きくないと無理。
なので向いてから茹がきました。

DSCF8568.jpg
DSCF8569.jpg
↑風がない日だったのでお、ガレージでカセットコンロ方式。



DSCF8572.jpg
↑あとはお得意のタケノコのじっくり炒めです~(^_^.)

DSCF8577.jpg
DSCF8579.jpg
↑おいしいタケノコの油炒めが完成です~
























 ミラクルレシピのビーフシチュー
2014年02月08日 (土) | 編集 |
テレビでミラクルレシピなる番組やってました。意外性のある料理だと。
詳しくは覚えてないけど・・・

久しぶりの男の手料理ですよ~

IMGP0701_20140131203910091.jpg
↑一気に肉が出てきましたが、この前の行程は撮影してないので・・・

お安い牛細切れ肉600gをビニール袋に入れて、しょうゆ麹
もみほぐします。
そこにマヨネーズ。お安いお肉が上等なお肉になるそうです。
また、もみほぐして形を整えます。

ビニール袋からは、簡単には取り出せません。なのでハサミで切って
フライパンにのせ、全体に塩コショウをかけて焼きます。

やっと、その状態だ~

IMGP0702_201401312039119b5.jpg
↑なんだかブロック肉みたいに見えませんか?

元は切り落としなんですよ~

IMGP0705_20140131203912f58.jpg
↑じっくり焦げ目をつけておいしいさを閉じ込めていきます。


IMGP0706_20140131203914729.jpg
IMGP0707_20140131203915cf3.jpg
↑でこんな感じになりました。

ここで思いました。600gを一度に混ぜずに半分ずつが良かったようです。
なぜかって、火が通りません。

表面が焼けて焦げ付いてもいまいちだし・・・
でも、まあこのまま続けます。

IMGP0708_20140131203928ccf.jpg
↑アルミホイルに包んで蒸し焼き&粗熱を取ります。

少し冷えてから切るんですが、これが切れないんです。
大きすぎて中に火が通ってないからですね。

でもまあ無理やりです~(^_^.)

IMGP0709_201401312039307b6.jpg
↑こんな感じになりました。


IMGP0713_20140131203931dfe.jpg
↑中をじっくり焼いてきます。

ブロック肉というか、ハンバーグというか・・・(^_^.)
それも切り口がばらばらの・・・

はい、ここから先はオイドンではなく、家人にお願いしました。
ビーフシチューやらは作れません。

ミラクルレシピでは単に「牛肉煮込み」とありますが
いつの間にかビーフシチューになってしまいました。

IMGP0715_2014013120393340e.jpg
IMGP0717_20140131203934ef9.jpg
↑玉ねぎやジャガイモを入れていきます。

味付けはそれぞれのご家庭でご自由に~(^_^.)

IMGP0719_201401312057272e9.jpg
↑完成です~

ブロッコリーは、オイドンの畑から、自家製です。

IMGP0721_20140131205729cbe.jpg
↑新潟の濁り酒を飲んでみました~

お安いお肉がマヨネーズ入れてブロック肉になるというのが
ミラクルなポイントのようです。

オイドンの腕は、まだまだです。
そもそも、肉まぜて焼いただけだし・・・(^_^.)




 秋の定番は芋づる料理
2013年10月20日 (日) | 編集 |
9月下旬の写真なんで、この後若干状況は変わっています(^_^;)
定番です。料理自体は簡単なんですが、その前段の手間が・・・

DSCF5739.jpg
↑まずは青々とした芋づるを選んで収穫します。

芋本体は、もうしばらく待ちます。いや、今はもう収穫中ですよ~(^_^;)

DSCF5740.jpg
↑枯れたようなのは収穫しません。


DSCF5741.jpg
↑葉っぱをはずしながら、少し皮をむきます。

長いのは二つに折って、その時もついでに皮をむきます。

DSCF5742.jpg
↑じゃがいも畑は、熱対策で雑草をかぶせています。

トマオさんの技をパクリましたよ~
果たして、ちゃんと発芽しているかな~

で、現在はちゃんと発芽しています。デジマは大丈夫、アンデスは何となく発芽です。
後日ご報告ですね~

DSCF5743.jpg
↑トマトジャングル


DSCF5744.jpg
DSCF5745.jpg
↑でも、まだ花が咲いているんです・・・

撤収がかわいそうになり、ほったらかしています。
トマトの恩返しがあるかな~ (^_^.)

で、現在は青いトマトは出来ています~

DSCF5746.jpg
↑雑草となったアサガオ、畑一面に咲いています。

外来植物のようです。マルバアメリカアサガオ
これは現在も変わりません(^_^;)


DSCF5747.jpg
↑11月頃が収穫時期だとか・・・

無農薬のレモン、今年初収穫できそうです。

これが一番はアチャ~ ご臨終になりました。虫と台風のダブルパンチ
台風が来なくても遅かれ早かれでしたが・・・


DSCF5748.jpg
↑大根が芽を出してます。


現在はかなり葉っぱも栄えて豊作の予感です(^_^;)

DSCF5750.jpg
↑じっくりお醤油で煮詰めた佃煮風


DSCF5751.jpg
↑こちらはざっと油いため、しゃきしゃき感のある芋づる

どちらもおいしいですよ~
オイドンは丸天を入れるのが定番です。

こちらは現在も同じように頂いていますよ~



 2013のタケノコ料理だ~
2013年05月08日 (水) | 編集 |
タケノコ料理はオイドンの定番ですが、まず掘らないと・・・(^_^;)

DSCF0965.jpg
↑軽トラックでしか行けない、荒れた道を登って・・・

後は歩きです。

DSCF0966.jpg
↑竹林を歩いて・・・


DSCF0968.jpg
↑ありました~

元はミカン園、そのあとヒノキを植えましたが・・・
管理できるはずもなく、今は竹林に・・・

DSCF0969.jpg
↑これぐらいなら十分でしょう。

少しぐらい硬くても大丈夫です。

DSCF0970.jpg
↑周りの泥を少しずつ落として


DSCF0971.jpg
↑えいっ!気合で掘ります。


DSCF0974.jpg
↑結構あるな~(^_^;)

掘ったのは4月中旬、GWの頃だともう遅いようです。

DSCF0976.jpg
↑コンテナに入りきれないぐらい採れました。


DSCF0982.jpg
↑家に帰るとミッキーも興味しんしん


DSCF0988.jpg
↑いったんお湯で湯がいてから、油で炒めます。



DSCF0989.jpg
↑初めは白いタケノコ


DSCF0998.jpg
↑お砂糖、しょうゆ、みりんを加えて炒めます。油も随時追加

焦げないよう、じっくり炒めます。一時間から二時間ぐらい。

DSCF0999.jpg
↑トウガラシや塩ごしょうも入れて味を調整


DSCF0995_20130504155002.jpg
↑まずはこんなもんでどうでしょう。


DSCF0994.jpg
↑食べるときにその都度炒めます。

だんだんおいしくなります。

すいません~ タケノコ終了したのでコメント欄閉じてます~



 家庭菜園おもてなし料理
2012年10月18日 (木) | 編集 |
我が家庭菜園の野菜を使ったものは一部。
オイドンが作ったのも一部。でも、男の手料理ジャンルでご紹介~

DSCF4057.jpg
↑ミッキーが吠えまくり、何か匂いをかいでいます。

大きなヤモリがいました。怖いのかな~(^_^;)

DSCF4058.jpg
↑男の手料理、なんといっても定番の芋づる料理

佃煮です~ でも、皮をむかず、なおかつ炒めすぎて・・・
スルメかと思うぐらい固くなりました。
味はいいんだけどな~

アゴの訓練にはもってこいですよ~

DSCF4062.jpg
↑丹波黒豆の枝豆 これも自慢です~


DSCF4066.jpg
↑芋づる料理、こちらはあっさり炒めのきんぴら風

佐賀の自慢、丸天も入れてます~
もう少し甘くてもよかったかな~ でも、まあまあ・・・



DSCF4069.jpg
↑友人から釣ったカワハギをいただきましたので、お刺身に・・・

うまか~ 新鮮~ おもてなし料理の始まり始まり~

で、前菜と行きましょ~


DSCF4072.jpg
↑栗も山の友人から頂いて、渋川煮、煮たのはオイドンじゃないですが
皮をむくのを手伝いました。

トマトは自家製

中央は、カボチャのサラダ、秋の味覚、柿入りです。どちらも自家製~

DSCF4073.jpg
↑オクラは自家製

えのきの豚バラ巻きは、オイドンが焼いています。


DSCF4074.jpg
↑アスパラお店のもの

その左の佃煮は、生姜です。これは美味しい~

DSCF4077.jpg
↑家人得意の煮豚サラダ~


DSCF4078.jpg
↑娘が作ったアボガドのスープ

これはいけます~

DSCF4079.jpg
↑北海道のホタテ

上のパプリカは残念ながらお店のですが・・・
でも、ホタテは美味しいな~

DSCF4080.jpg
↑モモハムサラダ


先日キャナルに行った時に博多駅で買った生パスタもあったんですが・・・
こりゃうまい~ いや写真はうまくない~
ボツになりました(^_^;)


DSCF4084.jpg
DSCF4085.jpg
↑サーモンと野菜の甘酢あんかけ

おいしい料理とおいしいお酒、グイグイ行きました~(^_^;)

このあとデザートは娘の作った杏仁豆腐
締めは筑後の名店、富松うなぎだったんですが・・・
酔ってしまって・・・

とても楽しい時間を過ごしました。時間が過ぎるのが早いな~














 レタスのミルフィーユと定番料理
2012年09月26日 (水) | 編集 |
男の手料理です。自家製野菜ばかりじゃないですが・・・

DSCF3610.jpg
↑とっても簡単で、超人気、レタスと豚バラのミルフィーユ

まいて、爪楊枝でさして、切って、ラップ、レンジでチン、ポン酢でパクリ。
ばんざ~い!(^_^;)

DSCF3611.jpg
↑オクラとワカメ、ポン酢をかけるだけ・・・



DSCF3612.jpg
↑頂きもの~ FURU2ドラゴン

梅酒でした。ドラゴン味

DSCF3613.jpg
↑綺麗なラッピングを外してと・・・


DSCF3614.jpg
↑世界初だそうです。フルーツドラドンと梅酒をミックス

マニアック? このラベルがマニアックですよ~(^_^;)

DSCF3615.jpg
↑出た~ 今年も出ました~ 芋づる料理~

これはあっさり炒めたきんぴら風

DSCF3616.jpg
↑こちらはじっくり佃煮風

どっちもほとんど味付けは同じだったりして・・・(^_^;)

DSCF3617.jpg
↑食感は違いますが、どちらも美味しいです~



DSCF3618.jpg
DSCF3619.jpg
↑いただきもののゴーヤを豚肉で巻いて、いつものとおり甘辛く炒めます~

ちと盛りつけがイマイチです。オイドンですから仕方なか・・・

DSCF3626.jpg
↑ゴーヤはスパムと合わせて天ぷらに・・・ 天ぷらは担当外、家人です。

娘がゴーヤと知らず、つまみ食い・・・ (>_<) う~


DSCF3627.jpg
↑豚肉もキレイに盛り付けました~

でもお味は、相当迫力あります~(^_^;)
オイドンが担当となりましたよ~

でもでもでも~ 次の日、ありゃりゃ、苦くないぞ・・・??
スパムの甘さと合いますね~

ゴーヤはすぐに食べない方が苦味が抜けるのかな~




DSCF3629.jpg
↑メイです~ ちょっと新しいものをゲットしました~

なんて話題は次回~(^_^;)


















 男のスイーツ作り 定番マフィン
2012年08月29日 (水) | 編集 |
家人も娘も出かけて留守だったのでチャンス。ひま持て余してました。
ほとんど一年ぶりのスイーツ作りです。

DSCF3015.jpg
↑猫でも出来る、ホットケーキミックスのマフィンです。

200グラム×2袋の計 400グラム


DSCF3016.jpg
↑お砂糖160グラム


DSCF3017.jpg
↑卵四個


DSCF3018.jpg
↑アールグレイのティーバッグ8袋


DSCF3019.jpg
↑このほか、バター160グラム、牛乳160CC

たったこれだけです。ふるったりする必要もないし、前準備要りません。

最初にバターをチンしてとろとろの液状にします。

DSCF3021.jpg
↑たぶん、少し冷えてからがいいかな~ 卵を加えて混ぜます。

DSCF3022.jpg
↑次に砂糖を加えて、混ぜます。


DSCF3024.jpg
↑牛乳を加えて混ぜて、その次にホットケーキミックス・・・

あまり混ぜすぎないで粉っぽさがなくなったらいいそうです。

DSCF3027.jpg
↑最後にアールグレイを加えて混ぜるだけ・・・

これだけです。簡単です。しかし、問題はここからなんです。

DSCF3028.jpg
↑この紙の容器にキチンと入れるのが面倒です。

たれてきます。馬鹿タレでもしみったれでもなく、程よく焼けるように
量は少し少な目がいいようです。ちょっと多かったかな~
半分ぐらいでいいです。

DSCF3029.jpg
↑ちょっと容器が大きいですが・・・

これぐらいないと、あの量を一度に焼けません。
大きいオーブンお持ちならいいかもですが

DSCF3035.jpg
↑焼けました~ ニャンコのトレイに移し変えます。

焼けたかどうかは、竹串で確認して
付いてきたり、湿っている場合はちゃんと追加して焼いてくださいね。
170度で30分前後でしょうか・・・ 短めにして確認が無難です。

トレイに移し変えないと鉄板の余熱で下の方が焦げてしまいます。
ちなみに、トマコさんの妹さんもこのニャンコトレイお持ちだそうです~(^_^;)



DSCF3037.jpg
↑次はホットケーキミックスを300グラムに減らしてプレーンなマフィン

もちろん他の材料も同じ割合で加減してください。

DSCF3038.jpg
↑でも単なるプレーンじゃおもしろくありません。

てことで当然いつものアレの出番です。

DSCF3039.jpg
DSCF3042.jpg
↑ブラックベリージャムをのせます~


DSCF3043.jpg
DSCF3044.jpg
↑これはアールグレイマフィンの方。


DSCF3045.jpg
DSCF3047.jpg
↑ブラックベリージャムマフィンはこちらですよ~

どうぞお召し上がりください~
もちろんご自分で作られてもいいですよ~

こちらは小さいカップを使ったので一度に三十五個ぐらい焼けました~






















 定番タケノコ料理と色々~
2012年07月10日 (火) | 編集 |
出し遅れの昔の記事、GWのことです・・・(^_^;)
男の手料理は通常はタケノコがメインですが・・・

DSCF1187.jpg
↑今回は、頂き物のフキ~

味付けはタケノコと同じですが、昆布やシイタケも入れます。

DSCF1191.jpg
↑結構おいしいんですよ~ これが~



DSCF1198.jpg
↑で、フキは佃煮になりました~



DSCF1437.jpg
↑タケノコはいつものとおり、じっくり炒めます~



DSCF1445.jpg
↑う~ん、おいしいです~

今年はタケノコをだいぶ食べました~


次はオマケネタ。
九州駅弁ランキングナンバーワンのお弁当です。
佐賀県の食材、弁当がベスト3独占ってのは皆さんご存知ですかね~(^_^;)

DSCF1419.jpg
↑武雄温泉駅で販売している佐賀牛弁当が堂々の第一位


DSCF1420.jpg
↑よく分かりませんが、普通は佐賀産黒毛和牛しかお店で買ってません・・・

ていうか、スーパーでは普通、佐賀牛は売ってないし・・・

DSCF1421.jpg
↑こんな感じです~ お値段はそれなりにそれなり~


DSCF1425.jpg
↑ガブリ~ と行きたいところでしたが、娘が一人でぜんぶペロリ・・・


DSCF1428.jpg
↑おいしかったそうですが、オイドンは食べてないので分かりません~(^_^;)

ちなみに第二位は有田焼きカレー、三位はイカしゅうまい弁当だったと思います・・・


またもオマケネタ~(^_^;)

DSCF1416.jpg
↑頂き物の沖縄の黒糖じーまーみー豆腐プリン

この前、有田のご豆腐をご紹介しましたが、じーまーみー豆腐もいけます~

DSCF1418.jpg
↑豆腐というより、完全にデザートです。

甘くておいしい~

またも・・・オマケ・・・

DSCF1415.jpg
↑佐賀の焼鳥屋さんで食べた豚バラ~

佐賀や北部九州では、焼鳥屋というのは、鶏メインではありません。
牛や豚、野菜、魚、色んなものを串焼きにして食べることが出来るお店を
焼鳥屋と呼んでいます。

あ~おいしかった~ お酒もいけます~

























 タケノコなう~(^_^;)
2012年04月21日 (土) | 編集 |
出来たてほやほやの写真も出ます。 本日のリアルタイム記事~

IMGP0927_20120421192403.jpg
↑向かいに見えるのが父のミカン山・・・

いや、20年前まではミカン山でした・・・
今は手入れする人も無く、竹林になりました。

てことはあれだ~ 兄の軽トラを借りて、いざ出陣~

IMGP0928_20120421192402.jpg
↑メチャ狭くてデコボコの道でした。

軽トラ以外はムリだし、ここから先は軽トラでもムリです。
でもすぐこの先です。

IMGP0929_20120421192401.jpg
↑わお~ もうめちゃめちゃ出てる~

一昨年は、全然なくてガッカリでしたが・・・
今日は取り放題だ~(^_^;)

IMGP0930_20120421192401.jpg
↑しかし掘るのは結構な労働です・・・

これぐらい出ていても、とても柔らかいです。
伸びすぎているのはちょっと固いみたいですけどね。

IMGP0931_20120421192849.jpg
↑昔はここがミカン山だったとは思えません・・・

20年前にミカンをやめるときにヒノキを植えたのですが・・・
これも手入れしないので、もう売り物にはならないそうです。


IMGP0932_20120421192848.jpg
↑こちらはお隣のちゃんと管理されている場所

イノシシ除けの電柵もあります。竹を少なくしておかないとタケノコも出ないそうですね。

IMGP0933_20120421192848.jpg
↑一時間半程度がんばりました。この他に兄に献上する分は別に確保しています。

クワのタガネが外れかけて、少し掘るたびにタガネをキンコンカンコン・・・
木の根もあるし、掘りにくい~

掘り放題といっても、このあとちゃんと茹でたりしないと食べられないし
ほどほどの量に留めておきました。

IMGP0936_20120421192847.jpg
↑家に帰って、洗って皮むいて・・・

我が家はIHなので、一番デカイこの鍋が使えません。
よって、車庫でカセットコンロ。このコンロは30年使っています。

DSCF0389.jpg
↑タケノコを茹でました~

半分程兄にやっても、デカイ鍋三杯分以上あります。
もらった兄も迷惑だったかも・・・ (^_^;)

DSCF0391.jpg
↑ここからは男の手料理だ~

なんちゃってです。混ぜるだけの簡単料理ですよ~
料理はタケノコの油炒め。

今までは、佃煮風にじっくり炒めていましたが、このタケノコはとても柔らかいので・・・
ささっと油炒めです。

レシピではありませんが・・・
フライパンに油をたっぷり入れて(大さじ四杯程度?)
まずは、タケノコを15分ぐらい炒めました。
時間はお好みに合わせて適当です。

その後、味付けをしていきます。

砂糖適量、塩コショウ適量、みりん適量、お醤油適量です。それに問題の唐辛子・・・
量はお好みに合わせてです。

しかし、唐辛子を入れすぎました・・・ 家人からクレームです・・・ (^_^;)
オイドンは辛いの大丈夫なんですけどね~~


DSCF0393.jpg
↑ある程度味がしみこんだら、フキを入れて、また油で炒めます。

フキはもちろんお好みに合わせてです。入れなくても大丈夫ですよ。

DSCF0398.jpg
↑しっかり炒めたら・・・ オイドンは全部で30分~40分ぐらい炒めでたしょうか・・・

完成です~ 
ホワイトバランスを適当に調整していたら色合いが変わりました。
蛍光灯と白熱電球の二つで照らしていたのでバランスが難しい~

DSCF0402.jpg
↑とても柔らかいタケノコの油いため これは実際の色合いに近いです~

これももっとあと一時間以上炒めたら、佃煮風になります。
でも、タケノコが柔らかいので、食感を生かしてあっさり炒めましたよ~

ガリッ・・・ 中には固いのもありました・・・ (^_^;)
結構でかく伸びていたのも掘りましたから・・・





 下仁田ネギと豆腐チャンプル
2012年02月09日 (木) | 編集 |
かなりサボっていました。男の手料理の時間です・・・(^_^;)

P1270674.jpg
↑我が菜園の秘密兵器、下仁田ネギ

苗を20本買って植えましたが、まともに出来たのは数本・・・
でも、太くておいしそうなネギになりました。

P1270675.jpg
↑定番ですが、豚バラで巻いてじっくりじっくり焼きます・・・

甘い甘い、ネギ料理になりました~
沖縄の豚味噌と唐辛子を付けて食べます。

P1270676.jpg
↑大根が自家製? いやでかいのは目の前の兄の畑から拝借・・・(^_^;)

ジャガイモは自分ところのやつです。オデンにジャガイモはめったに入れませんが・・・
結構いけます。

P1270677.jpg
↑気合入れて作ります。男の手料理本番だ~


P1270678.jpg
↑主役はこのお方~ 沖縄から重たい思いをして持ち帰ったスパム


P1270679.jpg
↑まずは豆腐をフライパンで炒めます。


P1270680.jpg
↑少し焦げ目がつくぐらい



P1270681.jpg
↑スパムがおいしそうな色していますよね~

でも、ここから出てこないんです。悪戦苦闘して出しました。

P1270682.jpg
↑三分の一ぐらい使います。ピーマンと炒めます。


P1270683.jpg
↑もやしを入れて炒めて、市販ソースを入れて、最後に豆腐も入れて、溶き卵を入れます。


P1270684.jpg
↑男の手料理の時は、後片付けも考えてシンプルにします。

この日は後片付けしなかったので、クレームが付きました・・・(^_^;)

P1270685.jpg
↑出来上がりのパッケージとはだいぶ違いますが・・・

豆腐の水分が出ちゃって水っぽくなったような。でも、お味は問題ありません~

P1270686.jpg
↑自家製カボチャと南関あげ(熊本県の特産品)の煮物 

家人の作品ですが、我が菜園の料理なのでアップさせてもらいます。

P1270687.jpg
↑キムチを乗せてバージョンアップ~

最近はネタ切れ頻度が少なくなったので、男の手料理も減りました。
ネタ切れになると料理が始まります・・・(^_^;)






















 久々男の手料理はふきと竹の子~
2011年06月09日 (木) | 編集 |
頂き物のふきがありました。ついでに我が家のメイにもプレゼントがありましたが
撮影チャンス逃した~ 
ふきの袋に新鮮なアオガエル、メイが興味しんしんでしたが裏の畑に無事解放です(^_^;)

少し、いやだいぶ以前の記事ですいません~

P1210250.jpg
↑茹でたふきを油でじっくり炒めます。

自家製唐辛子も炒めます。お醤油、みりん、お砂糖で味付け、塩コショウはほんの少しだけ・・・

P1210251.jpg
↑蛍光灯の下だと色合いが違います~ あまりおいしそうに見えないです(>_<)



P1210253.jpg
↑今度はそれをもっともっとじっくりじっくり・・・・

佃煮風になりました~

P1210258.jpg
↑奥は普通の油いため、まだふきのしゃきしゃき感が残っています。

手前はしゃきしゃきはないですが、やわらかくてこれまたいけます~

P1210260.jpg
↑竹の子の炒め物ですが、ほとんど味付けは同じです~

ニャンパタ~ン(^_^;)

じっくり何度も炒めてもいいし、シャキシャキ感を残したいならそれなりでも
とても簡単な男の手料理でした~

P1210246.jpg
↑おまけです。植えてないけど勝手に栄えていた高菜の花

元の野菜わかっているからですが、それだけ見てたら絶対区別つきません~
もちろんですが、今はすっかり枯れてしまっています~

そうそう、手抜き記事ですいませんが、ちょっと週末忙しいかもなので、
ご訪問やコメントのお返事は遅れるかもです~(^_^;)










 アーモンドケーキだ~
2011年02月20日 (日) | 編集 |
あ~問答無用~ じゃなくてアーモンドケーキ。人様のレシピを厚かましく紹介だ~

P1190586.jpg
↑薄力粉70g、アーモンド粉80gをふるっておきます。

上の白いのはベーキングパウダー小さじ二杯

P1190587.jpg
↑きび砂糖100g


P1190588.jpg
↑安納芋を甘煮しておきます。分量は適当でしたが、もう少し沢山でもよかったな~

P1190589.jpg
↑この生地作りが大変でした・・・

常温に戻した卵二個、常温に戻したバター(常温は夏の常温がいいでしょう)125g
サワークリーム(または生クリーム)30g、これも常温

常温というより常夏の島ハワイの温度ぐらいがいいと思います。これで苦労しました。
固かったので途中で湯せんしました。

P1190593.jpg
↑100円ショップの15センチ容器に二つ分出来ます。

この容器にも似たようなレシピがありました。チョコケーキでしたけど・・・

P1190595.jpg
↑型が二つで、高さが高くなかったので180度で30分焼きました。

焼き時間はそれぞれ調整してください。

P1190597.jpg
↑サツマイモが少ないです~ 

もっと沢山あった方がおいしいと思いました。リンゴの甘煮も入れたらもっとよかったかな~

P1190598.jpg
P1190599.jpg
P1190600.jpg
↑恒例、娘が塾に持参、みんなから絶賛だったそうですよ~

家人の妹家族にも・・・ 
一度作るとだいぶコツがわかりました~ 今度はもっとおいしく作れます~
たぶん・・・











 安納芋プリンとさがほのか♪
2011年02月11日 (金) | 編集 |
ネタ切れ宣言~ 畑もほとんどやってないから記事がなか~ 
なので、恒例のスイーツ作りだ~

P1190969.jpg
↑中央の方がオレンジ色になっているのお分かりかな~ これが安納芋の特徴ですよ~

むいたら少し水にさらしておきます。

P1190970.jpg
↑茹でたらこんな鮮やかな黄色になります~


P1190972.jpg
↑1980円のミキサー 牛乳と卵入れてと・・・ 音楽の都~ ウィ~ン (^_^;)


P1190973.jpg
↑牛乳、砂糖、生クリームとまぜて、オーブンで蒸し焼き~

焼きプリンの完成です~

P1190976.jpg
↑カラメルシロップは家人の指導を受けて作りました~


P1190978.jpg
↑うまい~ 他に言葉は必要ありません~ 

で、ネタ切れなんで頂き物のアップだ~ 佐賀県多久市のいちご農家の方から頂きました~

P1190955.jpg
↑写真だとよくわかりませんが、めちゃでかいです~ @_@


P1190956.jpg
↑こんなデカイイチゴ、スーパーにも売ってないです~


P1190957.jpg
↑大きなイチゴの箱にこれだけ・・・ だから大きいってわかりますよね~

お値段も相当だと思いますが、お味がまたこりゃよか~

P1190958.jpg
↑JAさがの佐城地区(佐賀・小城・多久周辺のことみたいです)

お味は蜜みたいな甘さがあって普通のイチゴとは一線を画すお味・・・
な~んもつけてません。そのままで十分すぎるごとうまか~

P1190962.jpg
↑大きなものは6センチ~8センチくらいあったような・・・ メチャデカ @_@

アリが父、ありがとうさん~(^_^;)


追記:ネタはないのに野暮用ばかり多くて・・・スイマセン所要で週末のコメントお返事遅れます~


















 スペシャルマフィンだ~♪
2011年02月04日 (金) | 編集 |
恒例のスイーツ作り。簡単です。レシピは前回どおりですよ~
面倒なので書いていません~(^_^;)

P1190416.jpg
↑卵が二個、ニコニコだ~


P1190417.jpg
↑混ぜます。あわ立てる必要はないので手動です。あわ立てず騒がずだ~


P1190418.jpg
↑砂糖を入れて混ぜて、牛乳を入れてさらに混ぜます~


P1190419.jpg
↑ホットケーキミックス入れて混ぜるだけ~

ここからがスペシャルですよ~

P1190421.jpg
↑安納芋でスイートポテトを作る予定でしたが、それを変更してマフィンに入れます~


P1190422.jpg
↑ついでにリンゴの煮たやつも~ 

お砂糖で甘くしていますのでダイエット中の方は無理かも~(^_^;)

P1190424.jpg
↑安納芋を混ぜ込んでと・・・ カップに入れて・・・

リンゴは上に乗せました~

P1190425.jpg
↑焼く前はこんな感じですよ~


P1190426.jpg
↑焼けましておめでとうございます~


P1190427.jpg
↑はいどうぞお召し上がりください~

ここで注意、サツマイモのペースト入れすぎました・・・
ちょっと蒸しパンみたいになっちゃった・・・ 
ペーストじゃなくて角切りがよかったかな~
試行錯誤中です~ でもお味は当然ながらおいしいですよ~
















 紫芋で焼きプリンだ~
2011年01月27日 (木) | 編集 |
我が家で取れたムラサキイモ、普通に焼き芋だと甘さが足りません。
なので、スイーツの原料として使います~

P1190390.jpg
↑ここまでは家人に手伝ってもらいました。しばらく水にさらしておきます。

この後は、オイドンひとりでやりましたよ~

P1190391.jpg
↑茹でてペースト状態になるようミキサーにかけます。

プリンなんですが、いろんなレシピがあるようです。ゼラチン使うやつとかも・・・
今回はゼラチン抜きで、蒸し焼きにするレシピをネットで検索して使いました。
人様のレシピなんで詳しくはご紹介できませんが・・・

この段階で裏ごしというレシピもありました。しかしオイドンは裏ごししていません。
めちゃ面倒だと聞きましたので・・・


P1190392.jpg
↑牛乳や卵と一緒に混ぜちゃいます~ もちろんお砂糖も入れました~

裏ごしの代わりに網で漉しました。これなら超簡単です~
後はプリンの型に入れて、トレイに水入れて蒸し焼きだ~



P1190394.jpg
↑こりゃ焼きプリンじゃなかですよ~ 隣で家人が作っていた紫芋クッキー

クッキーといってもほわほわで柔らかくておいしいです~

P1190396.jpg
↑出来ました~ 紫芋の焼きプリン~


P1190397.jpg
↑アップです~ ここにカラメルシロップを絡めるんですが・・・(^_^;)

オイドンは見事に失敗したんで、家人にお願いしました~
なるほど、レンジを使うのか~


P1190401.jpg
↑これはおいしいです~

ちょっと甘さ控えめに作りましたが、娘が持ち込んだ学校では大絶賛だったそうですよ~
また紫芋の焼きプリン食べたいとリクエストが来たそうです~



P1190403.jpg
↑これまたオイドン手作りのフィナンシェだ~

ひよこのピナンシェ、家人が知り合いからもらってきましたが、オイドンの分がありません・・・
ならば作るか・・・ 卵白はいつも冷凍室に保管しています~

P1190404.jpg
↑はい、皆さん頂かれてください~

これで一応スイーツ記事は終了~?? ワンパターンばかりだからそのうち他のやつにもチャレンジするかな~
次回はレンジでやるっチャ~ のチャレンジかも~(^_^;)





















 ワル猫定番のスイーツだ~
2011年01月25日 (火) | 編集 |
またもワル猫定番のスイーツですが、少し違いますよ~

P1190373.jpg
↑ホットケーキミックスを使った簡単なマフィンです~

もういつもいつもこればかりですよ~

P1190374.jpg
↑卵は白身も使います~


P1190375.jpg
↑マーガリンと牛乳だ~


P1190376.jpg
↑お砂糖ですが、ダイエット中の方は残念ながら食べられません~(^_^;)


そして今回はこれに加えて・・・ じゃじゃじゃ~ん

P1190372.jpg
↑ニンジンじゃないですが、ニンジンみたいに紅いです~

我が家自慢のバターナッツ~




P1190377.jpg
↑混ぜた生地にバターナッツを練りこんでいきます~



P1190378.jpg
↑頂き物のイチジクをジャムにしました~

ジャム入りも少しだけ作りました~

P1190379.jpg
↑全部で13個です~



P1190384.jpg
↑やけまして、おめでとうございます~


P1190385.jpg
↑ちょっとノイズが出ているけど、いつもより余計に焼いています~

しっとりとしたお味で最高~
例によって娘が学校に持ち込みましたが、バターナッツの粒、
友人達にはニンジンとしか思われなかったとか。
バターナッツといっても馴染みありませんもんね~

ジャム入りでもジャムなしでもどちらでもおいしいです~
ってジャム入りは全部持っていかれました~(^_^;)

まだ、スイーツ記事は後半に続く~

















 久々のスイーツ作り~
2010年12月13日 (月) | 編集 |
久住の三俣山にの登る前日、マフィンを作りました~
なのでもったいぶって記事にしますね~

P1170021.jpg
↑ホットケーキミックス200g、お砂糖80g、卵2個、マーガリン80g、牛乳60cc

マーガリンをレンジで溶かします。それに材料を混ぜて泡だて器で混ぜます。

P1170022.jpg
↑卵、砂糖、牛乳を先に加えて、それからホットケーキミックスです。

おお~いい感じだ~ 分量は大体でいいかな~ お好みに応じて適当ですよ~

P1170023.jpg
↑基本はこれだけ、後はお好みに応じて色んなものを入れますが・・・

今回は紅茶のアールグレイのティーバッグを二つ分入れました。
ジャムを入れてもおいしいですけどね~
クリームチーズ入れたり、チョコチップ入れたり、甘納豆入れたときもあったな~
尼さんもなっとくう~の味かも~

P1170024.jpg
↑カップに入れるのが一番面倒です~

100円ショップのマフィンカップ(小さいやつ)で45gが標準かな~
12個ぐらいはできるようですよ~

P1170025.jpg
↑今回は13個です。2個だけはアールグレイ抜きのプレーンなマフィン


P1170026.jpg
↑170度のオーブンで20分程度


P1170027.jpg
↑アールグレイなしのプレーンなマフィン



P1170029.jpg
↑紅茶の香り豊かなマフィン


P1170030.jpg
↑ニャンコのトレイに入れてと・・・



P1170031.jpg
P1170032.jpg
P1170033.jpg
↑どや~ これでもかこれでもか~ マフィン様のお通りだ~

P1170034.jpg
P1170036.jpg
P1170038.jpg
↑二倍くらいに膨れ上がるので、用心です。ちょっと少ないかな~というぐらいで十分です。



P1170040.jpg
↑大人気ですぐに無くなってしまいます~

今回山に持ち込みましたが、地面が湿っていて座れなかったのが残念でした~
今度はレジャーシート持ち込んでゆっくりティータイムしましょうね~