野菜作りや温泉などの日常の出来事を綴ったつれづれなるままの日記です。ズボラで手抜きの勝手に菜園ですが、よろしくお付き合いください。
 2017年8月 久留米市で打ち上げだ~
2017年10月18日 (水) | 編集 |
2週間前は小郡市で宴でしたが、今回は久留米市で!

P8265668.jpg

前回、売り切れだった旭饅頭 前回の反省から、予約することとしました。

P8265669.jpg

今回はちゃんとあった~

P8265673.jpg
P8265674.jpg

日田市にも夏祭りがあるようです。まだ行ったことないけど・・・

P8265680.jpg

「道の駅うきは」は、九州で二番目に人気の道の駅

P8265686.jpg

久留米市田主丸町の巨峰ワイナリー ワインの森へ

P8265692.jpg
P8265702.jpg
P8265714.jpg

しかし、残念ながら試飲タイム終了~ もちろん買うことはできましたけど
やっぱ試飲はやっててほしかったな~
次回はもう少し早い時間に訪問しないと・・・

P8265715.jpg

で、久留米市の中心部にある「だいせん」に・・・ 事前に下見してました。

P8265723.jpg

ちょっと厚めの豚バラ

P8265727.jpg

自家製ギョーザ 下見の時、気に入りました。

P8265729.jpg

喜多屋は、地元で人気のお酒だそうです。

P8265748.jpg

レンコンぱりぱりサラダ

P8265751.jpg

締めはキーマカレーピザ

この後恒例のカラオケに行って皆さんをご自宅までお送りして、夜中の12時に自宅着
家に帰って無事イベントが終わったので一人で祝杯です。

みなさんお疲れ様でした~












スポンサーサイト

 北九州 響灘グリーンパーク
2017年08月30日 (水) | 編集 |
初夏に行きました。子供さんがおられる家庭にはバッチリかな~

P5043504.jpg

コツメカワウソが仲間入りしたそうです。



P5043512.jpg

響灘グリーンパークは巨大な緑地公園、池や芝生の広場にサイクリングコースや
大きな熱帯植物園、バラ園等が

P5043510.jpg
P5043509.jpg

ネモフィラ

P5043516.jpg

入園料は100円ですが、この日は無料でした。各施設は有料。
フリーマッケート等も開かれておりとても賑やか。

P5043515.jpg

別料金300円の熱帯生態園は、おすすめ

P5043520.jpg

カワウソのご飯タイム

P5043533.jpg
P5043553.jpg

あるお客さんにだけ、蝶が集まってきて・・・ 日本最大の蝶 オオゴマダラ
響灘グリーンパークのシンボルの一つかな

P5043559.jpg

熱帯だから当然バナナ

P5043562.jpg

これ沖縄で見たことある~ 分布は西インド諸島とあるけど
いやいや、普通のご家庭の庭に咲いていたような・・・

P5043563.jpg

ベニヒモノキ

P5043567.jpg

名前不明

P5043579.jpg
P5043581.jpg
P5043583.jpg

ヒムネオオハシ キツツキの仲間?

P5043588.jpg

オオゴマダラをパクリ 自然界の営みだから仕方ないか~

P5043590.jpg

そのオオゴマダラを引き連れて園の中を歩いておられる方
なぜ集まっているのか聞いてみましたが、紙に水分のあるスプレーをしているからかなと?
ご本人も不思議だと言われてました。周りのお客さんにも大人気

P5043606.jpg

東南アジアあたりのお魚もいました。これはナマズ系


P5043607.jpg

いったん外に出て、オオゴマダラを飼育している棟に、
なんとさなぎは黄金色

これはまだ孵化して羽が乾いてないので飛べない状態だとか・・・

オオゴマダラは日本最大の蝶ですが、初めて見ました。
宮古島あたりが生息地域、どうりで・・・

このオオゴマダラ、餌はホウライカガミという植物。
これを栽培しないとオオゴマダラが飼育できないので、この園で栽培されています。

ホウライカガミには毒があるので、幼虫にも毒があり鳥に食べられない用になっているとか
でも、成虫には毒がないようです。あったらさっきの鳥、苦しんでますよね・・・

P5043607.jpg

もういちどご紹介、黄金色のさなぎがすごいです。

P5043612.jpg

もうひとつのシンボルがこのワラビー(カンガルーの小さいやつ)とカンガルー
違いは大きさだけだとか・・・

P5043614.jpg
P5043617.jpg

カンガルー 暑いので日陰に集まってます。

P5043618.jpg
P5043620.jpg

一匹が警戒して立ち上がった~

P5043621.jpg

妊娠しているメスを日陰の棟に移動させておられるようです。
それに他のオスが反応したみたい。

しっぽをつかんで移動させるのか~ ちょっと怖いかな・・・

P5043622.jpg

放し飼いなので触れます。触ったあとは手を洗いましょう~

P5043637.jpg
P5043641.jpg

おしまい





























 阿蘇神社と水基巡りの道 門前町商店街
2017年08月27日 (日) | 編集 |
肥後の一宮、阿蘇神社に参拝

P8195343.jpg

駐車場は有料(100円)ですが、この第2駐車場は今のところ無料
門前町の駐車場と兼ねているからかな?

P8195344.jpg

震災の爪痕がまだ残っている阿蘇神社

P8195345 - コピー

水がきれいすぎてよく見れないけど、水路でわんこが水遊び

P8195346 - コピー

阿蘇からの自然の湧水

P8195347 - コピー
P8195348.jpg
P8195349 - コピー

危ないから?? 中に入って参拝はできません。

P8195350 - コピー
P8195351 - コピー
P8195352.jpg

冷たくて気持ちいい、湧水。神の泉だそうです。

P8195353 - コピー
P8195354 - コピー

水基巡りの道 門前町商店街
規模は小さいけど、なかなか味のある商店街です。食事もいろいろと楽しめそう~

P8195355 - コピー
P8195356 - コピー
P8195357 - コピー

阿蘇といえば、あか牛、結構お高いイメージあったけど、ここは比較的リーズナブル
いつかチャレンジしてみようかな~

P8195359 - コピー
P8195360 - コピー

ここは揚げたてコロッケのお店。皆さん椅子に座って食べておられます。

P8195361 - コピー
P8195362 - コピー

これはお肉も倍ぐらい入っているのでお値段も倍近い感じ
お食事処はなびしで食べられる、あか牛牛カツ重

P8195363 - コピー

シュークリームを中心とした洋菓子のお店

P8195365 - コピー
P8195366.jpg

トウモロコシは5本で千円。それなりのお値段だな~
撮影してないけど、なすび、5本で百円、作るのがバカバカしい・・・

P8195369.jpg

帰り道の清正公道にあった、タブノキ かなりでかい!


P8195371.jpg

ここは大津町、サツマイモが特産。種類は紅はるかが人気だそうです。
私も以前作ってました。

P8195367.jpg

サツマイモの絵が描いてある倉庫

P8195368.jpg

サツマイモを保存する芋室(いもむろ)
これがあればな~ って、家庭菜園では必要ないけど。

P8195372.jpg

芋室を後に、佐賀に帰ります。途中で恒例いきいき村でお買い物。
梨や卵もいろんな産直で購入。ブドウはまた別のところで・・・




 阿蘇の「さ-蔵」と「茶蔵カフェ」
2017年08月24日 (木) | 編集 |
阿蘇神社近くのカフェ 茶蔵カフェに
数年前、来た時はカフェあったかな? なかったような。
日本料理の「さ-蔵」だけじゃなかったかな。

P8195312.jpg
P8195313.jpg

囲炉裏を囲んで炭火焼き、和食 千年の蔵 さ-蔵(さくら)


P8195314.jpg

隠れ茶房 茶蔵 こちらはカフェだけど、パスタもある。

P8195315.jpg

しっとりした感じの敷地

P8195316.jpg
P8195317.jpg

炭火焼きの他、高菜飯やだご汁も でも、ここは以前行ったことあるので

P8195318.jpg
P8195319.jpg

こちらは別棟のカフェ 今回はこちらにお邪魔

P8195321.jpg
P8195324.jpg

窓からは阿蘇の外輪山(カルデラのふち)が見える。

P8195327.jpg

茶蔵ランチ(1200円~)の前菜

食べログでは、スープも付いてくると書いてあったのですが、なかったからメニュー変わったのかな
ピザもなくなっているし・・・

P8195330.jpg

キッシュ付きは、グレードアップの然ランチ(二千円前後)
こちらはスープも付いてくる。

P8195328.jpg
P8195331.jpg



P8195333.jpg

メインは、赤牛のラグーパスタ(これだと1400円)
お肉がほろほろの、ミートソースって感じかな

P8195334.jpg

いけます・・・

P8195335.jpg

然ランチ 赤牛の炭火焼き あか牛ってあっさりで淡泊というイメージだったけど
いや、こりゃ佐賀牛にも負けない濃厚で柔らかい~

P8195337.jpg
P8195338.jpg
P8195340.jpg

満足満足の夏の日














 震災後初めての阿蘇 葉祥明美術館
2017年08月22日 (火) | 編集 |
いまだに交通網はかなり寸断されていますが、行くことはできます。
以前は抜け道的な扱いだった清正公道を通って南阿蘇へ

P8195270.jpg

葉祥明美術館、テレビでこのハチの話やってたので、前日に思い立って・・・
8月19日のことです。

P8195269.jpg

入口

P8195271.jpg
P8195272.jpg

規模はとても小さい

P8195273.jpg

ジェイク、たぶん葉祥明さんの絵本に出てくる犬の名前かな

P8195274.jpg

幸せを呼ぶ青いハチ、ブルービーがシンボル。しかしそんなハチがいるのかな

P8195277.jpg

美術館は小さいけど、敷地全体が美術館という設定
2万坪あるとか

P8195278.jpg
P8195279.jpg
P8195280.jpg

南阿蘇の大自然を感じることができる風景

P8195282.jpg
P8195283.jpg

しかし、この景色とはうらはらに・・・

P8195281.jpg

地震で崩落した山肌、この土砂が阿蘇大橋をなぎ倒し大きな災害に
現在国道57号線は通行止め。バイパス的な道路やトンネルが建設中
阿蘇大橋も、バイパスも32年度には開通予定だとか・・・

一日も早い復旧と復興をお祈りします。

P8195288.jpg

いましたブルービー、普通のミツバチと違ってとても素早い。
写真撮影は至難の業、皆さん困っておられましたが、1時間ぐらい粘っておられる方も

なんと、この2万坪の敷地に数匹しかいません。
特定の花(バジル)にしか集まらないそうです。

P8195289.jpg
P8195290.jpg

ピンぼけ、手ぶれ、なんでもありだけど、これでもまともに撮影できたほう

正式名称は、ルリモンハナバチ 

P8195296.jpg

今回一番よく撮影できた写真かな

P8195303.jpg
P8195311.jpg

普通のハチはあまり動かないし、たくさんいるので撮影は簡単だけど・・・














 唐津城と曳山会館
2017年05月18日 (木) | 編集 |
オイドンの唐津記事、いつも定番ばかりですが・・・

P4222993.jpg
↑とりあえずここに車を止めてと

唐津神社や市内を散策します。もちろん後で展示場に入ります。

P4222994.jpg
P4222997.jpg
↑秋のおくんちがメインですが、春にも曳山が出てくるんです。

しかし、29日は有田陶器市の初日、今年は曳山はパスでした。

P4223004.jpg
↑ユネスコの無形文化遺産に登録されました。


P4223006.jpg
↑博多にも新天町ってあるけど、唐津にもあるんです。


P4223009.jpg
↑お知らせのポスター


P4223014.jpg
↑木造三階建ての歴史的建物は、うなぎ屋さん・・・


P4223016.jpg
↑旧唐津銀行の跡地・・・ 

今は無料の観光施設に!タダで、明治の建物の雰囲気を味わえます。


P4223028.jpg
↑比較的最近できた橋、たしかに以前はありませんでした。


P4223034.jpg
P4223041.jpg
P4223044.jpg
↑唐津城もここまでは無料で昇れます~


P4223087.jpg
P4223089.jpg
P4223103.jpg
↑曳山展示場・・・・ もう何回も何回も来ています。

落ち着くんですよ、ここは。地元民じゃないですが
地元に自慢できるお祭りがあるっていいですね。大変なことも多いとは思いますが・・・

P4223110.jpg
↑最後は鏡山に登って、日本三大松原の虹の松原を見て終了~

定番コースです。年に一度は行っているかな・・・









 唐津市周辺の定番コース
2017年05月16日 (火) | 編集 |
いつものお出かけ記事 4月のGW前のことです。

P4222888.jpg
↑道の駅厳木、厳しい木とかいて「きゅうらぎ」と読みます。

看板の左上にある池を目指します。ま、歩いていく訳じゃないですけど・・・

P4222889.jpg
↑ゆっくりゆっくり回っている佐用姫がシンボル

佐賀県最初の道の駅だったと思うのです・・・ たぶんですが・・・

P4222920.jpg
↑一番近い駐車場からほんの少し歩くだけです。

宗像三女神が祭られています。作礼山に来ました。

P4222923.jpg
↑キャンプ場の管理棟。今は閉鎖されたキャンプ場です。


P4222926.jpg
P4222932.jpg
↑花はなんだったか、全く不明・・・


P4222937.jpg
↑ほとんど山頂まで車で登れます。

ただ、そこまでが結構長い・・・

P4222940.jpg
↑なぜか石を積み重ねてありました。


P4222947.jpg
P4222954.jpg
↑池に来ました。 ありゃ~ カエルさんのお子さんがたくさんおられる~

ほんとはもっとウジャウジャ・・・ ちと写真がひどかったのでそれはパス

P4222957.jpg
↑まだきれいなのにもったいないな~

時代は変わりましたね。今はオートキャンプが主流かな・・・

P4222962.jpg
↑ぜんぜんピンボケですいません~ たぶんオドリコソウ、うちの畑にたくさんあります。


P4222966.jpg
P4222972.jpg
↑シャガは色鮮やかです。


P4222978.jpg
↑お昼はいつものお好み焼き

一番お安いのは150円ですよ~ 軽いお昼ならそれでも十分です。

P4222985.jpg
↑文化焼、つまりモダン焼きですね。それに卵がついた、文玉


P4222987.jpg
↑半分食べてから気が付いた、ありゃ~ 写真忘れとった~ ミックス玉

焼きそばと焼うどん、それに卵を付けたやつ

P4222988.jpg
↑これが定番のお好み焼き、卵を付けた大き目の方なので、大玉(だいたま)


P4222990.jpg
P4222989.jpg
↑特に意味はないけど、可愛かったのでアップしました~

後半に続く~ (*^_^*)


























 佐賀神社と焼き鳥武蔵で打ち上げ
2017年04月23日 (日) | 編集 |
柳川散策シリーズ記事の最終回。皆さん長らくお付き合いありがとうございました。
今年前半の一番の大イベントでした。

P3192634.jpg
↑夕暮れの佐賀神社前歩道橋

佐賀でもひな祭りやってますけど・・・ 結構有料が多いんです。
それに何度も行きましたし・・・ 今回は柳川でした。最近気に入ってます。

P3192635.jpg
↑県庁前のお堀、以前は貸しボートがありました。高校生時代の話です。

県庁もあんなビルじゃなかったな・・・

P3192636.jpg
↑県庁と反対側の佐賀神社記念館(結婚式場)


P3192637.jpg
↑左にカノン砲が見えます。

本物ではなく、復元模型だそうです。

P3192638.jpg
P3192639.jpg
↑うやうやしくお参りいたします。


P3192641.jpg
↑こちらも模型ですが、アームストロング砲

大晦日にアームストロング砲(大砲)をぶっぱなす日本で唯一の神社が佐賀神社です。
すごい音がします。

P3192642.jpg
P3192643.jpg
↑神社の北側、松原川沿いにあるギャラリーシルクロ

今度関東の友人が個展を開く場所。オイドンは文化芸術には疎いですが・・・ (*^_^*)

P3192644.jpg
↑お客さんが並んでいるのは、鶴乃堂という肉まんのお店

夜の打ち上げの前に腹ごしらえしておきます。学生時代の名残が抜けません (*^_^*)
人気の肉まん屋さんなんです。

P3192646.jpg
↑学生時代の行きつけ、焼き鳥武蔵

社会人になってからはほとんど行かなくなりました。ちと職場からは遠いし・・・

P3192647.jpg
↑数年前に行ったときは、まだ当時のマスターがいて、覚えておいて下さっていましたが

今回は変わってました・・・ 時代の流れかな・・・

P3192664_20170409164720a22.jpg
↑佐賀県庁のプロジェクションマッピング

本来は3月末までの予定でしたが、好評だったということで延長されています。
いつまでと明記してないけど、行くおつもりの方は早めがいいでしょうね。

P3192670.jpg
P3192677_20170409164723504.jpg
P3192684_20170409164739c20.jpg
P3192689.jpg
P3192704_20170409164742407.jpg

で、このシリーズ記事最後の タダです (*^_^*) ↑も↓もタダ!

P3232707.jpg
↑高橋千賀子水彩画展 ブータンの風、さがの風

佐賀で5年ぶりになる水彩画の展覧会。
2年程前から行き来のあるブータンでの生活。
ゆっくりのんびり暮らす人々、景色
ヒマラヤからの風を感じていただけたら・・・


5月26日(金)~6月4日(日)
場所はギャラリー シルクロ
松原神社の北側、川沿いの二階がギャラリーです。

warunekofarmer.blog112.fc2.com/blog-entry-1409.html
↑5年前の個展記事です。



 いつものB級グルメと昇開橋
2017年04月17日 (月) | 編集 |
次はいつものパターンです。毎回代り映えしません。

P3192559.jpg
↑福岡県みやま市にある「大力うどん」 超人気店

人気の理由は、上のメニュー表見れば分かりますね。きつねうどんでも220円
かけうどんなら170円、カレーうどん290円、全部載せた大力うどんが770円

いつも行列ですが、回転は早いです。

P3192560.jpg
↑カレーうどんに肉トッピング

少し麺が太いですが、柔らいので大丈夫

P3192561.jpg
↑肉うどんに丸天トッピング


P3192562.jpg
↑肉うどんにごぼう天トッピング

ごぼう天は、北部九州の定番ですが、お店によってスタイルが異なります。
ゴボウをスライスして挙げるお店、細く切ってあげるお店、このお店みたいにかき揚げ風にするお店
かき揚げを巨大にして器からはみ出すお店・・・ いろいろあります。

いずれにせよ、このお店では肉うどんがベースにそれにトッピングする人がほとんど。
かけうどんだけって人はいないかな・・・

P3192573.jpg
↑海かと思いきや、筑後川河口です。

まあ、満潮時は塩水でしょうね。

P3192570.jpg
↑先ほどのみやま市と佐賀市は佐賀線というJR線があったんですが・・・ 廃線となりました。

この筑後川を渡る線路が観光名所になってます。

P3192571.jpg
↑線路はないけど、信号機が・・・


P3192575.jpg
↑橋の中央が高くなってます。


P3192579.jpg
↑大きな船が川を通るときに鉄道の一部を上に持ち上げる昇開橋です。

東京あたりにもそんなのがあると聞きましたが・・・

P3192578.jpg
↑橋が降りたので、反対側にわたって、また戻ってきました。

ちゃんと管理してくださる方がいます・・・
それはいいんですが、この日はめちゃめちゃ風が強くて
何もさえぎるもののない川の上は体が飛ばされそうでした・・・

P3192582.jpg
↑保線作業員さんがポイントを切り替えてます~ (*^_^*)


P3192583.jpg
↑諸冨町側には産直のドロンパがありました~

てことで、お出かけ記事はまだまだ続く~
















 柳川市の三柱神社とさげもん
2017年04月12日 (水) | 編集 |
川下りの川沿いの道(白秋道路)を散策します。

P3192453.jpg
↑白秋じゃなく、日秋に見えちゃう~ (*^_^*)

地図右上の最終地点を目指します。

P3192457.jpg
↑壇一雄の碑の前でお約束のバンザイポーズ

バンザイすると笑顔になります。「はいチーズ」より自然に笑顔になるんですよ~
皆さん試してください。

P3192462.jpg
↑くもで網というらしいです。川の中に網を入れてそれを引き上げる漁法

早朝なので、まだ川下り船は動いていませんでした。

P3192469.jpg
↑市街地に来ました。巨大さげもんです。

御花以外にも街中のいたるところにさげもんやお雛様が・・・

P3192478.jpg
↑神社の前の道ですが、これだけで片側ですよ。めちゃ広い~

この広いのには理由があって、ここで流鏑馬が行われるらしいです。

P3192479.jpg
P3192483.jpg
↑三柱神社にやってきました。

初代藩主の立花宗茂公、岳父戸次(べっき)道雪公、宗茂公の妻誾千代姫が祭られています。
戸次道雪は、立花道雪ですが本人は立花姓を名乗らなかったとか、ここらは非常に複雑なので
読み飛ばしてください~ (*^_^*) 
つまり立花道雪の娘が立花誾千代で、のちに高橋宗茂が婿となり立花宗茂に・・・

P3192484.jpg
P3192485.jpg
↑謹んでお参りをいたします。


P3192489.jpg
↑三柱神社の入口にある、明治時代からの白秋ゆかりの松月文人館

以前は料亭だったそうですが、今は資料館として無料でゆかりの品などを見ることができるとか
すぐ前が川下りの場所になっているので、そのお客さんが多いですね。

P3192498.jpg
↑この時間になると川下りのお客さんが増えてきました。


P3192502.jpg
P3192504.jpg
↑欧米系の若い女性がいたので手を振りました~ ミーハーなワル猫です (*^_^*)


P3192505.jpg
↑さげもんを売っているお店がありました。ここも無料展示されてるそうなので、見学です。

コメント抜きで写真だけ~

P3192506.jpg
P3192507.jpg
P3192509.jpg
P3192510.jpg
P3192511.jpg
P3192512.jpg
P3192513.jpg
P3192519.jpg
P3192520.jpg
P3192521.jpg
P3192522.jpg
P3192523.jpg

いかがでしたでしょうか、これだけの展示をゆっくり見れてタダ (*^_^*)

続きます~













 柳川といえば川下りと御花
2017年04月09日 (日) | 編集 |
P3192403.jpg
↑柳川市にある水族館 まあ、個人でやっておられるので規模は小さいようです。

行ったことありませ~ん、でも結構テレビとかには出られているようです。

P3192404.jpg
↑うなぎせいろ蒸しと有明海の特産物のぶらり膳2000円

はい、ここも行く予定ありませ~ん (*^_^*)

P3192407.jpg
↑川に下げられていた、さげもん


P3192409.jpg
↑川の上に展示されているお雛様かざり


P3192411.jpg
↑柳川御花にやってきました。こちらはどちらかといえば裏門

正面の門は、奥が改装工事中なので撮影してません・・・
ここは入場しますよ。たしか、今年の夏まで改装(耐震補強)のはずです。

P3192413.jpg
↑入ってすぐ入口にあるのは、おきあげ

田主丸や浮羽町(福岡県から大分県に向かう筑後川沿い)を中心にした文化だと思っていましたが
柳川にもあるんだ~ ぺらっぺらのひな飾りですが、なんだか浮世絵風が多いですね。

P3192414.jpg
↑さげもん


P3192420.jpg
↑ここは結婚式場でもあります。

P3192423.jpg
↑真ん中はニワトリが下げてあります。


P3192425.jpg
↑お雛様かざりとさげもん

コメント抜きで五連続~

P3192426.jpg
P3192427.jpg
P3192428.jpg
P3192429.jpg
P3192430.jpg

高校時代は、写真には必ず、写真説明を付けなさいと先生から指導を受けたものですが・・・
ブログだからいいでしょ (*^_^*)

P3192433.jpg
P3192434.jpg
↑大広間には入れませんが、隣接した松濤園(しょうとうえん)


P3192436.jpg
↑入口の資料館もセットで見学できます。

立花宗茂とその妻、誾千代(ぎんちよ)
今、NHKで女城主直虎やってますが、この誾千代もある意味女城主

もともと、立花宗茂は、高橋家でしたが、立花道雪に乞われて養子に入ったのです。
それまでは、城を継ぐのは自分だと父から言われていた誾千代。
そのことが夫婦の間に微妙な関係をもたらしたとか・・・ 実際のところは知らんですけどね
男女のことは分かりません (*^_^*)

ですが、関ケ原の後、西軍に組した立花家に加藤清正が徳川の命で進行したとき
柳川の守りの一角を固めて軍を指揮したのはこの誾千代だと言われています。

パネルはイメージですが、かっこいい宗茂に、可愛い誾千代ですよね~

P3192437.jpg
P3192438.jpg
↑確かこの兜(室町時代)やもう一つ上の鎧は本物だったと思います。

P3192439.jpg
↑こちらの鎧は、誾千代をイメージして最近作られたものだとか・・・胴がくびれてます。

スタイルいいじゃん~ ってあくまでもイメージです。

P3192440.jpg
P3192444.jpg
P3192445.jpg
↑女性の文化について紹介されていたコーナー

一番下は、女の子の遊び道具かな、今でいえばシルバニアファミリーみたいな・・・
お武家様だからこそでしょうね。

オイドンたちウォータードリンキングファーマーには縁のない話でしょう (*^_^*)

P3192447.jpg
↑ケース入りのさげもん、37,000円。

中には十万円以上のものもあります。てことで続く~








 柳川のさげもん祭りツアー
2017年04月07日 (金) | 編集 |
ワル猫ツーリスト主催のツアーです。同窓会の折、関東から来てくれた友をもてなしました。
もちろんシリーズになりますよ~

P3192371.jpg
↑福岡県柳川市にある簡保の宿柳川、そこの裏手からスタートです。

柳川市の掘割、市民が守ってきた大切な財産

P3192378.jpg
↑沖端地区だったかな、船で掘割を巡る乗り場の一つ

写真がピンボケなのか、レンズが汚れているのかとお思いでしょうが、
今回、人物メインに撮影したので全部ソフトフィルターかけて撮影。
Olympusのアートフィルターです。

P3192382.jpg
↑早朝なので、何もありませんが、今日はたしかここからイベント船がスタートするはず

同窓会の翌日、3月19日日曜日のことです。

P3192383.jpg
↑由緒ある?うなぎ屋さん、ここ柳川市はうなぎの町でもあります。

市内に20数軒あるらしいです。浜松市の方が有名ですが
お味は決して負けてないかな~ 浜松の食べたことないけど・・・
もちろん今回は、うなぎは食べません。いつものB級グルメになります。

P3192384.jpg
↑さげもん 柳川市をはじめとする福岡県南部に伝わるひな祭りの飾りです。


P3192385.jpg
↑観光協会で地図をもらって散策します。地図があればどこでも行けますからね~


P3192389.jpg
↑今回のもうひとつのテーマは北原白秋

以前もご紹介しましたが、詩人北原白秋生誕の地が柳川です。
童謡で有名な歌がたくさんあります。気になる方は、ご自分でお調べください~(*^_^*)

で、この碑は、帰去来です。
遠く故郷を思う気持ちを歌った詩碑、北原白秋というより、さだまさしのアルバム名が有名かな~
難しい詩なので、オイドンが国語の授業として皆さんに解説・・・

しかし、実際現地に行ったら、隣に解説が出てました。オイドンの解説と少し違うけど・・・
ま、故郷に帰りたい、懐かしいという気持ちは同じですね。



P3192396.jpg
↑近くに北原白秋の生家があります。


P3192399.jpg
↑もうここに来ることはないでしょうから、記念に撮影されています。

関東在住の友人です。高校時代は話したこともなかったけど
関東の同窓会に何度も顔を出してお友達になりました。
オイドンも同窓会好きやな~ 同窓会と名の付くものすべて参加しています。

P3192400.jpg
↑じゃ、ひな祭りコースに行くよ~

てことで続きます~


↓こちらも関東の友人が・・・

P3232707.jpg
↑高橋千賀子水彩画展 ブータンの風、さがの風

佐賀で5年ぶりになる水彩画の展覧会。
2年程前から行き来のあるブータンでの生活。
ゆっくりのんびり暮らす人々、景色
ヒマラヤからの風を感じていただけたら・・・


5月26日(金)~6月4日(日)
場所はギャラリー シルクロ
松原神社の北側、川沿いの二階がギャラリーです。

warunekofarmer.blog112.fc2.com/blog-entry-1409.html
↑5年前の個展記事です。



 広島県呉市の大和ミュージアム
2017年02月16日 (木) | 編集 |
広島県の呉市にやってきました。

PC031602.jpg
↑ここが大和ミュージアム

駐車場はありますけど、有料なので向かい側のゆめタウンに止めた方がいいですよ~
買い物すれば無料になります。

PC031603.jpg
↑入口付近

常設展と企画展があります。よっぽど興味がある場合以外は、常設展だけで十分。
500円です。企画展は別料金だし、写真撮影も禁止です。

PC031607.jpg
↑10分の1スケールの戦艦大和

イスカンダルには行きません・・・ (*^_^*)

PC031610.jpg
↑船の機関室? 燃料の石炭を入れるボイラー部分かな??

かなりでかいです。

PC031611.jpg
PC031611.jpg
PC031612.jpg
↑船の構造の紹介

決して戦争礼賛ではありません。歴史的事実を残した記念館
そして今の呉市は、平和目的の商業船建造の港になっています。
もちろん、自衛隊はいますけどね。

PC031613.jpg
↑呉市のジオラマやいろんなパネルで大和を紹介


PC031614.jpg
↑そして大勢の命と共に、海に沈んでいきました。

もはや巨砲の戦艦の時代ではなくなっていました。

PC031621.jpg
↑マツダの三輪スクーターかな?

安全性とか安定性とかは別として・・・
黎明期は、多くのバイクメーカーとかありました(らしい)です。
自転車にエンジンつけたようなやつとか、自由な時代だったんでしょうね。
ある意味熱い時代。

PC031622.jpg
↑紙芝居ですか、それは見たことないな~


PC031623.jpg
↑呉市で作られたタンカー。

今では、平和利用の港になっています。

PC031625.jpg
↑外にもタンカーがありました。


PC031627.jpg
↑こちらは小型の潜水艦

PC031629.jpg
↑大和に積み込まれたのと同じ飛行機 実物です。


PC031633.jpg
↑こんな感じです。


PC031637.jpg
PC031640.jpg
↑さすがに戦艦大和は本物じゃないですが迫力はありますよ~


PC031641.jpg
↑最上階はキッズコーナー

最近呉で作られた商業船の紹介、いろんな水の力を知る実験コーナーも

PC031643.jpg
PC031645.jpg
↑波を作る装置が迫力あったな~


PC031650.jpg
PC031651.jpg
PC031652.jpg
↑お土産コーナー

大和カツに心ひかれましたが・・・
続く~








 長崎で温泉バイキング~
2017年02月14日 (火) | 編集 |
おはようございます~

PB191264.jpg
↑あの後もだいぶ飲んで・・・

ホテルのお風呂でスマホ水没事件になりました・・・
ま、メインでは使ってないから特に問題ないけど・・・

PB191260.jpg
↑朝ごはんを頂いて・・・



PB191315.jpg
↑体育館です。ちょっと屋根の形が変わっています。


PB191316.jpg
↑ショップ「かぶとがに」

体育館の愛称が「かぶとがに」だとか、確かに屋根の形がそんなふうですね。

PB191317.jpg
↑長崎といえば干しイモですかね~ 佐賀ではあまり聞きません。


PB191292.jpg
↑で、いつものバドミントン 結果はいつものごとく・・・


PB191395.jpg
↑お昼のお弁当だ~ こっちがメインだ~


PB191397.jpg
↑久留米のお菓子を頂きました~


PB191502.jpg
↑稲佐山温泉ふくの湯

汗をかいたので、汗を流して晩御飯もここで頂きます。


PB191513.jpg
PB191514.jpg
↑腹いっぱい食うぞ~ ってもう年だから無理かも~


PB191520.jpg
PB191521.jpg
↑ちょっと食べ過ぎじゃないですか・・・


PB191532.jpg
PB191543.jpg
PB191546.jpg
↑早々にスイーツに移行だけど、最後の方、ちょっと食べ過ぎかも~


PB191553.jpg
↑スイーツ食べて、締めがカレーですか・・・

すごか~ バドもこの勢いでお願いしま~す (*^_^*)


PB191555.jpg
↑こちらのアイスは別料金


PB191556.jpg
↑では、ニャンコは満腹になったので帰ります~


PB191565.jpg
↑帰りのサービスエリア、佐賀県だったけど、長崎感満載~

おしまいです~









 長崎の中華街にやってきました
2017年02月10日 (金) | 編集 |
長崎に来ました。今日も雨でした~♪ 11月の話題です。

PB181140 - コピー
↑マーライオンみたいなのが玄関に・・・


PB181172 - コピー
↑京華園です


PB181168 - コピー
↑ちょっとリッチな雰囲気かも・・・


PB181150 - コピー
↑エビチリ~


PB181151 - コピー
↑イカとブロッコリーの炒め物~


PB181152 - コピー
↑春巻きとエビのおかき?


PB181157 - コピー
PB181160 - コピー
↑こりゃなんだったかな? タイピーエン?


PB181158 - コピー
↑酸っぱくないけど、すっぱいこ~ (*^_^*)


PB181161 - コピー
↑太麺皿うどん 

皿うどんといえば、パリパリのやつが有名ですが、オイドンはこの太麺が大好き

PB181170 - コピー
↑長崎といえばランタンフェスティバル、1月下旬からです。


PB181242.jpg
↑長崎新地中華街


PB181173 - コピー
PB181174 - コピー
↑ではマーライオンに別れを告げて、散策します。


PB181241.jpg
PB181185 - コピー
↑まずこの看板が目につきました~

とりあえずは満腹だったけど、これはおいしいですからね~

PB181192 - コピー
↑銀座のにゃんこって・・・ ここは銀座じゃなく・・・


PB181197 - コピー
↑思案橋でした~

どこにいくべか、思案するその場所です。

PB181199 - コピー
PB181200 - コピー
↑夜は更けていくのでした~


PB181205 - コピー
↑福砂屋本店

長崎のお菓子といえば、カステラ。カステラといえば福砂屋です。







 山鹿市の八千代座と千代の国酒造
2017年02月01日 (水) | 編集 |
ワル猫版米米惣門ツアー記事の続きです。

PB121025.jpg
↑タオ珈琲、有名なカフェだそうですが、今回はパス~


PB121026.jpg
↑八千代座の資料館 夢小蔵 有料です。


PB121027.jpg
↑八千代座

明治に作られた芝居小屋ですが、昭和になってすたれて廃業
しかし、地元の方々のご尽力で平成13年に再開したそうです。

中の見学もできますが、イベントが行われているときはムリ。その時に行くのが夢小蔵です。
今回も入場できませんでしたので・・・

PB121029.jpg
↑バンザイだけやっておきます~


八千代座1
↑ちなみにこれもイメージ写真です。

これのイメージを再現した食事処もあります。彩座ってところですが
実はまだ未訪問… いつか行かねば・・・

PB121032.jpg
↑ポスターを撮影 百華百彩 竹あかりのイベントです。

2月の金曜日と土曜日、これもまだ行ってません。

PB121035.jpg
↑栗の和菓子店 その名も「栗山」さん

PB121038.jpg
↑メニューはこれだけ・・・ お茶と栗の和菓子

お持ち帰りで栗が買えます。一つ200円

栗1
↑イメージ写真です


栗3
↑山鹿の栗のお菓子を集めたパンフレットのイメージ写真

九州では有名な栗の産地だそうです。

PB121049.jpg
↑では、米米惣門ツアーのワル猫版です。

米米惣門ツアーとは、米に関係するお店やさんを訪問して山鹿の歴史を知る
そんなツアーだそうですが、今回予約したところ、締め切りでした。
なんでも、一つのお店が都合によりその日は空いてないので無理だと・・・

なので、オイドンがオリジナルで皆さんをご案内したということです。
もちろん山鹿の歴史は少ししか知りませんが・・・

PB121047.jpg
↑手焼きせんべいの体験ができるそうです・・・

他に味噌のお店もあるそうですが、どこか不明・・・ (*^_^*)
なので、本命のお店を訪問です。

PB121067.jpg
↑お酒屋さん、ここに行ければ十分です~

予め車もここに止めて(無料)街中を散策したところです。
ちゃんとお店の人に事前にお願いしていました。

PB121066.jpg
↑千代の国酒造 歴史は比較的新しいようです。


PB121054.jpg
↑今年の新酒が出来ました~ 杉玉が教えてくれます。


PB121055.jpg
PB121057.jpg
PB121060.jpg
PB121062.jpg
↑思いっきり試飲させてもらって、もちろんお買い物もしましたよ~

ちなみにオイドンは運転手なので、自宅に帰ってから飲酒です。

ワル猫バンザイツアーの締めくくりは、山鹿市の平山温泉で宴です。夜の日帰り

PB121072.jpg
↑お宿 湯の蔵

小さいようですが、ここは温泉本館の宴会場所の一つ
周りに離れがいくつも建っています。

昼間の日帰りも夜の日帰りもできるところですが、
離れだと、夜の日帰りはできませんので、今回は温泉本館になります。

PB121074.jpg
PB121075.jpg
PB121093.jpg
PB121120.jpg
↑楽しい時間はあっという間に・・・

バンザイツアー たぶん30回以上バンザイしたな~ (*^_^*)
次は5月に地元佐賀を探訪します。佐賀の時はオイドンも飲みますよ~

てことでシリーズ終了です~ 







 山鹿市の米米惣門ツアー ワル猫版
2017年01月28日 (土) | 編集 |
大牟田市でのランチ(うどん)の後、山鹿市を探訪しました。
その前に定番の南関いきいき村へ

いきいき村4
↑大牟田市にある産直市場、いきいき村 とても人気のお店です。

いきいき村2
↑パン屋さんのイメージ写真


なんかん村5
↑店内のイメージ写真

そうそう、南関あげってのが有名です。いなりの皮みたいなやつで、乾燥しています。
軽くて大きくて、安いです~ 大きいのから、クズクズになったやつもあります。

南関あげまき
↑南関あげのイメージ写真

海苔の代わりに南関あげを使った、その名も南関あげ巻き
とてもおいしいです。皆さんもお買い上げになりました~

PB120988.jpg
↑では、ワル猫版の米米惣門ツアーです。


米米
↑本来であれば、このチケット500円で参加するはずなのですが・・・

まず、米米惣門ツアーとは何か、山鹿市観光協会のHPから引用です。

山鹿の豊前街道と菊池川交わる惣門地区は今でも風情ある街並みが残っています。
菊池川流域は古くから良質の米の産地で、収穫された米は船を利用して運ばれていました。

その惣門地区にある商店主たちが、豊前街道沿いのお店やお寺などを
『お米』というテーマで案内する街歩きの型の散策ツアー。

185年続く麹屋、明治時代より続く造り酒屋、せんべい屋、お寺などを
愉快な案内人と巡ります。
案内中は甘酒や日本酒の試飲はもちろん、せんべい焼きの体験など、
ただ案内人が歴史や蔵を案内するだけでなく、
歴史に詳しくない方や、若い方々にも楽しく参加していただけるように
話の内容を工夫し案内を行っております。

また惣門地区から徒歩10分のところに芝居小屋「八千代座」があります。
1910年に、町の人たちが出資して建てた劇場で、1988年、国の重要文化財となりました。
現在もコンサートや歌舞伎も上演される、みんなの憩いの空間です。

とのことで、先に八千代座方面、まずは街並みとさくら湯です。

PB120989.jpg
↑らららカフェだったかな

PB120993.jpg
↑居酒屋さんのようです。


PB120994.jpg
PB120995.jpg
↑さくら湯の前でバンザ~イ ワル猫ツアーは、別名バンザイツアーです。


PB120997.jpg
↑大相撲はたまにこの地でも開催されるとか・・・


さくら湯
↑夜のさくら湯はイメージ写真

さくら湯2
↑さくら湯の中もイメージ写真


PB120999.jpg
↑さくら湯の前には、無料の足湯がありました。


PB121003.jpg
↑別の団体さんが訪問されていた山鹿灯篭民芸館


山鹿灯篭
↑山鹿灯篭のイメージ写真

山鹿灯篭は、和紙とのりだけで作られています。木や竹、金属や金具等は一切使われていないので
とても軽いそうです。

山鹿灯篭2
↑この灯籠を頭に付けて山鹿の美女が年に一度舞います・・・

PB121023.jpg
PB121004.jpg
↑石門がありました。


PB121016.jpg
↑梅の木とさくらの木が合体しています・・・ 


PB121018.jpg
↑街中の至る所から、温泉が自噴しています。


PB121021.jpg
↑山鹿のよへほ節、野口雨情が「童子椿は花なし椿 山鹿千軒たらいなし」と詠っています。

童子椿とは、このお寺にある椿で、花が咲かないことで有名だそうです。
山鹿千軒たらいなし とは、湯量が豊富な山鹿温泉、どこの家でもお湯を貯めておく
たらいが必要ないくらいだという意味でしょう。

よへほ節、なぜか「よへほ~ よへよ~ 」というのが節に入ります。
よへほとは、どうぞ酔いなさいという意味らしいです。

長くなりましたので、八千代座辺、米米惣門ツアーあたりはまた次回・・・





 大牟田市の大力茶屋でランチ~
2017年01月26日 (木) | 編集 |
大牟田市で人気ナンバーワンのランチ。大力茶屋というのですが、茶屋というより・・・

PB120946.jpg
↑前で野菜売ってます~ 高級な雰囲気じゃないですね。


PB120948.jpg
↑うどんが170円? なんじゃこのお値段は~

オイドンがよく行く、この大牟田の隣町にある大力うどん、そことほとんど変わらない安さ

PB120952.jpg
↑カレーうどん300円はいいとして、カツカレーうどん470円

安いけど、そんなの聞いたことない~ 車中カツカレーうどんで盛り上がりました。

PB120951.jpg
↑さすがに鍋焼きうどんは500円を超えます。

でもカツカレーうどん・・・

PB120953.jpg
↑ごぼう天うどんにエビ天トッピング


PB120960.jpg
↑ごぼう天うどんに肉トッピング


PB120962.jpg
↑かき揚げうどんに肉トッピング 麺は細麺のそば

そうです、何か一つトッピングするのが定番。もちろん何もトッピングしなくてもいいですけど
で、誰もカレーうどんは注文しませんでした (*^_^*)

PB120967.jpg
↑いなりも頼んで、6人でこのお値段。一人600円以内です。

れんげも注文しましたが、お値段0円は当たり前。それって勘定書きに入力するの?

PB120968.jpg
↑このうどん屋さんの駐車場に入らないといけない、裏のカフェ。宮部の森

駐車場はめちゃ広いです。うどん屋さんは大混雑でしたが、こちらは静か・・・
ここのカフェも人気ですが、オイドンたちはやっぱり炭水化物が好きです~

てことで、また次の目的地に移動だ~



 大牟田市動物園
2017年01月22日 (日) | 編集 |
シリーズは柳川市から続いています。
大牟田市動物園は、大人370円。中学生以下は80円という驚きのお値段
スタッフのアイデアあふれる飼育で全国的に有名な動物園。

PB120867.jpg
↑柳川市から40分程、大牟田市内の中心部にあります。

3才までは無料なんで、お財布にも優しいですね~

PB120869.jpg
↑自販機のデザインも動物たち、いいですね~

動物たちの飼育環境を豊かなものにする取り組みで全国の動物園の中で
大賞に選ばれたと12月にテレビで紹介されていました。

飼育員さんたちの努力とアイデアが素晴らしいようです~

PB120872.jpg
↑職員さん手作りの紹介看板、動物が健康に暮らせるよう努力しておられます。


PB120873.jpg
↑虫歯検査は怖いな~


PB120874.jpg
↑肉をつるすのは、運動不足にならないよう・・・


PB120875.jpg
↑ベロを使うのも健康のためかな~


PB120876.jpg
↑なんかよくわからないけど、中におやつがあるのかな~


PB120878.jpg
↑ゴマフアザラシの水槽、なぜか水が少ない~


PB120881.jpg
↑マンドリルですね~


PB120887.jpg
↑いわゆるヤギ、そう珍しくはないけど・・・


PB120890.jpg
↑♪わたしの~ ラマさん~ 酋長のむすめ~ ♪

♪色は黒いが~ 大牟田じゃ美人~♪

PB120895.jpg
PB120896.jpg
↑ライオンのあさひ君、迫力ありますね~

運動不足になってませんか~

PB120899.jpg
↑ホワイトタイガー

寝ててよかったかも~


PB120900.jpg
↑やばいです~


PB120906.jpg
↑人気急上昇のカピパラさん


PB120908.jpg
PB120909.jpg
↑♪よ~く、カンガル~ お金は大事だよ~♪

放し飼いになってました、喧嘩吹っ掛けられなくてよかった~

PB120911.jpg
↑ありゃ、瞳が可愛いな~ 


PB120914.jpg
↑キリンはでかかった~

ベロがすごく長くて、黒いんですよね。サファリパークで車のハンドルをなめられたことがあります。
あれにはビビった~

PB120934.jpg
PB120936.jpg
↑かみつく、物を取る、なんでも食べる(死ぬこともある)そうです。


PB120941.jpg
↑いろんなイベントに取り組んでおられるようです。

小さな公立の動物園。なかなか運営は大変でしょうけど
長く存続してほしいですね。

PB120942.jpg
↑環境エンリッチメント(大賞を取った活動)や、動物の健康診断、健康促進活動の紹介パネル

入り口にありました。
さて、お腹空いたので、大牟田市でランチといきますよ~






 柳川市をご訪問しました
2017年01月18日 (水) | 編集 |
またも柳川市、川下りではなく散策です。新シリーズだ~

PB120772.jpg
↑リオ五輪の銀メダリスト 坂井聖人選手は柳川市出身

すごかね~

PB120775.jpg
↑柳川市といえば掘割、この掘割沿いの道路を歩きます。


PB120776.jpg
↑水辺の散歩道 日本の道百選に選ばれています。


PB120779.jpg
↑川のとなりに酒屋さん、船からお酒が買えます。


PB120780.jpg
↑その近くには、うなぎの供養碑 柳川市はウナギの街でもあります。

市内には多くのうなぎ専門店があります。

PB120787.jpg
↑柳川市の掘割を整備した田中吉政公

戦国時代、この地を支配していたのは蒲池氏、歌手の松田聖子さんも本名は蒲池さん
その後、豊臣秀吉が天下統一を果たした際、大友宗麟の武将、立花宗茂が独立し
柳川の藩主となりました。
しかし、関ケ原の戦いで徳川家が日本を治めるようになり、その際の功績で国主に
立花氏は柳川を追われ、江戸で浪人生活

田中公は、掘割を作って土地を確保、農業用水や飲み水も掘割を利用したそうです。

PB120789.jpg
↑上に解説があります~

PB120788.jpg
↑川下りの船がくぐる場所、そんなのも一つの目玉イベントなんでしょうね

この日は時間が早く、まだ船は少なかったな~

PB120790.jpg
PB120791.jpg
↑水も時間もゆったりと流れます。


PB120793.jpg
↑魚を捕まえる四手網、これも観光資源のひとつかな


PB120797.jpg
↑十時(ととき)邸は、柳川の代表的な武家屋敷だとか 時期によって一般公開されているとか

十時氏は(ここかどうかしらないけど)、立花宗茂公の家老として長く仕えた方。
宗茂公を描いた本には必ず登場されます。

で、田中吉政公が亡くなられた後、立花宗茂公が再度藩主として柳川市を治めることに
異例中の異例のことで、唯一の例が立花宗茂公。
九州関ケ原の戦いで大活躍し、島津軍に対抗した立花氏の勇名は徳川家にも聞こえ
幕府の信頼も厚かったとか・・・

以来明治まで、立花氏が柳川の藩主として愛されてきました。

PB120799.jpg
↑少し水草があります。この日は、この水草除去の清掃が行われていました。


PB120800.jpg
↑壇一雄氏の歌碑、壇一雄さんはご存じ壇ふみさんのお父さん

柳川市は、壇家の本籍、ご先祖は柳川藩の普請方を務めたとか、
久留米や福岡にも住んでおられましたが、墓地は柳川市にあります。
代表作は「火宅の人」らしいですが、読んだことない~ 純文学苦手です・・・ (*^_^*)
ちょっとドロドロ系じゃなかったかな、ドロドロも苦手です~

PB120805.jpg
↑掘割沿いの白秋道路 白秋が小学校に通ったときの道路だとか


PB120810.jpg
↑川下り、まだお客さんは少なかったな~ まだ、10時前


PB120811.jpg
↑戦国最強の夫婦、妻の誾千代(ぎんちよ)は、宗茂公が留守の時は柳川の守りを指揮したそうです・・・

相当に気が強く、子宝には恵まれなかったとも・・・
歴史小説(多少フィクションあり?)では、存命中は側室を置かなかったとも・・・

ドロドロじゃないですね~


PB120812.jpg
↑立花家の別邸、御花は、いまでは結婚式場や各種イベントに人気の施設

昔ながらの大広間もありますが、洋館も。現在耐震補強工事中、あと半年以上かかるようです。

PB120814.jpg
↑柳川といえばうなぎ、うなぎおむすびもあるの?



PB120815.jpg
↑さげもんは、柳川市や筑後地方、佐賀も一部ですが、古くから伝わるお雛様かざりの一種


PB120820.jpg
↑立花家に伝わる様々な道具や兜等も見ることができます。(有料)


PB120822.jpg
PB120825.jpg
↑掘割と水天宮 この前の記事でもご紹介


PB120826.jpg
↑沖端(おきはた)水天宮



PB120833.jpg
↑掘割の向こう側、水門の先は海。干満の差がもろに・・・

ここは海水ですよ~

PB120828.jpg
PB120831.jpg
↑白秋生家も有料なのでパス~

今回は、高校時代のクラブのOB会、たった6人ですが、気の合う後輩達と楽しく・・・
シリーズになりますよ~