野菜作りや温泉などの日常の出来事を綴ったつれづれなるままの日記です。ズボラで手抜きの勝手に菜園ですが、よろしくお付き合いください。
 佐賀北の夏・・・
2008年08月03日 (日) | 編集 |
北九州ツアーの続編をお送りする予定でしたが、甲子園が開幕したこともあり、
この時間は予定を変更して本の紹介をいたします。

P1030383.jpg
↑現地に立ち会いました・・・歴史の証人です・・・

頭が真っ白になって覚えていませんが・・・
じっくりじっくりこの本を読もうかと・・・

P1030384.jpg
↑とても面白い本のようです・・・飾らない監督や選手の本音・・・

普段は買ったらすぐ読んでしまうのですが、それじゃもったいない・・・
少しずつ味わいながら、スルメみたいに、食べようかと、いや読もうかと・・・

今年も甲子園は熱い戦いが繰り広げられると思います・・・でも去年の感動は・・・
ありえない出来事でした・・・

北九州の記事お待ちの方すみませ~ん。ワル猫ブログではよくあることで、
結局は肩すかし~ってパターン多いですよ~(笑)

スポンサーサイト

 心のキャッチボール
2007年11月13日 (火) | 編集 |
百崎監督の講演会に行ってきました。はがきを出したら抽選で当たりました。朝日新聞社の主催です。

P1020414.jpg
↑市丸キャプテンの笑顔がいいですね~。ずっしり重い優勝旗だったそうです。

P1020413.jpg
↑だいぶ早く着きました。受付をします

P1020415.jpg
↑会場には朝日新聞社のカメラマンが撮影した写真がたくさん

P1020416.jpg
↑講演会の時は撮影していません。

講演の内容ですが、しょっぱなから「全国を制覇した理由・・・わかりません」と笑わせてくれます。訥々とした喋りですが、随所にユーモアが。会場はその都度爆笑です。テレビやマスコミには出ない日米野球の秘話なんかも・・・高校野球好きな人にはたまりませんよ~。

開幕戦でした。相手の福井商業の監督とバックネット裏で対談しなきゃいけなかったそうです。福井商業の監督さんは名将で甲子園で何十回も勝利を収めた方。その監督さんが「開幕戦は三回めです」と言われて、百崎監督、思わず「戦い方を教えてください!」と・・・笑われたそうです。

優勝して母校に帰ったときテレビ中継やっているのに、なかなかバスから降りてこない「バスの中で優勝旗組み立てようとしたのですが、なかなか箱が空かずに困った。後で長島美奈に謝りました」とか、ユーモアたっぷり。でも野球の指導者としての挫折を感じたことも何回もあり、また教育者として生徒を守れず悔しく悲しい思いをしたことを話された時は、会場も静まり返り思わずもらい泣きしそうになりました。

一時間の講演会でしたが、あっという間でした。他の同級生も講演に来ており、一緒に監督に挨拶してきました。

 関東北楠会
2007年10月31日 (水) | 編集 |
いよいよ本来の目的である同窓会の関東支部総会です。要するに親睦会です。要するにパーティです。要するに酔っ払いです・・・(私だけです)

急にカメラの調子がおかしくなりました。画像の乱れに付いてはご勘弁願います。酔ったせいではありません。

P1020090.jpg
↑受付のお嬢様方です。今年もやってきましたヒマネコです。よろしくお願いします

P1020091.jpg
↑ノリノリでありがごうございます。しかしカメラがぶれています。腕が落ちました。

P1020102.jpg
↑当然ながら、号外や垂れ幕がところ狭しと飾ってありました。雰囲気でますね~

P1020127.jpg
↑我が同期の仲間です。仲間由紀恵さんではないです。カメラが調子悪いです~

P1020145.jpg
↑テレビの人生相談コーナーでしょうか?モザイクたっぷりの友人

P1020137.jpg
↑後輩です。横断幕の佐賀商工は商工会議所と続きます。

P1020177.jpg
↑現役女子高校生のフラダンサーです。←に「当時」を入れて過去形にせよ!

盛り上がりました。百崎監督の娘さん(佐賀北卒)も急きょ参加。他にもジェネレーションギャップを浮き彫りにするボードゲームや、なんと記念タオルの抽選会。百崎監督のサイン入りボールも・・・120人がキャパの会場になんと200人も。詳しくは佐賀新聞のWEBでバッチリ顔写真入りの記事ありますよ~。知り合いが写っているかな~


 優勝祝賀会
2007年10月19日 (金) | 編集 |
まだまだ盛り上がっています。昨日はホテルニューオータニ佐賀で正式な優勝祝賀会でした。もちろん百崎監督も出席です。

P1010869.jpg
↑おなじみになりました。Tシャツのロゴです

P1010871.jpg
↑決勝戦の前、優勝と準優勝は違うと、百崎監督は選手に言ったそうです。でもまさか・・・

P1010872.jpg
↑通路にもところ狭しとパネルが展示。全部見る暇もなかったな~

P1010880.jpg
↑優勝旗が飾ってある!ビックリ!盾も・・・みんなこの前で写真撮影です

P1010891.jpg
↑監督の挨拶もありましたよ

百崎監督の話はとても温かみがあり、そしてユーモアあふれる、落ち着いた語り口。講演の依頼がひっきりなしというのもうなずけます。野球に専念したいでしょうけどね・・・
15分程のお話でしたが、とってもよかった。感動した~!!
行ってよかった。誘ってくれたE君、Y君ありがとう。

会場は超盛り上がりです。百崎監督はスマップのキムタク状態・・・女性の方に取り囲まれていました。

皆さん一緒に記念撮影。いやな顔ひとつせずに誰にでも応じていました。もちろん男性もOKでしたよ(笑)

P1010928.jpg
↑我が同期の席にも来てくれました。もちろん他にもたくさん参加しています。

百崎監督、いや百崎君は高校時代からとても優しいやつで、野球の練習の時は知りませんが、それ以外で彼が怒ったところを見たことある人は、まずいないはずです。温厚で、それでいてユーモアのセンスあふれる落ち着いた姿、変わってないな~。今後も長く北高の指導者として在籍して欲しいものです。
また、講演会等あるんだったらぜひ聞きたいな~。心がポカポカになりますよ。もし、そんな予定ご存知の方がおられたら教えてくださいね~


当日私のカメラで百崎監督と写られた方でご希望の方はメールにて写真を送信しますので、お早めにお申し出ください。

P1010890.jpg
↑戦った北高のユニフォーム。佐賀北ではなく、北高です。

P1010889.jpg
↑応援4点セット。これを全部もっている人はそうたくさんはおられないでしょう。

一回戦でバスに乗って団体行動で参加された方のみお持ちと聞きましたが、実は当日、抽選でそれぞれプレゼントがありました。残念ながら・・・ハズレましたが、今はタオルは北高OBは全員持っているはず??寄付のお礼として送ってきました。帽子は持っています。タオルと一緒に家宝になっています。
Tシャツだけ持っていなかったので、甲子園には似たような色とデザインのシャツを買ってから応援に行きました。380円

◆ここでお知らせです。本日から今月の28日までの10日間。佐賀県庁の最上階、展望ホールにてパネル展が開かれます。高校総体も同時にですが、この優勝旗やトロフィー等も展示されます。直接本物を見ることができますよ。ビデオ上映もされているとか・・これは行かねば・・・

時間は午前9時から午後8時までですが、土日は午後5時までとなります。駐車場も無料です。

 BIG DREAM TOGETHER
2007年10月09日 (火) | 編集 |
同窓会の事務局から封筒が届きました。

CIMG4527.jpg

中をあけると・・・出場後援募金のお礼に添えて、記念のタオルが。甲子園で生徒さんたちが応援していたのと同じタオルです。感激~!

CIMG4525.jpg
↑百崎監督の感謝の意がカードに印刷されていました。

BIG DREAM TOGETHER カードの下の方にはそう印刷されています。甲子園で一丸となって応援したのが昨日のことのように思い出されます。
BIG DREAM の横になにやら黒く小さいな文字が・・・comes true と あります。夢が本当になりました。

P1010292.jpg
↑市内のアーケードにもお祝いの看板。いつまでも飾っていてほしいな~(これだけが解像度の高いパナソニックのカメラにて撮影)

CIMG4174.jpg
↑「祝甲子園出場」だった学校の横断幕も「祝優勝」になりました

CIMG4166.jpg
↑この垂れ幕はそれまではなかったですよ。

永遠に語り継がれる栄光の軌跡です。ここまで劇的な優勝をなしとげたチーム、いままでになかったでしょう。日本国中にさわやかな、がばい旋風を巻き起こしましたね。佐賀北高卒業を誇りに思います。

本日、秋田わかすぎ国体の硬式野球、準決勝と決勝が行われました。佐賀北は残念ながら今治西に破れましたが、甲子園準優勝の広陵高校が決勝に勝ち進み、今治西と対戦。広陵の野村投手は一日二試合投げぬきましたが、惜しくも破れ、今治西が優勝とのことでした。
相手投手ではありますが、一日二試合とはスゴイ。佐賀北はそんな相手と試合したんですね。
後輩のぺちゃさんから速報で教えてもらいました。


 祝勝会は陣じん
2007年08月27日 (月) | 編集 |
甲子園優勝の祝勝会をやろうってことになり、ひとつ下の後輩がやっている陣じんへ。県大会決勝で甲子園出場が決まったときもここで11期生と合同(ほとんどが11期)でやったそうです。知らなかった~

CIMG4006.jpg
↑佐賀市兵庫南にある居酒屋です

CIMG4000.jpg
↑ぞくぞくと終結、福岡市からも参戦あり。今日は盛り上がるぞ~

CIMG4011.jpg
↑プライバシーもあるけど、雰囲気は伝えたいし・・・サイズを小さくしました。ご勘弁を

乾杯~。馬場選手と副島選手も登場!な訳ないですが、お父さんが来てくれました。お忙しい中ありがとうございます。ちなみに写真には登場されていませんので、あしからず。

CIMG4013.jpg
↑話が弾むばい!行けた人も行けなかった人も・・・皆感動したと

後ろに白いスクリーン。そうです、プロジェクターを持ってきてもらいました。佐賀市金立町に在住の築地電気さん(同期)です。熱闘甲子園や、ダイジェスト特集、そして決勝の生映像を見てもう一度盛り上がりましたよ。

CIMG4018.jpg
↑約40人、満員です。3時間があっという間・・・ついつい飲みすぎ・・・

祝勝会を企画してもらったH康君、k野さん、ありがとうございます。
特にH康君、K茂君は甲子園全試合応援という金字塔
プロジェクターの築地君、ありがとうございます。
副島選手、馬場選手のお父さん、わざわざお酒の席にありがとうございます。
参加してもらった皆さん、ありがとうございます。
やむなく参加できなかった方も応援ありがとうございます。

もちろん、百崎監督、北高ナイン、ありがとうございます。
同窓会、学校関係、野球部OBの方々や関係者の皆さん、ありがとうございます。
大阪在住のM田さんSガさん、ありがとうございます。
応援くださった佐賀県、全国の皆様方、ありがとうございます。

この夏、最高の感動をありがとう


 がんばれ佐賀北の関連記事
2007年08月24日 (金) | 編集 |
やっぱり地元の佐賀新聞が一番詳しいみたいです。佐賀北高の快進撃、快挙をもっと詳しく味わいたいかたは、「がんばれ佐賀北」で検索するか、下記のアドレスをクリックしてみてください。
なお、佐賀新聞のサイトは、期間限定かもしれません。もし接続できなくなった場合はコメントも含めこの記事を削除することもありえますので、ご了解ください。

http://www.saga-s.co.jp/koushien07.html

 最高の夏をありがとう
2007年08月23日 (木) | 編集 |
CIMG3840.jpg
↑13:00プレーボール。初回佐賀北は広陵を三者凡退に抑える立ち上がりだったが・・・

6回までヒット1本、2点ビハインド。広陵の野村投手の前になすすべなく三振の山。低めの変化球を降らされて三振、三振、三振、三振、北高の攻撃の応援はまるで形にならない、逆に広陵は2回に2点を入れて先発の馬場投手をマウンドから引きずり下ろすと、代わった久保投手にも3回から連続して6回まで長打を浴びせる。久保投手は、常に得点圏にランナーを背負うピンチの連続。これまで甲子園無失点を誇ってきましたが、とうとう7回に広陵打線につかまり、2失点。4-0。ため息で落ち込むスタンド。

佐賀北の攻撃はあっという間、広陵の攻撃は長い、長い・・・広陵の洗練された応援が三塁側にも届く。もどかしい。立って応援しようとすると、見えないとハチマキを引っ張られる・・・なんで、なんで、皆心の底から応援しないんだ・・・悔しい、悔しい。勝ち負けの問題じゃなく、こんな不完全燃焼の応援で終わってたまるか・・・

6回までは、選手毎のテーマ曲による応援。北高会館で何度も経験した私はなんとなく分かるとしても、その他のほとんどの人にはなかなか、ピンと来ない応援スタイル。しかし、追加点を入れられ、もう開き直るしかない。スタンドのあちらこちらで、独自に声を上げる人たち・・・

そして、7回裏の攻撃から応援スタイルがひとつだけになった。行け行けダンス?とでも言うのか、選手の名前を入れて単純に繰り返すだけ、「♪行け、行け、行け、行け~、だいすけ、押せ、押せ、押せ、押せ、押せ、だいすけ、お~だいすけ、お~だいすけ♪」、たまらず、席を飛び出し、通路まで降りて在校生と一緒にダンス、声を張り上げ、メガホン振り回す・・・

CIMG3866.jpg
↑やっと仲間達も応援のリズムに乗ってきた。「♪行け、行け、行け、行け~ たかと~♪」

7回裏は、三者凡退。8回表もピンチ、6イニング連続の長打を浴びる久保投手、普通なら10点以上入れられるワンサイドゲームでもおかしくない。しかし、佐賀北高の守備陣は体を張った守備で再三、相手の強打を止める。本塁で刺す。歓声が上がる。

運命の8回裏、「行け、行け、行け、行け、(久保)たかひろ~」、ヒットでランナーが出る、代打新川も見事なヒット。後はもうよく覚えていない・・・とにかく動いて、ダンスして応援して、声が枯れるまで・・・・ふと見ると今までずっと座っていた同期の皆も立ち上がっている。見回すと内野も、外野スタンドまでが手拍子を、「押せ、押せ、押せ、押せ~、かずま~」地鳴りのような声援が・・・

フォアボール!やった~、1点入った。完封を逃れた、なおも満塁だ、「行け、行け、行け、行け~ひろし」、攻撃の途中でも、ヒットを打っても、ダンスはとまらない。イニング中何があってもとまらない。3アウトになるまでは、絶対にとまらない・・・

心地よい、汗が体中から流れ落ちる。応援席と、グランドの北高ナインの気持ちがひとつになる、その瞬間、甲高い金属音、副島の打球は、三塁側アルプスの目の前を通って、高く、高く、高く、舞い上がる。

まさか、まさか、まさか、ありえない、ありえない、ありえない・・・涙が止まらない、何がなんだか分からない・・・皆にだきつき、手を合わせ喜びを爆発させる。でも、ダンスはとまらない、「押せ、押せ、押せ、押せ~」

ふと気がついてスコアボードを見ると逆転している・・・点数のことなんて忘れていた。9回の広陵の攻撃も見事な守備で乗り切ると、最後は三振でゲームセット・・・その瞬間喜びを爆発させる選手たち。信じられない、なんというドラマ。広陵にとってはあまりにも残酷な逆転劇。勝負とはいえ、選手達はみな高校生・・・勝ったほうも負けたほうにも惜しみない拍手。ありがとう佐賀北高、ありがとう広陵高校。この夏、最高の感動をありがとう。

CIMG3863.jpg
↑ゲームセットの瞬間、マウンドに集まって抱き合う選手達

表彰式では広陵の選手も誇らしげにグランドを見事な行進、広陵の野村投手にとっては悪夢だったかもしれないが、プロに行って活躍するレベルの選手。この挫折がなお一層彼を大きくしてくれるのではないか、そう願わずにはいられなかった。

CIMG3878.jpg
↑深紅の優勝旗が佐賀北の市丸主将に渡された。意外と重いと・・・後でコメント

またこの戦いで広陵の応援の素晴らしさ、礼儀正しさには脱帽させられた。表彰式の間一人の生徒も列を崩すことなく、立って(私にはそう見えた)選手を見守り続けた。なんという見事な洗練された団結力。

そして、ならんでいる両チームの選手の後ろを小さなつむじ風が、二つ回ったのに気づいたのはおそらく私だけでは・・・、夏の戦いが終わって、秋風が吹いた。

CIMG3874.jpg
↑スコアボードを見上げる。実感はわかない、夢ではないかと

応援いただいた皆様方に御礼

甲子園まで足を運んでいただいた方々のみならず、北高会館や、自宅で、職場で、車中で、さまざまな所で、いや、佐賀県の方だけでなく、全国の多くの方が佐賀北高を応援してくれたと聞きます。普通の県立高校でもやればできるんだと、親近感を持たれたのではないでしょうか。その応援が後押ししてホームランになったと副島君も話していました。

そうです、決して一人だけの力で、選手だけの力で勝ち得た勝利ではないはずです。ご両親、ご家族はもちろんのこと。学校関係、同窓会、父兄会、野球部OB会、さまざまな方々の御支援、御努力があって、今日の栄冠があるわけです。その気持ちをいつまでも忘れないでいてほしいと切に願います。

皆様方どうもありがとうございました。そして、百崎監督、北高ナイン、何度でも繰り返します。この夏、最高の感動をありがとう。君らのことは忘れません。

 佐賀県立佐賀北高等学校
2007年08月22日 (水) | 編集 |
我が母校です。昭和31年に佐賀高等学校北校舎として本校舎が完成しました。昭和38年に佐賀北高校として創立。本校舎はいまでも使われています。

CIMG3796.jpg
↑正門です。昼休みに抜け出しては怒られていました・・・すみませんでした

昭和38年開校以来培われてきた自主・自立の校風のもとに勉学とスポーツの両立を図り,九州で少ない芸術コースを持つ活気ある学校です。平成8年度から「単位制」を導入し,可能な限り希望する教科・科目の選択ができるカリキュラムを編成することで,生徒諸君の個性の伸長を図りつつ,主体性・自主性を尊重し,希望進路の達成を支援します。

とホームページに書いてあります。

CIMG3806.jpg
↑本校舎、約52年前に建てられたとは思えません。もちろん改修はされています。

木造の自転車置き場は当時のまま、中に一歩足を踏み入れれば板張りの廊下と教室。懐かしいな~

CIMG3810.jpg
↑ここが北高会館。在校生と同窓生が一丸となって応援しました。

CIMG3811.jpg
↑地元ローカルのラジオ局からも取材に来られていました。派手~、スキッピー号です。

佐賀北高校の芸術コース、書道部は、第1回から第12回まで連続して、全国高校書道コンクールで最優秀賞、つまり全国優勝です。すんごいでしょ~、もちろんいまでも全国トップクラスです。サッカーやバスケ、バレー等の他のクラブも大活躍しており、多くの生徒が国立大学や有名私立大学に進学する文武両道の高校です。ま、中にはメイ太郎みたいなお笑い系の新聞記者もいますけどね(笑)

いよいよ今日は決勝。皆さん応援よろしくお願いします。私は甲子園のアルプススタンドで大声をあげてきます。

 佐賀のガバイ王子
2007年08月21日 (火) | 編集 |
佐賀北の久保投手は、ガバイ王子と言われ始めているらしいです。確かに雰囲気ありますよ。
甲子園での連続無失点イニングを続ける好投で、ダンディ王子の馬場投手の後を受け見事な完封リレー。甲子園決勝進出おめでとうございます。そして感動をありがとう。

CIMG3812.jpg
↑私設応援団長の必勝グッズです。32年前に使っていたのを大切に保管していました

今回は北高会館からの対長崎日大戦のレポートです。

CIMG3813.jpg
↑帝京の時と同じ一塁側、よっし!いけるぞ!

馬場投手は初回、2回と、ノーヒットに抑える立ち上がり。すると、2回裏、エラーのランナー田中を一塁に置いて、江頭がライト線を抜けようかというヒット、1、3塁で、馬場がスクイズ。田中の絶妙なスライディングで先制のホームイン。

CIMG3818.jpg
↑隣で応援してくれた一年生。明日甲子園で会いましょう「おじさん」と・・・

3回長崎日大は二死3塁としたものの、馬場が落ち着いてフライに打ち取る。4回裏の佐賀北は、大串の二塁打、田中の送りバントで一死3塁、相手投手の投じた球がそれて、追加点。さらに、7回は今大会初打席の重松が四球、代走内川。その内川が盗塁。馬場崎は確実にバントを決め、続く一番辻・・・

金属音は残したものの、センターにやや浅いフライ。これはムリかと思われた瞬間、、内川はタッチアップのスタート。絶対間に合わないタイミング。しかし、送球が若干右にそれ、キャッチャーのミットをかいくぐる見事なスライディング。ノーヒットで貴重な追加点を上げた。

CIMG3827.jpg
↑見事な応援をしてくれた男子学生諸君も大喜び

馬場投手は7回まで被安打3の無失点。リリーフのガバイ王子こと久保投手もその後をうけて好投。見事、決勝に駒を進めた。

CIMG3828.jpg
↑北高関係者のみならず、佐賀県人、全国の高校野球ファンに感動を与えてくれた北高ナイン

6月の練習試合で負けている長崎日大。名将金城監督率いる似たようなチームだから、勝負はどちらに転ぶか分からないと思われたが、甲子園で二試合分多く試合をしている佐賀北ナインの落ち着いた守備と足を絡めた走る野球で結果的には3-0のスコア。

次は決勝で優勝候補の広島広陵高校。選手は、初戦の対函館苫小牧との激闘を見て、とても勝てる相手じゃないと思ったそうだ。しかし、ここまで勝ち上がってきて確実に成長した選手達、互角以上の試合をしてくれると信じている。

(文責:ワル猫新聞社、メイ太郎)

なお、ワル猫新聞社では、決勝戦の模様はレポートを見送る予定です・・・前回の帝京戦で、アルプスからの応援、写真撮影、試合観戦、レポートのまとめ等で試合終了時には、ぐったりなって頭が真っ白になったとのこと。あまりメイ太郎記者にムリをさせてはいけないので、今回は応援と観戦に集中したいとの申し出がありました。皆さんは他社のスポーツ新聞や熱闘甲子園のちゃんとした記事や放送で、佐賀北の活躍を楽しんでください。

では、決勝の舞台、甲子園に行ってきます。佐賀北高校、がばい強か、がばいすごか、がばいうれしか~ 歓喜の涙を流してきます!

 激闘!延長13回
2007年08月20日 (月) | 編集 |

P1010197.jpg
↑聖地甲子園、ここで応援できる日が来るなんて・・・言葉にならない

まさか、まさか、あの帝京相手に・・・互角の試合ができるなんて、監督をはじめ誰もが一方的な展開にならなければいいと祈って迎えたプレーボール。

P1010201.jpg
↑いつもどおりの野球をやるぞ!相手が帝京でも気持ちで負けるな。帝京の選手はデカイ・・・

馬場投手はいつもの落ち着いたピッチング、三人で1回の帝京の攻撃をしのぐと、その裏、今度は井手のヒット、4番市丸の三塁打で1点先制。もしかしたらとアルプススタンドは大騒ぎ

しかし、相手は帝京、デッドボールのランナーを確実に進めて、ヒットで1点返される。それでも北高ナインは粘りをみせ、次の2回裏にはフォアボールとデッドボールで2死満塁のチャンス

ここで、2番井手が「かっとばせ~和馬」の声援に応えて見事なタイムリーヒット。3塁ランナーを迎え入れた、2塁ランナーも本塁突入するが、そこは洗練された守備の帝京。矢のようなバックホームで本塁憤死。

続く3回は、馬場投手が見事なピッチングで三振を取り相手のチャンスをつぶすと、その裏、副島宏。開会式後の初戦に続き、この回からマウンドに上がった帝京の左腕、垣ケ原のストレートを左中間最深部に届く、見事なホームラン。ひろし、ひろし、の大声援。アルプスの応援にも熱が入る。

P1010214.jpg
↑かっとばせーひろし!お~

しかし、次の4回表、帝京高校も鍛えられた打撃であっという間に同点に追いつく。もしかしたら、帝京に勝てるかもしれないと思っていた応援席。ここで踏ん張ってそれ以上の得点を与えなかった馬場投手、ダンディ馬場がニックネームのとおり、落ち着いたピッチング。

P1010237.jpg
↑校歌にあわせて行う、タオルの応援。これは見事「♪脊振天山~」

ここから、各9イニング、1試合分お互いゼロ行進。しかし、内容的には一方的といっていい帝京ペース。それをゼロに抑えた北高ナイン。馬場、久保の投手リレー。
8回、9回とも2死、1、2塁のピンチ。8回はショートゴロに抑えたが、9回はライト前ヒット。万事窮すかと思った満員の一塁側アルプススタンド。しかし、次の瞬間歓声に変わった。極端な前進守備を敷いていた百崎監督。ライトの江頭がキャッチャーへホームへ好送球。タッチアウト。

北高もその裏、1死満塁のサヨナラのチャンス。しかし、スクイズをはずされ、歓声がため息に変わった。

この試合最大の見せ場は、続く延長の10回、12回帝京の攻撃、長打を許してランナーを3塁に置いた久保投手。帝京のスクイズを見事なグラブトスで二度も本塁タッチアウト。まさに鍛えられた北高の守備。続く13回には、センター馬場崎が帝京垣ケ原の大飛球をフェンスに激突し、そのまま倒れこむものの、ボールを落とさないスーパーファインプレー

P1010215.jpg
↑佐賀北応援のため各地から集まった仲間達。応援にも熱が入る、暑さなんて・・・

ごく普通の公立高校、進学校でもある佐賀北、ナイター設備もない、選手は全部地元佐賀県、もちろん特待生の制度なんてない。百崎監督の走れ走れ野球が実った。見せた公立魂、北高魂。

13回裏も2死。これでまた14回に相手の猛攻撃を受けるのかと誰もが思った。ファインプレーの馬場崎、辻がコンパクトな単打。すると今日2安打、2犠打の井手和馬。セカンドの上を破った打球。馬場崎がホームを駆け抜けた。ヤッタ~、勝った!あの帝京に、奇跡の13回裏サヨナラ。

開会式直後の第一試合、福井商業、引き分け延長再試合、宇治山田商業、カクテル光線の中での前橋商業、そして延長13回の激闘に幕を引いた、帝京高校戦。今大会のどこよりも多くの試合、イニングを経験した佐賀北ナイン。相手がどこであれ、驕ることなく、次も全力で走るプレーを見せて欲しい。

(文責:ワル猫新聞社、メイ太郎、アルプススタンドにて)

アルプスには北高OBや関係者ではないにもかかわらず、地元高校野球ファンの方が佐賀北の応援に駆けつけてくれていました。わざわざ東京から来たという19歳の女性二人組は、和馬ファン、馬場ファンだと。多くの人に愛される佐賀北ナインは幸せものです。

P1010267.jpg
↑わざわざ東京から北高応援ありがとう!

ありがとう北高、甲子園球場の周りでは歓声が絶えることなく・・・
[READ MORE...]
 佐賀弁でよかごと
2007年08月17日 (金) | 編集 |
「この記事は、佐賀北高甲子園ベスト8を祝して、特別に設けたものです、掲示板代わりに書き込んでください。ただし、北高関係者、先輩、後輩問わず、または応援してくださる方に限ります。なお、管理者の気まぐれで記事およびコメントを削除する場合があるのでご了解ください」

やったばい、ベストハチばい!感動でウルウルたい。帰りの車で20分、ず~と校歌ば歌いよった。オイは甲子園には応援いっとらん、仕事一日は休めん、ばってんが、試合のある時間帯ないば、休む段取りでくっけん。北高会館にいったばい。

ベストハチばい、この意味わかっとか~。全国4000分のハチばい。佐賀からバスで応援、くーきつかてばってん、ハチの試合は日曜日バイ、こがなチャンスなかろうもん。母校が甲子園、そいは7年じゃい前もあった、あんまいオイはもりあがらんじゃった、すまんけど。

高校んときに、応援しよった、いかれんじゃった。そいけん、その後は、火の消えて。ま、運のよかぎ~、佐賀県で優勝して甲子園いくやろ~てぐらいしか思うとらんやった。ばってん、監督は百崎ばい、こがな機会はもう一生なかばい、ベストハチで甲子園、机並べた同級生が監督ばい。日曜日ばい。次の月曜日仕事にならんて、よかろうもん、そいぐらい、半日ぼーっとしとったちゃ、だいでんカンベンしてくんさっくさ

そいけん、いこうさい、じぇんは、たったの一万円てばい、男どんは、パチンコしたい、飲みいってね~ちゃんのおらす店にいくない、タクシー代もいれて、じきそいくらいつかうやろもん。

おいも、甲子園応援いっとらんけん、えらそ~なこといわれんばってん、いっとらんぶん、きもちばってん、寄付ばさせてもろうた、こいは強制すっぎでけん。気持ちやっけん。

ばってん、バス代は強制ではらわんば、ムチン乗車はでけんばい。男は

ま~だ、くじびきのあっとらんけん、いつのしあいこっちゃわからんばってんさ、だいじゃいいこうさい、5組の美術部のAもいったてばい、おいのクラスのHもいっとるごたる。

このコメントでてきとうー^にかいてくんしゃい。いかるっひとも、いかれんひとも、寄付しとらんでん別に気にせんでよか、北高の勝ってうれしかにゃ~、校歌ば聞いてなつかしかにゃ~ておも~たない、名無しのゴンベさんでよかけん、なんじゃいかいてくんさい。

ばってん、わけ分からんコメントは、まっすぐおいのアドに頼むバイ、しっとるやろ、だいでん。

そいぎ~、のんどらんけんの~。今日はえ~くろ~とらんばい。ばってん、野菜の世話ばすっじかんのなかった~、はがいか~


 速報!熱闘甲子園
2007年08月17日 (金) | 編集 |
佐賀北の百崎監督が笑った。選手がどんなプレーをしてもいつも沈着冷静で表情を変えない、あの百崎監督が。いや、ゲームセットのサイレンが鳴り響くと同時に、2年11組でクラスメートだった、笑顔の百崎君に戻っていた。

P1010128.jpg
↑先発メンバー。リラックスして行くぞ。普段着野球だ

試合は序盤からピンチの連続。初回ワンアウト後、三塁打を許す。しかし、先発の馬場投手は落ち着いて3番、4番を打ち取る。会館内は安堵の歓声、しかし、相手前橋の打線に脅威を感じた。

2回、またもワンアウトはとるものの、フォアボールでランナー1塁。打者は相手エースの佐々木、やや甘いコースではあったが、振り抜いた打球は切れることなく、ポールの内側へ。静まり返る北高会館。2点先制される重いムード。しかし、落ち着きを取り戻した馬場投手はランナーを出すものの、なんとか攻撃を封じた。

すると、その裏、フォアボールとバントでツーアウト3塁のチャンスに、バッターは馬場・・・

P1010135.jpg
↑見事に振り抜いた打球がセンターの守備を破り・・・

センター前に鋭い当たり、あわや捕球されるかと思われたが、グラブのほんの十数センチ前でバウンド、そのまま外野を転々。馬場は打球を見て迷うことなく、三塁へ、いやそのままのスピードでホームへ。見事なランニングホームラン。一気に同点。北高会館で飛び跳ねる生徒たち。途切れることない拍手と歓声。

P1010174.jpg
↑まず1点返したと思いきや、そのまま馬場がホームへ。大興奮の館内

前橋商業は、続く3回、4回も長打を放ち、馬場を再三追い込むが、佐賀北の固い守りの前にあと1本が出ず、得点を重ねることはできなかった。逆に佐賀北は、長打こそなかったが、3回にヒットの井手を1塁に置き、初戦でホームランを放った副島が送りバントでランナーを進めると、再試合の2回戦で3打席バントの4番市丸が、確実に振り抜いた打球で内野の頭を越してレフト前ヒット。井手が逆転のホームを踏んだ。

この試合の最大の山場は、4回の攻防、前橋商業の攻撃を防いだ佐賀北は、先頭バッターがフォアボールで塁に出ると、先ほどホームランを放った馬場が、送りバント。次は、バントの名手馬場崎・・・

絶妙のバントで、内野安打。相手守備陣を揺さぶる。続く1番ファーストの辻は、初球を見事なスクイズ、一瞬打球が浮いたかに見えたが、相手ピッチャーの右にポトリと落ちて追加点を上げた。

P1010151.jpg
↑要所を締めるピッチングで6回まで見事に投げきった小さな大投手、馬場

先発馬場は、このあともリズム良く投げ、7回にフォアボールを出したところで、久保に交代。久保がぴしゃりと締めて、見事ベスト8に進出した。

P1010157.jpg
↑スクールカラーの緑に黄色をあしらったタオル。アルプススタンドに行きたかった・・・

この試合は、お互いにエラーのない引き締まったものだったが、佐賀北の揺さぶりの前に前橋商業のバッテリーが根負けした。ランニングホームランという派手な場面はあったが、決して猛打で快勝したわけではなく、再三のピンチを好守備で防ぎ、攻撃ではしっかりランナーを進める百崎イズムが大輪の花を咲かせたといえよう。
次の試合も驕ることなく、勝って兜の緒を締めよで臨めば、たとえ相手がどんな強豪校であれ、互角以上の試合をすることができるはず。甲子園で一戦毎に成長した選手たち、その選手を信頼して采配する監督。佐賀北ナインに死角はない。

(文責:ワル猫新聞社、メイ太郎)

試合後のインタビュー、今度は真面目に受け答えする百崎監督。しかし、次の目標はと聞かれて「開幕試合をして、延長引き分け再試合、今日はカクテル光線の中でプレーするぞといいました。後は何があるんですかね~、考えていません・・・」と
こりゃ、百崎!優勝に決まっとやっか!なんばいいよっか!

(ひとりごと:ワル猫新聞社、オーナー)

 見事!再試合勝利!
2007年08月16日 (木) | 編集 |
CIMG3719.jpg
↑前々日の15回に及ぶ延長引き分けの興奮も冷めやらぬなか、第一試合8:30プレーボール。

序盤は両投手ともまずまずの立ち上がり。山田商業に対しては、前の試合から12イニング連続無失点だったが、13イニング目、3回裏の山田商業の攻撃。先発の馬場投手が攻められ、2アウトから、犠打を重ねて1点先制を許す。いやいや、まだまだ、これからだ。

佐賀北も4回、副島が相手三塁のミスをさそう強襲打。4番市丸がセオリーどおりバント。2アウト後、田中の内野安打に続き、まだ甲子園でヒットのなかった江頭が見事にセンター前。すぐさま同点に追いつく。

↓会館内は大歓声。メガホン打ち鳴らして声援
CIMG3730.jpg

しかし、4回、最大のピンチが馬場投手を襲う。先頭打者を内野安打で出塁させると、次の打者にも内野安打、ショートの井手が素晴らしい動きを見せたが、一歩及ばず。次は、一番当たっている西田。バント警戒でファースト辻が猛ダッシュ。山田商業は強攻策に出たが、辻の好守でダブルプレー。しかし、なおも死球でランナーを出し、苦しいピッチングの馬場投手。ここは平常心でセカンドゴロに打ち取る。ここが試合の山場、馬場の踏ん張りに割れんばかりの拍手喝采

CIMG3726.jpg
↑普段はおとなしい北高生もこのときばかりは総立ち

投手戦かと思われた試合展開だったが、6回佐賀北の猛攻撃。副島のツーベースの後、相手のミスを誘う絶妙なバント。ノーアウト1、3塁で。大串の一打は・・・

CIMG3728.jpg
↑金属音を残しライナーでライトを襲う・・・はたして・・・

ライトの頭上を深々と越える、走者一掃のツーベース。1塁ランナーの本塁突入の間に、打者は3塁へ。北高の足を使う野球がまさにずばりと決まった。

CIMG3727.jpg
↑アルプススタンドでもスクールカラーの緑のメガホンが踊る

なおも、田中のヒットでこの回一挙に3点。次の7回にも4点を挙げた佐賀北が必勝パターンの投手リレーと固い守りで試合を制した。

CIMG3738.jpg
↑「甍(いらか)は高し 北高校」 また、校歌が聞けた。皆と一緒に聞けた

(文責:ワル猫新聞社、メイ太郎)

いや~やりました。やってくれました。足を絡めた攻撃で相手のリズムを崩し、そこにコンパクトなスイングで突破口を開く。百崎野球、北高野球です。しかし、4回の攻撃で相手の4番は強行作失敗。それに対して北高の4番市丸は5打席中、3打席のバンドで相手守備をかき回す。まさにバントの百崎監督。お見事、いよいよ次はベスト8をかけて群馬代表の前橋商業。強豪ですが、胸を借りるつもりでいつもの普段着の野球ができれば、必ず勝てる!ゴーゴー北高。全国の野菜作り仲間も応援しているぞ~

(文責・ワル猫新聞社、ミッキー子)

明日は、第4試合、16時からです。ご都合が着くかたは一緒に仕事サボって北高会館に行きましょう。マイクロバスで回りますので、ご遠慮なくお申し出てください。

(ワル猫菜園、オーナー)

 激闘15回!
2007年08月14日 (火) | 編集 |

45人目のアウトは、サードからファーストへボールが送られた。大歓声が上がった。決して二回戦に勝利した訳ではない。しかし、また戦える、まだ甲子園の大舞台を応援できるんだと、北高会館に集まった、在校生、同窓生、約百名。15回を戦い抜いた選手達に、北高だけではなく、相手の選手にも熱い拍手が

CIMG3693.jpg
↑息を呑んで応援、ストライク、ボール、アウト、セーフ、ひとつひとつのプレー釘付け

相手は140キロを超える速球投手、初回そのストレートにタイミングが合う。速球対策の練習の成果だろう。バントで繋いで確実に点をとる。四年前、神埼高校で春の甲子園出場したときの九州大会で言われた、バントの百崎監督。それが、母校北高でも見事に決まった。2点先制。

先発は馬場投手。163センチは予選、甲子園を通じてもっとも身長が低い投手。丁寧に低めを突く変化球が面白いように決まる。4回まで三塁を踏ませない好投。
馬場投手は、お父さんが同じ北高で百崎監督の一年後輩。監督の現役時代、あと一歩で甲子園が見えたが・・・

しかし、5回その馬場投手に山田商業の猛攻撃が。4点を失った馬場投手。しかし、試合はまだまだこれから、次の久保投手に継投するのが佐賀県大会で何度も繰り返された北高の勝ちパターン。

次の6回に1点、7回に1点。確実に追いつく粘りの野球。北高同窓会、北高会館の元名物館長、糸山さんがいつも言われていた、「ねばれ~、きばれ~、がんばれ~」

試合は延長戦に突入。お互いチャンスを作るが美技に阻まれ得点できず。両投手も要所を締めるピッチング。相手が裏の攻撃、9回からは一投一打に息を呑んで、歓声とため息。規定により引き分け再試合となったものの、選手の見事な頑張りを称える拍手はやむことはなく・・・

CIMG3691.jpg
↑相手の中井投手をあと一歩まで追い込むものの・・・

さ、次は勝つぞ。また応援するぞと固い誓いを胸にして北高会館を後にした。

CIMG3685.jpg
↑次は必ず勝って校歌を聞こう。大声で歌おう

 北高応援会のお誘い
2007年08月13日 (月) | 編集 |

いよいよ、明日は二回戦、三重県代表の宇治山田高校との対戦です。13:30開始ですが、応援といってもなかなか現地まで行くのは仕事等のスケジュールで難しい方が多いと思います。ましてやお盆だし・・・


そこで、そんな皆さんに朗報です。北楠会館で50インチの大型画面で一緒に応援しませんか?勝利の喜びが50倍増すること間違いなしです・・・


私も仕事を無理矢理さぼって、応援に行かねばと・・・お近くの方はマイクロバスにて送迎しますので、遠慮なくご連絡ください。その後の二次会もご要望があれば運転手いたします~(費用もモチロン全部、皆さん持ち~って・・・)


お盆だし、何かとお忙しいとは思いますが、特に帰省されている方々・・・ぜひ一緒に盛り上がりましょう。


なお、応援の様子はブログで全国に発信する予定・・・ご要望に応じてボカシ入れますので~(笑)



 北高甲子園
2007年08月06日 (月) | 編集 |
野菜の記事ではありません。関係各位への事務連絡です。読んでいる人がいればですが(笑)

本日、北楠会の全体の役員会に出席してきました(役員ではないけど)、甲子園出場には2400万円かかるとか・・・在校生の応援旅費や応援グッズ、選手の用具代とか・・・もろもろだそうです。

開会式後の最初の試合ですが、もちろん勝利すると思いますが、もし負けても、そこまでは行かないけど、それなりの費用はかかるらしいです。

ということで、卒業生にDM送って寄付を募っているけど、なかなか厳しいとのこと。前回7年前に初出場したときは、それなりにお金は集まったけど、一回戦敗退だったから、ある程度は残ったそうですが、野球部だけではなく、他のクラブも含めて強化活動費等に使ってきたとのこと(詳しいことはよく知りませんが)

で、要するに同期毎に連絡をして、再度寄付の振込依頼をしてくれってことでした。私はDMきたらすぐ振込みに行きましたが・・・なかなか人に頼むのは大変なことです。皆さんそれぞれの生活があるでしょうし・・・

ということですが、できればご自分も含め寄付した~との声かけをお願いしたいです。なんといっても監督も同級生ですもん。頑張れ~百崎監督~(ま、どちらかといえば、選手に頑張ってもらいましょう)

勝ってもらいます。勝たないと寄付集まりません・・・九州の方はご一緒にご声援を・・・

ホークスも一緒ですね。勝たないとお客さん入らないですもん。あ~また話が脱線した~

野菜ブログですが、このあと重大なニュースありますから、乞うご期待。各クラスへの連絡もありますので、今日のアップはムリかな~