FC2ブログ
野菜作りや温泉などの日常の出来事を綴ったつれづれなるままの日記です。ズボラで手抜きの勝手に菜園ですが、よろしくお付き合いください。
 ミニ耕運機参上
2007年08月11日 (土) | 編集 |
まず、枝豆の土寄せです。いわゆるカルチってやつ

CIMG3633.jpg
↑ロビンというメーカーです。バックもできます。刃も正転、逆転、高速、低速に切り替え可能

枝豆の土寄せですが、なかなかまっすぐ進みません。腕が悪いのは分かりますが・・・枝豆をだいぶなぎ倒しました・・・

CIMG3637.jpg

で、問題はここからでした・・・・カボチャの跡地・・・
耕運機の後ろについている、土を掻き寄せるやつ、カボチャ耕すだけだからいらないと思い、はずして作業しました。

すると、耕す深さが一定しないので、進んだり進まなかったり・・・それどころか、一番低速にしているのに、急にウイリーして暴走したり・・・危ね~

正転モードだと車輪の進む回転と刃の回転のタイミングでパワーが急に出てしまうみたいで、ロデオ状態。刃を逆転して亀モードでやると、その場で耕すだけで、なんとなく進んで・・・

でも、そちらが安全でした。でも、土を掻き寄せる部品ははずしたらいけなかったみたい。カルチ以外でミニ耕運機使うのは初めて。普段は乗用トラクターで遊びがてら耕すだけだし、野菜なんて適当にしか作ってなかったので、細かなところを耕す必要なかったから・・・

CIMG3636.jpg
↑たったこれだけなのに・・・ふ~。でも、スコップやクワとは比べ物になりません

勉強になりました。でも、かなり深く、ホクホクに耕せました・・・枝豆の土寄せ15分、畑10分ってところでしょうか。兄は私の20倍以上枝豆植えていますが、一時間程で作業終わっていました。腕が違いすぎます・・・一応あちらは農業・・・

↓ホクホクの土です・・・おいしそうですが、食べられません
CIMG3638.jpg


畑でとりあえず使うのなら、やっぱり軽いやつがいいような気がしました。軽いと跳ね上がったりもするでしょうが、それでもコントロールが効きやすいでしょう。重いのは、かなり広くて直線が多いところに向いているような・・・

事前に石や小枝、新聞紙、ビニール等をちゃんと取り除いておかないといけないようです。乗用トラクターは何があっても問題なく耕していきますけど、手押し式は安全と効率のために事前作業が必要かと。今回は小枝がかなりあったので、怒った(佐賀弁で「はらかいた」、「はらきゃーた」といいます)みたいですね

皆様方、参考になりましたでしょうか?
スポンサーサイト