FC2ブログ
野菜作りや温泉などの日常の出来事を綴ったつれづれなるままの日記です。ズボラで手抜きの勝手に菜園ですが、よろしくお付き合いください。
 美味しんぼとあんどーなつ
2007年11月30日 (金) | 編集 |
どちらもアニメコミックです。美味しんぼは皆さんご存知でしょう。ビッグコミックスピリッツに連載されている、食を題材にしたうんちく漫画です。もう20年程になるでしょうか。当時は新鮮な驚きを覚えたものです。最近は各地の地産地消を題材にローカルな料理を紹介されたりしていますが・・・

180751.gif
↑第1巻は「豆腐と水」

この前、日本の食が添加物だらけで、日本人の舌がおかしくなっているというテーマでした。漬物には40種類もの食品添加物が使われているとか・・・。ふ~ん、そうなんだ。いまからお店では漬物買えないな~、食事に行っても漬物は食べない方がいいのかな~と単純に考えていました。

しかし、先週でしたか・・・日本の農業が槍玉に挙げられ、慣行栽培では、米造りには20回も農薬を使っている。トマトは60回も、危険だ。農薬は体に悪いという一方的な論調・・・
それだと日本全国ですべてそんな農業が行われているかのごとく受け止められます。実際にはその半分以下に農薬の回数を減らした取り組みを各地で行っていこうということですが・・・

昔から、米造りに20回も農薬なんて使いませんよね~、農家の方はご存知でしょう。実際に取材されてはいないようです。各県の基準のHPを見られているようですが。
最初の籾洗浄、田植え前に農薬を使った後は、夏場に二回程、白い粉(バダン等)を散布するだけです。それがどうして20回って話になるのか・・・
トマトにいたっては(作ってないので確かなこといえませんが)成長期間が約3か月。それなのに60回なんて・・・ほとんど毎日でしょ。雨の日は何もできない訳だから。そんな農家はありえないのでは?重労働過ぎて誰もやらないと思うのですが・・・どうなんでしょう?
大豆だって10回とありますが、実際には一回か二回です。特に病害虫が発生したときは別かもしれませんが。

農業で無農薬栽培はとても難しいのではないでしょうか。無農薬を否定するわけではありませんが、美味しんぼでは、無農薬でなければ、不味くてエグイとまで言い切っている時もあります。味は個人の主観的なものであるはずなのに・・・一方的に決め付けることができるのでしょうかね~


話変わって「あんどーなつ お江戸和菓子職人物語」です。ビッグコミックオリジナルに掲載されています。

31sK2ISoZrL._AA204_.jpg
↑一人の女性が和菓子作りを通じて成長していく姿を描いています

いや~おもしろい。絵もいいけど、ストーリーもハラハラドキドキあり、美味しそうな和菓子の話題もあり。誰かがHPに書いていたけど、ドラマ化されそうな、いいコミックだと。確かにそうですよ、NHKの朝の連ドラになったら、あのちゅらさん以上にヒットするでしょう。

で、この中で和菓子の甘さの基準ってのがありました。そのうんちく自体は美味しんぼでも紹介されていましたよね。干し柿です。干し柿の甘さを越えてはならないというのが暗黙のルールだそうです。お茶の席で頂く和菓子ということでしょう。羊羹なんかはとても甘いものもありますしね。それを否定している訳ではないと思いますよ。

三丁目の夕日以来、ひさびさに気に入ったコミックです。立ち読みですけど(笑)
スポンサーサイト