FC2ブログ
野菜作りや温泉などの日常の出来事を綴ったつれづれなるままの日記です。ズボラで手抜きの勝手に菜園ですが、よろしくお付き合いください。
 有明海の海茸
2007年12月03日 (月) | 編集 |
野菜お仲間のトマト家が秋月の川茸を紹介してくださったので、まけじと有明海の海茸をご紹介します。九州の人はご存知でしょう。普通にスーパーに売っています。
たぶん、日本全国のデパートには置いているかと・・・しかし、海茸って一般的ではないですよね。なんじゃそりゃ~って方がほとんどでしょう(佐賀の人はみんな知ってます)

take005_2.jpg
↑株式会社竹八の海茸粕漬です・・・酒のつまみです

正体はミル貝を黒くしたような貝です。ちょっと見た目は悪いです。粕漬けだけじゃなく、干したのをあぶって食べると、むむむ~って感じ。イカの一夜干しよりは味が濃いです。

take011_1.jpg
↑海のマツタケだそうです。確かに香りは強いかな~

好き嫌いあるかも・・・海の潮の香りがやや強烈かもしれません。粕漬けにすると全然そんなことなく、シコシコと歯ごたえがあり、うまいです。貝柱より好きだな~。今の季節は干し海茸ありません。夏です。

ムツゴロウ君もおられましたので、ついでにご紹介します。

take013_1.jpg
↑むつごろうの甘露煮は、真っ黒です。焦げている訳ではないみたいですが・・・

私はむつごろうより「くつぞこ」が好きだな~、興味あるかたはお調べください(笑)
以上の画像提供は佐賀市の川副町にある株式会社竹八でした。
竹八漬で有名です。貝柱の粕漬もあります。

で、肝心な現物の海茸ですが・・・無断借用を禁ずとありましたので、HP毎紹介します
http://shop.yumetenpo.jp/goods/d/yoshigai.jp/g/2005/index.shtml

ちなみに、ひとつ420円とか・・・生を買うよりは粕漬か干したものがお奨めです。生だと誰が料理するかって話になります、きっと。不気味です・・・刺身で~、え~っ
今日も家で海茸の粕漬食べています。イモ焼酎がいいですが、まだ梅酒でガマンしています。
スポンサーサイト