FC2ブログ
野菜作りや温泉などの日常の出来事を綴ったつれづれなるままの日記です。ズボラで手抜きの勝手に菜園ですが、よろしくお付き合いください。
 またも有田陶器市です・・・
2008年05月15日 (木) | 編集 |
もうGWは過去の話題ですが、所用もあったので、また有田陶器市にきました。
今度は、有田駅から一キロ程はなれた黒牟田窯元巡りです。
混乱しやすいのですが、武雄市に黒牟田焼ってのがあり、ここも歴史のある窯元みたいです。
世界一の登り窯があるのはこの武雄市の方です。

でも、有田町の黒牟田地区の窯元もかなりいけてます・・・

CIMG6411.jpg
↑中心部から離れているので、混みませんし、駐車料金が無料です・・・

全部で二十件程あったと思いますが、全部はまわれないので・・・

CIMG6412.jpg
↑しん窯は、青花というブランドで、昔ながらの青(紺色)でシンプルです

派手さはありませんが、全部同じイメージで統一されています。すんません、シンプルすぎて写真撮影していません。


CIMG6410.jpg
↑個人でされている小さな窯みたいです・・・

黒牟田の青いイメージとは少し違って土物でした・・・

CIMG6409.jpg
↑ほんとにこじんまり・・・特に有名な窯元ではないと思いますが・・・

それぞれ気に入った窯元を探すってのもいいのでは・・・・駅前だと沢山ありますが・・・
やっぱ窯元ですよ・・・陶器市の時は気軽に(買わなくても)入れますもん・・・

CIMG6418.jpg
↑ここ黒牟田でもっとも有名なのは・・・ご存知源右衛門窯です・・・

駐車場もいつも満車です・・・
別の共同駐車場においてのんびり歩いて散策しました・・・

CIMG6416.jpg
↑先ほどのしん窯よりは華やかなイメージです

お値段は・・・急須が9000円、花瓶が25000円とかついています。
アウトレットのお値段ですよ、これでも・・・

CIMG6415.jpg
↑湯飲みはぐっとお安くなり、2500円から6000円ぐらいまで・・・

で、アウトレットじゃない本物を見てみましょう・・・

CIMG6421.jpg
↑もうお値段はどうでもいいのですが・・・見事な壷です・・・

いったい何に使うのでしょう・・・料理は盛れないし・・・湯飲みにはでかすぎるし・・・
ちなみに260万円以上だそうです。
中に古伊万里の展示館もありますが、売り物ではありません。値段つけられないでしょう・・・

CIMG6425.jpg
↑みごとなしゃくなげの庭があります。もう少し時期遅れだったかな~ よって写真なし

ここも少し変わったやつありました。それなりのお値段ついてます・・・

CIMG6426.jpg
↑実際手にとって見ないと分かりません・・・とって見てもわかりませんけど・・・

駐車料金無料でのんびり見て回ることが出来ましたよ・・・
高台にある有田焼の卸団地から降りたところですが、私的にはこの卸団地はお奨めしません。いろんな商店があるのですが、有田に来たならやっぱり窯元か、にぎわう有田駅、もしくは深川製磁あたりを味わうのが定番かと・・・
時間がなくて、有田の焼き物をひととおりずらりと見たいのなら卸団地でもいいのでしょうが・・・やっぱりそれぞれの窯元かにぎわう街中まで行かれた方が、掘り出し物ありますよ~

以上来年のための陶器市講座でした・・・帰りにここから伊万里方面に行けば・・・
秘窯の里、大川内山。ここはいいですよ~行かないと損します。
でももう10年ぐらい行ってません、大損だ~(笑)


スポンサーサイト