FC2ブログ
野菜作りや温泉などの日常の出来事を綴ったつれづれなるままの日記です。ズボラで手抜きの勝手に菜園ですが、よろしくお付き合いください。
 湯けむりの里 東屋 夕食その2
2010年02月07日 (日) | 編集 |
のんびり個室でお食事の続きです~

P1100550.jpg
↑お作り二種・・・ 何のお魚か聞くのを忘れましたが、鯛と鯖だったと思います。

冬の関鯖はメチャメチャ高いです。う~ん満足~

P1100551.jpg
↑ちょっとピンぼけしちゃいましたが、数の子のクリームあえ

本日の前菜の中の一品

P1100559.jpg
↑他にはえびのお寿司、田楽、サツマイモのチーズ焼き


P1100558.jpg
↑手前はヒラメの骨センベイ、カリカリでいける~ お酒のつまみだ~

奥の海苔巻きはお魚のフライです・・・


P1100561.jpg
↑粒豆腐にはウニがかけられていました・・・

柔らかな食感とつぶつぶの食感のバランスがいいです~

P1100555.jpg
↑そうそう、やっぱり大分ですから麦焼酎です~ 二階堂というブランド

ビールは飲みません・・・ ってそれは次回のネタです・・・

P1100562.jpg
↑とろろ蕎麦、これもダシがいける~


で、メインはこれだ~

P1100565.jpg
↑地獄蒸しです。ホントは鶏も入っているんですが、今回は最初から抜いてもらいました・・・

サービスが行き届いていますね~ 

P1100563.jpg
↑エビもおいしいですが、この人参、甘~い! なんだかサツマイモみたいな甘い味にビックリ

やっぱり蒸すと甘みが増すようですよ~

P1100564.jpg
↑タラバガニとトウモロコシ・・・ 地獄はいいですね~

地獄最高~ 世界一の地獄だ~

P1100568.jpg
↑牡蠣のクリーム煮と甘鯛西京焼き

牡蠣は大好物~ 家人の分まで頂きました~ クリームが甘くていける~
他にも百合根饅頭があり、通常は鶏ミンチですがエビのしんじょになっていました。
引き上げ湯葉と松茸の吸い物があって・・・

P1100570.jpg
↑デザートは抹茶アイス、右上のオレンジ色の四角いのは・・・

たぶん、柚子を固めたようなスイーツかな~
腹ほしけた~(満腹の意)











 湯けむりの里 東屋
2010年02月06日 (土) | 編集 |
別府鉄輪温泉の閑静な高台に立つ和風のお宿「東屋」さんに行ってきました。

P1100537.jpg
↑お部屋から鉄輪温泉が一望にできます・・・正面は高崎山


P1100539.jpg
↑ほんと湯けむりの里です・・・



P1100538.jpg
↑ヤングって看板が見えますよね~ 先ほどのヤングセンターです


P1100529.jpg
↑抹茶とお茶菓子を頂いて、いざ夕食だ~



P1100540.jpg
↑個室の食事処です、部屋食よりこっちの方がいいですよ~ 

イスのレストランだとちょっとイマイチですが、和室でゆっくりです・・・

P1100541.jpg
↑ちゃんとお品書きがあるのがいいですね~

あるけど、その上に毎回説明してくださるスタッフの対応も気持ちがいいですよ~

P1100544.jpg
P1100545.jpg
↑豊後牛コースか地獄蒸しかを選択できましたが、今回は地獄蒸しです・・・



P1100549.jpg
↑食前酒は梅、柔らかいです~ お代わり~ そりゃムリか・・・アハハ




P1100547.jpg
↑先付は粒豆腐、豆腐って言うかほんのりスイーツみたいな・・・

粒はお魚の卵だそうです。これは珍しくておいしくて・・・いけます・・・

P1100548.jpg
↑茸と栗の白あえ・・・ 茸ってなんて読むんだろ? 説明聞いたのに忘れた~

栗の食感って感じなかったけど、これも普通の白あえとは全然違う雰囲気でした。
もちろんおいしいです~ 手前の渦巻きは干し柿のスイーツ風

P1100546.jpg
↑ヒラメのお刺身、酢物のジャンルになっています・・・

さすが大分だけあってカボスがよく出てきました~
まだまだお料理は出てきますが、紙面の都合でそれはたぶん後日の心だ~


ちょっと、また所用がありましてコメント遅れます~睡魔泉~





 鉄輪温泉の散策です~
2010年02月05日 (金) | 編集 |
ひょうたん温泉で温まったので、ぶらぶらと近所を散策しました・・・

IMGP6974.jpg
↑足湯は無料・・・ これって鉄輪では常識ですよね~


IMGP6972.jpg
↑蒸し湯は鉄輪名物ですが、ここは他とちょっと違うそうです・・・

蒸し湯ってのはいわゆるサウナ、ここでは下に石菖という薬草を敷いているとか・・・
強烈なインパクトがあり、ちょっと温泉初心者には厳しいそうです・・・
今回は家人も居たのでちょっとパス・・・ オイドンだけなら行きますが・・・

IMGP6977.jpg
↑ありゃ、ここは「うさぎさん」も年末に行かれたんですよね~

自分の悪いところに水をかけると治してくれるとか・・・

IMGP7020.jpg
↑そして「うさぎさん」と「くまさん」はこの共同浴場に入られたはず・・・

いや、ここだったかな~ 百円の共同浴場(もち温泉ですよ)は他にも沢山・・・

IMGP6984.jpg
↑白池地獄のそばにありました・・・


IMGP7021.jpg
↑鉄輪には地元の会員の方は無料で、外来者は百円という温泉が沢山あります・・・

時間があればそれらも入るのですが・・・

IMGP6982.jpg
↑懐かしいヤングセンター、1200円で温泉入って演劇見て・・・

たしか30年前に初めて鉄輪温泉来たときもありました。
ヤングセンターって名前ですが、どうみてもヤングではない方に大人気・・・
温泉入って楽しんで若返るってことみたいです。和歌ガエルではないですよ~

IMGP6981.jpg
↑いや~ まだオイドンはヤングだからヤングセンターには行かなくてもいいです~


IMGP6983.jpg
↑いや~ なんというか1200円で楽しめるなら安いものなんでしょうね~


IMGP7022.jpg
↑街の灯りが灯り始めました・・・ 温泉の湯気はいつも24時間出ています・・・

ここ鉄輪温泉は世界一の温泉の街だと思っています・・・
大分県恐るべし・・・



 別府鉄輪 ひょうたん温泉
2010年02月04日 (木) | 編集 |
別府鉄輪温泉、ここは沢山の温泉があるんですが、ひょうたん温泉は有名です。

IMGP6990.jpg
↑以前から行きたいとは思っていましたがなかなか機会がなくて・・・

入り口に不思議な施設が・・・

IMGP6987.jpg
↑なんじゃこりゃ、竹ぼうきが沢山ならんでいるような・・・



IMGP6988.jpg
↑なるほど、水で温度を下げるのではなく、源泉の濃度を保ちながら温度調節・・・



IMGP6991.jpg
↑六時以降は550円だったり、宿によっては無料利用券や割引券があるところも・・・

別府鉄輪を代表する温泉です・・・ 外国からも大勢の観光客の方が訪れてるようです・・・


IMGP6993.jpg
IMGP6994.jpg
↑中は座って休憩出来るスペース・・・



IMGP6995.jpg
↑今回のメインの目的はこれだ~ 砂湯・・・

九州でもここ別府と鹿児島の指宿にしか無いと思います・・・


IMGP6998.jpg
↑こりゃ砂場みたいな・・・


IMGP6999.jpg
↑男性も女性も同じ場所、つまりは混浴ですが、予め浴衣を借りてそれを着ないと入れません。


IMGP7003.jpg
↑自分で掘って体を沈めて砂をかけます・・・

掘りすぎたら熱い熱い・・・ 足の指まできっちり砂をかけるのがポイントです。
じっくりじっくり温まります。そして・・・寝ちゃいます・・・アハハ

IMGP7005.jpg
↑この日はお客さんが少なかったのでのんびり出来ました~

体中に着いた砂は、男女別の温泉に入って流すことができます・・・

IMGP7007.jpg
↑岩風呂もあります・・・ 温度はちょうどいいです~


IMGP7017.jpg
↑桧風呂も・・・


IMGP7016.jpg
↑ひょうたん温泉ですから、ひょうたん型の湯船が・・・

たぶん、オーナーが豊臣秀吉が大好きだったんじゃなかったかな~
もちろん豊臣秀吉と言えば千成ひょうたんですよね~

IMGP7010.jpg
↑露天風呂、もう日が落ちてきました・・・


IMGP7011.jpg
↑露天風呂から見た内湯の方向・・・


IMGP7008.jpg
↑何度も何度も入りますよ~


IMGP7015.jpg
↑そして名物の滝湯、ちょっと下に降りていくんで、穴蔵の雰囲気もあります・・・

滝に頭から打たれると、う~んちょっとしょっぱい温泉の味かな~
そして最後の写真は・・・

IMGP7019.jpg
↑お風呂場から大きな木が空に向かって生えています・・・

♪この木なんの木、お風呂の木~♪





 別府鉄輪温泉は地獄だ~
2010年02月03日 (水) | 編集 |
ここ別府市は湧出量世界第二位を誇る温泉の街、
でも人々に親しまれているという点からは世界一の温泉天国と行ってもいいでしょうね。

P1100499.jpg
↑坊主地獄、お坊さんが釜ゆでになるわけじゃなくて・・・

泥の中から暖かい温泉の湯気がでるところがお坊さんの頭みたいに見えるとか・・・

P1100504.jpg
↑こんな感じかな~ スイマセン、今回中には一切入っていません。有料だし・・・

っていやいや、もう何度も何度も行ったので取りあえず入り口だけです~
皆さんご立腹でしょうが、これはご自分で体験されてくださいね~

P1100500.jpg
↑これには8カ所の地獄が表示されていますね~ 

全部廻れる共通券がお得ですよ~

P1100501.jpg
↑温泉の蒸気で卵やサツマイモを蒸しています。地獄蒸しです・・・

う~ 卵に生まれなくて良かった~

P1100502.jpg
↑海地獄、地獄の中ではここが一番広くて気持ちがいいかな~

地獄にしてはちょっと爽やかですよ~ 海の色をした地獄です~

P1100503.jpg
↑地獄の熱気で熱帯の動物(カバがメインだったかな・・・)が飼われています。

ちょっと地味かな~

P1100510.jpg
↑ここはちょっと薄暗いなかに、アマゾンの巨大なお魚とかが飼われています・・・


P1100516.jpg
↑白い泥湯ですね・・・


P1100511.jpg
↑金龍地獄とありますが、ここは地獄巡りコースではなく、お土産屋さんみたいですが・・・

もう閉鎖されていました。残念、お土産屋さんならタダだったのかな~

P1100509.jpg
↑ニャンコもいました~ ニャンコがいれば必ず写真撮ることにしていますよ~


P1100515.jpg
↑とにかく街のいたるところから温泉の湯気がもうもうと・・・


P1100513.jpg
↑ここはどんなところだったかな~ もう記憶が薄れてきました・・・



P1100514.jpg
↑池の色が変わる温泉と書いてありました・・・


P1100506.jpg
↑ここもスゴイ地獄ですよ~


P1100508.jpg
↑鬼山地獄、またの名をワニ地獄と呼ばれています・・・


P1100507.jpg
↑出た~ ワニだ~ ワニが何十匹も・・・ 中に落ちたら一巻の終わり・・・


この近くには鬼山ホテルなんていうところもありますよ~ 
とっても広い露天風呂があります・・・

さて、この後はどこに行くのかな~
それはもちろん明日の心だ~









 ワル猫の引っ張り旅だ~
2010年02月02日 (火) | 編集 |
またも始まりました・・・ネタ切れワル猫の引っ張り温泉ツアー
皆さんも一緒に温まりましょ~ しばらくお付き合いくださいね~

P1100468.jpg
↑やってきました大分県、大分と言ってもひろうござんす・・・



P1100469.jpg
↑今回はどこに行ったのかな~


P1100471.jpg
↑玖珠のサービスエリア、コンビニが入っていました・・・


P1100470.jpg
↑なぬ~ タダやんけ~ 当然食べましたよ~

とってもおいしいです~ それにタダだから~ お代わりもしました(笑)
ちゃんと一袋買いましたって~

P1100472.jpg
↑お天気は最高でしたよ~ そうそう、1月末頃のことです~

この日は3月中旬みたいなとても暖かい陽気でしたよ~

P1100476.jpg
↑道の駅ゆふいん、湯布院が目的地ではないんですが・・・

向かいに見えるのは由布岳です・・・ 
登山もできますが、ちょっと中級者向けの山でしょうか、絶壁がコワイです・・・

P1100477.jpg
↑ここ道の駅ゆふいんはちょっと規模が小さいですね。

湯布院の街中に行けばお土産やさんは大きいところが沢山あるからかな~

P1100478.jpg
↑ザボンは2個で千円でした・・・ お風呂にザボ~ン 楽しみだな~


P1100480.jpg
↑湯布院の中心地、一般道を進みます・・・


P1100483.jpg
↑由布岳の麓の草原をドライブです・・・


P1100487.jpg
↑こんな景色は北部九州ではありえません・・・

土がちがうんでしょうね~

P1100491.jpg
↑山登りされている方も何人かお見かけしましたよ~

さてさて、湯布院でないとすれば、あそこしかないですよね~
ってお話はまた後日の心だ~