FC2ブログ
野菜作りや温泉などの日常の出来事を綴ったつれづれなるままの日記です。ズボラで手抜きの勝手に菜園ですが、よろしくお付き合いください。
 東風吹かば匂いおこせよ梅の花
2010年08月06日 (金) | 編集 |
菅原道真公にゆかりのある筑紫野市の天拝山に登ってきました。
7月24日土曜日、梅雨明けから一週間程たった日でした。

P1130442.jpg
↑なにやら登山には似つかわしくない近代的な駐車場です。


P1130443.jpg
↑高速道路の高架下にある筑紫野市の市営駐車場


P1130444.jpg
↑4時間も無料なんですよ~ ビックリ~

登山口にも駐車場はあるのですが、狭いし、夏は日差しを遮ってくれるここがベストです。

P1130446.jpg
↑筑紫野市は福岡都市圏のベッドタウンとして発展しています。

とても登山口とは思えないような立派な道路のそばにありました。

P1130447.jpg
↑明治のころのお公家様の書だそうです。

夕暮れの卯の花(ウツギ)のことを歌ってあるそうです。

P1130448.jpg
↑九州最古の武蔵寺(ぶぞうじ)、天台宗だそうです。

ではちょっと参拝をいたしましょう。

P1130451.jpg
↑赤い橋の手すりは太宰府天満宮にもあったな~


P1130458.jpg
↑ここでお参りをします。


P1130459.jpg
↑初夏には藤の花がきれいだとか・・・

その説明が書いてありました。

P1130462.jpg
↑道真公が無実の罪をはらすため天拝山に登る前に身を清めたとされる紫藤の滝


P1130463.jpg
↑たしか道真公が自分で彫った像がおいてある天満宮、御自作天満宮だったと思います。

そのすぐとなりから登り始めます。

P1130464.jpg
↑道真公にちなんで「天神さまの径(みち)」と名づけられています。

   東風吹かば匂いおこせよ梅の花 主なしとて春を忘るな

そう彫ってあります。学校の授業ではたしか、
「主なしとて春な忘れそ」だったと思います。

どちらが正しいか間違いかということではなく、引用した歌集によっての違いだそうです。
ちなみに、「春を忘るな」の方がより古い歌集(拾遺集)だとか・・・

P1130467.jpg
↑ここを基点として、一合目から十合目まで11本の歌碑が建てられています。

この歌碑の文言を見ながら登山できるってのもいいですよね~
でも、確か天拝山は幼稚園生のハイキングコースだとか聞きましたが・・・
なんて話題も含めて、たっぷり引っ張ります~

























スポンサーサイト