FC2ブログ
野菜作りや温泉などの日常の出来事を綴ったつれづれなるままの日記です。ズボラで手抜きの勝手に菜園ですが、よろしくお付き合いください。
 阿蘇火口は今日も雨だった~
2010年10月19日 (火) | 編集 |
P1150023.jpg
↑これは阿蘇に行く途中のヤマナミハイウェイでした・・・

ちょっと順番間違ってすいません~

P1150101.jpg
↑阿蘇の火口に行くには通行料金が必要でした。

でも、雨になってきたんです・・・

P1150099.jpg
↑ゲートが二箇所ありました。なぜかはよくわかりませんが・・・

たぶん火山岩が噴出したりするときの対策??
喘息の方はこの先禁止だそうです・・・

P1150102.jpg
↑前方になにやら・・・ あれはロープウェイですが、お値段が高いのでパス


P1150110.jpg
↑着いたらガスは途切れていましたけど、写真ではわかりませんが雨なんです。


P1150115.jpg
↑火口から煙があがりすぎてなにがなんだかわかりません・・・

よくみるとコバルトブルーの火口湖が見えましたが、写真じゃむりかな~

P1150118.jpg
↑トマコさんも紹介しておられた、硫黄の塊・・・

虫除けらしいですが、間違って人間除けにならないよう注意が必要です・・・
仕方ないので山を降りました・・・ 烏帽子岳から見る太陽の塔も残念ながら




P1150132.jpg
↑やってきました、いつもの葉祥明絵本美術館・・・

絵本なんていう可愛いオヤジじゃないですが、まずは定番ですから
無料スペースの部分だけお伺いしました~

P1150133.jpg
↑え~とバルタン星人じゃなくて、ブルーセイジでしたか?・・・


P1150135.jpg
↑これまたピントがてきと~な萩の花?? スイマセン~ 合ってますか~(^_^;)




P1150140.jpg
↑わが友人たちは試飲に出かけます。ここもいいんですよ~

商品の撮影はNGですが、中でも自分たちが食べている姿は撮影OKです。
それにほとんど全種類試飲、試食できます。食べたら買いたくなるおいしさですが
我慢我慢~


この後は本日のメインの目的地なんですが、その前に菊池市で途中下車・・・

P1150152.jpg
↑山を降りたら晴れてきました、なんだかな~ 鞠智城(きくちじょう)は古代のお城

勝手に抜粋です。

鞠智城は、東アジア情勢が緊迫した7世紀後半(約1300年前)に、大和朝廷(政権)が築いた山城です。
  663年の「白村江(はくすきのえ)の戦い」で唐・新羅の連合軍に大敗した大和朝廷(政権)が日本列島への侵攻に備え西日本各地に築いた城の一つで、九州を統治していた大宰府やそれを守るための大野城・基肄(きい)城に武器・食糧を補給する支援基地でした。『続日本紀(しょくにほんぎ)』など、国の歴史書にも記載のある全国有数の重要遺跡として、平成16年2月27日に国史跡に指定されました。

日本は百済に応援したんですよね。建物の中は柱ばかりがたくさんでした。
当時の建築技術ではそこまでだったのかな~

P1150150.jpg
↑百済応援の1300年前にしては結構新しい建物に見えますね~

などとくだらんギャグばかりです・・・(^_^;)
ネコもおだてりゃ城登る~ って登ったらダメです~


では次回はメインの目的地だ~ いつものところです~


追記: 赤い阿蘇激辛道場について
道場するなら金をくれ~ ってそれは関係ないです・・・(>_<)
阿蘇一宮(前回ご紹介した水基めぐりのあたり)の商店主さんが団結して
辛い料理をメニューに入れてあるんです。

とり宮では悶絶馬ロッケ(辛さレベル5)、以前ご紹介したはなびしではあか牛マグマカレー
これはめったに完食する人がいないという辛さとか・・・
対抗して他のお店では辛ェ~ライスなる品もあるとか・・・
飲み物では飲まないでくだサイダーとかも・・・(^_^;)

トマオさんネーミングにご協力されたのかな~
サイトはこちらです~
http://www.asonmon.com/

今度行ったら悶絶馬ロッケには挑戦しますね~

またまた追記~ ロッケじゃなくて、ロッソでした~ アハハ勘違い~
普通の馬肉コロッケは馬ロッケなんですが、辛いのは悶絶馬ロッソ~
ロッソはイタリア語で赤いという意味らしいですね。
赤い阿蘇だからロッソなんでしょうね~ 
ちなみにJ2の熊本ロアッソも以前はロッソだったようです。
赤と阿蘇を組み合わせてロアッソになったのかな~ 
ここにもダジャレ好きな方がおられるようで・・・








スポンサーサイト