野菜作りや温泉などの日常の出来事を綴ったつれづれなるままの日記です。ズボラで手抜きの勝手に菜園ですが、よろしくお付き合いください。
 本州山口県の下関~
2011年06月30日 (木) | 編集 |
だいぶ前の記事です。お天気がよかったのでお出かけです。

P1200853.jpg
↑なんだか南国ムードですが、後ろに見えるのは関門海峡・・・


P1200854.jpg
↑下関といえば唐戸市場です・・・


P1200855.jpg
↑市場の中は大勢のお客さんでごったがえし


P1200857.jpg
↑土日ともなれば大勢のお客さんが見えられます。


P1200860.jpg
↑お値段は一個です。なので、二個食べたら二倍・・・

でも、新鮮でおいしいですよ~

P1200862.jpg
↑丼物も充実だ~


P1200863.jpg
↑お店が沢山あるのでどこで買えばいいか迷います・・・


P1200864.jpg
↑ア~おいしそうです~ 


P1200865.jpg
↑ふく汁はそれなりのお値段しますね~ かに汁もいいな~ 丼も・・・

当然ながらシリーズです~(^_^;)











スポンサーサイト

 有田ポーセリンパーク
2011年06月28日 (火) | 編集 |
有田には陶磁器のテーマパーク、他にもありました~ のんのこの里、
有田ポーセリンパークです。

P1210836.jpg
↑波佐見有田インターのすぐ近くですし、入場無料だから皆さん行かれた事おありになるかな~

これはメイン施設のツヴィンガー宮殿。モデルはドイツドレスデンにある同名の宮殿です。

P1210839.jpg
↑日本にいながらにしてドイツバロックの風を感じることができます。

中は有料の展示施設であり、古伊万里や柿右衛門も・・・


P1210840.jpg
↑施設は有料ですが、無料部分のお土産屋さんのところから少し見ることができます(^_^;)

香蘭社の焼き物が販売されていますよ~

P1210842.jpg
↑裏に広がるバロック庭園、ここは無料です~

そのまま進んでいくと・・・

P1210843.jpg
↑登り窯だ~ 有田焼の祖、李参平が築いた天狗谷窯を模しているといわれています。

当時のそのままに、薪で焼き物が焼かれているようです。

P1210844.jpg
↑失敗した焼き物を捨てる場所もイメージとして再現されています。


P1210848.jpg
P1210847.jpg
↑焼き物の生産、輸出等のイメージパネルも

その下にある石は・・・

P1210849.jpg
↑泉山陶石です。良質の磁器を作るためには陶石が必要でした。

李参平公は、有田の泉山に陶石を見つけ、そこに天狗谷窯を開き、日本で初めて磁器を焼いたと
されています。
陶山神社(すえやまじんじゃ:通称とうざんじんじゃ)は、李参平公を祭神として祭っています。

P1210853.jpg
↑トンバイ塀(塀に陶器のカケラを埋め込んだもの)も当時のイメージを再現

本物は深川製磁本社の裏手あたりにあります。

P1210835.jpg
↑ここは「のんのこの里」、のんのことは、経営する宗政酒造の主力商品、麦焼酎のんのこから

そうです、ここは陶磁器とお酒のテーマパークなんです。
中では色んな種類のお酒が試飲できます。もちろん運転手は試飲でも厳禁です。

P1210863.jpg
↑佐賀の名物やお土産をここで買うこともできますよ~


P1210860.jpg
↑当然ながらお食事コーナーもあります。

別途、バイキングのコーナーや手作りパンもありますが、和食ならこちら。

P1210867.jpg
↑食べてないけど偵察だ~(^_^;)

掘りごたつ式の広間があります。

P1210875.jpg
↑ちらっとメニューだけ撮影しました~ やっぱり伊万里牛はよかですね~

もっとリーズナブルなものも沢山ありました~ でも、お昼は井手ちゃんぽんだったので
残念ながらもう入らない~(^_^;)


 









 チャイナオンザパーク
2011年06月26日 (日) | 編集 |
チャイナ、「china」と小文字でかけば磁器のことを意味する英語。
その名のとおり磁器は中国で発明され、その製法が秘密にされていたため、長い間、
世界中、特にヨーロッパでは白磁は金に匹敵する価値があるものとされていたそうです。

P1210818.jpg
↑チャイナオンザパークは、宮内庁御用達の深川製磁の工場にあります。



P1210819.jpg
↑フカガワブルーの壷が門の入り口に・・・


P1210822.jpg
↑工場には入れませんが、テーマ館である忠治館、アウトレットの磁器倉(字は違います)、レストランも


P1210821.jpg
P1210823.jpg
↑平成元年に出来たチャイナオンザパーク


P1210824.jpg
↑中には現在の深川製磁の製品もありますが、奥には・・・

手前ゾーンは撮影禁止です。特別に撮影させてもらっています。

P1210826.jpg
↑奥は深川家が代々所蔵してきた古伊万里等が展示してあります。

この部分は普通に撮影OKです。でも、ストロボは・・・ 当然ですね。

P1210827.jpg
↑撮影の腕はイマイチですが、メインはこれです。

1900年のパリ万国博覧会に出品し、最高金賞を受賞した作品。下に行くほど絞ってあるデザイン。
責任者の方にお話をお伺いする機会がありました。
このようなデザインのものをもう一度焼くのは至難の業だそうです。奇跡的に焼けたものだと。
このデザインだと焼いている途中で倒れたりしてしまうとか・・・

この前での記念写真撮影は遠慮なくとのことでしたよ~ もちろん入場無料です。

P1210828.jpg
↑こちらも明治の作品だったと思います。


P1210829.jpg
↑これは現在の作品なのでアップ撮影は遠慮しています。



P1210820.jpg
↑アウトレットのショップでは訳アリ品を三割引で販売しているとのこと。

オイドンたち素人が見ても、どこが違うのやらまったくわかりませんが・・・
もちろん陶器市の時ならもっとリーズナブルなものも出されるとか。


P1210825.jpg
↑昨年、本になりました。深川製磁の二代目社長の妻である、敏子を描いた本です。

ちなみに、深川家は江戸時代初期から焼き物を始めてきた有田の名門。
明治になり深川忠治が近代化を目指して深川製磁を創設。
同じく宮内庁御用達の香蘭社は、忠治の父が始めた(共同経営)とされています。

その息子である二代目社長深川進と敏子のエピソードはホームページ等にも記載がありますので、
ご興味のある方はご覧ください。
















 九州陶磁文化館(2)
2011年06月23日 (木) | 編集 |
展示物を見るルートは、まず、第4展示室からです。


P1210792.jpg
↑器の歴史から少しずつ学習できます。



P1210794.jpg
↑焼き物の作り方の説明パネルがあります。


P1210796.jpg
↑窯跡から出てくる陶片も、陶磁を研究するための重要なものだそうです。

江戸時代初期の有田焼でしょうか・・・

P1210798.jpg
P1210793.jpg
↑個人でヨーロッパに渡り多くの焼き物を集められ、寄贈された蒲原コレクション


次はこの施設のメインともいうべき柴田夫妻コレクションです。第五展示室

P1210799.jpg
↑階段を下りていきます。


P1210800_20110611135450.jpg
↑以前に行われたイベントのポスターです。

柴田夫妻は東京の方ですが、江戸自体の有田焼(いわゆる古伊万里)のコレクターとして
世界的な名声を博された方だとか・・・
この九州陶磁文化館に多くのコレクションを寄贈してくださいました。

このコレクションは工芸部門での第一号の登録有形文化財に認定されたほどだそうです。



P1210811.jpg
↑派手な演出はありませんが、多くの作品が体系的に整理されているそうです・・・


P1210809.jpg
P1210810.jpg
↑そういわれたら、同じ染付けでも、江戸中期のものとは違うような・・・



P1210812.jpg
↑青磁ですね。


P1210813.jpg
↑江戸自体の宴席で使われた器のイメージだそうです。


P1210802.jpg
↑なるほど~ 



P1210803.jpg
↑これは染付けです。江戸中期だったと思いますが・・・


P1210805.jpg
↑色絵ですね。色絵といえば鍋島様式というのもあります。



P1210788.jpg
↑元禄文化は派手さを競うものでしたからね~



P1210806.jpg
P1210807.jpg
↑色鮮やかな器は海外でも人気だったそうです。



P1210814.jpg
↑古伊万里、もちろん値札は付いてません~(^_^;)


P1210815.jpg
↑佐賀県の書道家の方の作品だったと思います。


P1210816.jpg
↑有田焼だけではなく、もちろん古い物だけではなく、いろんな九州の陶磁器が展示してあります。


P1210817.jpg
↑これが無料の施設だとは信じられないぐらい充実しています。佐賀県の施設です。


大変お世話になりました。
オイドンの解説は多少甘い部分やうろ覚えのところもあります。皆さんぜひ一度行かれて
確認されてください~























 九州陶磁文化館(1)
2011年06月21日 (火) | 編集 |
有田の陶器市は何度も紹介してきましたが、メインの展示施設をご紹介してませんでした。

P1210775.jpg
↑有田の街中を抜けて行きます。


P1210776.jpg
↑有田駅から歩いて10分程でしょうか・・・ 小高い丘の上にあります。



P1210777.jpg
↑入場無料なのが嬉しいな~



P1210778.jpg
↑落ち着いた雰囲気の館内



P1210791.jpg
↑有田焼のからくり時計

30分ごとに人形が動いて、曲が鳴るそうですよ~
館内は基本的に撮影OKだそうですが、ストロボは禁止です。当然です。
それと、シャッター音、オイドンもオフにしました。一眼レフだとオフに出来ないんですが・・・

ただし、第一展示室だけはご遠慮くださいとのこと。企画展示等に使われているそうです。
普通は美術館や博物館、すべて撮影禁止なんですが、ふとっぱら~(^_^;)

P1210779.jpg
↑柿右衛門さんの大皿です。


P1210780.jpg
↑これは唐津焼ですね。


P1210781.jpg
P1210783.jpg
↑どちらも青木龍山さんの壷・・・

詳しい作品の名前記録していません~ すいません~

P1210784.jpg
P1210785.jpg
P1210786.jpg
↑だそうです~(^_^;)



P1210787.jpg
↑柿右衛門様式だったと思います。



P1210788.jpg
P1210789.jpg
↑金襴手様式だそうです~


ゆっくり見ていけば二時間でも三時間でもかかるでしょうね。早足だと50分ぐらいです。
その(2)に続きます~





























 石井樋公園に来ました
2011年06月19日 (日) | 編集 |
今日はちょっと学術的なブログになります~(^_^;) ってそんな訳ないけど・・・
江戸時代初期に作られた飲み水等を取水する施設で現存しているものでは日本最古だとか

P1210772.jpg
↑さが水ものがたり館という、学習施設があるのですが、開館時間が合わなかったので外観だけです。

石井樋、呼び名は「いしいび」、佐賀市の人はみんな知っていますよ~



P1210764.jpg
↑佐賀平野の中央を流れる嘉瀬川、そこから佐賀城下の多布施川に取水する施設の紹介です。

多布施川は、オイドンが高校時代に通学したルートでもあります。
桜の名所として先般ご紹介させていただきましたよ~

P1210761.jpg
↑江戸自体に作られた割には新しい~(^_^;)

昭和35年まで現役で活躍していたのですが、上流に大掛かりな施設が出来たため役目を終えて・・・
その後、土砂に埋没していたのを皇太子殿下御成婚記念事業として平成17年に復元されました。

P1210759.jpg
↑この石井樋は、今日でも日本の土木歴史上の傑作だと言われています。

象の鼻、天狗の鼻と呼ばれる石積みにより水の流れを緩やかにして砂を落として水だけを
佐賀市内に流す工夫がされており、同時に災害対策として川全体に工夫を施してあります。


P1210757.jpg
↑今は草が茂っていますが、復元されてちゃんと機能していますよ。



P1210766.jpg
↑緩やかなカーブで砂が入らないように、水が流れすぎないように工夫されています。

コンピュータも電卓も無かった時代に、模型を作って実験されたそうです。作ったのは
成冨兵庫茂安という、佐賀では知らない人のない水と土の神様です。
水の管理は当然ながら境界では相手側との関係がありますので、
隣の藩には評判悪いです~(^_^;)

P1210767.jpg
↑ここが水の取り入れ口、石井樋、それでも前に土砂がたまっていますね。



P1210743.jpg
↑この水の部分は別として、桜のきれいな公園部分が別にあります。

今では市民憩いの場所になっていますよ~ 佐賀大和インターのすぐ近く、大和ジャスコの西500m

P1210744.jpg
↑それぞれの施設に説明板があります。



P1210745.jpg
↑今は静かな川ですが、大雨になると大変ですよ~


P1210754.jpg
P1210755.jpg
↑回転式の説明板もあります。


さが水ものがたり館に入れば資料等で学習できますよ~ もちろん無料です~
佐賀のご紹介、しばらくシリーズになります。よろしくです。




















 オステリアたのうえ
2011年06月17日 (金) | 編集 |
以前のことです。熊本市に所要があり、その後でお昼を食べようと探していましたが、
たまたま見かけて入ったのがこのお店

P1200345.jpg
↑熊本市の北部、三号線から植木方面に向かう387号線あたり

ブログ的に絵になるお店を探していましたが・・・(^_^;)

P1200325.jpg
↑日曜日なのにランチがあるなんて嬉しいです~

駐車場は数台ありますが、既に満車。でも日曜日で隣のスーパーがお休みで駐車場ががらあき
目の前のコンビもとても駐車場が広~い なので拝借~

P1200343.jpg
↑二階に案内してもらいました~

さてと、ランチ四種類でしたよね。まずは定番、パスタ、ピザ、オムライスのランチを
それぞれ一つずつ注文しました~ お値段は980円~1180円

P1200326.jpg
↑サラダは三人前、大皿できます。

このドレッシングがすごくおいしい~ お隣の方はこのドレッシングを分けて欲しいと
お願いされていましたよ~

P1200328.jpg
↑具沢山のスープ おいしいな~


P1200331.jpg
↑パスタは娘が、トマトの風味がいいですね~


P1200335.jpg
↑家人はピザを・・・ なんという種類だったか忘れましたが、

大きくてボリュームもある~いけますよ~

P1200332.jpg
↑オイドンはこれだ~ オムライス~

実は、中に入って他の人が食べているのを見て決めました~
とろとろの卵が最高~

P1200340.jpg
↑もちろん、ドリンクとデザートも付いてきますよ~

ここ、たのうえさんは地元でとても人気のお店らしく満員でしたよ~
また熊本に行ったら寄ってみます~ お奨めですよ~


で、熊本の用事とは関係ないんですが・・・(^_^;)

P1200358.jpg
↑途中で菜の花かかし祭なるものが行われていました。 

どんだけ昔の記事や~(^_^;)

P1200351.jpg
↑熊本の新しいゆるきゃら くまモンです

どうみても、ゴミ袋で作ってあるような・・・

P1200353.jpg
↑こちらはもうすこしキチンと作ってあるみたいです~

しかし実際のきゃらは、上のゴミ袋の方がよく似ているかな~

P1200352.jpg
↑坂本龍馬かと思いましたが、よくみると乳母車押しています。

てことは、子づれ狼の尾上一刀かな~

P1200356.jpg
↑遠くからみたら本物の牛に見えました~


P1200354.jpg
↑これは可愛いうりぼうだ~

博多から新幹線で熊本、鹿児島がとても近くなりましたね。九州が元気になって
東日本にも元気パワーを送らないと・・・











 焼鳥かど屋 駅北口店
2011年06月15日 (水) | 編集 |
先日、サツマイモの準備を手伝ってもらったので、この日は外食となりました~(^_^;)

P1210698.jpg
↑佐賀駅の北口にある少しおしゃれな焼鳥屋

鶏はNGのワル猫なのですが、鶏以外を食べますので大丈夫です。

P1210699.jpg
↑掘りごたつ式の個室です。


P1210700.jpg
↑高校卒業してもまだ未成年、日本の法律ではアルコールは厳禁です。

なのでノンアルコールカクテル。運転手もアルコールは絶対NGです。

P1210701.jpg
↑北部九州の焼鳥屋さんでは、ほとんどのお店で、このキャベツが無料です。

お店によって味は違いますが、酢だれというものをかけて食べます。
お代わりも出来ますが、普通はお代わり1回ぐらいですね~

P1210702.jpg
↑カウンターもあります。若いスタッフが焼いてくれます。

でも、予約しないとなかなか難しいです。当日予約でもいいので、夕方早めに予約してください~

P1210705.jpg
↑家人と娘の本日一番のお気に入りは・・・ 月見つくね~

オイドンは鶏なのでパスです。

P1210706.jpg
↑オイドンの本日の一番のお気に入り、豚バラの梅しそ巻き~

豚バラがジューシーで柔らかいお肉を使われています。

P1210707.jpg
↑九州の焼鳥屋で一番人気なのが、この豚バラ

お店によって味やお値段も違いますが、やっぱり豚バラをまず注文しますよ~

P1210709.jpg
↑オイドンはお酒あまり飲まないので(飲めば飲めますけど・・・) 焼鳥屋でもご飯です~

おにぎり食べてお腹を一杯にして安上がりに済ませるという作戦~ 娘対策~(^_^;)

P1210711.jpg
↑豚肉入りの味噌汁が付いていました。味噌汁の味噌の味が我が家と全然違いました。

甘い白味噌風?? これはこれで新鮮でうまかです~

P1210712.jpg
↑タンカルビ、以前はこれあったかな~ 娘さんのでしたが、一個ゲットしました~

フムフム~ 確かにタンだ~ 山間部では棚田~

P1210713.jpg
↑フルーツトマトのベーコン巻きです。

これはもう、かど屋さんの定番といっていいでしょう。人気の一品です。
熱いのでちょっと用心ですよ~

P1210718.jpg
P1210721.jpg
↑豚バラで、アボガドを巻いています。沖縄ではアボガドよく料理に使われるそうですけど・・・

こちらではあまり一般的ではないですが、お味はバッチリ濃厚です~
マヨネーズとキャビア??もいけます~ そういえば昼は農耕でしたからね~(^_^;)



P1210720.jpg
↑三瀬鶏のなんたらというやつです。食べないので記憶にありません~(^_^;)



P1210723.jpg
↑茄子の田楽~ わが菜園でも収穫できるはずなので、オイドンは我慢です(^_^;)



P1210724.jpg
↑娘が注文したホルモン系・・・ コメントなし~(^_^;)



P1210728.jpg
↑締めはトンペイ焼だ~ 豚肉入りのオムレツですね~



P1210730.jpg
↑お酒は頼まないで、ソフトドリンク1杯ずつで今回は、7500円程度。

普通の焼鳥屋さんより少しお値段はお高めですが、コストパフォーマンスは高いと思いますよ~
今回注文していませんが、佐賀牛カルビ系の串もあります。お値段がそれなり・・・(^_^;)
JRの駅から15mですから、利便性もあります~




























 エンドウ豆とと万願寺~
2011年06月13日 (月) | 編集 |
5月下旬のことです。エンドウ豆の収穫でした。

P1210682.jpg
↑収穫してゆっくりホークス観戦しながら豆を出します。担当はオイドンです(^_^;)



P1210686.jpg
↑一部は冷凍してお菓子用等に確保しますが、大部分はおすそ分け用です~


P1210687.jpg
↑頂き物のタケノコ~ 甘辛く煮てみました。

でも、これだけじゃ記事にならんです~(^_^;)

P1210688.jpg
↑以前田川のバイキング、ラピュタにお邪魔したときにお気に入りになったタケノコ天ぷら~

味付けして煮たタケノコを天ぷらにします。

P1210690.jpg
↑ただし、ラビュタで出た昆布は使ってないので・・・

奥に見えるのは安納芋です。まだ少し残っていますよ~
でも、ボチボチ芽が出てきて味が落ちてきているようです。

P1210689.jpg
↑チビですが、自家製のシュンギク~ 

もうほとんどとう立ちして花が咲きそうです。

P1210734.jpg
↑5月のGWに植えた万願寺トウガラシ、6月上旬にはもう収穫できるようになりました。

♪マンガンジ~、マンガンジ~ マンガンジ~ ゼッ~ ♪













 サツマイモ準備と朝ガオ~
2011年06月11日 (土) | 編集 |
6月最初の週末でした。その後に梅雨入りしちゃいましたので、
だいぶイメージ違う記事になりましたが・・・ まだ天気がなんとか大丈夫だった時のことです。

IMGP0608.jpg
↑まずはトラクターで一気~



IMGP0609.jpg
↑手抜き菜園が一気に管理された菜園に早代わり~



IMGP0611_20110611105347.jpg
↑次はミニトラクターだ~ ロビン号です。



IMGP0612.jpg
↑繰り返し繰り返し・・・ 土が乾いてないと無理なんです。

だから、雨になる前に作業します。

IMGP0613_20110611105409.jpg
↑18メートルほどの畝を6本、サツマイモ専用です。カボチャも乱入したりしますけどね(^_^;)


IMGP0616_20110611105409.jpg
↑でんぷんマルチをして、その上に麦わらをかぶせます。

家人や娘にも手伝ってもらったので、一気に終わりました~

IMGP0614_20110611105409.jpg
↑こちらは兄の手伝い、毎日食べるおコメの確保です。田植えの準備、この下に田植え用の苗箱が・・・

田植えは毎年6月最後の土日と決まっています。その前にいろいろと作業はあるのですが・・・
お手伝い人は気楽なものです・・・、雨が降ると作業したくない~ (^_^;)


IMGP0610_20110611105347.jpg
↑どうみても、間隔を詰めすぎです・・・ でも、場所がなかなか・・・

ありそうでなかとですよ~ テキト~植えてたら後でトラクターが入らなくなるし・・・
サツマイモの場所に乱入することになるとは思いますが・・・
植えたのはカボチャでした~(^_^;)



IMGP0606_20110611105348.jpg
↑我が家も緑のカーテンをすることになりました。

ラッキーブルーなんて名前付けてるから、店員さんも品種がわからず買うのに時間がかかりました。
これはアサガオです。それも普通のアサガオではありません。宿根アサガオ、琉球アサガオといいますが
この品種の裏には、イリオモテアサガオと書いてありました。

品種が多いとチンプンカンプンですよね~

IMGP0607_20110611105348.jpg
↑朝と夕方で色が変わるそうです。それを目的にしていたわけじゃないんですが・・・

琉球アサガオや根が残って越冬するので、そのまま来年も生えてくるそうです。
つまり何もしなくてもいいかも~ (^_^;)
やっぱり手抜きでした・・・
















 久々男の手料理はふきと竹の子~
2011年06月09日 (木) | 編集 |
頂き物のふきがありました。ついでに我が家のメイにもプレゼントがありましたが
撮影チャンス逃した~ 
ふきの袋に新鮮なアオガエル、メイが興味しんしんでしたが裏の畑に無事解放です(^_^;)

少し、いやだいぶ以前の記事ですいません~

P1210250.jpg
↑茹でたふきを油でじっくり炒めます。

自家製唐辛子も炒めます。お醤油、みりん、お砂糖で味付け、塩コショウはほんの少しだけ・・・

P1210251.jpg
↑蛍光灯の下だと色合いが違います~ あまりおいしそうに見えないです(>_<)



P1210253.jpg
↑今度はそれをもっともっとじっくりじっくり・・・・

佃煮風になりました~

P1210258.jpg
↑奥は普通の油いため、まだふきのしゃきしゃき感が残っています。

手前はしゃきしゃきはないですが、やわらかくてこれまたいけます~

P1210260.jpg
↑竹の子の炒め物ですが、ほとんど味付けは同じです~

ニャンパタ~ン(^_^;)

じっくり何度も炒めてもいいし、シャキシャキ感を残したいならそれなりでも
とても簡単な男の手料理でした~

P1210246.jpg
↑おまけです。植えてないけど勝手に栄えていた高菜の花

元の野菜わかっているからですが、それだけ見てたら絶対区別つきません~
もちろんですが、今はすっかり枯れてしまっています~

そうそう、手抜き記事ですいませんが、ちょっと週末忙しいかもなので、
ご訪問やコメントのお返事は遅れるかもです~(^_^;)










 自家製エンドウ豆のケーク・サレ
2011年06月07日 (火) | 編集 |
ケーク・サレ 読むときに切る場所を間違えないでくださいね~
もちろん家人の手作りです。オイドンには全く出来ません。

P1210268.jpg
↑パンの記事を作っているようです。家人の撮影なので工程もよくわかりません~



P1210271.jpg
↑卵も使ったリッチなパンですね~


P1210272.jpg
↑強力粉と薄力粉を使っているようです。


P1210274.jpg
↑こねてこねて~


P1210277.jpg
P1210278.jpg
↑チーズとベーコン


P1210281.jpg
↑去年のですが、自家製えんどう豆、大切に冷凍保存していました~


P1210279.jpg
↑ここからオイドンもお手伝い~ 混ぜます~



P1210282.jpg
↑箱に入れます~


P1210284.jpg
↑焼けました~ ケーク・サレ


P1210288.jpg
↑これはゴボウパン、なんだか畑の長い方のようにも見えます~ (^_^;)



P1210290.jpg
↑ほらゴボウがたっぷり~



P1210291.jpg
P1210292.jpg
↑ラッピングしたらお店パンみたいになりました~


ここからは、以前家人が作った春のケーク・サレのご紹介です。


P1200771.jpg
↑こちらもふんわりしっとり焼けています~


P1200772.jpg
↑ちょっと大きめに作っています~


P1200773.jpg
P1200774.jpg
P1200775.jpg
↑チーズたっぷりのリッチなパンです~


※追記です:ケークサレ、パンだと言っていましたが、本来、フランス風塩味ケーキというそうです。
そういえば一次発酵、二次発酵なんてやってなかったな~(^_^;)
よく調べずにスイマセンでした~(^_^;)















 デジブック ミヤマキリシマ&スズラン
2011年06月05日 (日) | 編集 |
先般のお出かけ写真をデジブックにしていたのをアップするの忘れてた~
写真は代わり映えしませんが、フルウインドウで迫力の映像ですよ~
BGMも付いてます~ 

古ワインどう~ じゃなくてフルウインドウですからお間違いなく~(^_^;)

音が出るので注意です~ もしかすると期間限定となる場合もあります。
なお、二つに分けていますのでまたまたよろしく~

↓仙酔峡のミヤマキリシマです。



↓波野のスズランです。





 手抜き菜園の今・・・
2011年06月03日 (金) | 編集 |
5月29日、台風二号が来た日です。北部九州ではたいしたこと無かったから助かりましたが、
普段台風には慣れておられるはずの沖縄では季節はずれの台風ということで大きな被害が
出たそうです。

IMGP0594.jpg
↑裏の耕作放棄地にジャガイモのチビを捨てていたら、大きくなっていました。

もちろん収穫しても大きくはなっていませんでしたが、ちゃんと栽培していたやつとほぼ変わらず・・・
今年も兄の畑に乱入することになりそうです。

IMGP0595.jpg
↑栽培中のカボチャ苗、買ってきたスーパーのカボチャの種からでも大丈夫です。



IMGP0596_20110529131608.jpg
↑安納芋の苗、まだまだだな~ 6月下旬には大丈夫だと思うけど・・・


IMGP0597_20110529131608.jpg
↑里芋は順調です~(^_^;)



IMGP0598.jpg
↑トマトのわき芽を植えてみました。だめ元です。



IMGP0599.jpg
↑キュウリにはネットを・・・



IMGP0601_20110529131633.jpg
↑タマネギは少しずつ大きくなっています。



IMGP0602_20110529131633.jpg
↑二重三重にしている、キャベツ ちょうちょの攻撃をなんとか防いでくれています。



IMGP0603_20110529131633.jpg
↑ミラノ大根の花・・・



IMGP0600.jpg
↑アンデスレッドの花



IMGP0604_20110529131632.jpg
↑ブラックベリーの花、種が固いんだよな~

ジャムにするとお味は最高ですが・・・ 種取りが面倒です。














 5月のタデ原湿原
2011年06月01日 (水) | 編集 |
長者原にやってきました。

P1210655.jpg
↑三俣山、小さいですが手前に平治の像があります・・・



P1210679.jpg
↑長者原にこられたら必ずここに寄ってくださいね~

長者原ビジターセンター

P1210656.jpg
P1210657.jpg
↑アセビにとてもよく似ていますけど、ドウダンツツジ

これはシロドウダンっていうのかな~ 詳しい品種はわかりません。
ビジターセンターの入り口に咲いていました。

P1210658.jpg
↑中に入るとタデ原湿原の動物や植物たちをパネルで紹介してあります。

それに今の季節に咲いている山野草を名前入りで紹介してあります。
この花の名前を覚えてから散策するととても楽しいですよ~
さて、今の季節は何の花かな~


P1210659.jpg
↑入り口の吊橋のところにヤマフジが

なんだかとてもいい匂いがしました。

P1210660.jpg
↑ピンボケというか、ホワイトバランスもあってない??

たぶんハルリンドウ?? フデリンドウとの違いも説明がありましたが・・・
さっぱりわかりません(^_^;)

P1210663.jpg
P1210664.jpg
↑タデ原湿原から望む、星生山、硫黄山等のくじゅう連山

春に野焼きをした後、色んな花が咲きますが、メインは7月だと思いますよ~
またその時期になれば行きたいです~

P1210665.jpg
↑サワオグルマ  名前を知っていると散策が楽しいです。

柔道の派手な技はかたおぐるまだったと思ったけど、丁寧語のおが余分だった~(^_^;)

P1210666.jpg
P1210668.jpg
↑波野村のスズラン自生地にもありました。サクラソウ

由布岳の麓が一大自生地になっているそうです。

P1210667.jpg
↑黄色い花はこの季節多いけど、リュウキンカ・・・

沖縄の古い呼び名・・・ ってそりゃりゅうきゅうか~(^_^;)

P1210673.jpg
P1210674.jpg
↑ウマノアシガタって名前はよく聞いていたけど、これなんですね~

馬の足型とはだいぶ形が違うけどな~(^_^;)


P1210669.jpg
↑リュウキンカ 金魚で目が大きいのは・・・ デメキンカ~


P1210670.jpg
↑ウマノアシガタとは葉っぱが違いますよね~


P1210671.jpg
P1210672.jpg
↑サワオグルマ あらかじめ学習していないと全くわかりません~


P1210674_20110522103801.jpg
P1210675.jpg
↑木道から下には降りることが出来ないのでどうしてもピントが甘くなったりします~ 言い訳~

腕がイマイチなだけでしたね・・・(^_^;)

P1210677.jpg
↑キク科のハンカイソウ まだ花は咲いていませんが、7月上旬から咲き始めます。

お腹が空いたら、ご飯の前なのにパン買いそうですよね~(^_^;)

またまた、少し先に進んで・・・

P1210681.jpg
↑農家レストラン べべんこ

ここに来たらあれです~ そういえば近くにそれを作っている農場があったな~

P1210684.jpg
↑バラの花束、これ全部で500円です・・・

沢山はないので、あらかじめ予約したほうが確実かも~


P1210680.jpg
↑コンニチワンコ~ 前も会ったね~ べべんこの裏手にいたワンコでした。

これで今回のミヤマキリシマ、スズランお出かけ記事の完了です。
次は場つなぎに畑の記事か、それともお出かけか~ ストック記事が少なくなってきた~(^_^;)