FC2ブログ
野菜作りや温泉などの日常の出来事を綴ったつれづれなるままの日記です。ズボラで手抜きの勝手に菜園ですが、よろしくお付き合いください。
 柿右衛門窯と佐賀おいしいもの御膳
2011年12月20日 (火) | 編集 |
ちょっと機会がありまして、柿右衛門窯をご訪問させていただきました。
もちろん、誰でも予約しなくても展示室や買い物はできますが・・・

P1250735.jpg
↑ここは母屋、お住まいのようです。

ここはプライベート空間なので訪問できませんが、
わらぶき屋根、さすが江戸時代から続く窯元。風情があるな~

P1250737.jpg
↑5月の陶器市の期間は作業場も見学できますが、普段は入れません。

薪窯です。燃やすのは赤松、アンダースローで薪を中に入れるとのご説明。

P1250753.jpg
↑ロクロの作業場です・・・


P1250748.jpg
↑この中には入れませんけど、外からストロボなしで撮影させていただきました。

柿右衛門窯では、ロクロ、絵付け等は細かく分業化されているそうです。

P1250738.jpg
↑神経を使う作業なんでしょうね・・・



P1250751.jpg
P1250749.jpg
↑絵付けといっても、太い線を引く人、細い線を引く人、それぞれ分かれているとか・・・

当代は、14代の柿右衛門先生ですが、15代となる後継者の酒井田氏のご説明でした。

P1250787.jpg
↑柿右衛門家に残る江戸時代の作品等が展示してあります。

商品でないこれらは撮影できます。これは、普通の?柿右衛門です。

P1250788.jpg
↑こちらは濁手(にごしで)と呼ばれる、柿右衛門窯独特の作品

地肌の色合いが違います。

P1250791.jpg
↑これも柿右衛門窯の作品だそうですが・・・



一気にワープして有田ポーセンリパークにやってきました~

P1210839.jpg
↑ドイツにあるツヴィンガー宮殿を再現した、陶磁器とお酒のテーマパーク

なんとここも入場無料~ でも、有料のスペースもありますよ~
中の様子は以前ご紹介したので、パスしますが、
以前ご紹介できなかったお食事タイムですよ~



P1210867_20111115220735.jpg
↑おなかが空いたので、有田ポーセンリンパークで食事です。


P1250940.jpg
↑佐賀ごちそう御膳という名前だったと思いますが、これも普段はありません。

あらかじめわがまま言って準備しておいてもらいました(^_^;)

では、説明を・・・
皿にのった前菜みたいなのは後で説明しますが、左の鍋のようなのは、嬉野温泉豆腐
温泉のお湯で豆腐を茹でると、豆腐がとろけてとろとろになるやつです。
右の見えてないセイロは、イカシューマイと野菜の盛り合わせ
手前の小鉢は、クジラの軟骨の粕付けに、イカだったかな~ 記憶がアイマイミ~


P1250941.jpg
↑奥の右は、伊万里牛ローストビーフ、佐賀牛に引けをとらないおいしいお肉です。

真ん中は、有田名物のごどうふ、豆腐を葛で固めたやつでプリンみたいな味わいです。
手前の右は、そのごどうふを揚げだしにしたやつ。こりゃなかなか珍しい食感です~
プリンの天ぷらだ~

手前左は、豚肉。そして奥の左は、ごどうふに黒蜜かけてデザートにしたもの。

これにご飯のお漬物、味噌汁、茶そばが付いて、二千円でした。
特別注文なので、普段はもう少しお安い御膳があるようです。

P1250962.jpg
↑高島のごどうふ

道の駅山内にも売っています。
沖縄の例の豆腐もおいしいですが、有田の豆腐もおいしいですよ~
最後はいつもの佐賀自慢でした~(^_^;)


















スポンサーサイト