FC2ブログ
野菜作りや温泉などの日常の出来事を綴ったつれづれなるままの日記です。ズボラで手抜きの勝手に菜園ですが、よろしくお付き合いください。
 金立公園緑のシャワーロード
2012年04月15日 (日) | 編集 |
シャワーロードといっても、やっぱり山の中、登山靴の方が良かったかな~
でも、きちんと整備されてあるので、ルートを外れない限り大丈夫です。

DSCF0048.jpg
↑神社の右手に大きな岩があります。そこをくぐるとシャワーロードに出ます。

神社にシャワーロードやその先の金立山までのルートも詳しく書いた紙が置いてあります。
親切で助かります~ でも、神社が閉めてあったのでお賽銭入れられず・・・
すいません~

DSCF0049.jpg
↑木洩れ日の中、ゆっくり歩いてきます。


DSCF0050.jpg
↑自然林は気持ちがいいですね。

でも、木の名前はさっぱり~ (^_^;) 

DSCF0051.jpg
↑汗をかきました・・・



DSCF0052.jpg
↑いい感じです~



DSCF0053.jpg
↑アリャ、道がえらくえぐられています。イノシシ君の仕業かな~

夜は危ないので行かないでくださいね。当たり前ですけど・・・

DSCF0054.jpg
↑神社から、30分程で着きました。

ここから少し降りて、また一時間程登ると、金立山に着くそうですが・・・
生憎風邪でゲホゲホでしたので・・・ ここまでです。

DSCF0055.jpg
↑展望台がありました。


DSCF0056.jpg
↑写真だとよくわかりませんが、有明海や雲仙まで見えました。


DSCF0057.jpg
↑広い池みたいなものがありますが、平地ダムです。

佐賀市を洪水から守るために、国土交通省が作った巨瀬川調整池
冬は野鳥が沢山飛来しているようです。

DSCF0058.jpg
↑展望台のすぐ下に大きな石・・・

誰が切ったんだろ?? 佐賀城を作るときにここから、石を切り出したという話もあるようですが
自然には絶対切れませんよね・・・

DSCF0061.jpg
↑さて、また元の道を通って帰ります・・・


DSCF0062.jpg
↑正現さんの石垣です。読み方は、「しょうげん」さんです。普通どおりですね。


DSCF0063.jpg
↑はは~ん、さっきの一番は正現岳か~ なるほど~


DSCF0064.jpg
↑登ったときよりももっと下の方まで降りてきました。最後は別ルートです。

普通はこの門の前に車を置いて上り始めます。

DSCF0065.jpg
↑石楠花の歌が詠まれています・・・


DSCF0066.jpg
↑よく読むと・・・ ありゃ~ 坂田力三先生だ~

我が恩師、といっても担任とかではなく、佐賀北高校時代の校長先生です。
直接お話したことはないですが、当時からとても存在感のある先生でした。
歌人でありながら、柔道五段の猛者だとか・・・

DSCF0067.jpg
↑上り口にありますから、佐賀北の同期の皆さんは登られるときに必ずミランバよ~


DSCF0068.jpg
DSCF0069.jpg
↑梅か桃か? 花びらの先が少し、とがっている雰囲気なので、たぶん桃かな~




DSCF0070.jpg
↑ふもとに咲いていました~

桃の方が梅より花が沢山、咲くそうです。
だからやっぱり桃かな~


DSCF0071.jpg
↑ピント合っているかな~



DSCF0072.jpg
↑白い花もありました~



DSCF0080.jpg
↑徐福長寿館で撮影。ちゃんと説明板があったので分かります。ボケです。

写真撮影する人にはとても怖いのが、ピンボケです・・・
オイドンのボケも寒いので、怖がられています・・・(^_^;)

DSCF0081.jpg
↑風が強かったのであまりちょっとぶれています・・・ スイセンですがスイマセン~



DSCF0086.jpg
↑カンヒザクラ 説明板があるから安心です。


DSCF0088.jpg
↑日本全国に徐福伝説があるらしいですが・・・

中国朝鮮との位置関係を考えると、やはり佐賀県の徐福伝説がそれらしく感じます。
ここは不老長寿の薬を探したことにちなみ、薬草園があります。

DSCF0089.jpg
↑説明板がなく、さっぱり分からなかった花 木でした。


DSCF0096.jpg
↑ギンヨウアカシア だそうです。


DSCF0097.jpg
↑駐車場に戻ってきました。


いい天気でしたので快適でした。地元なので食べ物ネタはありませんが、
そのうちですが、金立サービスエリアのパンをまたご紹介しますね~






スポンサーサイト