野菜作りや温泉などの日常の出来事を綴ったつれづれなるままの日記です。ズボラで手抜きの勝手に菜園ですが、よろしくお付き合いください。
 立花山の山頂です~
2012年06月29日 (金) | 編集 |
登ったのは短い時間ですが、記事的にはやっと着きました~(^_^;)

DSCF1498.jpg
↑広~い山頂です~ 三十名程おられたでしょうか・・・

ここに山城があったんですよね。

DSCF1499.jpg
↑ご夫婦でのんびり登ってこられたようです。

いいですね・・・

DSCF1500.jpg
↑ちょっと霞んでいますが、海ノ中道方面です。

ちょうど雁ノ巣のホークスニ軍球場がある方向です。

DSCF1501.jpg
↑こちらはどこ方面だったかな~

博多にあまり詳しくないことがバレます~(^_^;)

DSCF1502.jpg
↑手前が九州産業大学かな~



DSCF1504.jpg
↑そんな感じですね~



DSCF1505.jpg
↑立花氏は大友宗麟の配下の武将でしたが、後に独立した大名となりました。



DSCF1507.jpg
↑まだ時間はあるし、三日月山? そんじゃ行ってみるか~


DSCF1508.jpg
↑なだらかコース??

いや、とんでもない、下りは急勾配のずっこけコースでした・・・(^_^;)

DSCF1509.jpg
↑オドリコソウみたいですね。

では、次は三日月山登山となります~
またも引っ張り~

すいません~ 出張とか、ネタ作りツアーとかが控えていて週末は
パソコン開けそうにないので、またもコメント欄閉じてます~
でも、皆さんのご訪問励みになっていますよ~ よろしくです~(^_^;)












スポンサーサイト

 立花山登山中~
2012年06月27日 (水) | 編集 |
まだまだ続きます。序の口です・・・(^_^;)

DSCF1475.jpg
↑いろんな木があります。プレートが嬉しいです。



DSCF1477.jpg
↑正成だ~(^_^;)


DSCF1479.jpg
↑分かれ道に来ました。


DSCF1480.jpg
↑ここではクスノキは、楠じゃなくて、樟なんですね~

原始人はオイドンですが、原始林でした~(^_^;)

DSCF1481.jpg
↑大クス行きたいけど、先に山頂ルートを選択しました・・・無念~

って、でもちゃんと最後に・・・(^_^;)

DSCF1482.jpg
↑登山口から山頂まで、急げば一時間はかからないと思います。

でも、オイドンはゆっくり登りました。

DSCF1483.jpg
↑少しだけ坂道になってきました。


DSCF1484.jpg
↑でも歩きやすいですね。


DSCF1486.jpg
↑さんごじゅう・・・ 15本あったんかな~


DSCF1487.jpg
↑あと少しで山頂ですが、かわず飛び込んでみます・・・



DSCF1488.jpg
↑立花山は宗茂公の居城でした。当時の井戸の後だそうです。

宗茂公については、以前何度もご紹介させていただきましたが、
この前、葉室麟さんの「無双の花」を読みました。市立図書館で無料です~(^_^;)
宗茂公にとって、立花の義とはなんだったのか?
読んでくださいね~


DSCF1489.jpg
↑説明は結構シンプルだな~(^_^;)



DSCF1490.jpg
↑夫婦の杉ってのがありました。ワイルドだろ~(^_^;)


DSCF1492.jpg
DSCF1493.jpg
DSCF1494.jpg
↑松尾山は、宗茂公の義父である、立花道雪の妻が住んだ山

宗像大宮司の氏貞の妹「色姫」は、和睦の証として側室として道雪の元へ・・・

DSCF1495.jpg
DSCF1497.jpg
↑石垣は当時の城跡のようです・・・

頂上まではあと少し・・・ さて、また引っ張りますか~(^_^;)


で、今回もイマイチなんでコメント欄閉じてます~(^_^;)
さて、梅雨の中休みなんで、アレを植えないと~


















 立花山登山開始~
2012年06月25日 (月) | 編集 |
引っ張ってやっと山に登ります。引き続き引っ張りなのでご用心ください~(^_^;)

DSCF1461.jpg
↑登り口に竹の杖が置いてあります。

ありがたいですね~

DSCF1462.jpg
↑急勾配ではないので、子供さんでも大丈夫です。


DSCF1463.jpg
↑巨人だそうです。どんな大きな木があるのかな~ ワクワク~

でも、その記事はず~と後になるんです~(^_^;)
とても低い山ですけど、記事は今までにない引っ張りですよ~

DSCF1464.jpg
↑は~い、確認して登ります~


DSCF1465.jpg
↑アクアシューズ、いや別に渓流登山する訳ではありません・・・

低山に油断して、登山靴忘れました。普通の運動靴でも登れるレベルではありますけど・・・

DSCF1467.jpg
↑滝は間違えやすいかもなので、パス~


DSCF1468.jpg
↑これなんだろ?ニンジン系かな~


DSCF1469.jpg
↑なぎって名前の木だそうですが・・・

そんな名前の木があるなんて知りませんでした。

DSCF1471.jpg
↑ファミリーで楽しく登れる山です。


DSCF1472.jpg
↑ちゃんと整備してあるのが嬉しいですね。


DSCF1473.jpg
↑大きな木があちらこちらに・・・ クスノキみたいですね。


ず~っと続きます~ 一人だったので、のんびり写真撮影しましたからね~(^_^;)












 低山トレッキングは立花山
2012年06月22日 (金) | 編集 |
恒例の低山ひっぱりシリーズです。大したことないけどお付き合いください~
福岡市で人気の立花山。柳川藩主立花宗茂公ゆかりの山でもあります。

DSCF1447.jpg
↑九州産業大学あたりから東の方向ですが・・・

この山かどうかは不明です~(^_^;)
今回単独行なので、なかなか途中で撮影するのは難しいです。
交通量が多いなか、ちと路肩に車を止めてと・・・

DSCF1448.jpg
↑神社の横にも駐車場がありましたが、満車でした。

立花小学校の近くです。
トイレも完備されているので、ここから登ってもいいそうですが・・・

DSCF1450.jpg
↑スイマセン、字が読めません~


DSCF1451.jpg
↑何か言われはあるんでしょうが・・・




DSCF1452.jpg
↑ちゃんと地図は持っていっていますが、現地の案内板で学習しておきます。




DSCF1453.jpg
↑お参りされておられる方も・・・

では、登山口に近いところに駐車場があると調べていましたので、そちらに移動します。


DSCF1454.jpg
↑登山口に近いところにとても広い駐車場がありました。もちろん無料です。

この広さからしてこの山が人気だってことが分かりますね。
ここまで広い駐車場、めったにないと思います。そんな高い山ではないですけど


DSCF1456.jpg
↑今回は単独行なので、車のガラスで撮影しておきます・・・(^_^;)



DSCF1457.jpg
↑ミカンの花・・・



DSCF1458.jpg
↑すご~い、でも、後から実は落とさないとおいしくできないんですよね・・・


DSCF1459.jpg
↑少しだけ舗装道路です。


DSCF1460.jpg
↑クサイチゴですかね、我が家の裏にも沢山ありました~

では、登っていきます~

あまりにも記事がしょぼいのでコメント欄閉じてます~
それに田植えウイークです・・・













 赤ソラマメも作りました~
2012年06月20日 (水) | 編集 |
タネを頂いて赤ソラマメを作りました。植えただけ、な~んもしてません~(^_^;)

IMGP0958_20120615201018.jpg
↑ソラマメってたしか、下を向くと収穫時期だったと思いますが・・・

一向にその気配がなく、そのうちに黒くなってしまいそうだったので・・・

IMGP0957_20120615201018.jpg
↑収穫しちゃいました~ 


IMGP0959_20120615201017.jpg
↑ここも畳二枚程のスペースですが・・・

他にもおすそ分けしたので・・・
家で食べるならこんなもんかな~ タネだけ茹でる前に冷凍してもいいとか・・・
なるほど、来年からは参考にしますね~

IMGP0960_20120615201016.jpg
↑大きさは丹波黒豆より少し大きい程度


DSCF1684.jpg
↑塩茹でして、そのまま皮ごと頂きます~



DSCF1686.jpg
↑ハチクと一緒に炒めたらメチャおいしくなりました~


DSCF1860.jpg
↑畑に出てたら、バルーンが次々に近づいてきました・・・

吉野ヶ里歴史公園あたりから飛んできたようです。

DSCF1863.jpg
DSCF1864.jpg
↑ゴ~ゴ~ バーナーの音が聞こえます。

佐賀ならでの光景ですよ~ 別にごく普通のことなので驚くこともありません。


DSCF1875.jpg
↑今年は早速キュウリが豊作です~


DSCF1877.jpg
↑サラダもおいしいです~



DSCF1878.jpg
↑ピーマンも出来てます~


まあまあかな~(^_^;)


農作業(兄の手伝い)が本格化してきました。ちとコメント欄閉じてますのでよろしく~




















 菜園はそれなりに好調かも~(^_^;)
2012年06月18日 (月) | 編集 |
まずは、梅雨入り前にやる定番の収穫だ~

IMGP0969_20120615195034.jpg
↑今回はメークインだけ植えていました。

まあまあかな~(^_^;)

IMGP0970.jpg
↑畳二枚程のスペースに植えていました。

畑はそれなりに広いですが、狭く使ってます~(^_^;)

IMGP0972_20120615195032.jpg
↑コンテナに六分目ぐらい、まあこれだけあれば、秋までは持つかな~



IMGP0971_20120615195033.jpg
↑ありゃりゃ、トマトじゃないですか・・・

コンポストをひっくり返したところから、カボチャが・・・
そこに芽かきしたトマトの枝を捨ててたら・・・
いつの間にか・・・ ビックリ~

ちゃんと植えるよりこっちが確実かも~


IMGP0979_20120615195128.jpg
↑こちらは、ちゃんと植えたカボチャと真ん中の柿の木の下はコンポスト

今回は二か所でコンポストカボチャ 
カボチャは我が家では人気の野菜なので、それなりに作っています。
できるかどうかはわかりません~(^_^;)




IMGP0978_20120615195030.jpg
↑この時期にやる大切な仕事・・・


今年は少し量を減らします。目標200本です。

IMGP0977_20120615195031.jpg
↑やっぱり300本程度の場所は確保しました。



IMGP0980_20120615195127.jpg
↑まあまあ大きくなってきましたが・・・

いまひとつ茎の部分が小さいので、もうしばらくここで大きくなってもらいます。
今年も安納芋がんばります~ 種子島の芋苗もゲットしたけど、どうなるかな~



IMGP0982.jpg
↑ナスもそれなりに大きくなってきました。

トマトもわき芽植えてます~

IMGP0984_20120615195124.jpg
↑急り大きくなってきました~(^_^;)

光量不足で手ぶれしてます~

IMGP0983_20120615195125.jpg
↑天高く、キュウリ肥える夏~

今年の夏は毎日キュウリかな~(^_^;)



















 ハンバーグの店サフラン
2012年06月16日 (土) | 編集 |
出し遅れました・・・(^_^;) 3月の記事でした・・・

柳川市の御花でさげもんのひな祭りを見学した後は、お楽しみの食事です~

P1280201.jpg
↑柳川市三橋町蒲船津にある「ハンバーグの店サフラン」

駐車場には車が十数台。満車です・・・

P1280200.jpg
↑店内にも数組待っておられます。

昼も夜も行列が出来るお店だそうです・・・

P1280199.jpg
↑この表示、嬉しいですね~


P1280202.jpg
↑ハンバーグセットを注文です。 スープがたっぷり~

注文のときに、焼き具合を普通ですか? しっかりですか? と聞かれます。
普通とはレアのことです。普通のレアがお奨めです。
レアが苦手な方でも問題ありません。

P1280203.jpg
↑あちちち~ 湯気が~

間違っても、ここにタレをかけてはいけません。飛び散って大変なことになります。
タレは二種類、和風と、デミグラスソース 両方持ってきてくださいます。
和風には、柚子胡椒、デミグラスにはマスタードが付いてきますので、お好みでどうぞ。

P1280204.jpg
↑野菜もたっぷり・・・

ケーキセットやサラダもありますが、普通の人はこれで十分です。
ご飯が大食漢の方には少なめなので、それだけ大盛りにすればいいかもですが・・・

P1280206.jpg
↑タマネギを炒めたもの、ほうれん草、大根、ニンジン、カボチャ・・・

それに豆のトマトソース煮込みみたいなもの・・・

P1280207.jpg
↑わお~ マジでレアです~ でもこれが普通なんです。

苦手な人は、ステーキ皿の焼き台のところでじっくりお好みで焼けばいいんです。
このお店のハンバーグはつなぎを使ってない100%お肉だけなんです。
だからハンバーグというか、食べやすいステーキというところでしょうか・・・
だから、冷えると固くなるので、暖かいうちに早めに食べたほうがおいしいそうです。

ここは、また近くに行ったら立ち寄りたい場所でした。
夜もお値段が一緒の980円って、すごいでしょ~


P1280209.jpg
↑ハンバーグの後、佐賀のひな祭りのメイン会場に帰ってきました。

でも、こっちは撮影できないんですよね~ 残念・・・

P1280210.jpg
↑仕方ないから、佐賀の市営バスを撮影、地元の佐賀銀行のキャラクターはトムとジェリ~



P1280211.jpg
↑佐賀で人気の肉まん屋さん 冬は行列が出来ます~(^_^;)

安いんですよ。たしか、120円だったかな・・・

すいません~ 今回もコメント欄閉じてます~ こちらは大雨ですが、
畑は喜んでいるかな~ 








 北熊本サービスエリアだ~
2012年06月14日 (木) | 編集 |
熊本県を代表するサービスエリア、それが北熊本です~
来た~熊本に~

DSCF1287.jpg
↑熊本といえば馬ですよね~ 馬肉、日本で一番食べる県らしいですよ~



DSCF1272.jpg
↑こっちでは角煮も馬肉みたいです~ ヒヒ~ン



DSCF1274.jpg
↑熊本と言えば、いきなり団子もですよね~



DSCF1276.jpg
↑ボチボチ出てきましたよ~ 新キャラ~

南関揚げは大きいです~


DSCF1277.jpg
↑熊本銘菓の陣太鼓のくまモンバージョンだ~



DSCF1278.jpg
↑熊本名物からしレンコンもくまモン~



DSCF1282.jpg
DSCF1283.jpg
↑くまモンじゃないものもご紹介~

これは買って帰りました~ 全国二位ですか~すごか~


DSCF1285.jpg
↑馬刺しも結構高いです~



DSCF1284.jpg
↑またもくまモン~


DSCF1279.jpg
↑くまモンの初恋って、やっぱり相手はクマさんかな~(^_^;)



DSCF1281.jpg
↑ほんなこて~ よかとこばい~



DSCF1286.jpg
↑ゆるキャラナンバーワンのくまモンでした~


そうそう、そういえば、このくまモン、どっかのまねっこが白いくまモン作ってましたね~
あんなの買っちゃダメですよ~

国際紛争になるといけないのでコメント欄閉じてます~(^_^;)













 烏帽子岳は途中まで・・・
2012年06月12日 (火) | 編集 |
DSCF1205.jpg
↑草千里の向こうに見えるのが烏帽子岳



DSCF1243.jpg
↑ありました~ イワカガミ~



DSCF1244.jpg
↑カガミってのは葉っぱがてかっているからなのか・・・

それとも岩のそばで屈み込んでいるからなのか・・・ どっちかな~

DSCF1249.jpg
↑ガブリとやられそうです・・・ マムシグサの仲間でしょうね・・・


DSCF1250.jpg
↑だいぶ上まで登ってきました・・・

あと少しですが、夕方になるといけないので、途中で取りやめ下山しました。
安全第一です。

DSCF1251.jpg
↑草千里の中をのんびり歩いて帰ります・・・



DSCF1256.jpg
↑馬のりば・・・ 皆さんここはご存知ですよね~



DSCF1260.jpg
↑ここは無料の展望所兼駐車場です~ 

ここに車を置いて烏帽子岳や杵島岳、となりの往生岳まで登れば立派な半日コースです。

DSCF1265.jpg
↑米塚も有名ですよね~ 

でも、登れません・・・

DSCF1268.jpg
↑見て楽しむだけの山になりました。


さてさて、次は帰りのサービスエリアです~よろしく~(^_^;)
明るいように見えますけど、もう夕方の六時前です・・・

















 お昼から阿蘇に出かけました
2012年06月10日 (日) | 編集 |
朝はバタバタ畑して、午後一時から阿蘇に向かいました。
GWの次の週のことでした・・・

DSCF1201.jpg
↑ちょっと霞んでます~ 無念~

でも、五月上旬なのに、もう田植え終わっているところがある~

DSCF1202.jpg
↑ここは杵島岳だったかな~

このまま進んで
草千里の手前にある道路沿いの展望所に車を止めて歩き始めます・・・

早速お出迎えだ~(^_^;)



DSCF1208.jpg
DSCF1209.jpg
↑もうミヤマキリシマが咲いていました~

満開の群生ではないですが、それでもミヤマキリシマ~

DSCF1211.jpg
↑余り急ではない、ラクチンな烏帽子岳に登ります。

写真撮りながらなので、とてものんびりです。

DSCF1213.jpg
↑これ、マイズルソウですよね・・・ たぶん・・・


DSCF1217.jpg
↑先のほうに見えているのが烏帽子岳です。



DSCF1219.jpg
↑フデリンドウでしょうか・・・


DSCF1221.jpg
↑阿蘇の草千里です。

裏手の山が杵島岳、頂上にも牛君たちが結構登っています・・・
あの山は、階段ばかりで結構疲れます。

DSCF1223.jpg
↑たぶん、なんとかスミレかな~(^_^;)



DSCF1225.jpg
↑イマイチよく撮れていません・・・ 


DSCF1230.jpg
↑見ていると結構遠いようですが、一時間半もあれば登れると思います。

佐賀から阿蘇まで片道約二時間半でした。
後半に続く~(^_^;)
























 乃木大将の神社に参拝
2012年06月08日 (金) | 編集 |
山口県の長府は乃木大将の生家があるところです。
隣に乃木神社もありました。

DSCF1096.jpg
↑乃木大将、皆さんご存知ですよね~

坂の上の雲にも登場されましたね。日露戦争の旅順攻囲戦・・・
多くの犠牲の上に日本の独立が守られた、そんな戦いだったんですね。

DSCF1098.jpg
↑さざれ石です。この石が、君が代の二番に歌われている石だとか・・・

よく意味が分かりませんでしたが、一番は高千穂神社だそうです。

DSCF1102.jpg
↑乃木大将とその奥方です。



DSCF1106.jpg
↑二人の姿をステッセル将軍から贈られた白馬が眺めています



DSCF1103.jpg
↑乃木大将が幼少期を過ごした生家

決して広い家ではありません・・・ 昔の家ってみんなこんな感じだったのかな~

DSCF1116.jpg
↑無料駐車場のフクのところに帰ってきました~



DSCF1122.jpg
↑夜は北九州の新名物になっているという噂の・・・

戸畑チャンポンだ~

DSCF1124.jpg
↑寛太郎さんです~



DSCF1129.jpg
↑イカげそが入っているのが基本形



DSCF1130.jpg
↑いただきま~す



DSCF1132.jpg
↑麺が普通のチャンポンではありません。

これが特徴なんですね~ 佐賀のチャンポンとは全然違います。
しっとりした蒸し麺のような・・・ 麺は少し細めですね。

佐賀のチャンポンは結構薄味なんですが、これはちゃんと味がついてバッチリです。
佐賀ではチャンポンにソースをかけて食べるのが一般的でした。
今はあまりやる人いないけど、昔ながらの食堂では今でもソースが置いてあるソースよ~

楽しい北九州の旅でした~ 久々充実のGWだ~

で、次もトレッキングの記事です~ ミニですけど・・・(^_^;)



















 長府市は歴史の街♪
2012年06月06日 (水) | 編集 |
山口県といえば・・・ アレですが・・・ アレは残念ながら・・・

DSCF0995.jpg
↑長府市は下関のお隣の市

でもやっぱりフクですよね~ 無料駐車場なんでやってきました~
ここをベースにしてと・・・

DSCF1003.jpg
↑お昼はこれだ~

北九州で買ったおいしい巻き寿司~
見てくださいよ~ この卵のボリュ~ム~ すごか~
さすが百万都市だ~

これを目当てにまた北九州に行きたくなります~

途中雰囲気のいい川沿いのとおりを散策しながらです・・・


DSCF1036.jpg
↑功山寺と聞いてピンと来た方は相当な歴史マニアです・・・

オイドンは聞いたことはありましたが・・・ もちろん何度も本を読んで知ってるはずだけど
やっぱり忘れますよね~


DSCF1043.jpg
↑鎌倉時代なんだ~ それに国宝ですか・・・

でも、それで有名な訳じゃないんです・・・

DSCF1045.jpg
↑幕末の志士 高杉晋作


ここ功山寺で高杉晋作が挙兵したことで、倒幕への大きなうねりが始まったと言えましょう。
12月15日、赤穂浪士の討ち入りの翌日の日付を選んで挙兵。
後の伊藤博文らわずか84名での挙兵でしたが、その後、井上馨や山形有朋等も加わり
クーデター、藩の実権を握ることになります。



DSCF1050.jpg
↑長府毛利邸への坂道

明治の後半に完成し、大正8年まで使われたとか・・・

DSCF1053.jpg
↑入場料は200円ですが、とてものんびりできる場所です。

もちろんお金を払って入りました~

DSCF1064.jpg
↑明治の建物ですが、しっかりと作ってありますね~



DSCF1065.jpg
↑じっくりお茶を飲みながら、座ってのんびり庭を眺めることができます・・・



DSCF1072.jpg
DSCF1072.jpg
↑今、こんな扉のある家はあまりないでしょうね~




DSCF1089.jpg
↑全くなんだったか忘れてしまいました~ (^_^;)




IMG_6932.jpg
↑土塀の街並みを散策していきます・・・

はい、最後もう一箇所ご案内いたしますね~
もちろん後日の心です~(^_^;)




















 娘もパン作りに参戦(^_^;)
2012年06月04日 (月) | 編集 |
家人の趣味は手作りパンなのですが、それに娘も参戦してきました。
パン教室に行ったり、家で家人に教わったり・・・ 家人の作品と併せてご紹介です。

DSCF0004.jpg
↑まずは家人の作品 スイートブラウン

アップルパイ風のパン


DSCF0011.jpg
↑リンゴがたっぷりです~ 名前のとおり甘くておいしい~



DSCF0006.jpg
↑これは娘の作品 カボチャとパプリカのガレット

ガレットって、フランスのそば粉で作るパンのようなやつだったと思いますが・・・

DSCF0007.jpg
↑そばが入っているかどうか、分かりません~(^_^;)

おいしいので合格~

DSCF0369.jpg
↑これも娘の・・・ メープルアーモンド

シュークリームみたいに見えますけど、甘いパンですよ~


DSCF0372.jpg
↑パクパク食べちゃいました~



DSCF0373.jpg
↑家人の作品 春色レアチーズケーキ

その名のとおりです・・・

DSCF0374.jpg
↑レモンも入って少し大人の味かな~

甘くて酸っぱい青春の味かも~(^_^;)

DSCF0376.jpg
↑ベリー赤ワインブレッド

家人の作品です・・・

DSCF0377.jpg
↑キイチゴのグランベリーとブルーベリー、それにカシューナッツも入っています。

もちろん赤ワイン入りです。


DSCF0379.jpg
↑中はこんな感じです~

ちょっとリッチなパンですよね~


DSCF0386.jpg
↑ストロベリーホワイト

これも家人の作品

DSCF0387.jpg
↑その名のとおりストロベリーとホワイトチョコが入っています。

チョコパンには見えないけど、甘い香りがだだよってきますよ~

P1280228.jpg
↑家人の作品です。 ベリークリームフラン

フランス語で卵を使って焼くことをフランと言うそうです。
日本では脇目も振らずに頑張ることをイッシンフランといいますが・・・

P1280233.jpg
↑シフォンケーキ 娘が作りました。 たぶんアールグレイシフォン?



P1280236.jpg
↑あま~いコンデンスミルクをかけて頂きます~

は~い!今回もメタボまっしぐらでした~(^_^;)
もちろん娘も子豚ちゃんになってます~
















 関門海峡に源氏と平氏を訪ねて・・・
2012年06月02日 (土) | 編集 |
大河ドラマの平清盛、視聴率は今ひとつらしいですが、いやいや十分面白いです。
これまで知らなかった保元の乱・平治の乱については、とても新鮮です。
松田龍平でしたか、彼の演技もなかなか・・・

DSCF0883.jpg
↑こちら側は九州門司、海峡の向こうは本州山口県の下関

源平合戦の舞台となった壇ノ浦です・・・
上にあるのは現代の関門海峡

DSCF0886.jpg
↑大きな外国航路の船が行き交います・・・


DSCF0888.jpg
↑由緒ありそうな神社です・・・


DSCF0889.jpg
↑なるほど~ 源平ゆかりの地なんだ~


少し車で高台の公園に行きます。


DSCF0898.jpg
↑ここからは散策です。


DSCF0904.jpg
↑薄暗いので手ぶれしています・・・


DSCF0907.jpg
↑今度はなんとか・・・


DSCF0908.jpg
↑第二次大戦中の武器庫だったとか・・・

戦国時代は九州の拠点として重要なお城だったようです。

DSCF0914.jpg
↑これもキビシロタンポポかな・・・ そこまで珍しくないかな~

でも、普通に畑にはありません・・・

DSCF0915.jpg
↑見晴らしがよく、海峡を見渡せます。


DSCF0917.jpg
↑今度は関門橋を上から眺めます・・・

結構すごいでしょう~ トマオさんトマコさんのブログ、参考にさせていただいております~(^_^;)

DSCF0918.jpg
↑第二次大戦のときの砲台跡



DSCF0921.jpg
↑これってキツネノボタン?? ウマノアシガタ??



DSCF0924.jpg
↑こりゃなんだったっけ・・・ 



DSCF0927.jpg
↑これは我が家に大量に咲いています~ オドリコソウ~



DSCF0931.jpg
↑フデリンドウですか? 門司城にもあるんだ~


DSCF0938.jpg
↑タツナミソウ



DSCF0947.jpg
↑門司城から降りてくると巨大な絵が・・・



DSCF0948.jpg
↑悲しい歴史の舞台でもありました・・・

平家はおごれるもので、悪で・・・ というイメージがありましたが
実際はそう単純なものではなかったようです。大河ドラマの平清盛
平氏側からの見方がメインではありますが、かなり史実に基づいたエピソードがあるようです。


DSCF0950.jpg
↑源義経、八双飛びの伝説ですね・・・

しかし、この義経もやがて兄頼朝から追われる身に・・・

DSCF0952.jpg
DSCF0956.jpg
DSCF0957.jpg
↑最後は安徳天皇も海の中へ・・・

「海の中にも、都はあります・・・」と言う祖母に抱かれて

母の平徳子が後を追いますが源氏の手に捕らえられ、平氏の菩提を弔いながら
その一生を終えます・・・



IMG_6861.jpg
↑当時わずか八歳の安徳天皇を祀る下関の赤間神社


IMG_6863.jpg
↑オイドンが行った前日、海峡まつりで源平合戦が再現されたそうです。



IMG_6866.jpg
↑マジで面白いと思うのですが・・・

今度は山口県のある市を訪問しますよ~