FC2ブログ
野菜作りや温泉などの日常の出来事を綴ったつれづれなるままの日記です。ズボラで手抜きの勝手に菜園ですが、よろしくお付き合いください。
 佐賀県太良町のカキ焼き海道
2013年02月05日 (火) | 編集 |
今でこそ、九州各地にカキ焼き小屋がありますが、その発祥の地は
佐賀県太良町です。断言します。

DSCF8200.jpg
↑海鮮炭火焼き、竹崎かに、かき焼の文字があります。お店の名前は「三宝」です。

有明海の冬の味覚といえば、まず卵を抱えた竹崎ガニ(ワタリガニ)ですが、
お値段もそれなりだし、食べるのにも時間がかかります。
そこで、リーズナブルでジュージューな「かき焼」が人気。

旬の季節を迎えると太良町の国道沿いに多くのカキ小屋が。
何店あるんだろ。とにかく色んなお店があります。

炭火で焼く関係か、小屋がほとんど。小屋といっても周りをビニールで覆ったり
防寒対策はしてあります。しかし、シンプル。

栄養分たっぷり、海のミルクと言われるカキ。では食べちゃいます~

DSCF8201.jpg
↑カキじゃなくて、普通に定食等のお食事の方は、普通のお店に入れます。

でも、ここまで来たらカキでしょ~

DSCF8202.jpg
↑カキは一つのカゴに12個ぐらいはいっていました。

概ね千円ぐらい、有明海産やそうでないもの。大ぶりか小ぶり。それぞれ少し
値段も変わりますが、概ね千円から高くて1200円ぐらいかな。

それにこのおにぎり。絶対ゲットすべきです。カニ飯おにぎり。

DSCF8203.jpg
↑竹崎カニもありますが、これはお奨めしません。

これを食べるならちゃんと畳に上がっての食事処がいいでしょう。
狭い小屋のテーブルで食べるにはちと無理があります。

味はいいんですけどね。たぶん二千円ぐらいから、大きさによっていろいろ。

DSCF8204.jpg
↑家人の母も一緒だったので、四人ですが、家人はカキが苦手。

なので食べるのは三人です。概ね二人に一つあれば十分。
そのほかに、ウインナーや豚肉を少し買ってと・・・

DSCF8205.jpg
↑ぺったんこの方を先に焼きます。

熱いです。ほこりまみれになります。お上品ではいけません。
ワイルドがいいです。

DSCF8206.jpg
↑焼けてる焼けてる~ 焼きすぎないうちに裏返しだ~



DSCF8207.jpg
↑焼きすぎると小さくなりジューシーじゃないので、早目にパクリ。

ポン酢も何もつけないで海の味で十分です。
もちろんお好みでつけても行けますよ~

DSCF8209.jpg
↑そしてこれだ~ 焼きオニギリ~

オイドン、焼きオニギリは好きじゃないんです。外側が硬くなりすぎて。
でも、これは自分で焼くのでお好みにできます。

焼くというより、ホットオニギリにしちゃいます。
これがおいしいんですよ~ 
帰りに持ち帰りしようとしたら、売り切れでしたよ~

DSCF8210.jpg
↑どや~これぐらいで十分やろ~



DSCF8215.jpg
↑カキ、オニギリ、ウインナ~ これで決まりです。

他にもメニューがたくさんあって迷いますが、基本的に他にはいりません。
お安く食べるのがいいんです。カニやロブスターはもったいない~
でも、食べたいけどね・・・(^_^;)

DSCF8216.jpg
↑でもイカを頼んでました。これはお店の人が調理してくれます。

さすがにここでイカをさばいて食べるのは無理です。

DSCF8217.jpg
↑豚肉も頼んでた~ だからファイヤー になります~



DSCF8221.jpg
↑ぷりっつぷりの新鮮なカキ~

有明海の恵みです。

DSCF8222.jpg
↑三カゴ頼んだので多かったです。三人なら二つでも多いかも。

足りなければまた追加すればいいですからね。
ちなみにこのお店は入る前に好きな食材を買ってから持ち込むシステム。

丼ものなんかは中で注文できます。もちろんアルコールもありますが
オイドンは絶対飲みません。運転手はいるけど、昼間は飲まないのです。
ただし、ビール工場とかタダの場合は別です・・・(^_^;)

DSCF8223.jpg
↑いろいろとあるけど、ジューシーだから、別に味噌汁もいらなかったし

ウニ丼とかちょっと違うでしょう~ カキ、カキがあればよかと。
それとオニギリですね。

DSCF8225.jpg
↑いろいろあります。


DSCF8226.jpg
↑これも頼んでません。

お店はたくさんあるので迷います。三宝のほかにも近くに有名店があります。
でも早目に行かないと混むようです。

帰りは定番のお買いものです。続く~













スポンサーサイト