FC2ブログ
野菜作りや温泉などの日常の出来事を綴ったつれづれなるままの日記です。ズボラで手抜きの勝手に菜園ですが、よろしくお付き合いください。
 筑豊の田川は炭坑節発祥の地
2013年02月20日 (水) | 編集 |
筑豊にいったので去年話題になったあの場所へ
田川市石炭・歴史博物館

DSCF8982.jpg
↑盆踊りの歌として超メジャーな炭坑節の自販機

語ります。
炭坑節の発祥の地は、ここ田川市の三井炭鉱
だけど、現在の歌詞では1番に「三池炭鉱」とあります。
三池炭鉱とは、大牟田市の三井三池炭鉱のこと。
でも、ほんとうは筑豊田川が発祥の地なのです。

歌詞についても、月が出た出たは三番とか四番だし、
新炭坑節とか、新々炭坑節とかもあるとか。

もともとは花柳界で歌われたという説もありますし、
炭坑に働く労働者の魂の歌という見方も。

そんなことを考えながら歌碑を見てました。

DSCF8985.jpg
↑田川での1番の歌詞は「香春岳から見下ろせば~」です。

自販機に描いてあるのが香春岳(かわらだけ)
三岳あるのですが、一の岳は切り崩されて平らに・・・

石灰石の山なので、日本の産業の発展に伴い次第に・・・
その手前に小さいいくつかの山は(自販機です)
炭坑の採掘の際に出てくる殻を集めたボタ山

ちなみに香春岳は三の岳だけは、登れると聞きました。

DSCF8986.jpg
↑今も採掘されているようで、自販機よりだいぶ低くなってます。

手前のボタ山、わかりますよね。日本の成長を支えたシンボルかな。

DSCF8984.jpg
↑伊田立坑櫓

オリジナルの炭坑節には伊田の立坑のフレーズが
「伊田のたてこうが真正面~♪」

DSCF8989.jpg
↑迫力あります。近代の歴史もいいですね~

実は佐賀にも近代歴史で世界遺産候補があるんですよ~
いずれ整備されたらご紹介しなくては・・・

DSCF8988.jpg
↑「あんまり煙突が高いので~」

有名なフレーズですよね。

DSCF8983.jpg
↑田川市炭坑・歴史博物館

中は撮影禁止とされているようですが、実は・・・

DSCF9016.jpg
↑当時の炭坑の様子がジオラマに

関係者の方にはとても懐かしいでしょうし、いろんな思いがあるでしょう。
ここは昭和44年に閉山されたとあります。
われらの子供のころはお風呂は石炭が当たり前でした。
佐賀にも炭坑があって、にぎわった時代も・・・

DSCF9011.jpg
DSCF9021.jpg
↑まず最初に保安部隊の紹介がありました。

やはり命と引き換えの仕事だったようです。

今回は記事を分割します~


スポンサーサイト