FC2ブログ
野菜作りや温泉などの日常の出来事を綴ったつれづれなるままの日記です。ズボラで手抜きの勝手に菜園ですが、よろしくお付き合いください。
 田川市炭坑・歴史博物館2
2013年02月22日 (金) | 編集 |
田川市の炭坑・歴史博物館、写真撮影禁止とありましたが
それは二階のお話。よく見ると一階は禁止マークありません。

DSCF9022.jpg
↑掘削機械が発達する前は、横になって手掘り


DSCF9013.jpg
↑夫婦での作業だったようです。

しかし、後から女性は入坑できなくなり、出てきた石炭を選別する作業になったとか。



DSCF9023.jpg
↑ドリルが登場してだいぶ楽になったのかな。



DSCF9024.jpg
DSCF9015.jpg
DSCF9014.jpg
↑よくわかりませんが、崩れないよう支える工法なんでしょう。


DSCF9025.jpg
↑石炭を運ぶコンベアーも登場


DSCF9012.jpg
↑当時のポンプ類が展示してありました。


DSCF8991.jpg
↑屋外には当時の機械類が展示

雨風にさらされるので、分厚く塗装がしてあります。
室内保管のものは、当時のままのようです。

DSCF8992.jpg
↑小さな機関車でしょうか。

動力はやっぱり石炭かな?それとも電気?

DSCF9004.jpg
↑これで現場に出かけていたんでしょう。


DSCF9005.jpg
↑比較的新しいように見える機械もあります。



DSCF8994.jpg
↑炭坑労働者の住居が復元されていました。


DSCF9007.jpg
↑明治の頃は料理は外で作ったそうです。


DSCF9009.jpg
↑大正時代になると屋内に


DSCF8995.jpg
↑昭和になると家の中でも火鉢で調理されてたのかな。


DSCF8996.jpg
↑こんにちわ、つい挨拶しちゃいました(^_^;)


DSCF8999.jpg
↑懐かしい蒸気機関車

オイドンが高校時代はまだ普通に走っていました。

DSCF9010.jpg
↑危険な労働環境にあるヤマ

労働者が団結することはとても大切なこと。
いろんな資料が残されていました。

DSCF9006.jpg
↑山本作兵衛さんの表札が・・・

山本作兵衛さんといえば、昨年でしたか、
日本初の世界記憶遺産に登録されたんですよね。

ご自身が炭坑で働かれてきた、その体験を炭坑画として精緻に描かれ
世界記憶遺産に登録。当時日本中がびっくりしたものです。

もちろんその中は撮影禁止になっています。
なのでパンフレットを撮影しちゃいました。

DSCF9029.jpg
↑絵の横にはちゃんと詳しい説明が・・・



DSCF9030.jpg
↑これぐらいが精一杯~(^_^;)

中の展示物について、ひとつだけご紹介します。
もちろん写真はありませんが、俗信を書かれています。

当時、キツネがいて、村人に変装し、弱った方のいる家に上り込んで
お見舞いと称して全身の皮をはいで食べていたと・・・
それが事実だからしょうがないと書かれていました。
朝になって主人が息絶えて、昨日の見舞客はキツネだったのか
と悔やんでも後の祭りだったと・・・

キツネより怖いのは、悪意のある生きた人間なんですけどね・・・(^_^;)
ほとんどの日本人は善意の塊なのですが・・・

山本作兵衛さんの時代、当時の炭坑や生活の様子も描いてあります。
皆さんもぜひ足を運ばれてください。



スポンサーサイト