野菜作りや温泉などの日常の出来事を綴ったつれづれなるままの日記です。ズボラで手抜きの勝手に菜園ですが、よろしくお付き合いください。
 2013の有田陶器市
2013年05月30日 (木) | 編集 |
有田ばかりではなく、長崎県波佐見も合わせてご紹介です。
ニャンコもご紹介します。何の関係もないけど・・・

DSCF1703.jpg
↑ナナくん

目つき鋭いけど人懐こいニャンコ

DSCF1704.jpg
↑黒いニャンコは・・・

忘れましたが、クロで通じます(^_^;)

DSCF1705.jpg
↑有田よりも少しリーズナブルなものが多い、波佐見


DSCF1706.jpg
↑会場があります。有田より歩く距離が少なくて済みます。

入って二件目のこのお店が人気です。

DSCF1707.jpg
↑お値段見てびっくり~

正規品だとどれも三千円以上はするようです。

DSCF1708_20130525131914.jpg
↑うさぎさんの図柄も可愛いですね。


DSCF1713.jpg
↑ここは有田の黒牟田地区

源右衛門窯やしん窯はかなり有名ですが、今回ふらりと路地の奥に・・・

DSCF1715.jpg
DSCF1716_20130525131921.jpg
↑なんだか由緒ある窯のような・・・

となりに古民家がありました。
しもた~ わらぶきの家だったのに撮影忘れてた~
中に入ると・・・

DSCF1717.jpg
↑普通の有田焼の青磁や白磁とはだいぶ違います・・・

源右衛門窯みたいな古伊万里でもなし、しん窯のような昔ながらの染付でもなし・・・

有田焼最古と言われる山辺田古窯の近くに400年の歴史を誇る
西山徳右ヱ門窯がありました。

李三平が磁器の製法を日本にもたらしたとされていますが
それより以前に有田で磁器が作られていたと発掘でわかったとか・・・
そんな歴史ある黒牟田地区にありました。

いや~そんな高そうなものは買えません~



DSCF1720.jpg
↑と思っていたら、リーズナブルなものもありますよとお店の方


DSCF1722.jpg
↑お値段は書けませんが、こりゃ激安~(^_^;)

有田陶器市、通り沿いの出店でお安いものを探すのもいいですが
窯元に出向いて器を探すのもいいですよ~
意外なところに気に入ったものがあったりとか・・・
有田は佐賀県の自慢です。


で、再度、波佐見にお安いものを探しに・・・(^_^;)

DSCF1765.jpg
↑お天気に恵まれてなによりです。



DSCF1766.jpg
DSCF1768.jpg
↑世界のいろいろな窯を紹介してくれる公園があります。

これは有田にもないな~

DSCF1769_20130525133614.jpg
↑このテントの中がメインの場所ですから、買い物もそんな大変じゃないです。


DSCF1770.jpg
DSCF1771_20130525133617.jpg
DSCF1772.jpg
DSCF1774.jpg
↑今風のニャンコだったり、昔ながらの古伊万里風だったり・・・


DSCF1779.jpgDSCF1781.jpg
DSCF1785.jpg
DSCF1787.jpg
↑いろいろとありますね~


DSCF1788.jpg
↑試食が出来る~ うれしいですね~



DSCF1791.jpg
↑はい、いろんなニャンコとであった旅でした。



DSCF1793.jpg
DSCF1796.jpg
↑お昼はここ、道の駅山内のバイキングだ~


DSCF1798.jpg
↑最後の締めは桃林窯


DSCF1799.jpg
↑ホッとできる場所


DSCF1800.jpg
↑この日は少しのんびりさせてもらいました・・・


では、GWの後半記事に続く~





スポンサーサイト

 苗を植えて見守ります
2013年05月28日 (火) | 編集 |
オイドンの家庭菜園は植えるまでが勝負。というか
植えてからはほとんど何もしてません~(^_^;)

IMGP1154_20130525141509.jpg
↑サツマイモの苗作りはどうなったかな~

実は実は・・・ 今回初めての全滅・・・ とほほ・・・

しかし、そんなことじゃくじけないぞ~

IMGP1151.jpg
↑結構高いのですが、苗とり用のものを買ってきました。

芋づるを買えばいいと思われるでしょうが、それだと
植える時期が限定されます。まだ後で植えるんです・・・

梅雨に入って雨の日に植えたいんですよ。そしたら根が付くし・・・


IMGP1153.jpg
↑安納芋の次に甘いと言われている紅はるか

安納は少量品種なので、紅はるかの豊作に期待しています。


IMGP1156_20130525141513.jpg
↑もう収穫が始まりました。豆ごはんもしましたよ~

マメ系は失敗しないし誰にでも出来ます。

IMGP1157_20130525141515.jpg
↑キュウリ苗を追加~



IMGP1158_20130525141538.jpg
↑がんばれ~


IMGP1159.jpg
↑レッドオーレという品種のようですね。中玉です。



IMGP1160_20130525141543.jpg
↑ただ豊作を祈るのみ・・・(^_^;)



IMGP1162_20130525141547.jpg
↑中長ナスも追加


IMGP1163_20130525141549.jpg
↑伏見甘長も追加


IMGP1164_20130525144845.jpg
↑ちょっとピンボケだし、まだつぼみだけと・・・

レモンの花ですよ~ 今年は期待できるかな~

IMGP1165_20130525144849.jpg
↑コンポストかぼちゃはとても元気がいいですよ~

今は野菜たちもそれなりに大きくなっています。収穫はまだですが・・・


畑ネタが代わり映えしないのでコメント欄閉じてます~




 2013GW前半の締めは天拝山
2013年05月26日 (日) | 編集 |
関東の友人を迎えてのGWも最後になりました。締めはミニハイキング

DSCF1352.jpg
↑この日は駐車場もほぼ満杯、藤まつりの前日

当日ならもっと多くて登るの大変だったでしょうね。

DSCF1353.jpg
↑七世紀頃建立された九州最古の仏蹟


DSCF1355.jpg
DSCF1356_20130512224621.jpg
DSCF1358_20130512224624.jpg
↑長者の藤

いや~とても見事でした。お客さんが多い理由がわかりました。


DSCF1363.jpg
↑裏手の方はひっそりと・・・



DSCF1364.jpg
↑メインルートではない天神さまの経、その起点です。

日本中で知らない人はいない菅原道真公の歌碑です。
このルートは少しハード・・・
なので、普通のルートを歩きます。

DSCF1367_20130512224656.jpg
↑こちらは開運の道、歌碑が案内してくれます。



DSCF1378_20130512224659.jpg
↑歌碑の紹介や、解説までしてくれています。


DSCF1386_20130512225526.jpg
↑登山スタイルで登られている方も

ここだけだと、そのスタイルは不要ですが、縦走ルートの起点なら
それなりの装備が必要ですね。

DSCF1389.jpg
↑ここまでは楽ちんな道でしたが、これから階段になります。



DSCF1393_20130512225533.jpg
↑シイってのはどんぐりの木ですよね。



DSCF1398_20130512225535.jpg
DSCF1408.jpg
DSCF1418_20130512225606.jpg
↑三百段以上ありますが、まあ楽ちんな部類ですね。

同行の関東の友人にはそれなりのコースだったようで、
汗びっしょりに・・・

DSCF1414.jpg
↑山はともだち、ともだちを大切に!

天拝山でこのプレートを前に撮影するのがオイドンの定番コース
ほんとは縦走しないと登山とは言えませんが、今回はハイキング程度。
歴史と森林浴を楽しみます。

DSCF1410.jpg
↑天拝山神社

中にニャンコが住んでおられます(^_^;)

DSCF1413.jpg
↑見晴らしもいいな~


DSCF1431.jpg
↑帰り道のニャンコ


DSCF1435.jpg
↑こんなひろびろの登山道 自然遊歩道ですね。

木漏れ日がきもちよか~

DSCF1440.jpg
↑シャガも咲いていました。



DSCF1445_20130512230448.jpg
↑つつじ公園


DSCF1446.jpg
↑開運の道の起点はこれでした・・・



IMGP1117_20130512230516.jpg
↑友人が汗びっしょりだったので予定どおり温泉に

万葉の湯、二日市温泉です。ここ博多の湯は源泉かけ流し
ちと狭いけど、硫黄の匂いのするいいお湯です。

休憩所も広いのですが、先を急ぎます。

DSCF1456_20130512230454.jpg
↑関東の友人が帰るってことで、博多の友人が集まってくれました。

DSCF1507_20130512230512.jpg
↑おいしいお魚料理とお酒を楽しみましたよ~


DSCF1511_20130512230513.jpg
↑ではまたいつか会いましょう~

GW前半、忙しくも充実の日々でした。ちと飲み過ぎだったかも・・・(^_^;)









 秋月散策と三奈宜の湯
2013年05月24日 (金) | 編集 |
石井樋の歴史的建造物の後は、同じく福岡県の歴史探訪
秋月にやってきました。

DSCF1213_20130512110023.jpg
↑城下町秋月のメインストリート

桜の季節や秋の紅葉時期は多くの方で賑わいます。

DSCF1214.jpg
↑黒門茶屋は結構有名かな~


DSCF1215.jpg
↑だそうですよ~ 佐賀の伊東玄朴は牛痘でしたね。


DSCF1216.jpg
↑黒田官兵衛、これは得意ジャンルだ~


DSCF1223_20130512110034.jpg
↑新緑の黒門・・・


DSCF1224.jpg
↑歴史を感じます・・・



DSCF1231.jpg
↑木漏れ日のもみじ・・・



DSCF1232.jpg
↑秋月に現存する唯一の建物


DSCF1234.jpg
DSCF1238.jpg
↑瓦坂や施設の紹介パネル


DSCF1240.jpg
↑せせらぎの音が・・・



DSCF1241.jpg
↑近くにある温泉施設 三奈宜の湯


IMGP1110_20130512100356.jpg
IMGP1114.jpg
↑味わいある内湯と露天

家族湯もありますが、少しお値段が張ります・・・
ここは、食事、温泉、お部屋貸切四時間で一人二千円ってプランもあります。
結構お得かな~

平日だと、家族湯も利用できるので超リーズナブルです。


DSCF1251_20130512111809.jpg
↑葛羊羹ってどんな味だろ、試食がほしいな~(^_^;)


DSCF1256_20130512111811.jpg
↑少し足を延ばして、山田堰の水神社


DSCF1258.jpg
↑山田堰は、江戸時代の面影をそのまま復元されています。


DSCF1260_20130512111843.jpg
↑恵蘇神社は天智天皇ゆかりの場所


DSCF1259.jpg
DSCF1264.jpg
↑時計の原型、漏刻のイメージ像ですね。

時は龍がつかさどると思われていたようです。

DSCF1267.jpg
↑道の駅三連水車でお買いもの



DSCF1268_20130512113559.jpg
↑サトウキビ生産の北限地でもある朝倉市の砂糖を使った三奈木饅頭


DSCF1269.jpg
↑夜は我が家で温泉豆腐です。

温泉のアルカリで凝固した豆腐が豆乳に変化していきます。
その途中で食べると最高にトロトロです~

佐賀県の大豆で作った豆腐だからなおおいしいですよ~












 佐賀城本丸歴史館とナンジャモンジャの木~
2013年05月22日 (水) | 編集 |
佐賀のご紹介は続きます。

DSCF1293.jpg
↑佐賀城鯱(しゃち)の門

本物ですよ~

DSCF1294_20130512094259.jpg
↑扉には弾痕の後があるそうです・・・

門以外は焼失してしまいましたが、本丸が復元されました。

DSCF1296.jpg
↑佐賀の八賢人? 以前は七賢人と言われていましたが・・・

明治の政治家である副島種臣の兄、枝吉神陽が加わったとか・・・
副島種臣は内務大臣を務めましたが、書家としても有名で
鑑定団では、扇に書いた書に90万の値が付いていました~

佐野常民は日本赤十字社の創始者だし・・・

江藤新平は日本の民法を作った人。大隈重信と鉄道の敷設を建議したそうで、
ちょうどこの日は、明治の鉄道に尽力した佐賀の偉人の紹介がされていました。
東京駅の設計も佐賀の方ですよ~ 辰野金吾氏です。

DSCF1298_20130512094303.jpg
↑廊下が長いです~


DSCF1302_20130512094305.jpg
↑企画展のポスター 「鉄道を夢みた男たち」


DSCF1304_20130512094330.jpg
↑日本発の実用蒸気機関船も今の佐賀市で作られています。


この佐賀城本丸歴史館、入場無料なんです。ただしお帰りの際に
満足度に応じた寄付金をお願いしています。


DSCF1311_20130512094333.jpg
↑さがレトロ館は、食事したり、佐賀のお土産を買えるお店。

レストランでなくても、軽食の佐賀バーガーみたいのもあります。

DSCF1312_20130512094335.jpg
↑当時は佐賀の警察署だったとか・・・


DSCF1315.jpg
DSCF1317.jpg
↑我々も知らないような佐賀のお土産もあります。



DSCF1318.jpg
↑落ち着いたレストラン

この日は同級生たちと待ち合わせしてランチ
ここもいいですね~ でも・・・

DSCF1322.jpg
↑近くにある佐賀県庁にやってきました。向かい側は現在の佐賀県警



DSCF1327_20130512100252.jpg
↑佐賀県庁は土日でも屋上に上ることができます。もちろん無料。


佐賀の街並みを一望できます。

DSCF1327_20130512100252.jpg
↑中央は佐賀県立図書館

学生時代はお世話になりました。
左上の変わった形の建物は市村記念体育館。
市村清氏は現在のリコー三愛グループの創始者

DSCF1334_20130512100254.jpg
↑屋上にあるレストラン 佐賀牛A5肉のたたき・・・

これってめちゃおいしいんです。
佐賀牛A5ランクなんて普通お店に売ってません。

このレストランも雰囲気よかとですが・・・
今回はオイドンのわがままで食堂にしました。
県庁の食堂は祝日で開いていませんが、すぐ南側にある志げる食堂

しかし、志げる食堂は廃業。この日初めて知りましたが
なんと同級生のお父さんが経営されていたお店だとか・・・
つい昨年までは営業されていました。

しかし、そのあとに佐賀駅近くの高架下にあった「暖」が入られました。
昨年だったか、たまたま10年ぶりぐらいに来店したとき
今日で閉店なんですよと・・・ 今お店を探していますとのことでした。

まだ、志げる食堂の看板はそのまま


DSCF1341.jpg
↑定食が出てきました~ から揚げ定食 お魚です。


DSCF1343.jpg
↑オイドンはイワシフライ定食、二匹付いてきます。


DSCF1344.jpg
DSCF1342.jpg
DSCF1345.jpg
↑それぞれメインのおかずをアップ~ 和風ハンバーグもあります~


どれでも680円~


DSCF1348.jpg
↑県庁の上から見た県立図書館の公園にあるナンジャモンジャの木



DSCF1350.jpg
↑佐賀にも結構あるんですね~



















 成富兵庫成安の石井樋
2013年05月18日 (土) | 編集 |
佐賀の偉人、成富兵庫成安の作った石井樋にやってきました。
以前もご紹介しましたので、能書きは簡単にしますね~

DSCF1175_20130504231348.jpg
↑静かな川の流れ

何もないときはおとなしい川もいったん洪水になると大きな被害が
佐賀城下を水害から守り、飲料水や生活用水を確保する施設
それが石井樋です。

DSCF1176.jpg
DSCF1177_20130504231353.jpg
↑先人の功を讃える碑、これは明治に建てられています。


DSCF1179_20130504231356.jpg
↑天気がいいな~


DSCF1180_20130504231358.jpg
↑水を管理する番屋

施設は1610年代から昭和35年まで約400年近く使われてきたそうです。
しかし、その後、農業用の取水口が別に建設されたことから不要になり
みるみる間に土砂に埋没してしまったとか・・・

DSCF1183.jpg
↑その後、復元されました。

象の鼻と天狗の鼻、土砂が取水口に入らないように工夫されています。

DSCF1185.jpg
↑コンクリート使わず当時の工法で復元された堤防


施設を紹介する「さが水ものがたり館」は入場無料


DSCF1187_20130504231437.jpg
↑ジオラマでわかりやすく勉強できます。


DSCF1188.jpg
↑中世佐賀の偉人ですね。

この石井樋は、農林省、国交省のHPにも日本最初の取水施設として
紹介されています。

DSCF1190.jpg
↑すごか~

DSCF1191_20130504232802.jpg
↑は~い、佐賀って結構すごかでしょ~

この日は午前中、佐賀北サッカー部の応援だったので
午後から半日ですが有意義に過ごしましたよ~

続く~



 霊仙寺と山茶花の湯
2013年05月16日 (木) | 編集 |
小城の羊羹資料館から一日で佐賀の色んな場所を探訪
今度は吉野ヶ里町

DSCF1103_20130504224839.jpg
↑道の駅吉野ヶ里、さざんか千坊館

パン屋さんやパスタのお店もありました。

DSCF1101.jpg
↑でも、この景色が一番最高ですよ~


DSCF1104.jpg
↑坂本峠というめちゃ狭い道を行きます。

今はトンネルが出来て普通は通らない場所

DSCF1106_20130504224844.jpg
↑一応階段は整備されていますが、結構長い距離です。

小城の祇園さんより勾配は楽ですが・・・

DSCF1107.jpg
↑シャガの花が咲いていました。


DSCF1113.jpg
↑日本のお茶栽培のルーツなんです。

臨在宗の開祖栄西が中国よりお茶の種を持ち帰り、
わが国初のお茶を栽培したのだそうです。
その時に修業したお寺が霊仙寺

DSCF1114.jpg
↑ちょっとした山登り気分です。

前回は、山登りの後に行ったから足が上がりませんでしたが
今回は祇園さんと仁比山神社の後だから楽勝です。

DSCF1117.jpg
↑オドリコソウも咲いていました。



DSCF1118.jpg
DSCF1120.jpg
↑お堂の中には参拝者名簿がありました。

地元佐賀県はもちろんですが、福岡や関西、関東からも見えられているようです。
ちょっと霞んでいましたが、ここから道の駅吉野ヶ里を見下ろすことができました。



DSCF1123.jpg
↑お茶畑もありましたが、自然のままのようです。



DSCF1135.jpg
↑吉野ヶ里町の山茶花の湯

ちょっと汗をかいたので温泉に入ります。
人気の温泉施設なので、中は撮影できません。家族湯じゃないですからね。

DSCF1139.jpg
↑食事処もあります。

佐賀牛がリーズナブルなようです。

DSCF1141.jpg
↑最近は自販機もPRの道具として使われているところ多いですね。



DSCF1153_20130504230321.jpg
DSCF1154_20130504230322.jpg
↑夜は後輩のお店、佐賀市兵庫町の陣じんで喉を潤します。

結構お酒はレンチャンになっています(^_^;)

二日目に突入だ~ 続く~









 神埼市仁比山神社
2013年05月14日 (火) | 編集 |
佐賀市のお隣神埼市、九年庵という紅葉の名所がありますが
そのお隣の仁比山神社も負けず劣らず見事です。
今は新緑ですけどね。

DSCF1058.jpg
↑仁井山公園の水車


DSCF1061.jpg
↑城原川にかかる愛逢橋(あいあいばし)

日本初の木造トラス構造の橋だとか・・・

DSCF1062.jpg
↑水がきれいですね。


DSCF1063.jpg
DSCF1064_20130504214718.jpg
↑夏になると子供達が川で遊ぶ姿が見れます。


DSCF1065_20130504214741.jpg
↑九年庵は、一年に一度だけ紅葉の季節に公開されます。

でも、最近は新緑のGWにも公開されるようになったとか。
県外から多くの観光バスが押し寄せてきますよ~

この時はまだ公開前でした。

DSCF1069.jpg
↑聖武天皇にも関係があるんだ~


DSCF1071.jpg
DSCF1070.jpg
↑迫力があります~


DSCF1074.jpg
↑新緑の小道を登っていきます。


DSCF1075.jpg
DSCF1076.jpg
↑伊東玄朴はシーボルトにオランダ医学を学び日本に種痘を導入したとか

佐賀城本丸歴史館には鍋島藩主の子息に種痘を接種する絵図もあります。


DSCF1078.jpg
↑遊歩百選なんてあるんですね~

UFO~ (^_^;)

DSCF1082.jpg
↑いいですよ~ 仁比山神社は無料ですからね~


DSCF1083.jpg
DSCF1093.jpg
↑神社に参拝しました。

DSCF1096_20130504220112.jpg
↑また愛逢橋を通って公園に戻りました。

コメント欄閉じてますが、まだまだ続きます~




 佐賀県森林公園とぎょうざの満州屋
2013年05月13日 (月) | 編集 |
佐賀市嘉瀬町にある佐賀県森林公園に行ってきました。

DSCF1039.jpg
↑都市型公園の森林公園

佐賀県で一番大きい公園かな? 昭和43年に明治百年を記念して建設を始め
昭和54年に一部完成だったとか。

DSCF1035.jpg
↑野球場は最近完成しました。

甲子園佐賀県大会の決勝はここで行われます。プロ野球の公式戦もたまに・・・
セリーグが主ですが・・・

DSCF1044.jpg
↑野鳥の見るための小屋もあるんだって・・・

冬は渡り鳥とかも来るのかな~

DSCF1045_20130504172012.jpg
↑鑑真和上が日本に上陸された場所は、ここ嘉瀬だったそうです。


唐招提寺を開かれた方ですね。

DSCF1046.jpg
↑当時の遣唐使船をイメージしたオブジェ


森林公園は広大な敷地にアスレチックや森があり、
見晴らし台や芝生の公園もあるので、小さな子どもさんでも安心して遊べる
佐賀県民のいこいの場所となっています。

土日や祭日は多くて駐車するのが大変です。

その森林公園の向かい側にありました。

DSCF1047.jpg
↑ぎょうざの満州屋

以前は佐賀市内にもあり、よく買っていましたが、一年程前に閉店。
工場で営業されていると聞きました。

ありましたよ~

DSCF1050_20130504172041.jpg
↑なんというか、そっけない店内・・・(^_^;)
メニューもぎょうざ、めし、ビール、ジュースそれだけです。

しかしおいしくてつい写真撮影忘れていました(^_^;)


DSCF1052.jpg
↑ひさびさに昼飯のはしご・・・(^_^;)

佐賀大学前にある昔懐かしのちゃんぽん屋さん。池田屋


DSCF1053_20130504172045.jpg
↑シンプルな入口です。

中村屋さんというちゃんぽん屋があり、そこが閉店する時に
常連の池田さんに店の味を引き継いでみないかという話があったそうです。

DSCF1055.jpg
↑こざっぱりした店内

でも、奥の方の台所は、なんだか超古いようです。当時の中村屋さんの
思い出の品、そんな気がしました。

DSCF1056.jpg
↑昔ながらの味ですね。でも、少し濃いかな。

昔はちゃんぽんの味が薄くてソースかけるのが当たり前でした。
今は少ないと思いますが、ちゃんとウスターソース置いてありました。

DSCF1057.jpg
↑さっきのは裏口で、ちゃんと玄関がありました(^_^;)


続く~








 祇園さんと小城羊羹
2013年05月11日 (土) | 編集 |
GW、関東の友人が帰省しましたので佐賀を案内しました。
シリーズの開始です。

DSCF1011.jpg
↑小城市にやってきました。

以前もご紹介したことがあります。村岡総本舗と羊羹資料館

DSCF1012.jpg
↑その向かいが、地元の人に“祇園さん”として親しまれる「須賀神社」です。

千葉胤貞が、京都の祇園社(現・八坂神社)より分祀して創建した神社。
明治期に須賀神社となりましたが地元では祇園さんと呼ばれています。

ここの前の川は北部九州でも指折りのホタルの名所。
だんだん上流に移動しますが、山奥のせせらぎの中で
ほのかにひかるホタルの大群は見事です。

DSCF1013.jpg
↑千葉城跡でもあります。


DSCF1015.jpg
↑では当然ながら登ってみます。

DSCF1018.jpg
↑かなり急な坂だ~

登ってから神社に参拝し、更に展望台を目指します。

DSCF1021.jpg
DSCF1023.jpg
↑新緑の木漏れ日


DSCF1026.jpg
↑城跡に建つ展望台


DSCF1027.jpg
↑小城の城下町を一望できます。


DSCF1028.jpg
↑降りるのが大変ですが、裏に回り道があるそうです。


DSCF1030.jpg
↑羊羹資料館に行ってみました。


DSCF1031.jpg
↑店舗のとなりに資料館があります。


DSCF1032.jpg
↑切り絵で作られたカレンダーが紹介されていました。


DSCF1033.jpg
↑羊羹の歴史を紹介するビデオを見ることができます。


DSCF1034.jpg
↑羊羹と抹茶のサービス。無料です・・・(^_^;)

二階には羊羹を作る道具や珍しいラベル等も、お店の方の許可を得れば
撮影できるようですが、今回は遠慮しました。

続く~

とりあえずなので、コメント欄閉じてます~ 次回は開けますからね~(^_^;)








 GWの植え付けだ~
2013年05月09日 (木) | 編集 |
野菜苗を購入。種からはカボチャだけ。

IMGP1119.jpg
↑全部で2800円程、少し高い野菜苗も買いました。


IMGP1129.jpg
↑苗を植える前にタマネギを抜きました。

ちょうど友人が天草の晩柑(八朔みたいなやつ)を持って遊びに来たので
タマネギと物々交換・・・(^_^;)

IMGP1130_20130504151818.jpg
↑298円もするフルーツトマトの苗

これは、わき芽でいくらでも増やせるので結局お得かな~

IMGP1131_20130504151821.jpg
↑お隣のおばあちゃんの作戦をパクリます。

新聞紙行燈、ガムテープで補強しています。
おばあちゃんはどうされているのかな~

IMGP1132_20130504151823.jpg
↑庄屋大長ナス


IMGP1133.jpg
↑トウガラシ、鷹の爪というやつです。


IMGP1134_20130504151857.jpg
↑うどんこつよし君、でも苗は少し小さいかな~ 198円


IMGP1135_20130504151859.jpg
↑普通のきゅうり苗、なつすずみも植えています。


IMGP1136.jpg
IMGP1137.jpg
↑シュンギクの上のバッタ君

シュンギクも花はきれいに咲くんですけどね~

IMGP1141_20130504153254.jpg
↑トマトは桃太郎も植えて、ピーマンも植えています。

万願寺とうがらしか伏見甘長も植えないと・・・
植える予定地のまだ半分。途中で少しずつ追加していきます。





 2013のタケノコ料理だ~
2013年05月08日 (水) | 編集 |
タケノコ料理はオイドンの定番ですが、まず掘らないと・・・(^_^;)

DSCF0965.jpg
↑軽トラックでしか行けない、荒れた道を登って・・・

後は歩きです。

DSCF0966.jpg
↑竹林を歩いて・・・


DSCF0968.jpg
↑ありました~

元はミカン園、そのあとヒノキを植えましたが・・・
管理できるはずもなく、今は竹林に・・・

DSCF0969.jpg
↑これぐらいなら十分でしょう。

少しぐらい硬くても大丈夫です。

DSCF0970.jpg
↑周りの泥を少しずつ落として


DSCF0971.jpg
↑えいっ!気合で掘ります。


DSCF0974.jpg
↑結構あるな~(^_^;)

掘ったのは4月中旬、GWの頃だともう遅いようです。

DSCF0976.jpg
↑コンテナに入りきれないぐらい採れました。


DSCF0982.jpg
↑家に帰るとミッキーも興味しんしん


DSCF0988.jpg
↑いったんお湯で湯がいてから、油で炒めます。



DSCF0989.jpg
↑初めは白いタケノコ


DSCF0998.jpg
↑お砂糖、しょうゆ、みりんを加えて炒めます。油も随時追加

焦げないよう、じっくり炒めます。一時間から二時間ぐらい。

DSCF0999.jpg
↑トウガラシや塩ごしょうも入れて味を調整


DSCF0995_20130504155002.jpg
↑まずはこんなもんでどうでしょう。


DSCF0994.jpg
↑食べるときにその都度炒めます。

だんだんおいしくなります。

すいません~ タケノコ終了したのでコメント欄閉じてます~



 2013のGW 畑もそれなり
2013年05月07日 (火) | 編集 |
三月から畑の準備を行ってきました。
その頃、雑草と間違えて下の土手に捨てていた草の中から・・・

IMGP1103.jpg
IMGP1102_20130504145827.jpg
↑スズランスイセン

さっそくレスキューして移植しました。


DSCF0986.jpg
↑トラクターで一気に耕します。


奥の方はお隣のおばあちゃんのテリトリー
ここも三月に耕しておいてあげました。さっそく行燈して植えておられます。
新聞紙行燈、オイドンもパクリます。

しかし、ミッキーの足跡が付いてる~(^_^;)

IMGP1107.jpg
↑耕してもらった畑は気持ちがよかと~




DSCF0987.jpg
DSCF0984.jpg
↑鶏糞堆肥も蒔いて準備OK~


IMGP1121.jpg
↑GWです。畑も黄金週間~(^_^;)

いや何の意味もないです・・・
早生タマネギが倒れちゃってバンザイ~

IMGP1122_20130504145949.jpg
↑しっかりした早生タマネギ、今年はこれまでの中では一番かな

晩成はまだ先行き不安ですが・・・

IMGP1123_20130504145951.jpg
↑エンドウ君も遅ればせながら実が付いてます。


IMGP1124.jpg
↑カボチャも少し芽を出してます。


IMGP1125.jpg
↑夏大根


IMGP1126.jpg
↑人参ですよ~


IMGP1127.jpg
↑まばらなスプリングほうれんそう・・・


IMGP1128_20130504151244.jpg
↑コンポスト作戦のカボチャ・・・

今年も全力で手抜きします~(^_^;)





 西海橋と桃林窯
2013年05月04日 (土) | 編集 |
食事の後は大島を探訪してみました。

DSCF0872.jpg
↑タヌキをイメージした案内看板

海の中を歩く気分になれるウッドデッキらしいです。しかし・・・


DSCF0876.jpg
↑台風で壊れたまま・・・ 無念です・・・


ならば大島大橋の撮影だ~

DSCF0886_20130416220009.jpg
↑ありゃ、すごく高い橋なのに雲で見えなくなってる~

行くときはきれいに見えたから、帰りに撮影と思っていたら・・・
ならば別の橋を・・・


DSCF0893.jpg
↑日本三大急流と言われる西海橋

3月3日の大潮の時はすごいうず潮が見れるとか・・・

DSCF0897.jpg
↑先の方にあるでっぱりで橋の下を見てみるか・・・

車に用心しながら・・・

DSCF0898_20130416220042.jpg
うっ!怖くて下が見れません~

ここは一般道路の橋ですが、新西海橋が隣に出来ておりそこからだと・・・
歩道橋のがあり安全に歩いて渡れるそうです。

しかし、橋の高さはこの橋より高い・・・ うっ!


DSCF0904_20130416220044.jpg
↑うず潮は迫力ありそうだな~


DSCF0906.jpg
武雄市山内町にある桃林窯にやってきました。



DSCF0913.jpg
DSCF0915_20130416220051.jpg
↑ギャラリーでのんびりお茶を頂きました。

お世話になりました。


DSCF0926.jpg
DSCF0925.jpg
DSCF0923.jpg
↑武雄市図書館にやってきました。

中は撮影できないので、簡単にご紹介。
ここは、レンタル大手のツタヤが運営を委託されている
日本で最初の公立図書館。

賑わっていましたよ~

でも、本屋さんの本なのか、図書館の本なのか慣れないとわかりにくかったです。
それととても高い場所に本があって・・・

課題はおいおい解決されるでしょうね。

スタバも入っていますが、キャップ付きのボトル飲料なら
持ち込みもOKとか・・・

そりゃ助かりますね~

GW中盤、畑もそれなりにやっていますが、コメント欄は閉じてます~








 西海丼フェアとかんころもち
2013年05月02日 (木) | 編集 |
突然ですが、長崎県の大島にやってきました。西海市です。
西海市はハウステンボスのある佐世保市のお隣。

DSCF0829.jpg
↑大島は、以前はフェリーで行ってましたが、今は大島大橋が完成

それに去年からその橋も無料になっています。

DSCF0831.jpg
DSCF0832.jpg
↑ご覧のとおり雨です。

4月6日、日本全国に暴風雨の警報が出ていた日
でも、北部九州は普通の雨。

予定していたのでお出かけです。

DSCF0833.jpg
↑食事は伊達本舗を検索していたのですが・・・

ここって何屋さん??? レストランって書いてはあるけど・・・

DSCF0834.jpg
↑建物はそれなりに新しいですが・・・



DSCF0837.jpg
↑どうみてもお菓子屋さんなんですけど・・・

いや、お菓子を作る工場でした。
でも、奥にレストランらしきものが・・・

メニューは二千円程度の海鮮丼から、五千円程度の伊勢海老料理
いや、そんな高いものは予定していません~

DSCF0843.jpg
↑これなんですよ~ 1050円の五島灘丼 レストランミラマール

4月中旬までの西海丼フェアの限定商品。
だけどいつでもありそうな気が・・・


DSCF0848.jpg
DSCF0851.jpg
↑タイ、イカ、ヒラアジ、タコ、ヒラメ

それにすり身天ぷら、その下には地魚の漬け
ちょっとご飯が少なめですが、頼んだら大盛りに出来るのかな~

卵も乗って、お値段安くて満足です~

それに・・・

DSCF0849.jpg
↑大きくはないけど、あらかぶの味噌汁付き~

あらかぶとはカサゴのことですよ。


お値段を少し高くすれば伊勢海老とかで豪華になりますが
その必要性はありません~ これで十分豪華絢爛~


DSCF0862.jpg
↑かんころもちが沢山ある~

サツマイモをふかしてかんころにしたものに、佐賀県産の餅米と合わせて・・・
いや製法まではわかりませんが、干し芋みたいなものかな?

味見はたっぷりさせてもらいました。購入しましたよ~
なんというか、素朴な味です。

関東で人気の干し芋ってのもこんな味かな~

DSCF0864.jpg
↑かんころもち

佐賀県ではかんころってのは、切干大根のことなんですけどね~
佐賀県以外では通用しません。


かんころもちは超有名らしいですが、他にもいろんなお菓子やすり身天ぷら
トビウオのふりかけがありました。
このふりかけが我が家的に超はまりました

毎日お弁当に入れてます。

DSCF0868.jpg
↑工場、レストラン、売店 なかなか楽しめるお店でした~


後半に続く~

GW中、コメント欄閉じてます~スイマセン~