野菜作りや温泉などの日常の出来事を綴ったつれづれなるままの日記です。ズボラで手抜きの勝手に菜園ですが、よろしくお付き合いください。
 雲仙ソロ登山(2)
2013年09月30日 (月) | 編集 |
ガスの雲仙を登っていきます。整備された登山道なので安心ですが・・・

DSCF5538.jpg
↑樹木が少なくなってきたので、晴れていれば・・・

残念、何も見えません。

DSCF5541.jpg
↑約40分で山頂へ

雲仙普賢岳ではなく、お隣の妙見岳です。
どちらかといえば、眺望はこちらがいいとか・・・
これだけのガスならどこも同じですけどね(^_^.)

DSCF5542.jpg
↑ロープウェイの山頂駅です。

しばらく休憩してこれからどうするか考えます。

DSCF5545.jpg
↑すぐ目の前にあるのにこんな感じの駅舎


しばらく休憩していたら、同じようにソロ登山の女性が下から登ってこられました。
「このガスですけど、どこまで行かれますか?」と聞いたところ
「もう登ってきました」 エッ!そしてまた登ってこられたの?

「普賢岳山頂で体が飛ばされそうになりました。」
「平成新山ルートは特に風が強くてとても歩けたもんじゃないと聞きました」
との情報を

こりゃ平成新山も普賢岳もあきらめて、反対側に回って普通に下山するか・・・


DSCF5547.jpg
↑妙見神社で帰路の無事を祈願してと・・・


DSCF5548.jpg
↑ありゃ、どっちに進むんだったけ?


DSCF5549.jpg
↑装備はそれなりに準備していますが・・・

この日は気候も厳しいです。

DSCF5550.jpg
↑国見岳の方向に下山していきます。


DSCF5551.jpg
DSCF5552.jpg
↑緩やかな尾根道であり、見晴らしもいいはずですが・・・



DSCF5553.jpg
↑ここで国見岳方向には行かずに普賢岳の方向に進みます。


DSCF5556.jpg
↑写真じゃわかりませんが、風がめちゃすごいです。

朝は何も風吹いてなかったのに・・・
急な坂を下りていきます。降りるほうでよかった~
上りなら力尽きたかも~(^_^.)

DSCF5564.jpg
↑ツルボかな~


DSCF5565.jpg
↑鬼人谷に来ました。

山で100mって、平地とは全然違いますよ。

DSCF5566.jpg
↑ここから、西の風穴、北の風穴を通って行くと・・・

平成新山(雲仙普賢岳の隣、あの溶岩ドーム)をまじかに見ることができます。
もちろん今日は見れないし、行きません。
険しいルートで一方通行だとか、天気のいい日にいつか再チャレンジです。

普賢岳のピストンならここから一時間か~ それもパス。下山します。

DSCF5567.jpg
↑木が横に生えてる・・・


DSCF5568.jpg
↑茶屋についた~ って、別にお店がある訳じゃないです。

単なる休憩場所です。先客ありなので、先を急ぎます。


またまた続く~(^_^.)






スポンサーサイト

 雲仙ソロ登山(1)
2013年09月28日 (土) | 編集 |
9月中旬のことです。時間があって畑も何もすることなくて(後段は大嘘・・・)

DSCF5508.jpg
↑有明海沿岸を走ります。干潮になっています。

どこまでも干潟の海

DSCF5511.jpg
↑むむむ・・・ 遠くに誰か見えます・・・


DSCF5509.jpg
↑これが有名なムツゴロウ漁です。

むつかけと言って、針でムツゴロウをひっかけて釣るんです。
素人は、まずこの板に乗って沖に出ることができません。

DSCF5516.jpg
↑雲仙の山裾にきました。赤土の畑です。


DSCF5515.jpg
↑ちょうど植え付けの真っ最中でしょうか・・・

ここ長崎県は、北海道に次ぐ全国第二位のジャガイモ産地
秋ジャガの品種でデジマというのがありますが、まさに長崎ですね。

DSCF5519.jpg
↑雲仙仁田峠の周回道路入り口です。

以前は有料でしたが、現在は無料になりました。しかし、環境保全の協力金
100円を目安に任意での寄付をお願いされています。
もちろん、オイドンも支払いました。

ちなみに、夕方から朝にかけてはゲートが締められており通行できません。

DSCF5520.jpg
↑仁田峠の駐車場、ガスが出てきました。


DSCF5522.jpg
↑近づいているのにガスってます。


DSCF5523.jpg
↑仁田峠のプレートの後ろはもう真っ白

DSCF5525.jpg
↑ロープウェイの乗り場

誰もいません、強風のため運転中止です。売店も全部閉まってます。
ロープウェイがあれば、40分を5分に短縮できます。
しかし、そんな次元じゃありません。とりあえず登山道路をのんびりと

DSCF5527.jpg
↑ヤマホタルブクロ?

ビジターセンターの山野草紹介板にも記載がなかったような・・・
だからはずれかもしれません。

DSCF5528.jpg
↑ビジターセンターにはツクシアザミがあると表示が・・・

それかな~

DSCF5529.jpg
↑ミヤマキリシマがひとつだけ・・・

季節間違っちゃいました~(^_^.)

DSCF5530.jpg
DSCF5534.jpg
↑これってヒヨドリバナでしょうか・・・


DSCF5536.jpg
↑イタドリかな~ それともウラジロタデ??



DSCF5531.jpg
↑ガスった登山道を一歩ずつ歩きます。

続く~(^_^.)












 2013秋の天山(その2)
2013年09月26日 (木) | 編集 |
のんびり登山なので記事も分割しています。

DSCF5258_20130922170053d32.jpg
DSCF5277_20130922170057d2b.jpg
↑シギンカラマツ

花の形がカラマツの葉に似ているからだそうです。

DSCF5275_201309221700562b5.jpg
DSCF5281_20130922170059644.jpg
↑ヤマホトトギス

いつかお会いしましたかね~ 最近記憶力が・・・


DSCF5283.jpg
DSCF5291_2013092217013053c.jpg
↑キンミズヒキ

久住でもよく会いますよ~

DSCF5292.jpg
↑う~ん、なんだろ?


DSCF5301_20130922170134b28.jpg
↑ピントは合ってないけど、ヤシャブシ


DSCF5303_20130922170135430.jpg
↑天山のお隣にならんでいる「あめ山」


DSCF5304_20130922170137d9b.jpg
↑有明海、雲に霞んで見えないけど、正面は雲仙


DSCF5305.jpg
↑秋の空がきもちよか~

この日の夕焼けはとてもきれいでしたが、夕方には平地に降りていました。
残念・・・


DSCF5306.jpg
↑アザミのように見えますが、タムラソウ? 



DSCF5307.jpg
↑ハアハア、あと少し・・・

最後あたりは少し急な坂になります。時間は片道40分もあれば楽勝ですが・・・

DSCF5310.jpg
↑どなたかのお墓とありました。


DSCF5314.jpg
DSCF5316.jpg
↑秋の天山といえば、この花も欠かせません。マツムシソウ

もうひとつの紫の花、タンナトリカブトは別の場所にさいていたようです。
今回はそこまで足を延ばしませんでした。



DSCF5321_20130922171235d14.jpg
↑ツルリンドウ


DSCF5327.jpg
DSCF5328.jpg
↑こんな感じで頂上が広く、見晴らしもよくて超気持ちいい~


玖珠町の万年山もこんな感じだし、マツムシソウもすごいんです。


DSCF5331.jpg
↑お手軽に登れる佐賀の山、天山のご紹介でした。

ちゃんと山登りされるかたは、七曲り峠から登られたり、
縦走されたりするようですね。
オイドンは、なんちゃって山登りですから、こんなもんで十分です(^_^.)










 2013秋の天山(1)
2013年09月24日 (火) | 編集 |
9月上旬に天山に登りました。登るといっても登山というレベルじゃなく・・・
9合目から散策というイメージです。誰でも登れます。ネコでも・・・


DSCF5242.jpg
↑小城の晴気小学校あたりから北上します。

正面に見える山が天山です。平らな尾根が広い山


DSCF5243.jpg
↑途中から振り返ると佐賀平野と有明海が見えます。

もちろんオイドンの家も見えてるかな?

DSCF5245.jpg
↑駐車場にはずらりと車が・・・

途中は一台もすれ違わなかったので、誰もいないと思ったのですが・・・

ちなみに佐賀や北部九州ではすれ違うことを「離合する」と言いますが、
これって方言だそうです。へ~

DSCF5246.jpg
↑とても登りやすい整備された道です。


DSCF5252_20130922164345755.jpg
↑シュロソウ


DSCF5254_20130922164406180.jpg
↑特に根っこには強い毒があるとか・・・


DSCF5255.jpg
DSCF5256.jpg
↑定番のサイヨウシャジン

山の山野草に興味持ち始めたころ、この花がとても新鮮でした。
畑にはこんな花はありませんでしたからね。

DSCF5260.jpg
↑緑のシャワーを浴びて登っていきます。


DSCF5263_2013092216441398b.jpg
↑ヒヨドリソウですかね。


DSCF5266_20130922165407248.jpg
DSCF5267_20130922165409662.jpg
DSCF5265_20130922165601420.jpg
↑葉っぱの形からすると、センニンソウかな?

一か所でしか見つけることができませんでした。

DSCF5280.jpg
↑これはいろんなところで咲いていましたよ。

つづく~




 佐賀のクワはこれしかなか
2013年09月22日 (日) | 編集 |
クワが壊れたので新しいクワが必要になりましたが・・・
全国チェーンのホームセンターには売っていません。

DSCF5336.jpg
↑振り下ろして耕すのではなく、小さく地面から土を盛り上げてならしていく

そんなクワ。地元のホームセンターとかJAにしかないようです。
当然ながらほかの県では買えないようです。熊本県でだいぶ探しましたが
無理でした。


DSCF5337.jpg
↑創業明治三十年

明治・・・ 江戸幕府から薩長が牛耳る明治になった当時
江戸の市民が言ったそうです。
「上からは明治だなどというけれど、おさまるめいと下からは読む」


確かに内戦とかありましたね。オイドンの好きな近代歴史もの
最近読んでないな~

DSCF5338.jpg
↑佐賀向平鍬というようです。

ステンレス。


DSCF5339.jpg
↑こんなふうに平らにならすのが得意です。



DSCF5340.jpg
↑もう一度、有機石灰をまいてと・・・



DSCF5341.jpg
DSCF5342.jpg
↑二枚目の写真は土をもりあげずに・・・


DSCF5343.jpg
↑まっすぐじゃないのは、オイドンの根性です。

曲がっていますからね(^_^.)

DSCF5344.jpg
↑アンデスレッド


DSCF5347.jpg
↑ちょっとこつぶなデジマ

プロの種苗屋さんが言うに、大きすぎても意味ないので
これぐらいで十分だと。単価もかなり安かったです。

このほかに、インカも少し植えてます~







 秋野菜の準備と菜園いろいろ
2013年09月20日 (金) | 編集 |
秋の野菜、準備をしています。とりあえずは、夏野菜の最後のあがきを・・・

DSCF5200.jpg
DSCF5202.jpg
↑青いのも赤いのも、これで黄色があれば信号機かな・・・

ちと硬くなっているのもあります。

DSCF5203.jpg
↑ナスAとナスB

そろそろ第二弾剪定するかな~

DSCF5205.jpg
↑それなりの里芋、赤目大吉


DSCF5206.jpg
↑草に覆われたサツマイモ畑


DSCF5207.jpg
↑台風や大雨にもまけずに、すくすく成長している丹波黒豆



DSCF5208.jpg
↑キュウリの花は咲きましたが、台風の後、萎れてしまいました。



DSCF5210.jpg
↑人力は疲れます。腰が・・・



DSCF5223.jpg
↑とりあえずとりあえず・・・


DSCF5219.jpg
↑兄の作ったブドウ

昔は父がキャンベラという品種を作っていました。
当時は、甘い巨峰がうらやましくて・・・
もちろん、今も巨峰は甘いですが、兄のは種無しのベリーA

甘さは違いますが、ブドウらしいおいしさです。



DSCF5224.jpg
↑ブドウを食べて元気だして、また耕すぞ~


DSCF5227.jpg
↑苦土石灰蒔いて、牛糞堆肥も・・・



DSCF5228.jpg
↑ぐっちゃぐっちゃ、平らにする道具が必要ですが・・・


クワがまた壊れてしまいました・・・


DSCF5238.jpg
↑とりあえずレタスをポットにまいてと・・・



DSCF5230.jpg
↑兄のそば畑・・・

兄の畑が続きます。

DSCF5231.jpg
↑兄のごぼう

メチャ元気がいいです。大きいですよ~


DSCF5232.jpg
↑今年兄が気合入れているゴマ畑

無農薬栽培でゴマメーカーとの契約栽培
毎日手作業で虫を捕まえています。朝も夕方も・・・

ゴマの花は白い花、撮影はしそびれました。夏は暑くて・・・

DSCF5233.jpg
↑ゴマの実

これを乾燥させてゴマを収穫します。そのためにハウスを作っています。

DSCF5241.jpg
↑兄の畑から失敬したゴボウ、食べきれないから手伝ってあげています(^_^.)

後半に続く~かな?









 タデ原のサワギキョウ
2013年09月18日 (水) | 編集 |
あいにくの雨なので、山には登れず木道を散策です。

DSCF4813.jpg
↑ピントが・・・(^_^.) ぶれてるし・・・

DSCF4815.jpg
↑木道の終点、ありゃ~すごい水だ~

無理なので引き返しました。

DSCF4816.jpg
↑こんな感じです。

山に登るは絶対無理ですね。もちろん登りません。

DSCF4817.jpg
↑用心用心


DSCF4820.jpg
↑シムラニンジンかどうかわかりません。


DSCF4823.jpg
↑ビジターセンターに戻りました。

散策ルートがわかりやすく書いてあります。

DSCF4828.jpg
↑ビジターセンターの入り口に咲いていました。

クサフジかな?

DSCF4830.jpg
↑飯田高原で買った芋饅頭

シンプルでおいしい~

DSCF4832.jpg
↑一応ここに来ます。


DSCF4834.jpg
↑大雨警報が出てたから?? 閉まっています。

冬は営業しないけど、夏休みの日曜日に閉まっているなんて、ビックリ。


DSCF4836.jpg
↑観光バスが一台 それだけ・・・

外国の方のようですが、こんな雨の時に登るの??
我々は帰ります。



DSCF4853.jpg
↑下り車線の山田サービスエリア

モダンな雰囲気です。

DSCF4854.jpg
↑いいね~ ほとめき食堂


DSCF4855.jpg
↑ほとめきとは、筑後地方の方言で「お・も・て・な・し」の意味ですよ~(^_^.)


DSCF4857_20130914155851075.jpg
↑お土産品も充実



DSCF4860_20130914160700a72.jpg
↑あさくら麦屋さんは、パン屋さん。

人気のお店のようです。

DSCF4861_20130914155857494.jpg
↑カレーパン

DSCF4858_20130914155854659.jpg
↑ほかにもたくさんの種類が・・・

でも、よく見ていると、なんだか見たことあるようなパンが沢山。
そうです、ここは金立サービスエリアにあるパン屋さんと同じ系列です。
金立では、特にメロンパンが有名ですね。

DSCF4862_2013091415585978a.jpg
↑雪うさぎは福岡の銘菓


DSCF4863.jpg
↑地元のお野菜や果物もあるし・・・


DSCF4864.jpg
↑大分県の銘菓 ざびえる

最後はやっぱり甘いものになりました(^_^.)




 雨のタデ原湿原
2013年09月16日 (月) | 編集 |
雨のタデ原湿原です。残念ですがお天気ばかりは・・・

DSCF4721_20130914140802719.jpg
↑飯田高原ドライブイン 

JAさんの施設で、野菜やお土産、レストランもあります。

DSCF4722_20130914140804f6e.jpg
↑雨ですよ~


DSCF4726.jpg
↑トウモロコシは生で食べられるそうです。


DSCF4728.jpg
↑ネギかと思ったら、なすびですか・・・


DSCF4730_20130914140810352.jpg
↑久住連山は当然のごとくガスがかかっています。


DSCF4736.jpg
↑長者原ビジターセンター


DSCF4739_20130914140839d0b.jpg
↑折々に咲く花々が紹介されています。

あらかじめここで予習してから散策すると楽しいですよ。

DSCF4746.jpg
↑色鮮やかなんですが、雨の影響でこんな写真に・・・


DSCF4747.jpg
↑雨具と傘をさして散策します。


DSCF4748_20130914140846220.jpg
↑雨が降ったので、普段はせせらぎの川も濁流に・・・


DSCF4752_201309141417573ab.jpg
↑ウドみたいですが、写真がひどいな~


DSCF4769.jpg
↑これもイマイチですが、シムラニンジンかな?


DSCF4771.jpg
↑花が紫なので、ヤマトラノオでしょう。


DSCF4779.jpg
↑シモツケソウですかね


DSCF4780.jpg
↑ハンカイソウの名残かな~


DSCF4783.jpg
↑小さな可愛い花を見つけました。シラヒゲソウ


DSCF4792.jpg
↑これもピントがいまひとつ・・・


DSCF4788.jpg
↑サワヒヨドリ


DSCF4796.jpg
↑ミズトンボ


まだまだ続きます~





 万年山その3と大分から揚げ
2013年09月14日 (土) | 編集 |
万年山の花、もう少しご紹介しますね。

DSCF4548.jpg
↑ニラの花だそうです。


DSCF4551.jpg
↑アキノタムラソウですかね・・・



DSCF4554.jpg
↑舗装された散歩道が終わり、あの山を登るハードな道に・・・

でも、ガスが出てきたので中止します。山はいつでも登れるし・・・

DSCF4559.jpg
↑アソノコギリソウ

なぜノコギリソウかって・・・

DSCF4561.jpg
↑葉っぱがノコギリの歯みたいにしています。



DSCF4562.jpg
↑これなんだろ???

まったくわかりません。

DSCF4565.jpg
↑花の残骸、もしくはこれ自体が花?? 

まったくわかりません。

DSCF4578.jpg
↑米粒みたいなものが見えます。ママコナ




DSCF4579.jpg
↑登り口に戻ってきました。

立ち入り禁止とありますが、車が立ち入り禁止であり
登る人は関係ありません。立ち入り歓迎です。

DSCF4582_20130914095440b4c.jpg
↑牧場の倉庫があります。


DSCF4585_20130914095442e51.jpg
↑駐車場はとても広いのですが、この時期は誰も登っていません。

やっぱりミヤマキリシマの時期かな~

DSCF4586_20130914095444327.jpg
↑途中食べ物の話題になり・・・

玖珠町のからあげ専門店に立ち寄りました。
もちろん娘の要望。オイドンには無縁の店です。

DSCF4588_201309140954468a8.jpg
↑大分からあげと書いてあります。

中津もからあげ有名だそうですけど・・・
(中津は大分県で、福沢諭吉の生誕地として有名です)

DSCF4590_2013091409544824c.jpg
↑鶏しかありません。

コロッケとかあればよかったけど・・・

DSCF4593_20130914095520306.jpg
↑有名どころのニャンコの置物みたいです。


DSCF4592_20130914095516842.jpg
↑ここは伐株山(きりかぶやま)、そんなカタチですよね。

車で登ることができるそうです。山は雨になっていますし
街中もだんだん雨がひどくなってきました。

途中で山に登るのを中止して正解です。
近くに滝があるとのことだったので、行ってみました。


DSCF4598_201309140955212fa.jpg
↑三日月の滝


DSCF4600_20130914095526f0b.jpg
↑それなりに迫力ありました~(^_^.)


DSCF4599_2013091409552418f.jpg
↑ですね。

でも一番の親孝行は、子供たちが真っ直ぐに幸せに生きていくこと。
ではないでしょうか。









 万年山のヒゴタイ
2013年09月12日 (木) | 編集 |
万年山(はねやま)にはヒゴタイが植えられています。
以前はどこにもあったそうですが、今は阿蘇や久住の一部にしか・・・

DSCF4509.jpg
↑もう説明は何もいりませんね・・・

ここでしか見れないヒゴタイ

DSCF4510.jpg
↑ようこそ、九州へと言っているようです。


DSCF4511.jpg
↑花の構造についていろいろと説明・・・

なんてことはできません。ただ可愛い花をご紹介するだけです。

DSCF4512.jpg
↑マシュマロだ~


DSCF4516.jpg
↑牧場とヒゴタイ


DSCF4519.jpg
DSCF4520.jpg
↑こんな道なら口笛吹きながらスキップできますね。


DSCF4527.jpg
↑キンミズヒキ


DSCF4528.jpg
↑クルマバナ

これはきれいに撮れたかな~

DSCF4532.jpg
↑前はガスが出てきました。

夏だからいいけど、冬にガスにまかれて亡くなった人の話はよく聞きます。
山をなめたらいけませんね。

DSCF4540.jpg
↑もちろん今は季節が違いますが・・・


DSCF4541.jpg
↑遠くて見えない~

それにここから先は牧場、立ち入り禁止です。
花が咲いても入ってはいけません。


DSCF4544.jpg
↑写真としては失敗だけど、花はかわいいコバキボウシ

紫色の花っていいですよね~



DSCF4542.jpg
↑先の方には風力発電もみえました・・・





まだまだ続きますよ~



 2013万年山(2)
2013年09月09日 (月) | 編集 |
万年山の麓をトレッキング であった草花を紹介しています。
間違っている場合はご容赦を~(^_^.)

DSCF4474.jpg
↑ツリフネソウですかね


DSCF4485.jpg
↑クルマバナ

空が曇って露出不足か、色もあまり出ません。ピントも甘いし・・・
他にもたくさんの花々があったのですが・・・

DSCF4492.jpg
DSCF4500.jpg
↑釣り鐘形の花、サイヨウシャジンですね。


DSCF4493.jpg
↑ワレモコウ


DSCF4497.jpg
↑なんだかわからないけど、でかい豆がありました。


DSCF4501.jpg
DSCF4502.jpg
↑まんじゅう岩だそうです。


DSCF4503.jpg
↑以前もご紹介した南アルクスの看板

アルプスはハードすぎて無理だけど、ここなら・・・


DSCF4498.jpg
↑目指す万年山はガスに覆われています。

どうなるかな~

まだまだ続きます~ でも、ちとコメント欄閉じてます。



 万年山の麓をトレッキング
2013年09月07日 (土) | 編集 |
8月下旬、玖珠町の万年山に行きました。万年山と書いて「はねやま」と読みます。
いわれはいろいろとあるようですが、詳しくはわかりません~

DSCF4362_20130904000002370.jpg
↑定番の山田サービスエリア、最近新しくなったそうです。これは登り車線側


DSCF4368.jpg
↑ミストシャワーが涼しく感じます~

まだ、真夏の頃のお話ですから

DSCF4363_20130904000008a11.jpg
↑心惹かれますが、お値段がちと・・・


DSCF4364_201309040000103a8.jpg
↑なんじゃこりゃ・・・


DSCF4365.jpg
↑高速道路のSAもソーラー発電の時代なんですね。


DSCF4367.jpg
↑中にはおしゃれな食事処もあるようでしたが・・・

それはまた次の機会に・・・

万年山は、途中の道が狭くて、結構大変です。何とか駐車場に車を止めてと・・・

DSCF4451.jpg
↑案内看板がありました。


とても整備されたトレッキングコース。

DSCF4446_201309040001022cc.jpg
DSCF4447.jpg
↑カラスウリの種類でしょうが、キカラスウリかもしれません。

オイドンには判定不能です~

DSCF4450.jpg
↑マツヨイグサですかね。


DSCF4454.jpg
↑娘もいやいやながら参戦です(^_^.)

雨が降りそうなので傘を持参。雨具も持ってきていますが、
そこまでの雨なら引き返します。

とても整備された道、ていうか舗装された散歩コースです。

DSCF4458.jpg
↑コオニユリですかね。

オニユリととても似ているけど、オニユリは枝にムカゴみたいなのが付くとか
それには気が付かなかったからたぶん・・・

DSCF4472.jpg
↑ツルボかな・・・ ユリ科だそうです。


まだまだ、今回のシリーズはたっぷり引っ張りますからね。










 畑とミッキーとメイ
2013年09月05日 (木) | 編集 |
いつもの菜園自慢記事です。

DSCF4345.jpg
↑絶好調~ 長いナス君です。

畑をにょろにょろしていますよ~ メチャメチャ出木杉くんです(^_^.)
食べきれないです~

DSCF4347.jpg
↑でもトマトはもう終わりかな~

はやり猛暑の影響でしょうか

DSCF4348.jpg
↑キュウリは花が咲いてきました。

これはまだ少し前の写真です。

DSCF4349.jpg
↑芋づる料理もぼちぼち始めないと・・・


DSCF3644_201309031846016f5.jpg
DSCF3645.jpg
↑でんすけという高級スイカらしいです。

頂きもの・・・ありがたく頂戴します。

DSCF3642.jpg
↑うちのニャンコ、メイがテレビの鳥に反応していました。


DSCF4358.jpg
↑ワンコはミッキー 暑い夏にぐったりです。


DSCF4352.jpg
↑たまらんばい・・・


DSCF4354.jpg
DSCF4353.jpg
↑我が家のカボチャ

とりあえず収穫です。日持ちするのでしばらく小屋で放置です。

特にオチのない記事でした・・・(^_^.)







 日本の滝百選 観音の滝
2013年09月02日 (月) | 編集 |
唐津市七山の樫原湿原、その近くにあります。湿原を見に行った後
涼を求めて行ってきました。

DSCF3587_20130901224708605.jpg
↑猛暑日のお盆頃でした。具合悪くなるぐらい暑くて・・・


DSCF3588_20130901224710d41.jpg
↑少し下りていきます。


DSCF3591.jpg
↑少しひんやりしてきました。


DSCF3592.jpg
↑滝はメイン以外にもいくつかあるようですが・・・

それらを競争して登る滝登り大会も行われています。
外国からも参加される大がかりなものですよ。

DSCF3593.jpg
↑見えてきました。

音もすごいです。

DSCF3594_201309012247385ba.jpg
↑花もありました~ キツネノボタン??

よくわかりませんが・・・ 普通にある花ですかね。

DSCF3596.jpg
↑百選だけあって、きちんと整備されています。


DSCF3597.jpg
↑ひんやりした水の流れ


DSCF3598.jpg
↑近くに行ってみました。


DSCF3600.jpg
↑きもちよか~


DSCF3602_20130901225637f62.jpg
↑水しぶき~


DSCF3605.jpg
↑こんな風に流れ落ちていきます。


DSCF3606_20130901225641b7a.jpg
↑清めの渕という場所らしいです。


DSCF3607.jpg
↑滝の下に落ちていきます~


DSCF3609.jpg
↑下界の暑さがウソのようです。


DSCF3612_201309012257276d6.jpg
↑滝の手前にお堂があります。

DSCF3611_201309012257247a4.jpg
↑日本の滝百選がパネルになっています。


DSCF3610_20130901225722fe2.jpg
↑北部九州を見てみると・・・

福岡と長崎はなくて、佐賀県に二つ。熊本や大分は多いですね。
樫原湿原シリーズのほんとの最終回でした。