野菜作りや温泉などの日常の出来事を綴ったつれづれなるままの日記です。ズボラで手抜きの勝手に菜園ですが、よろしくお付き合いください。
 天草でお食事です
2013年11月30日 (土) | 編集 |
イルカウォッチングの後は当然ながらおいしい食事です。
今回はセットになっています。

DSCF6388.jpg
↑これはセットではないのですが、購入となりました~

そしてガイドしてくださった方の娘さん(中学生ぐらいかな~)が
岸でアイスクリームをサービス。


DSCF6391.jpg
↑食事場所は、通詞島の民宿

ここ通詞島は、その名のとおり江戸時代に通訳の方が住んでいた島だとか。
そして、この島からは船に乗らなくてもイルカが見えるとか・・・
見えるといっても背びれがなんとなく確認できる程度でしょうが
すごいですよね。

DSCF6392.jpg
↑民宿を貸切だ~ 

もっと食事が有名なイルカの会社もあるようですが、人が多いのはちょっと・・・
民宿でのんびり食事ってとこに惹かれました。

DSCF6393.jpg
↑海鮮丼~ 超豪華ではないけど、十分すぎます。


DSCF6394.jpg
↑海鮮丼定食ですよ~


DSCF6395_2013110519275896f.jpg
↑こちらはお刺身定食の刺身ですよ~


DSCF6397.jpg
↑これに天ぷら(たぶんクルマエビかな~)

天草はクルマエビの養殖でも有名です。

DSCF6403.jpg
↑対岸は雲仙普賢岳。イルカの船も見えます。



DSCF6404.jpg
↑イルカの背びれ見えるかな~ 見えないかな~(^_^;)




DSCF6405.jpg
↑きもちよか~


DSCF6417.jpg
↑結構波がありますよ。

酔わなくてよかったね。船頭さんがよかったし、ガイドさんの説明も
何よりもイルカが元気でイルカら~(^_^;)

イルカは終わりますが、天草の旅は続きます。
そや、イルカウォッチングは、イルカマリンワールドでした。
通常イルカウォッチングだけで2500円(季節によって割り引きあり)
今回は民宿でのお食事、アイスがついて、3300円でしたよ~
お得でした~


スポンサーサイト

 天草イルカウォッチングの旅
2013年11月28日 (木) | 編集 |
10月に天草に行ってきました。一度イルカウォッチングに行ってみたいと家人。
ちょうど11月に高校時代の後輩達と行くことにしていたので、
その下見も兼ねて・・・ 恒例のシリーズ記事になります。

DSCF6170.jpg
↑佐賀から延々と三時間あまり・・・

天草に着きました。

DSCF6171.jpg
↑今は無料になった天草五橋

それぞれ名前がついていますが、緩いブログなのでそこらはご自分でお調べください(^_^;)

DSCF6180.jpg
↑それぞれ橋の構造が違うようです。


DSCF6196.jpg
↑天草に着いてからも結構遠いんです。一時間程かかったかな? 五和町

「いつわまち」と読みます。イルカの町ですよ。

DSCF6199.jpg
↑沢山のイルカ観光の業者さんがおられます。

島原からも行けるけど、それだと船にのる時間が長いので、酔わないよう
岸から近い天草からにしました。

DSCF6201.jpg
↑船はクルーザーの予定でしたが・・・

漁船の方がイルカとの距離が近く、人数も少ないので見やすいとのこと。
それを信じて漁船タイプを選択です。

DSCF6205.jpg
↑島原と雲仙がすぐ目の前

この日は風があって結構大変でした。

DSCF6206.jpg
↑つかまっていないと立っていることは無理。

大丈夫かと不安ですが、案内の方(とても詳しい地元の方)は、
大丈夫大丈夫と言ってくださるので心強かった~

DSCF6228.jpg
↑岸から二キロ程かな? すぐにイルカ登場~

日本でも有数のイルカウォッチングのポイント。
ガイド付きなので、イルカの生態や天草の歴史も含め
楽しく面白い解説が、すぐ目の前で・・・

クルーザーだと、説明が聞こえなかったかも。大正解です。

DSCF6233_20131105190046518.jpg
↑ここからはしばらく説明抜きでイルカの写真をご披露します。

詳しい説明でしたが、覚えているのは、イルカは片方の目をつぶって、
脳を半分休ませながら泳ぐと・・・ビックリです。

後は忘れました~ 脳が半分足りないんです(^_^;)

DSCF6243_20131105191408eef.jpg
DSCF6245_20131105191410510.jpg
DSCF6248.jpg
DSCF6261.jpg
DSCF6299_20131105191416673.jpg
↑親子のイルカは寄り添って泳ぎます。

船は揺れて、立っていられない程ですが、イルカが可愛くて怖さを忘れました。
それにだんだん慣れてきたし・・・(^_^;)

DSCF6304_2013110519160679f.jpg
DSCF6312.jpg
DSCF6313.jpg
↑概ね一時間程度だったでしょうか。楽しかった~


船頭さんの腕もよかったようですよ。
もちろん、イルカは全部野生、エサをあげたりは一切しません。
なので、ジャンプもしませんよ~

DSCF6381.jpg
↑無事に下船して、オブジェの前で記念撮影。


DSCF6384.jpg
↑元気でイルカ~ 海には慣れたか~(^_^;)

天草の旅は続きます。









 タマネギ準備とジャガイモ収穫
2013年11月26日 (火) | 編集 |
土日に遊んでばかりいるわけではありません。たまには畑もしています(^_^;)
てことで、ほとんどリアルタイム記事~ 東京で関東北楠会やってた土曜日のこと。

IMGP1296_20131123220722c19.jpg
↑ありゃ~ こんな草ぼうぼうの畑、困ったもんだ~



IMGP1297_20131123220726d95.jpg
↑てことで登場していただきました。赤いトラクター GT3



IMGP1298.jpg
↑トラクターの前を先導してくれています。セキレイ


IMGP1299_20131123220732a74.jpg
↑私の背きれいでしょ~って言っているのかな(^_^;)


IMGP1302_2013112322080040e.jpg
↑赤目大吉も今一つかな・・・


IMGP1301_20131123220757c2f.jpg
IMGP1303_20131123220803fcb.jpg
↑こんなもんでどうでしょ~



IMGP1304_20131123220806205.jpg
↑ミッキー乱入~


IMGP1305.jpg
↑ふかふかの畑を散策しています~



IMGP1306.jpg
↑畑用カメラでもそれなりに撮影できます~

堆肥と石灰まいてと・・・

IMGP1307_20131123222242539.jpg
↑この日はぽかぽか気分。汗が出てきました。



IMGP1308.jpg
↑畝を立てて、上を平らに、とんとん、横も、とんとん。

このクワが便利なんですよ~(^_^;)

IMGP1311_20131123222250006.jpg
↑カエルーチ オイドンはこのマルチを使っています。


IMGP1312_20131123222316db2.jpg
↑後で土に帰ります。だから帰る土でカエルーチかな

畝は二列ですが、あまり長くはしていません。土地はあるんですけどね~
来年の安納芋もスペースも必要ですから・・・
これで、500本から600本程度植えることができます。

植えるのはまた次の週かな?



IMGP1300.jpg
↑もう佐賀県北部では霜が降りていました。

朝の霜でしょんぼりなったジャガイモの葉

IMGP1309_20131123222248e18.jpg
↑デジマがゴロゴロ~


IMGP1313.jpg
↑洗ってあげました~


IMGP1314.jpg
↑色あざやかなアンデスレッド



IMGP1315_20131123222325f6d.jpg
↑夕方になりました。写真が荒れています。


IMGP1316_20131123222328eb3.jpg
↑奥の方に二列あるのが、タマネギ予定地。


この日は、朝から夕方まで畑にいました。久しぶりに充実でした。





 11月上旬の菜園の様子
2013年11月24日 (日) | 編集 |
お出かけシリーズばかりでしたが、家庭菜園ブログだったことを思い出しました(^_^;)
11月上旬の勝手に菜園の様子です。

IMGP9378.jpg
↑雨上がりの朝、キャベツまだ巻いていません。


IMGP9379.jpg
↑こちらはブロッコリー

アチョ~ って、それはブルースリーだって~(^_^;)

IMGP9380.jpg
↑こちらも巻いてないレタス

とりあえずこのままでも使えます(^_^;)

IMGP9381.jpg
↑十分に成長した大根


IMGP9383.jpg
↑ちゃんと出来てます~


IMGP9384.jpg
↑ちょっと食べさせてくださいね~

ちょっとだけよ~(^_^;)

IMGP9385.jpg
↑アンデスレッド、ジャガイモです。


IMGP9386.jpg
↑こちらはデジマ、秋ジャガの定番です。


IMGP9387.jpg
↑新聞紙マルチのサツマイモ畑、つわものどのが夢の後です。


IMGP9388.jpg
↑今年はイマイチだったな~

大きさも量もイマイチです。でも、一応出来ました。

IMGP9629.jpg
↑こちらは紅はるか

おいしいと聞きましたが、いたって普通でした(^_^;)
でも、安納よりも大きくて形がそろっています。
普通ってのも大事ですね。

来年こそ、安納芋の大豊作を誓います。

IMGP9397.jpg
↑家人の手作り、安納芋の蒸しパン


IMGP9396.jpg
↑どうぞお召し上がりください~

畑記事は続きますよ~(^_^;)




 南阿蘇のそば粉クレープ料理「ガレット」
2013年11月22日 (金) | 編集 |
俵山登山の後、ランチはガレットへ・・・
お店の名前がガレットだし、出てくる料理もガレット・・・

DSCF6028.jpg
↑建物の場所はすぐわかるのですが、お店への入り口が???



DSCF6034_20130930001128031.jpg
↑南フランス風のアンティークなお店みたいです。


DSCF6030.jpg
↑広いお店ではないですが、お客さんは多いですよ。

40分程待ちました。
待合のソファーでうつらうつら・・・ いや完全に寝てました~(^_^.)

DSCF6029.jpg
DSCF6032_20130930001126e0d.jpg
↑ワンコがめちゃ可愛くてたまりません~


DSCF6037_20130930001145a2e.jpg
↑待合のソファーからみた景色



DSCF6038_2013093000114692f.jpg
↑中に案内されました。


DSCF6039_20130930001148f14.jpg
↑小さいところまで手がかかっています。

ご主人の御趣味なのかな~

DSCF6040_20130930001149df5.jpg
↑メニューも可愛いです。


DSCF6041_20130930001151287.jpg
↑そば粉のクレープともいえるガレット

いくつか選べます。

DSCF6042_2013093000181101a.jpg
↑デザートも選べるんですよ~


DSCF6043.jpg
↑しばらく待ちます。


DSCF6046_20130930001814e9d.jpg
↑テーブルも味がありますね~



DSCF6049_201309300018168e3.jpg
↑スープは、トウモロコシの冷たいスープだとか・・・


DSCF6050.jpg
↑トウモロコシの味がとてもいいかんじ、めちゃおいしい~

冷たいスープだけど、なんだかす~っとお腹に入っていきます。

DSCF6051_201309300018356f3.jpg
DSCF6052_20130930001837bd7.jpg
↑阿蘇の恵みのガレット

阿蘇自然豚、トマト、卵、チーズが入ってます。
もう最高においしいです~

卵に絡めて、少しずつ切って食べていくスタイル。

DSCF6053.jpg
DSCF6054.jpg
↑山の恵みのガレット

きのこソテー、キャベツのクリーム煮、卵、チーズです。
こちらは少しあっさりかな。

DSCF6055_201309300018433d7.jpg
↑一番人気のデザートは、ガトーショコラ

ケーキもおいしいし、上のアイスはふんわりとしています。
甘さは控えめかな、でもそれで十分。

DSCF6056.jpg
↑クリームブリュレみたいな、紅茶のプリン

これもいける~ 紅茶って感じはイマイチわからないけど、おいしいです。
ま、オイドンは味に鈍感なことは自信あります。

DSCF6057_20130930002515e2f.jpg
↑これにもアイス付き

これがまたふんわりで、市販のアイスとは違うようですよ~

DSCF6059.jpg
↑雑貨の販売もされておられるようです。



DSCF6060.jpg
↑ワンコがお客さんと遊んでいて・・・ うっ! 首が抜けんばい~

なんて焦っているようでした~(^_^.) めちゃ可愛い~

DSCF6067_2013093000252362d.jpg
DSCF6068_20130930002604981.jpg
↑写真は撮影できませんでしたが、阿蘇で有名な地獄温泉

日本各地から秘湯を求めて来られているようです。
のんびりと山の汗を流しました。

DSCF6072.jpg
↑俵山登山シリーズ、番外編のランチまでお付き合いありがとうございました。


次は何のシリーズになるかな~ 







 南阿蘇俵山登山シリーズ最終回 下山とランチ
2013年11月20日 (水) | 編集 |
無事に俵山に登りました。のんびり下山していきます。

DSCF6002.jpg
↑頂上に別れを告げて・・・


DSCF6003.jpg
↑マツムシソウもお見送り~


DSCF6004.jpg
↑降りるときが用心です。

下から登ってこられている軍団、30名だそうで、若い方からそれなりの方まで
中学生もおられましたが、なんと佐賀北野球部の甲子園タオルや
サッカー部の全国大会タオルをされた方も
佐賀の方のようでしたよ~


DSCF6006.jpg
↑風が強くて、帽子に紛失防止のストッパーつけているんで大丈夫でした~


DSCF6007.jpg
↑何の木だったかな~


DSCF6008.jpg
↑時おり、谷からとても涼しい風が吹いてきます。


DSCF6009.jpg
↑アキノキリンソウ


DSCF6013.jpg
↑今度は少しきれいに撮れました。アキチョウジ



DSCF6014.jpg
↑ま、やっぱりブレますね(^_^.)


DSCF6015.jpg
↑少し雲が出てきました。



DSCF6016.jpg
↑また阿蘇とススキになりましたね~

あ~そうとう、す、好きですよ~


DSCF6020.jpg
↑もう少しですが、少し土が滑りやすいかな

雨上がりは無理ですね。ドロドロになりそうです。


DSCF6026.jpg
↑展望台からの景色


DSCF6061.jpg
↑南阿蘇のお店に着きました。



DSCF6027.jpg
↑しばらく待つ必要があります。いわばここも行列ができるお店かな~

南阿蘇では食べログ人気ナンバーワンの「ガレット」
ちと、入り口がわかりません・・・

DSCF6035_20130930000201dc5.jpg
↑赤い扉が入り口の目印なんですね~

てことで、ガレットの紹介は次回に続く~







 南阿蘇俵山登山シリーズ4
2013年11月17日 (日) | 編集 |
まだまだ引っ張ります~ 俵山登山シリーズよろしくです~

DSCF5968.jpg
↑森を抜けたら見えてきました。

結構な急坂ですが、一歩ずつ歩けば着きます。

DSCF5969.jpg
↑家人はもうグッタリ・・・


DSCF5971.jpg
↑マツムシソウ、咲いた後は丸坊主の緑になるようですね。


DSCF5972.jpg
↑少しずつ色も違いますが・・・


DSCF5974.jpg
↑白いマツムシソウ発見~

これって、結構珍しいんじゃないですか?

DSCF5975.jpg
DSCF5976.jpg
↑なんだかうれしいです~


DSCF5981.jpg
↑やっぱアザミですよね~ 詳しくはわかりませんが・・・


DSCF5982.jpg
↑あと少し、あと少し・・・


DSCF5985.jpg
↑頂上付近の尾根道です。


DSCF5986.jpg
↑ここはなんだろ? 牧場かな~


DSCF5987.jpg
↑山頂で山ガール?が楽しく写真撮影されておられます~



DSCF5988.jpg
DSCF5989.jpg
↑最初の目的地、一ノ峯、二ノ峯は正面のふたこぶラクダの山


DSCF5990.jpg
↑山頂標識です~


DSCF5991.jpg
DSCF5998.jpg
↑雲仙方面ですが、さすがにそこまでは見えませんでした。

真冬なら、もう少し空気が澄んでいるかな~

DSCF5999.jpg
↑よく頑張りました~(^_^.)

では、下山いたします~




 南阿蘇俵山登山シリーズ3
2013年11月15日 (金) | 編集 |
ファミリー登山として選ばれる俵山です。危険性は少ないですが
往復だとのんびりでも、四時間はかかりません。

DSCF5924.jpg
↑きもちよか~


DSCF5928.jpg
↑午後からは俵山もガスってきましたから、一番いい時間に登りました。


DSCF5931.jpg
↑向かいの山を越えてまだまだ先ですよ~


DSCF5934_20130929230542d83.jpg
↑その杉林の手前にありました・・・

ハガクレツリフネの群生です。

DSCF5936.jpg
DSCF5941.jpg
↑咲きまくり~


DSCF5945_20130929230613fb6.jpg
↑少し日陰のところに咲いていました。

どうです、すごいでしょ~

DSCF5946.jpg
↑森の中を歩くルートになりました。


DSCF5947.jpg
DSCF5948.jpg
↑これが一般コース

当然ながら迂回コースにしました~

DSCF5950_20130929231344a32.jpg
↑少し光量不足でぶれていますけど、アキチョウジ

まさかり投法は村田チョウジでしたけどね~

DSCF5952_20130929231345bf4.jpg
DSCF5955_2013092923134727f.jpg
↑これはツクシセリでよかったのでしょうか?


DSCF5960.jpg
↑至る所に咲いてます。


DSCF5962.jpg
↑アキノキリンソウ


DSCF5963.jpg
↑自然林に代わりました。


歩きやすい道です。

DSCF5966.jpg
↑少し光が当たる場所にくると咲いています。マツムシソウ


DSCF5967.jpg
↑色も少しずつ違います。


またまた続く~



 南阿蘇俵山登山シリーズ2
2013年11月13日 (水) | 編集 |
俵山登山の開始です。


DSCF5891.jpg
↑ここから80分の標識があります。

強行軍なら一時間ぐらいで行くこともできるかもですが
のんびりゆっくり景色を見ながらが楽しいですからね。

DSCF5893.jpg
↑9月下旬の南阿蘇

ススキの穂が揺れています。

DSCF5896.jpg
↑ススキと風車



DSCF5900.jpg
↑シモツケソウ


DSCF5903.jpg
↑アソノコギリソウ


DSCF5906.jpg
↑コウゾリナですかね


DSCF5907.jpg
↑ツリフネソウですが、これはハガクレツリフネ

だそうです~

DSCF5912.jpg
↑これはヤマハッカなのかアキノタムラソウなのか・・・



DSCF5914.jpg
↑阿蘇の山々が見えてきました。

烏帽子岳や杵島岳が見えています。
煙が出ているのは地獄温泉かな~ 垂玉温泉かな~

DSCF5916.jpg
↑黄色くて可憐で・・・



DSCF5917.jpg
↑それなりに坂道です。


DSCF5918.jpg
↑アザミかタムラソウか、そこもなかなか素人のオイドンにはむずかしか~


DSCF5919_2013092922550850a.jpg
↑ハバヤマボクチだ~

平尾台で枯れた姿になってよく見かけました。
このふわふわの毛が火打石からの火花を受けるために使われたんですね~

DSCF5920.jpg
DSCF5921.jpg
↑阿蘇の山々を眺めて何を思っているのかな~


DSCF5922.jpg
↑少し平地になりました。ススキの草原を進んでいきます。

まだまだず~っと続きます~




 南阿蘇 俵山登山シリーズ1
2013年11月11日 (月) | 編集 |
早朝五時半に起きて、六時には出発する強行軍。
しばらく前、9月最後の土曜日でした。

DSCF5874.jpg
↑山に登る前に朝食をゲットしておきます~(^_^.)

家から高速道路を使って一時間半、熊本県ですからめったに来られません。
なんて言って、二週間前にも来ましたが(^_^.)

この日は早朝の八時前、だから大丈夫でしたよ~

DSCF5875.jpg
↑これはいきなり団子を蒸しているやつです~


DSCF5877.jpg
DSCF5878.jpg
↑これはアツアツじゃないけど(製法的に)、めちゃめちゃ柔らかくて甘くておいしい~

こりゃ、売り切れるはずばい・・・

DSCF5873_20130929221310982.jpg
↑次は阿蘇の南にある俵山~ そのまた南の山が目的地だったのですが~

ハプニングというか・・・

DSCF5879.jpg
↑ここに駐車して登る予定でした・・・

一ノ峯、二ノ峯登山。ネットで調べていたのですが・・・

DSCF5880.jpg
↑駐車場って感じなく、単に路肩に駐車ですが・・・

一体どこから登るのか・・・??

DSCF5881.jpg
↑登山口との標識が見当たりません・・・

これはというところを少し登ってみましたが、踏み跡もなく・・・
断念!

メジャーな山じゃないとこんなこともあるのかな~
あきらめて、方針変更、南阿蘇で最もメジャーな俵山に変更です。


DSCF5882.jpg
↑南阿蘇の風力発電群が目印


DSCF5884.jpg
↑広~い駐車場、今度は安心です。

他に登っておられる方もあるし、後をついて行けば・・・

DSCF5886.jpg
↑少し形の違う風車もありました~


DSCF5888.jpg
↑展望台も整備されていて、山に登られない方も楽しめます。


DSCF5889.jpg
↑俵山ってあの山? 結構すぐ近くじゃん・・・

そんな甘くはなかったです~(^_^.)

続く~

えっと、今回勝手ながらコメント欄閉じています。




 ラストイベントは博多で能古島
2013年11月09日 (土) | 編集 |
能古島の片思いって歌がありましたけど、今回は荷物が多くて・・・
肩重い~(^_^;)

IMGP8953.jpg
↑姪浜駅に集合~

いつもの博多同窓会メンバーに東京からの来賓を迎えて盛り上がります~

IMGP8957.jpg
↑能古島のフェリー乗り場に移動

メチャおおいわ~

IMGP8958.jpg
↑そんなに大きな島ではないですが・・・

博多から近くて楽しめる島です。

IMGP8965.jpg
↑フェリーに乗り込みました。


IMGP8969.jpg
↑ヤフオクドームも見えてます。


IMGP8970.jpg
↑十分ぐらいで島に着きます。

歩いて登山のつもりでもいけるけど、今回はバスにしました(^_^;)
皆さん山登りのつもりじゃないですもんね。

IMGP8973.jpg
↑可愛いミゼット号がありました。


IMGP8975.jpg
↑入場料は必要なんですが、きれいに整備された公園なんです。

一日のんびりできますよ。

IMGP8979.jpg
↑遅咲きのコスモス園


IMGP8987.jpg
IMGP8988.jpg
IMGP8990.jpg
↑やっぱりペンタックスの一眼レフはよかですよ~(^_^;)


IMGP9001.jpg
↑カタバミ

クローバーの葉に似ていますが、クローバーとは全然違う植物です。


IMGP9004.jpg
↑ゲートボールみたいな、グランドゴルフみたいなのこのこボールの表彰台。

オリンピック気分です~

IMGP9007.jpg
↑サルビアの花ですか

オイドンはサ~ビアタイムが楽しみです。


IMGP9010.jpg
IMGP9011.jpg
↑公園にはほかにも花が植えられてますよ~



IMGP9028.jpg
↑メインの広場、ソーダ水の中を貨物船が通っています・・・♪

ゆっくりと時が流れる場所、メインの広場に来ました。

IMGP9025.jpg
↑前は志賀島、金印が出たところですね~


IMGP9034.jpg
↑みなさんお弁当食べておられます。

ではオイドンたちも

IMGP9026.jpg
↑ちゃんとテーブルもありました~


IMGP9045.jpg
↑お弁当が上等だわ~

ありゃ、オイドン酔ってしまって会費払ったかな(^_^;)
昼間からおいしいお弁当とビール、ワイン、日本酒で出来上がりました。

IMGP9060.jpg
↑フリスビー持参です。楽しく遊びましたよ~

IMGP9106.jpg
↑フラフラになりながら博多駅まで来ました・・・

IMGP9109.jpg
↑ここでも飲みました~

IMGP9124.jpg
↑バスに乗るまでみんなが送ってくれました。

バスの中で、誰か知らないお客さんが途中で起こしてくれて
乗り過ごさずに帰れました・・(^_^;)

楽しい同窓会ウイークも終わり、また仕事もがんばらなくちゃ・・・
それなりに・・・(^_^;)

とりあえず今回のシリーズ記事はコメント欄閉じてました~







 同窓会で桃林窯にも行きました
2013年11月08日 (金) | 編集 |
温泉同窓会の翌日は同じ武雄市の桃林窯さんへ

IMGP8717 - コピー
↑雨に打たれた坂道

普段は風情があるんですけどね~
冒険は出来なくなりました・・・(^_^;)

IMGP8720.jpg
↑外だと寒いかもってことで・・・

工房を片付けて食事場所に
窯もあるので、暖まります~

IMGP8751 - コピー
↑臨時にテーブル作って、椅子を並べて

足りない時は窯の道具というか、その上に板を並べて簡易椅子
料理はバーベキューですが、お肉は皆さんそれぞれ一皿ずつ。
野菜もたっぷりです。
もちろん飲み物も・・・

IMGP8735 - コピー
↑女性陣は、朝にツタヤ図書館に

優雅にカフェされたようですね。
男性陣が気合入れて準備完了です。


IMGP8757 - コピー
↑野菜もおいしそうだし、紅葉の葉まで入ってますよ~



IMGP8759 - コピー
↑柿に生ハム、チーズやゆで卵も


IMGP8766 - コピー
↑お肉もめちゃめちゃおいしんですよ~

霜降りじゃないけど、とても柔らかい~

IMGP8768 - コピー
↑オイドンの安納芋も一緒に焼いてももらって、大好評~

運転手はノンアルコールですよ~

IMGP8802.jpg
↑二階の工房も見学させてもらって・・・



IMGP8803.jpg
↑勝手にオイドンが解説~



IMGP8812.jpg
↑お世話になりました。

裏の湖でも写真は写りましたが、次回は向かいの山に登ることを誓って解散です(^_^;)

IMGP8821.jpg
↑だんだん参加者が少なくなります。

佐賀北五十周年の懇親会。もちろん全体行事なのでそういう意味では多いんですけどね。

IMGP8825.jpg
↑記念祝賀会が正式名称でした~

佐賀北高は書道日本一、もう十数回連続。

IMGP8872.jpg
↑100人の合唱団

楽譜も読めない人が、何か月もの練習で・・・
もちろん中には合唱部の方もおられたとは思いますが、
初心者歓迎ってことでメンバー募集されたようです。

IMGP8906.jpg
↑百崎監督を始め、甲子園優勝メンバーによるオークション


IMGP8915.jpg
↑盛り上がってますよ~


IMGP8942.jpg
↑歴代校長先生が壇上に、全員で校歌斉唱

今回の実行委員長の先輩は、次回の百周年も実行委員長やるぞと気合満点でした~(^_^;)
あの様子だときっと110歳以上になっても大丈夫でしょうね~


IMGP8950.jpg
↑同窓会ウイーク、いよいよラストイベントだ~

続く~










 2013同窓会ウイーク(武雄温泉編)
2013年11月07日 (木) | 編集 |
今回の同窓会のメインは武雄温泉でのお泊り会。
34名と少し淋しい人数でしたが、いつも以上に盛り上がりました。

IMGP8574 - コピー
↑まず武雄の市立図書館に・・・

ツタヤが指定管理者で運営を委託されており、スタバも入って・・・
珈琲飲めば、ツタヤの本も図書館の本も読み放題

たまたま市長さんがおられて、五分程市立図書館のことについて説明くださいました。
お忙しいのに、「東京から来ました」と言ったら、暖かい対応を・・・

IMGP8583 - コピー
↑武雄温泉楼門近くにある東洋館

由緒あるお宿です。宮本武蔵も巌流島の後、心を体を癒しに訪れた宿。

IMGP8586 - コピー
↑宮本武蔵の頃からあるにしては、新しいな~(^_^;)


IMGP8593 - コピー
↑会場を偵察

その前に部屋で宴会始めました(^_^;)

IMGP8606 - コピー
↑そして温泉同窓会の始まりです~ かんぱーい!

同級生とはいえ、今でも女優さんみたいな美人もおられます。
とブログには書いておこう・・・(^_^;)

IMGP8614.jpg
↑ありゃ~ ストロボいらんやった~ 誰が誰だか・・・

今回パーティ用なので、一眼レフ持参。やっぱ映像素子も大きいし
レンズも明るいので撮影がしやすいです。

IMGP8656 - コピー
↑おしゃべりに撮影で大忙し、いつ間にかバンザイになりました~


IMGP8670.jpg
↑でオイドン達の部屋で二次会です~



IMGP8679 - コピー
↑朝です~ ありゃ、雨・・・


武雄温泉の楼門の温泉施設。

IMGP8684 - コピー
↑お宿の東洋館


IMGP8686 - コピー
↑玄関には大きな陶磁器の柱が・・・

これだけのものはなかなか作れないそうで、
有田陶山神社、佐賀の松原神社ぐらいでしょうか

IMGP8687 - コピー
↑宮本武蔵ゆかりの温泉だそうです。


IMGP8688 - コピー
↑坊主が屏風に上手に・・・



IMGP8690 - コピー
↑武雄もやきものの町なんですよ~


IMGP8692.jpg
↑なんだろ、ライトアップの小物


IMGP8693.jpg
↑九州最大の紅葉ライトアップは武雄市ですか・・・

知らなかったな~

てことでまだまだ続く~ コメント欄も閉じてます~








 2013同窓会ウイーク(スタート)
2013年11月06日 (水) | 編集 |
そらもう大事でした~(^_^;) でも楽しく、明るく爽やかに・・・
で二日酔いでした・・・

IMGP8517.jpg
↑恩師の先生のお宅で食事会

ライトアップされている、いつもお若い先生です。

IMGP8523.jpg
IMGP8526 - コピー
↑楽しい話とお酒と・・・


夜は更けて、二次会、三次会~(^_^;)


IMGP8531 - コピー
↑翌日は文化の薫り高い佐賀北のイベントに・・・

一日だけではなく、四日間に及ぶイベント。
役員の皆様お疲れ様でした。
オイドンは勝手に撮影するだけ・・・

IMGP8534 - コピー
↑お昼は昔ながらの食堂

佐賀市本庄町の城南食堂です。

IMGP8535 - コピー
↑メニューが盛りだくさん~

でも、他のお客さんも皆さん同じものを注文されていました。
ちゃんぽんです。

IMGP8537 - コピー
↑佐賀のちゃんぽんは昔ながらの味

よく見てくださいよ。上にソースをかけて食べるのが佐賀県流です。
今はそんなことする人少ないかな?
それと胡椒ですね。



IMGP8540 - コピー
↑佐賀県の博物館、入場は無料です。


IMGP8545 - コピー
↑佐賀駅で悪人達と待ち合わせ(^_^;)



IMGP8546 - コピー
↑ロケ地ってことは以前もご紹介しました。


IMGP8553 - コピー
↑佐賀北野球部の百﨑監督に合いに来ました。

同窓会のイベントも野球で御苦労されていました。でもお天気が・・・

IMGP8561.jpg
↑がんばれ佐賀北野球部、また甲子園で活躍を・・・

県立の普通高校。結構な進学校。オイドン達のときはそこまでなかったけど
最近特にみんな頑張ってるとか、もちろん運動や文化部活動もすごいです。

IMGP8569 - コピー
↑監督が色々と面白い話をしてくれます。

同級生だから気を使わなくていいですもんね。

シリーズですが、コメント欄は閉じてます~