野菜作りや温泉などの日常の出来事を綴ったつれづれなるままの日記です。ズボラで手抜きの勝手に菜園ですが、よろしくお付き合いください。
 もっぱんでピザパーティ
2013年12月29日 (日) | 編集 |
高校時代のクラブの後輩のお店 天草のもっぱん。木工とパンのお店です。
本来であれば、その後輩やご主人もご一緒に別の場所で一緒に打ち上げと
思っていましたが、やはりお店をやっていると難しいし、あまり遅くなると
佐賀まで三時間かかるので・・・

IMGP9316.jpg
↑お店のピザを頂いてピザパーティとなりました。まだ営業中・・・(^_^;)

コーンとベーコンのピザ

IMGP9317.jpg
↑ミックスピザ


IMGP9318.jpg
↑チリビーンズピザ

どれもワンコイン+アルファー程度のお値段。

IMGP9319.jpg
↑すいませ~ん、勝手にビールやら飲み物持ち込んでパーティです(^_^;)

まだまだ営業中なのに~ でも、高校卒業して数十年ぶりに合うメンバーも
喜んでもらえましたよ。

IMGP9323.jpg
↑運転手及び帰ってから車の方はノンアルコールビールです。

仕事も中断して昔話~

IMGP9326.jpg
↑今はのんあるがあるからいいですよね~

二時間程楽しい時間を過ごしました。

IMGP9341.jpg
↑あらかじめ注文していた品を受け取って・・・

それに十穀パンがお店からのプレゼント。あちゃ~申し訳ない~

IMGP9347.jpg
↑人生の楽園に登場されたお二人です。

いいですよね~ 御主人は早期退職されて奥さんのお手伝いとか・・・
超うらやましいです・・・(^_^;)

IMGP9348.jpg
IMGP9349.jpg
↑またパンのご紹介の追加です~(^_^;)

家人がとても気に入っています。こんどネット注文しようかな~と・・・
確かに行くのは大変です。三時間はかかりますからね。

IMGP9350.jpg
↑大きいので10こくえるように小分けされています~(^_^;)

また同じギャグ言ってしまいました・・・
でも、レタスやらハムを挟んでサンドにするとおいしいんですよね~

IMGP9359.jpg
↑お世話になりました~


IMGP9362.jpg
↑福岡県に入りました。途中の西鉄電車の駅で一名下車


IMGP9364.jpg
↑筑後川にかかる昇開橋、ライトアップされていてとてもきれいです。


IMGP9367.jpg
↑佐賀駅前で解散。ちなみに併設してある駐車場は24時間で500円ポッキリ

別に特別な条件(土日高いとか)は一切ありません。
以前ここで中学校の同窓会もやりました。


おまけです。同行したメンバーが今朝の新聞見ましたかと・・・
もちろん見てから来ましたが、早朝だったので見出しだけ。

黒髪山の記事だったんですが、自分が登って書きましたとのこと。

そうです、我が高校時代の新聞局から実際の新聞社で活躍している後輩が。
なんだか誇らしいな~

でも、たまたま天草ツアーの日に、それが記事になるなんてビックリ。
黒髪山はまた今度お天気の時に登ってオイドンがご紹介しますね。

今年最後の記事となります。お正月は更新お休みの予定なので(どこにも行きません~)
ごあいさつ。皆さんよいお年をお迎えくださいね。ではでは~









スポンサーサイト

 天草で海鮮丼&温泉
2013年12月27日 (金) | 編集 |
山に登ったら当然次はお食事。普通は山で食事しますが
なんちゃって登山ですからね~(^_^;)

IMGP9261.jpg
↑小高い丘の上に建つカフェ、たぶんここだと思いますが自信がありません。

なぜかって・・・ 行かなかったからです。

IMGP9262.jpg
↑上に登る前にこの立札がありました。

カフェフリー いいお店のようでしたけどね~

IMGP9263.jpg
↑特に意味はありません。この河童のところに立札がありまして・・・



IMGP9265.jpg
↑てことで、国道沿いにある海鮮のお店に変更


IMGP9273.jpg
IMGP9276.jpg
↑ちょっと小ぶりのレディース海鮮丼

オヤジでも注文できました~(^_^;) 1260円、
エビがボイルなのは残念でしたが・・・ お値段ですからね。

IMGP9281.jpg
↑貝汁も付いてました。


IMGP9282.jpg
↑案内の人形さん、片方の手が破れてぶらぶらしています(^_^;)



IMGP9286.jpg
↑みんなの手もぶらぶらしています~(^_^;)

浜んくらというお店でした。天草にはほかにも多くの海鮮のお店があるようです。

IMGP1295_20131218173033bcd.jpg
↑食事の後は大矢野町にある温泉へ 湯楽亭


IMGP1293_201312181730143f7.jpg
↑透明なお湯の温泉もあります。



IMGP1291_201312181730081b7.jpg
↑茶色の温泉も


IMGP1292.jpg
↑温泉成分が固まっています。



IMGP1294_20131218173016688.jpg
↑露天もありました。



IMGP1284_20131218173006810.jpg
↑なんと洞窟風呂まで、結構大きいです。


IMGP9290.jpg
↑藍のあまくさ村に行ってお土産タイム

そしてまた「もっぱん」に行きますよ。
最終回に続く~










 観海アルプスの白嶽へ
2013年12月25日 (水) | 編集 |
アルプスって聞くと大変そうですが・・・ 今回は最短コースを選択。
なので、小学校低学年ルートです(^_^;)

IMGP9184.jpg
↑天草の海を眺めながらドライブ


IMGP9190.jpg
↑上天草英語村?? そんなのは検索してなかったな~

でも、観海アルプスルートとあります。白嶽とかいて、しらたけ・・・
え~とすき焼きに入れるのは・・・ そりゃしらたき~

IMGP9194.jpg
↑この日に備えてトレッキングシューズ買ったメンバーもいますが・・・

普段の靴でも大丈夫です。革靴でもどってことなく登れます。
ホントは一日かかるルートなんですが、その中の一部だけいいとこどり。
じゃないと女性軍から不平不満が出ます(^_^;)

キャンプ場から登りますので往復で40分もかかりません。

IMGP9198.jpg
↑男性陣はなんの問題もなし。フルマラソンで鍛えているとか

先週も山に登ったというメンバーも。

IMGP9200.jpg
↑オイドンは普通に登っていますが、あっという間に先に行っています。


IMGP9207.jpg
↑ママコナですね。


IMGP9214.jpg
↑少しだけ急な登りになりました。


IMGP9215.jpg
↑女性陣のうち一名は息も絶え絶え・・・ 




IMGP9221.jpg
↑それでもなんとか山頂へ

気持ちんよか~

IMGP9223.jpg
↑この下は断崖になってます~


IMGP9225.jpg
↑残念ながらPM2.5で霞んでいます。

360度のパノラマのはずでしたが、残念・・・

IMGP9227.jpg
↑秋の風を感じています。日差しも少しまぶしいかな・・・

はい、みんな毛がなく無事でした~(^_^;)

IMGP9229.jpg
↑うろこ雲ですよね・・・



IMGP9249.jpg
↑下山している途中、夏至石??


IMGP9252.jpg
↑岩にくぼみが・・・ 祭事のためだったという説あり。


IMGP9253.jpg
↑白嶽のとなりに矢岳というのがあって、巨石があるんですが

シュメール文化がどうたらこうたら・・・ という説もあるらしいです。

てことで食事編に続く~





 天草の天然房 もっぱん
2013年12月21日 (土) | 編集 |
またも天草シリーズになります。11月9日に天草を再訪しました。
高校時代のクラブの後輩たちを連れて出かけました。


IMGP9143.jpg
↑天草ですが、比較的手前の方 上天草市です。

島でいえば大矢野島、もちろん車で行けますよ~

IMGP9151.jpg
↑木工とパンのお店、もっぱん

まずはさっそくお伺いしました。勝手に撮影して勝手にアップしてます。
すいません~

IMGP9154.jpg
↑こんな感じです。種類は結構多いかな~



IMGP9155.jpg
↑そうそう、カレーパンは油で揚げてないから食べやすいんですよ~


IMGP9156.jpg
↑カンパンがどうたらこうたらの声が聞こえました。この時代に乾パン?

いや、字を見たら柑橘の柑パンでした~(^_^;)

IMGP9157.jpg
↑一つでしたが、十穀パン。十こくうのは厳しいかも~(^_^;)

お気に入りなので注文です。とりあえず注文してから、後で取りにきますね。

IMGP9162.jpg
↑中でコーヒーを飲んだり、買ったパンを食べることができます。


IMGP9166.jpg
↑栗あんぱんか~ そそるな~ 季節だし・・・


IMGP9168.jpg
↑チーズベーコン


IMGP9170.jpg
↑名前写してないと忘れます。クルミパンだったかな?


IMGP9172.jpg
↑超お気に入りの芋パン

生地がフランスパン風で、しっかりしているし、芋の甘さがとてもいい感じ。

IMGP9175.jpg
↑この日はまだ寒くなかったけど、来週(11月中旬)から火を入れるとのこと。


てことで、皆さん思い思いにパンを注文して、いざトレッキングに出発だ~








 有田ポーセリンパークと九州陶磁文化館
2013年12月18日 (水) | 編集 |
唐津市から有田に移動、有田と言えば当然ながら有田焼。
以前もご紹介した場所です。

DSCF6808.jpg
↑九州陶磁文化館

ここも入場無料です~

DSCF6813.jpg
↑磁器のからくり時計


DSCF6815.jpg
↑三時になりました~ 歌います~(^_^;)


DSCF6816.jpg
↑中の歯車も磁器なんですよ~


DSCF6817.jpg
↑人形が踊ります~



DSCF6821.jpg
↑解説は無理です(^_^;)


DSCF6823.jpg
↑富士の絵がかいてあるように見えますが・・・



DSCF6824.jpg
↑なるほど~

DSCF6826.jpg
↑年に千点程を入れ替えておられます。一万点以上あるので、10年かかります・・・




DSCF6828.jpg
↑こちらは蒲原コレクション



DSCF6830.jpg
↑元禄時代のもののようです。


DSCF6832.jpg
↑天気がいいな~


DSCF6834.jpg
↑ポーセンリパークにやってきました。


DSCF6835.jpg
DSCF6836.jpg
↑ドイツのお城を模して造られています。ツヴィンガー宮殿



DSCF6842.jpg
↑ひとつひとつが本物。すごか~



DSCF6840.jpg
↑宮殿の裏手


写真集 (517)
↑噴水が逆光になってます~


DSCF6845.jpg
↑ここも宮殿の中以外は無料です。


写真集 (549)
↑おまけにお酒も試飲無料。飲み放題かも~(^_^;)

全種類飲めます~(^_^;)

ここは地元有田の酒造メーカー宗政酒造の工場にもなっています。
そしてお土産買ったり、レストランで食事したりとか・・・

皆さん、ぜひ佐賀に来られてくださいね~






 厳木町の山口お好み屋
2013年12月14日 (土) | 編集 |
佐賀県で有名なお好み焼きのお店。店名は山口お好み屋

DSCF6751_20131105223428f68.jpg
↑有名というか、崩れそうな感じですが・・・


実は初訪問。

DSCF6752.jpg
↑土間ですか??

厳木町は炭坑の町。以前は活気ある町だったんでしょうけどね。

DSCF6753.jpg
↑許可を得て撮影していますけど・・・

作られる行程を撮影するつもりが・・・
お隣の大きな鉄板で作って持ってこられました。

お客さんが多くてだいぶ待ちましたよ~ 人気のお店。
ですよね、このお値段にビックリです。

で、メニューの説明です。上段と下段に料理があります。
下段は全部玉子入り、だから玉が付きます。

ミックスとは、焼きそばと焼うどんがそれぞれ同時に
二人前ってことです。

文化焼きは、焼きそばだけど、お好み焼きの生地で包んだ
いわゆる広島風みたいなもの。

おこのみ大は、お好み焼きの大。大玉はおおだまではなく、だいたま

あの~お値段がめちゃお安いんですけど・・・
お好み焼きは肉なしです。でも、めちゃうまいです。


DSCF6758.jpg
↑文玉(文化焼きに玉子をトッピング)


DSCF6760.jpg
DSCF6762.jpg
↑焼うどんと焼そばをミックスして玉子をトッピングした、ミックス玉

なんというか、とにかく素朴でおいしくてめちゃ安くて・・・
最高~

ビールをお願いしたら、勝手に冷蔵庫から持って行って飲んでくださいとのこと。
ビールも300円、普通は500円しますよね・・・

店内はそれなりにきれいです。改築されたようですね。

で、肝心のお好み焼きですが、あまりにおいしくて写真撮影忘れてました(^_^;)



DSCF6769.jpg
↑お隣の相知町へ・・・

作礼山の近くですが、通常30分の作礼山で二時間遊んだので
後は駆け足です~


DSCF6773.jpg
↑石仏群といえば臼杵ですよね。

でも、ここ相知町もそれなりですよ~

DSCF6774.jpg
↑鵜殿石仏群



DSCF6775.jpg
↑細かなことは覚えていませんが、信仰の場だったんですよね。


DSCF6781.jpg
DSCF6782.jpg
↑詳しくは唐津市のホームページでお願いします~(^_^;)


DSCF6791.jpg
↑有田まで足を延ばしました。

深川製磁の工場、奥には有田町の新しいシンボル
炎の博記念堂、(炎は火を三つ組み合わせた漢字)

DSCF6792.jpg
↑深川ブルーの壺


DSCF6793_201311052249026d0.jpg
↑深川製磁のチャイナオンザパーク忠治館

入場無料で明治時代の有名な壺や器を見学できます。
もちろんアウトレットもあるので購入も可。

てことで最終回に続く~






 作礼山のじゅんさい池
2013年12月14日 (土) | 編集 |
DSCF6715.jpg
↑作礼山は山頂に三つの池がある珍しい山

ここは中の池


DSCF6686_20131105221334d83.jpg
↑ここはじゅんさい池

その名のとおりじゅんさいが自然に生えているそうです。
隣なのに不思議に中の池にはじゅんさいがありません。

ていうか、オイドンには見えません。


DSCF6689_201311052213369ac.jpg
↑これがじゅんさい??

そんな話をしていると管理人さん(キャンプ場は廃止だけど)が・・・

DSCF6694.jpg
↑これだよって説明してくれました。

自然に生えているとか、でも管理人さんはそうおいしいものじゃないよ~と。
まあ自然のものですからね。

DSCF6692.jpg
↑モウセンゴケ

これって食虫植物ですよね・・・

DSCF6705.jpg
↑ツルリンドウ


DSCF6718.jpg
↑全くわかりませんので、ノギクってことで・・・(^_^;)


DSCF6719.jpg
↑池の周りを散策


DSCF6725.jpg
↑キノコですか??


DSCF6733.jpg
↑アキノキリンソウ


DSCF6734.jpg
↑これもノギク、色が違うけど、たぶんノギク

じゃないかもですね~(^_^;) ヨメナとかノコンギクとかいろいろあるようですが
全くわかりません~ 聞いてもわかりません~

DSCF6738.jpg
↑ノギク~



DSCF6739.jpg
↑コウゾリナ



DSCF6743_20131105222225ad7.jpg
↑ツワブキだったかな?


DSCF6746.jpg
↑アキノノゲシ

では、次回はお食事編ですが、連続投稿なのでこちらはコメント欄閉じておきます。










 作礼山と権現神社
2013年12月11日 (水) | 編集 |
山登りとは言えないかもですが、自然を楽しめる作礼山。

DSCF6617.jpg
↑権現神社です。


DSCF6623.jpg
↑ちゃんと狛犬もいます。


DSCF6622.jpg
↑姫命だそうです。なんかよくわかんないですが・・・


DSCF6619.jpg
↑有明海の方向

霞んでなければ、雲仙もきれいに見えるはずですが・・・

DSCF6625.jpg
↑これは反対側(北)

遠くの大きな陸地みたいなのが・・・
あれは壱岐の島かな?

方向的にもそうだしあれだけ大きいのは壱岐しかない?
自信はありませんが。


DSCF6626.jpg
↑裏から見ているので、右が雨山、左が天山・・・ ですよね。



DSCF6641_201311052155149e2.jpg
↑では作礼山に登ります。

といっても、山道らしい山道ではなく・・・楽勝です。

DSCF6644.jpg
↑展望台もありました~


DSCF6648.jpg
↑なが~い、滑り台


DSCF6653.jpg
↑ここが山頂のようです。


DSCF6654.jpg
↑作礼山887mとあります。


DSCF6661_20131105220513823.jpg
↑遠くに見える壱岐の島

だと思うんですけどね~

DSCF6663.jpg
↑お菓子が楽しみです~


DSCF6667_2013110522053234d.jpg
↑アキノキリンソウみたいですね。



DSCF6674.jpg
↑降りてくるとコテージが・・・

ここは作礼山キャンプ場
だけど、最近廃止になりました。以前は多くの若者がキャンプしたらしいけど・・・

DSCF6677.jpg
↑それなりに歴史のあるコテージのようですね。



DSCF6679.jpg
↑少し紅葉しています。


DSCF6683.jpg
↑研修棟の作礼山の看板も淋しそうです。


続く~





 佐賀県の山、作礼山
2013年12月09日 (月) | 編集 |
決して高い山ではないし、頂上のすぐ手前まで車で行けます。
それがいいかどうか・・・ でも花が多い山だそうです。

DSCF6561.jpg
↑佐賀県唐津市の厳木町はきゅうらぎと読みます。

右は揚水発電所のダム。厳木ダムかな?
実はダムはもう一つ天山ダムも揚水発電所のダムだとか。

またそのうち行って詳しくご説明しますね。
で、左の湖が今回の目的地。

DSCF6562.jpg
↑とりあえず道の駅で休憩してと・・・

佐賀県で最初の道の駅だったと記憶しています。

DSCF6567.jpg
↑山道を延々と登って駐車場へ。

めちゃ広い駐車場です。これだけ大勢の方が登る山だったんですよ。以前は・・・

DSCF6575.jpg
↑ここが登り口。

だけど、下の方から登られる方も多いとか・・・ 
ちょっと厳しいかなオイドンには

DSCF6576.jpg
↑山頂まで15分?

それって近すぎるかな~(^_^;)
でも、結構時間かかったんですよ~

DSCF6577.jpg
↑こんな感じの道路。

登山とは言えませんよね~ いいんです。楽しいから(^_^;)

DSCF6580.jpg
↑アザミかな?

写真がワイドになったり通常サイズになったり・・・
ちとカメラの調子が・・・

DSCF6588.jpg
↑キバナアキギリは、学名をサルビア・ニッポニカ

日本のサルビアってことらしいです。
昼間からビールを飲むとヒルビアになります~(^_^;)

DSCF6595.jpg
↑山頂付近に三つの池がある珍しい山なんです。


DSCF6597.jpg
↑これは中の池かな



DSCF6598.jpg
↑10月中旬、まだ紅葉には少し早いようですが・・・




DSCF6599.jpg
↑険しい道はありません。



DSCF6642.jpg
↑やっぱり神社があるんだ~

信仰の山なんですね。詳しくはないですけど・・・



DSCF6608.jpg
↑険しいのは、あえて言えばこの石段ぐらいかな?



DSCF6615.jpg
↑うっ!足の大きさよりだいぶ石段の幅が短いんですけど・・・


歩きづらいです~

DSCF6616.jpg
↑神社に着きました。


続く~












 天然房もっぱん
2013年12月06日 (金) | 編集 |
天草の旅の目的の一つは全国放送の「人生の楽園」に登場された
我が後輩のお店「もっぱん」の下見なんですよ~

DSCF6449.jpg
↑天然房「もっぱん」

ご主人が木工、奥さん(こちらが後輩)はパン。だからもっぱん。

DSCF6451.jpg
↑中でビザを頂くこともできます。

もちろん、中の家具はご主人の手作りだそうですよ。


DSCF6452.jpg
↑可愛いアクセサリーもあったので、同行者が記念に購入です~


DSCF6455.jpg
↑ありゃ~パンのディスプレイも可愛いな~


DSCF6456.jpg
↑もちろんパンを購入しておいしく頂きました。

天草では人気のパン屋さん。天草で人生を楽しんでおられます。
そのお話を聞いたり、高校時代の思い出話にまたお伺いしますよ。
よろしくです~

次は、天草でのお土産場所のご紹介です~

DSCF6461.jpg
↑天草四郎の像

DSCF6475.jpg
↑道の駅ではないですが、とても人気の御土産屋さんのようです。

DSCF6478-1.jpg
↑ちくわも名物のようですね。藍のあまくさ村


DSCF6469.jpg
DSCF6470.jpg
↑ウニもあるんだ~ ならば買うに~(^_^;)


DSCF6474.jpg
↑カステラみたいなお菓子もありました~


DSCF6480.jpg
↑楽しい旅でしたが、遠いのですぐに夕方になりました。

では、今回の旅は終了です~ また次のシリーズになるかな~(^_^;)
菜園はいつもほったらかしです・・・

で、DVD作成で忙しい~ てことでコメント欄閉じてます~


 天草はタコの町
2013年12月03日 (火) | 編集 |
タコで~す。わが母校は佐賀きタコ~(^_^;)
そうそう、日本で一番有名な「北高」なんだって。
スポーツライターの二宮清純さんが先日母校五十周年で講演してくださいました。

DSCF6423.jpg
↑なんだか洋風な建物?

DSCF6424.jpg
↑道の駅有明、リップルランド


温泉もあるらしいですが、今回はパス。遠いしね。

DSCF6426.jpg
↑皆さんのご多幸を祈っています。

ご多幸の御が五になっていますね。
五つの幸があるようです。


試験に強い「置くとパス」。恋愛成就の「ひっつきダコ」。
健康運の「タウリンダコ」。商売繁盛の「ひっぱりダコ」。
子宝・子孫繁栄の「タコ姫&タコ太郎」。

これら五つをお願いできるそうです~


DSCF6427.jpg
↑ありあけタコ入道って?


DSCF6429.jpg
↑お子さんがタコにさらわれた~(^_^;)


DSCF6430.jpg
↑重さ888キロの想定で作られたタコ入道です。


DSCF6431.jpg
↑もちろん食事もタコづくし~


DSCF6433.jpg
DSCF6434.jpg
DSCF6435.jpg
↑日本一のタコの町とありますね~

タコ街道丼やタコめし御膳はリーズナブル~
種類もたこさんある~(^_^;)

有明海の恵みですね。

DSCF6437.jpg
↑食べてはいないけど、これがタコカレー

てことで次がで最終回。天草下見の旅だ~