野菜作りや温泉などの日常の出来事を綴ったつれづれなるままの日記です。ズボラで手抜きの勝手に菜園ですが、よろしくお付き合いください。
 いざアイゼン装着~
2015年02月27日 (金) | 編集 |
雪の久住、牧ノ戸峠でアイゼンを装着します。

DSCF4945_20150221163738e39.jpg
↑オイドンのアイゼン、爪の数は10本と多いけど・・・

ノーブランドの安物です。2980円ぐらいだったかな・・・

DSCF4946.jpg
↑前が6本、後ろが4本です。


DSCF4947.jpg
↑家人のはエキスパートオブジャパンのリトルベア卍です。

DSCF4948.jpg
↑6本爪のシンプルなタイプ

お値段はオイドンのやつの二倍以上します。

DSCF4949.jpg
DSCF4950.jpg
↑では、装着して出発します。


DSCF4955.jpg
↑冬山には必需品


DSCF4956.jpg
↑どんだけ雪があっても、坂でも大丈夫

しっかり地面をつかんで離しません。アイゼンってすごく歩きやすいです。
ビックリ・・・

DSCF4958.jpg
DSCF4959.jpg
↑雪がクッションになって、普段は膝にくるところも、だいぶ和らぎます。


DSCF4960.jpg
↑空が青いです~


DSCF4961.jpg
↑家人のペースが上がりません・・・


DSCF4962.jpg
↑休憩所、夏なら普通に誰でもここまでは登れます。


DSCF4963_20150221164916193.jpg
↑後ろの煙は地熱発電所かな・・・


DSCF4965.jpg
↑ここからまた登ります~

続く~ 同じような写真ばかりなので、コメント欄閉じてます~

















スポンサーサイト

 久住、雪山アイゼンデビューの巻
2015年02月25日 (水) | 編集 |
ある日のこと、急に夕方に思い立って雪の久住に登ることになりました。
アイゼンは二年程前に購入していたのですが、諸般の事情で使わないまま・・・

DSCF4921.jpg
↑初めて使うので、前日に練習です。30分ぐらい悪戦苦闘

分かってしまえばどってことなく、1分程度で付けられるようになります。
プラスティック部品を使わない、金属とストラップだけの、正真正銘日本製
(スノープレートだけは消耗品なのでプラスティック)

DSCF4922.jpg
↑この最後の止めるところがわからなかったのです。

6本爪のオーソドックスなもの。

DSCF4923.jpg
↑雪の星生山 翌日は早朝から出発、道路には全く雪も凍結もなし・・・

管理してくださっている方がおられてこそですね。

DSCF4924.jpg
↑やまなみハイウェイです。


DSCF4926.jpg
↑ビジターセンターはまだ開いていませんでした。


DSCF4927.jpg
↑青空です。


DSCF4928.jpg
↑山の案内犬、平治がいたドライブインです。



DSCF4929.jpg
↑おいらも今日は山に登るとバイ、うれしかバイ

よそ様の可愛いワンコです。


DSCF4933.jpg
長者原から牧ノ戸目指して移動


DSCF4934.jpg
↑牧ノ戸満車で止められず、先に移動・・・

しかし、ここでトラブル発生・・・
素直にここに止めればよかったものを、戻って近いところに置こうとしたものだから・・・
路肩の雪の中に止めようとしたら、雪で滑って移動不可能に・・・

チェーン持参でしたが、買い替えたばかりで練習してなくて・・・
たまたま通りかかった親切な若い方のグループに押してもらい難を逃れました(^_^.)

これで、30分のロス~ ま、オイドン達は特に予定もなかったので時間はいいとしても
雪山に行く時は車にシャベルが必要です。もちろん車中でもしゃべることは大切ですが・・・



DSCF4937_20150221100018c6e.jpg
↑どってことないようですが、一度滑ると難しいですね。


DSCF4938_20150221100020245.jpg
↑ミヤマキリシマの時期なんかは、この路肩に多くの車が停まっているんです

雪をなめたらあかんで~ ってことでしょう。帰ってからチェーンの練習したのでもう安心です。

DSCF4940_2015022110002149b.jpg
↑今の時期でも開いている牧ノ戸峠の売店

以前は冬季休業でしたけどね。

DSCF4941.jpg
↑トイレも使えます。途中にないので、ここで思いっきり心置きなく・・・

大事なことですね~

DSCF4942.jpg
↑では出発~

今回も肩すかしシリーズになります。しばらくの間雪の久住を一緒にお楽しみください。























 原鶴グランドスカイホテル 食事編
2015年02月22日 (日) | 編集 |
原鶴温泉の原鶴グランドスカイホテル、食事編です。

DSCF4794.jpg
↑リゾートマンションだったのでしょう、ミニキッチンが付いてます。

普通のホテルにはありませんよね・・・

DSCF4795.jpg
↑和洋室でのんびり


DSCF4796_20150221085207be1.jpg
↑夜になりました。

いざ戦場へ~(^_^.)

DSCF4797.jpg
↑個室に案内していただきました。シンプルな料理・・・

いや、これで十分なんです。

DSCF4799.jpg
↑まあ定番かな~


DSCF4800.jpg
↑ビールですが、なんだか下の方の色が違います。

ビアカクテル、自分で作るのです。

DSCF4801.jpg
DSCF4802.jpg
↑ビールを含め、どんだけでも飲めます~ タダ~

って、宿泊料に含まれているんですが・・・

DSCF4803.jpg
↑いろんなブランドがあるんですね~

よか、とあるので、九州のブランドでしょうね。

DSCF4804.jpg
DSCF4805.jpg
↑デザートもいくらでも~


DSCF4806.jpg
↑いろんなバイキングもありましたが、これはまあ普通かな

煮物とかもあったので、それなりに・・・
で、メインはやっぱりこれだ~

DSCF4798_20150221085210f8a.jpg
↑ズワイガニ~ どんだけでもお代わりできます~

次から次に~ 周りにどれだけこぼしても大丈夫~
自宅では無理ですけど・・・

DSCF4808.jpg
↑これでもか、これでもか~ カニ三昧~

DSCF4807.jpg
↑その場で炊き上げたごはんにカニをまぶしてカニ飯だ~

もう入らん~

DSCF4809.jpg
↑でもカニは食べ続けて、夜も更けていくのでした~(^_^.)

温泉は、男湯はちょうどよかったけど、女湯は熱くてたまらんかったそうです。
カニ食べて、お酒飲んで、リーズナブルなお宿でした~

コメント欄閉じてます~





 原鶴温泉 原鶴グランドスカイホテル
2015年02月20日 (金) | 編集 |
年末に福岡県の原鶴にある原鶴グランドスカイホテルにお泊りしました。
日帰りできる距離ですが、のんびり大掃除の疲れを癒しに・・・

DSCF4784_20150220221037b26.jpg
↑ホテル?? マンションのような感じですが・・・


DSCF4785.jpg
DSCF4786.jpg
↑まあ、ホテルと言えばホテルかな・・・

年末にリーズナブルなお値段で空いていたのですが・・・

DSCF4787.jpg
↑グランドスカイホテル


DSCF4788_201502202210430f2.jpg
↑高橋英樹さん親子がイメージキャラクター


DSCF4789_2015022022110406a.jpg
↑奥の本棚にはコミックがたくさん~ これいいな~

DSCF4790.jpg
↑いやいや、お安いでしょ・・・


DSCF4791.jpg
↑ありゃ、お部屋に来たら、外じゃん・・・

これって完全にマンション。昔はリゾートマンションだったのかな?


DSCF4792_20150220221109e75.jpg
↑夏はいいけど、冬は寒いです~(^_^.)


DSCF4793.jpg
↑水は流れてないけど、筑後川の一部です。


てことで、食事編に続く~ コメントも閉めてます~














 指宿は砂蒸し湯です
2015年02月16日 (月) | 編集 |
シリーズ最終回になりました。指宿駅前周辺です。

DSCF4460.jpg
↑指宿のお隣は山川、ここはカツオ漁で有名ですよ~

池田湖にはイッシ~なる正体不明の生き物がいると話題になりましたね。
大きなウナギも有名です。

DSCF4462.jpg
↑指宿は温泉の街、駅のお隣には無料の足湯がありました。


DSCF4457.jpg
↑へ~ 指宿には竜宮伝説があったんですか、それは知らなんだ・・・


DSCF4456.jpg
↑では我らもやすらぎを頂きます。


DSCF4458_201412142041178dc.jpg
DSCF4459.jpg
↑しかし駅前通りは寂しいな~


DSCF4471.jpg
↑少し移動して砂蒸し会館へ


DSCF4474_20141214204137bce.jpg
↑その名も「砂楽」


DSCF4484.jpg
↑わかりますかね? 砂浜から蒸気が出ています。

ここら辺は熱すぎるようです。やけどする方もおられるとか
絶対にガマンしないでくださいと言われました。


DSCF4486.jpg
↑砂蒸し湯は混浴です。なので、全員浴衣を着用します。


DSCF4516_201412142047367ab.jpg
↑こっぽりと砂に埋まってポカポカ

オイドンは最後に砂に埋めてもらいました。

DSCF4480.jpg
↑ありゃ、我がチームの姫君が写真に撮影されてる~

いやこれ以上の美人ですよ~ ・・・とブログには書いておこう (^_^.)


DSCF4527_20141214204738894.jpg
↑「わっぜかど」の意味はすごいですよ~ だったかな


DSCF4543.jpg
↑鹿児島市に戻ってきました。

この日は噴煙が上がっていませんでした。

DSCF4549.jpg
↑では新幹線で佐賀に帰ります~

鹿児島の皆さんお世話になりました~
ちょっと騒々しいメンバーでしたが、鹿児島の昼も夜も満喫しましたよ~

ではシリーズ完結です。

次は、まったくネタがなく・・・ しばらくお休みです~(^_^.)



















 指宿で温たまらん丼
2015年02月09日 (月) | 編集 |
知覧町は、南九州市です。LEDノーベル賞の赤崎先生はここ知覧町のご出身です。
お昼は指宿市で予定。車中でスマホ検索。指宿の名物はそうめん流しだそうです。


DSCF4455.jpg
↑指宿駅前に着きました。

そうめん流しって、ほとんどもう冬なのに・・・ てことで却下です。
地元のB級グルメが検索でヒット。温たまらん丼というらしいです。

DSCF4464.jpg
↑指宿駅のすぐお隣にありました。


DSCF4423.jpg
↑青葉という和食のお店

DSCF4438.jpg
↑丼じゃなくて豚?? 

この地域でいろんなお店がいろんな丼やらお料理やらを用意されているようです。

DSCF4435.jpg
↑このお店は丼でした。お値段もリーズナブルですね。


DSCF4443.jpg
↑ど~んと来ました。

これはそそります~

DSCF4444.jpg
↑温たまらん丼~


DSCF4449.jpg
↑ありゃ、たまごがない、玉なしだ~ いや熊本県にも玉名市ってありますけど・・・

実は姫がたまご苦手っていうらしく・・・ありゃ~
肉食派らしいです (^_^.)

DSCF4452.jpg
↑では頂きます~


DSCF4465.jpg
↑完食です。


で、指宿ですから当然あれですよね~ (^_^.)
てことで続く~














 鹿児島最後の夜と平和への祈り
2015年02月01日 (日) | 編集 |
結果は聞かないでください~ (^_^.) それなりにそれなりでした~
てことで、部屋の小さなお風呂に入ってから宴の始まり。

DSCF4202.jpg
↑天文館通りにお店を予約されてありました。

オーダーバイキングのお店でしたよ。

DSCF4210.jpg
↑恒例サラダ~


DSCF4219.jpg
↑キュウリにグラタンに大盛りポテト~


DSCF4221.jpg
↑キュウリが人気でした。


DSCF4224.jpg
↑豚シャブサラダ~


DSCF4225_20141214195613b3b.jpg
↑山芋~

てことでお酒飲んでいるので、写真は適当です。


DSCF4307.jpg
↑夜はカラオケに行きました。心のパスポート? そんな歌だったかな?


DSCF4346.jpg
↑朝食です~ 料理は同じもの。


DSCF4347_20141214195617858.jpg
DSCF4348_20141214195619597.jpg
↑お漬物もあります。

てことで、朝食を済ませて、この日はバスではなくレンタカーで観光です。
勝ち上がっていれば翌日も試合でしたが、十年程前に何度か決勝トーナメントに出てました。
今はもう無理かな~ 若手に頑張ってもらわないと・・・


DSCF4364_20141214200043a58.jpg
↑で、目的地周辺に着きました。





DSCF4365_20141214200044e6a.jpg
↑知覧です。


DSCF4376.jpg
↑特攻平和会館

若者たちの命を奪った戦い、二度と繰り返してはいけないとの思いを込めた会館です。
当然ながら中は撮影できませんし、そんな気分にはなれません。


DSCF4381_201412142000477c1.jpg
↑外には当時を再現した飛行機が


DSCF4383.jpg
↑もう少し早く終戦を決断していれば多くの若者を死なせることはなかったのに・・・



DSCF4395.jpg
↑全国のご遺族やご友人から送られた灯籠

帰りの車中は静かになりました。