野菜作りや温泉などの日常の出来事を綴ったつれづれなるままの日記です。ズボラで手抜きの勝手に菜園ですが、よろしくお付き合いください。
 久住山でラーメン食べました~
2015年10月30日 (金) | 編集 |
3時間15分かかりましたが、無事に久住山に登頂~

DSCF8915_20151025154746d53.jpg
↑久住山頂から見る阿蘇五岳、お釈迦様が寝ておられるように見えますね~


DSCF8916_20151025154748f16.jpg
↑沓掛山の方向ですが、見えているのは扇が鼻

てことはその奥は黒川温泉のある瀬の本高原かな?

DSCF8920_20151025154749055.jpg
↑無事に登れたので喜んでいます~


DSCF8922_20151025154750b8a.jpg
↑帰りもハッピーにターンします~ (*^_^*)


DSCF8925_20151025154752b22.jpg
↑天狗が城の山頂を望遠


DSCF8926_20151025154801b4c.jpg
↑中岳の山頂を望遠


DSCF8935_20151025154802fe1.jpg
↑硫黄山と三俣山


DSCF8940_201510251548046bb.jpg
↑久住分かれに戻ってからラーメンタイム 12:36

てことは、登りも下りもほぼ同じ1時間かかっています。

DSCF8941_20151025155516d22.jpg
↑ラーメン作りました~


DSCF8942_20151025155518873.jpg
↑サッポロ一番みそラーメン


DSCF8943_20151025155520ac5.jpg
↑コンビニおにぎり


DSCF8944_201510251555217bc.jpg
↑では頂きます~

この後12:50に久住分かれを出発して下山です。

次回はシリーズ最終回ですよ~
ひっぱりばかりですいません~


















スポンサーサイト

 久住分かれと久住山
2015年10月29日 (木) | 編集 |
8:14に出発しました~ 何度も説明しておかないとオイドンが忘れます(*^_^*)

DSCF8863_20151025151426e54.jpg
↑広場が見えてきた~ ここが有名?な久住分かれ 10:25

久住に行くのか、星生山に行くのか、はたまた中岳に行くのかの分かれ道かな

DSCF8865_201510251514280e8.jpg
↑避難所とバイオトイレ(冬季は使用禁止)があり、修学旅行なんかの時の集合場所

正面は中岳(九州本土最高峰)の手前にある天狗が城かな
ここに登れば火山湖の御池が見えるんですけどね。


DSCF8868_20151025151429070.jpg
↑避難小屋は普段は使わないですが、冬や大雨の時は皆さん利用されるようです。

ま、そんな時期は登山する方は少ないでしょうが・・・

DSCF8871_20151025151430ed6.jpg
↑標識が新しくなっている~ 奥に見えるのは三俣山

ここの紅葉もみごとだそうです。

DSCF8872_201510251514328c7.jpg
↑硫黄山、以前は実際に硫黄の採掘が行われていました。

そこまでの道路も整備されていました。

DSCF8873.jpg
↑三俣山の紅葉は、窪みのところにある大鍋小鍋という場所らしいです。


DSCF8874_20151025151447999.jpg
DSCF8876_2015102515144868f.jpg
↑リュックをおろして休憩、ぱいくろを食します~

大きいかと思っていたら・・・

DSCF8877_201510251514500a9.jpg
↑こんな感じでした。

なんか食べたことあるような感じだな~と思っていたら
東鳩の商品、そっか、キャラメルコーンに似た味なんだ~

DSCF8879_20151025151451de3.jpg
↑了解しました~ 登ります~


DSCF8880_20151025152907429.jpg
↑すごい急こう配、に見えますが、そこまで大したことはありません。

のんびり登るつもりでいれば大丈夫です。ペースを上げ過ぎると大変かな

DSCF8882_201510251526211dd.jpg
↑実際はこんな感じです。 後ろは硫黄山


DSCF8886_20151025152624ba0.jpg
↑このあたりはリンドウがたくさんありました。咲いている~


DSCF8896_2015102515262492a.jpg
↑ここは久住山頂だったかな、自信なし~


DSCF8900_20151025152626f62.jpg
↑DVD作成用にワイドモードにしておくの忘れた~ (*^_^*)

まだ山頂ではないです。

DSCF8901.jpg
↑つぼみと開いたのと両方、リンドウですよ~ 何リンドウか知りません~(*^_^*)


DSCF8903_20151025152640d43.jpg
↑星生山と硫黄山


DSCF8904_20151025152642ecc.jpg
↑右は天狗が城、その左は三俣山


DSCF8907_201510251526431a0.jpg
↑延々と岩場、岩場、岩場~


DSCF8913_20151025152645723.jpg
↑とても気になった丸いケース、何が入っていますか? 聞けばよかったな~(*^_^*)

オイドンの想像では、抹茶を立てるセットとか・・・
以前屋久島の山頂で、麻雀している人がいたな~(*^_^*)

DSCF8914_20151025153833955.jpg
↑1786mの久住山の山頂です。 11:32

久住分かれから、約1時間 出発してからだと3時間15分。
てことは写真撮影せずに淡々と登るなら2時間半ってところかな。

まだまだ続きます~


























 西千里が浜は平坦で快適な散歩道
2015年10月27日 (火) | 編集 |
8:14に登山開始、ちょこちょこ休憩しながらのんびり登ります。
沓掛山を登れば後は大したことありません。


DSCF8825.jpg
↑リンドウですが、まだ開いていませんでした。


DSCF8829.jpg
↑登ってきた沓掛山の方向

進む方向は逆光になるのであまり撮影していません。

DSCF8831.jpg
↑煙は地熱発電所じゃなかったかな


DSCF8834.jpg
↑星生山の西側斜面は紅葉しています~


DSCF8836.jpg
↑またも振り返って撮影~ わいた山が見える~


DSCF8839.jpg
DSCF8840_20151025145211309.jpg
↑ここからは平坦な西千里が浜 9:54

ここまで約1時間45分、まあまあ順調です。

DSCF8843_2015102514521354a.jpg
↑星生山の西側付近

ここを降りてくるのは結構大変なんですよね~

DSCF8848_201510251452145bd.jpg
↑こんな感じの浜です。海はないけど・・・


DSCF8849_20151025150447291.jpg
↑山を動かしているつもりのようです (*^_^*)


DSCF8852_201510251504482f5.jpg
↑歩きやすくて眺めがいいことも人気のひとつだと思いますよ~


DSCF8860_2015102515044970f.jpg
↑西千里が浜はここまで、ここからは岩場になります。


DSCF8862_201510251504518c9.jpg
↑星生崎、さすがにあの岩の上に登っている人はいませんね。





てことでまだまだ続きます~
















 久住の紅葉見ごろは10月中旬から
2015年10月25日 (日) | 編集 |
朝5時半に家を出発、8時に牧ノ戸峠の駐車場に着きましたが
すでに超満車。駐車禁止じゃない道路脇に止めてと

DSCF8781_20151025142230e54.jpg
↑出発前の儀式です (*^_^*) 8:14


DSCF8782_201510251422310a3.jpg
↑登山口 もう少し紅葉が見えていますね~


DSCF8783_201510251422322b8.jpg
↑コンクリートの階段が続きます。帰りが膝にくるんですよね~

朝は寒くてガタガタブルブル、なのでオイドンのジャケット(雨具)を着用
すぐに暑くなって脱ぐのは分かり切っていますけど・・・

DSCF8785_2015102514223438f.jpg
↑10分程で第一展望台に 8:24

ここまでは登山ではなく、普通の靴やサンダル等でも登れます。

DSCF8788_201510251422350d3.jpg
DSCF8790_2015102514225824e.jpg
DSCF8791.jpg
↑ここからも素晴らしい紅葉を愛でることができますが、逆光 (*^_^*)

DSCF8794.jpg
↑反対側は左奥に、わいた山、右の手前は黒岩山

DSCF8795.jpg
↑また登って行くと、尾根から阿蘇五岳が見えます。 8:36

涅槃像とも呼ばれていますよ~

DSCF8796.jpg
↑黒いのは雲じゃなくて、阿蘇山の噴煙みたいです。


DSCF8797.jpg
↑猫じゃなく、根子岳

ここは険しそうですね。登ったことないです。

DSCF8798.jpg
↑阿蘇、瀬の本高原にある三愛レストハウスが見えました。

阿蘇と湯布院を結ぶやまなみハイウェイの途中にある一番大きな食事休憩場所
今回は立ち寄る予定なし。

DSCF8805.jpg
↑久住連山のまず手始めはこの沓掛山、逆光です~

途中の写真は省きます~


DSCF8814.jpg
↑登り終わって、振り返ると紅葉がいい感じです。 9:00

登る人が多いですね~ 人気の山です。

DSCF8815.jpg
↑てことでまだまだ記事は続きます。

よろしく~




 サツマイモの試し掘り2015
2015年10月24日 (土) | 編集 |
オイドンの家庭菜園のそもそものスタートはサツマイモ。
畑に草が生えてくるのを防止するため、サツマイモを植えたのが始まりです。

IMGP0220_201510241054090f2.jpg
↑紅はるか、これはホクホク系ですが、とてもおいしいです。

味がありますよ。人によっては安納よりこちらがいいという人もいるぐらい。

IMGP0219_20151024105407994.jpg
↑収穫したすぐは鮮やかな色ですが、乾くと落ち着いた色になります。


IMGP0215.jpg
↑試し掘りなんですが、ついつい・・・ (*^_^*)

大きいのでうれしくなりました~

IMGP0216.jpg
↑左の方にあるのは安納芋、大きいのもありますが、基本はチビです。


IMGP0217_201510241054060ba.jpg
↑二つを比べると色の違いわかりますよね・・・

安納芋の方はいかにもまずそうな色、でも切ったらオレンジ色しているし
料理したら鮮やかな黄色になります。

IMGP0227.jpg
↑とりあえず試し掘りでした~


IMGP0233_20151024105428b3d.jpg
↑リビングで保存するので一応洗って乾かします。これは紅はるか


IMGP0232_20151024105427028.jpg
↑こちらは安納芋


IMGP0238_20151024105431282.jpg
↑一応掘った畑と合わせて撮影~


IMGP0237_20151024105430abf.jpg
↑柿を全部収穫、全部です。たったこれだけ・・・ 10個

数年前、コンテナに5箱だったときもありますが、今年は裏年かな。
種類は不明です。まあ、それなりに普通の味。

もちろん半分ぐらいはカラスに食べられていたのですが
なによりも実が成るのが少なかったようです。


てことで、畑記事はしばらくお休みして、またお出かけの記事です~
お楽しみに~
















 10月3日 白菜は順調
2015年10月22日 (木) | 編集 |
いつもの家庭菜園記事です。代わり映えしませんが、少し校長先生です(*^_^*)

IMGP0210_20151022222246d57.jpg
IMGP0211_20151022222247979.jpg
↑おくらに伏見甘長、こちらも校長です~

IMGP0212_201510222222496d8.jpg
↑サニーレタス もう収穫できるかな~


IMGP0213_2015102222225035d.jpg
↑レッドキャベツ等は苗から・・・ だから少しです。


IMGP0214_201510222222524a6.jpg
↑大根はまばら・・・

間引きしなくて済むよう、少しずつ植えたら発芽しないのもあって、この状態
それなりにまいて、あとから間引きするのが確実ですね。

IMGP0221.jpg
↑結構虫にもやられました・・・ ここら辺のは絶望的かな


IMGP0222_201510222223099ee.jpg
IMGP0223_201510222223110c4.jpg
↑8月下旬に種まきして10月3日でこの状態

まあまあ好調というか・・・

IMGP0224_20151022222312768.jpg
↑いままでで一番よく出来ているかな~


IMGP0234_20151022222314416.jpg
↑ジャガイモの土寄せ開始~


IMGP0235_20151022222944cc4.jpg
IMGP0236_20151022222946d5c.jpg
↑ジャガイモは全部で4キロ はたして・・・

畑記事は続きます。次回はオイドンの家庭菜園のメインです。
最初に作った野菜をご紹介しますね~ って皆さんご存知でしょうけど・・・















 2015年のワイン祭り
2015年10月20日 (火) | 編集 |
巨峰を買いに出かけたついでに寄りました~

DSCF7787_20151006222456c60.jpg
↑ワイン蔵は田主丸町のシンボル、カッパのデザインです。


DSCF7830_201510062224578a0.jpg
↑出店もあるし、椅子で食事されている方も ワイン祭りの当日だ~

賑わっているな~ 普段は静かな森です。

DSCF7833_20151006222458d92.jpg
↑巨峰をその場で絞って試飲させてくださいます。

絞るのはお客さんの子供達、綺麗な長靴に着替えて、上で棒を持ちながら踏みます。
もう、めちゃめちゃおいしいです~

DSCF7834.jpg
↑五杯は飲んだかな (*^_^*)

もちろん購入しましたよ~

DSCF7840_201510062225140af.jpg
↑めちゃ安い~ でも、賞味期限は一日、その日限りなんです。

絞ったブドウそのもの、他には何も入っていません。


DSCF7838_20151006222501f00.jpg
↑スペイン風の踊り、フラメンコっていうのかな、やってました~


DSCF7845_201510062225176b6.jpg
↑ショップもお客さんが多くて大変~ でも・・・

今回は運転手交代だったので、オイドンも試飲させてもらいました~

DSCF7852_20151006222519f3c.jpg

ピザやら焼き鳥みたいのまで、いろいろとありましたが、
オイドンは試飲だけで十分満足です~

DSCF7842_20151006222516881.jpg
DSCF7858_2015100622253066f.jpg
DSCF7859_20151006222532d45.jpg
↑ピレネー犬がいました。飼い主さんに許可を得て撮影。

なかなかこっちを向いてくれません。カメラ嫌いなのかな?
うちのミッキーもそうなんです。
愛ちゃんって名前だったと思います~

てことで、次は別のシリーズになります~ ご期待あれ~















 巨峰ワイナリーで試飲と運転手
2015年10月18日 (日) | 編集 |
巨峰ワインのワイナリーご紹介です。オイドンの定番の場所。

DSCF7757_2015100622051221c.jpg
↑レストランもあるんですが、そちらには行ったことないです。

試飲できるこのショップのみ。

DSCF7758.jpg
↑この日はワイン祭りじゃなかったので、お客さんは少な目


DSCF7759_2015100622051574b.jpg
↑贈答用には箱入り娘もあるようですね~


DSCF7760.jpg
↑この甘口のブルーベリーワインが一番人気じゃないかな。


DSCF7761.jpg
↑梨ワイン、残念ながら今回は試飲できません。運転手です。


DSCF7763_20151006220535025.jpg
↑今年取れた巨峰で作るワインの赤ちゃん


DSCF7764_2015100622053643e.jpg
↑福岡県です。特産のいちご、博多あまおうで作ったワイン


DSCF7765_20151006220538103.jpg
↑11月はイベントもあるようです。佐賀のバルーンフェスタと同じ日ですね。


DSCF7766.jpg
↑のんびり歩きながら、ギャラリー眺めたり、果樹園の方とお話ししたり

もちろん、試飲したりもして楽しめる山里のお祭り
しかしながら、まだ行ったことないですよ~ 行きたいな~


DSCF7767_20151006220542f6b.jpg
↑勝手に試飲できます。お代わりも当然OK~

無くなったら新しい瓶を持ってきてくださいます。

DSCF7771_20151006221327864.jpg
↑ノンアルコールのブドウジュース

これ、めちゃめちゃおいしい~ 最高~ でもお値段、ワインとほぼ同じかな・・・(*^_^*)

DSCF7772_20151006221328908.jpg
↑ワイン以外の小物もありました。


DSCF7774_201510062213291ce.jpg
↑ワインショップから見た外の景色


DSCF7776_20151006221331c2b.jpg
↑これ飲んだことあるかな~


DSCF7778_201510062213329b5.jpg
↑あかぶたソーセージ、これってめちゃおいしそう~


DSCF7779_20151006221346ea2.jpg
↑ブルーベリーワインも含め、お買い上げ~


DSCF7783.jpg
↑全国のコンクールで優勝とはすごいですね。


DSCF7784_20151006221349735.jpg
↑巨峰ソフトも頂きました~

続く~ 

























 8月の巨峰ワイナリー
2015年10月16日 (金) | 編集 |
恒例のお出かけです。福岡県久留米市田主丸町へブドウを買いに

DSCF7727.jpg
↑巨峰がいっぱい~


DSCF7728_2015100522325160f.jpg
↑青空~


DSCF7733.jpg
↑懐かしいな~ ぶどう袋 

袋の下の方から眺めて、ブドウの熟れぐあいを確認して収穫していました。
今からもう40年ぐらい前のこと・・・

さてとブドウを買って次の場所へ

DSCF7735.jpg
DSCF7736.jpg
↑いつもご紹介している巨峰ワイナリー

オイドンのお出かけの定番です。試飲が充実しているんです。
もちろん運転手以外。今回はガマンの番です(*^_^*)

DSCF7740.jpg
↑9月のワイン祭りの告知看板




DSCF7744.jpg
↑だそうです~



DSCF7741_20151005223315081.jpg
↑このショップでほとんど全種類頂くことができます。


DSCF7747_201510052233190cd.jpg
↑いざ~


DSCF7749_20151005231530a25.jpg
↑世界最古の巨峰ワインってここにあるんだ~ ビックリ~


DSCF7750_20151005231532cfa.jpg
DSCF7751_201510052315337c6.jpg
DSCF7755_20151005231535e7e.jpg
↑なかなか感じのいいところですよ~

てことで、ミニですがシリーズになります~






 タデ原湿原のヒゴタイ
2015年10月15日 (木) | 編集 |
久住パルクラブに戻って買い物などいたしました。
温泉もあるんですけど、あまり汗かいてないので今回はパス~

DSCF8109.jpg
↑高原百貨店だそうです~

野菜や漬物、お皿等の焼き物もありました。ここで働かれている方が作られたんでしょうね。
温泉も人気のようで多くの方で賑わっていました。

DSCF8115.jpg
↑久住高原をドライブ 快適~


DSCF8119.jpg
↑ここがメインの登山口牧ノ戸峠


DSCF8121.jpg
↑長者原に着きました。これは大船山からも見えた三俣山

くじゅう連山を代表するきれいな山です。

DSCF8128.jpg
↑まだあった~ ヒゴタイ~


DSCF8130.jpg
↑そこにも、ここにも~


DSCF8131.jpg
↑ヒゴタイは、今では久住の周辺にしかないそうです。


DSCF8132.jpg
↑反対側からの硫黄山


DSCF8136.jpg
DSCF8137.jpg
↑ススキを感じながら木道を歩きます


DSCF8143.jpg
↑ヤマアザミかな


DSCF8160.jpg
↑ヒゴシオンだそうです


DSCF8164.jpg
↑アケボノソウ


DSCF8172.jpg
↑坊がツルまで約5キロか~どんなに早く歩いても二時間はかかるな~


DSCF8180.jpg
↑まだ残っていたサワギキョウ


DSCF8183.jpg
↑くじゅうの山を愛し、登山客を愛し、愛された平治

多くの登山客を案内してくれたんですよ~
命を救われた人も大勢おられたそうです。

大好きなくじゅうの山をずっと眺めています。








 くじゅう連山の真ん中で佐賀北と叫ぶ
2015年10月12日 (月) | 編集 |
登山バスで下してもらった場所から、標準で二時間半歩くと山頂に着くらしいですが
オイドン達はのんびりなので、三時間半かかりました~

DSCF8028.jpg
↑雲海とススキ~


DSCF8030_20151007223024f6f.jpg
↑キリシマヒゴタイだそうです。


DSCF8037.jpg
↑あれが山頂だ~


DSCF8043.jpg
↑硫黄山が見える~


DSCF8044.jpg
↑三俣山~


DSCF8045.jpg
どこが久住でどこが中岳だったかな~ 

DSCF8048.jpg
↑黒いのは阿蘇の噴煙かな


DSCF8049.jpg
↑硫黄山のドアップ~


DSCF8053.jpg
↑アキノキリンソウ~


DSCF8057.jpg
↑さて、山頂に登ります~


DSCF8076.jpg
↑大船山(だいせんざん) 1786mとあります。


DSCF8065_20151007232152cfc.jpg
↑佐賀北甲子園応援タオルです~

くじゅう連山の真ん中で佐賀北高と叫びます~

DSCF8068_20151007232153cf7.jpg
↑家人は三俣山を押して動かそうとしています。おお、少し動いたかも~



DSCF8070.jpg
↑坊がツルのキャンプ場、夜はテントとランタンがきれいだろうな~


DSCF8071.jpg
↑大船山のお隣、手前に見えているのは北大船山で、くぼみは米窪だとか

奥は平治岳(ひいじだけ)ですね。ワンコの名前は平治(へいじ)号です。
その話題は最後の記事で出てきます~

DSCF8079.jpg
↑カメムシくんがオイドンの指を登山しました~


DSCF8080.jpg
↑雲がもこもこ出てきた~


DSCF8082.jpg
↑山頂の直下にある御池(おいけ)

DSCF8085.jpg
↑フクオウソウらしいです。


DSCF8094.jpg
DSCF8086.jpg
↑では山頂で楽しいランチ~

ラーメンじゃないですよ~

DSCF8088.jpg
↑ミートソースってことは~


DSCF8089.jpg
↑麺をゆでてと・・・


DSCF8092.jpg
↑ミートソースの完成です~

下りは写真撮影もほとんどしなかったので、二時間程度で降りてきました。
駐車場にはちゃんと登山バスがスタンバイ。
ありがとうございます~

DSCF8105.jpg
DSCF8108.jpg
↑とても気持ちのいい日でしたよ~

てことで最終回に続きます~




 久住 大船山の秋の花たち
2015年10月09日 (金) | 編集 |
山としては普通かな、ハードでもなくハイキングでもなく・・・
山野草はちゃんとありましたよ~ 撮影順なのでダブったりバラバラだったり

DSCF7930.jpg
↑いざ~ 出発~


DSCF7941_20151007220255184.jpg
↑早速ミヤマキリシマ

これって6月なんですけど、勘違いして咲く花がたまにあるんですよ~
咲く時期をみやまったっきりしまったり~ (*^_^*)


DSCF7942.jpg
↑オトギリソウ


DSCF7943_201510072202574a6.jpg
↑ママコナ


DSCF7944_20151007220259e7b.jpg
↑ワレモコウ


DSCF7954.jpg
↑これは自信がないんですが、アキノキリンソウのつぼみ状態かな~


DSCF7956_20151007220346b1a.jpg
↑ママコナは群生状態


DSCF7959.jpg
↑マツムシソウは少なかったな~


DSCF7967_20151007220349e70.jpg
↑展望所、果たして見晴しいいかな~


DSCF7968_201510072203519b6.jpg
↑わお~ ガスってる~


DSCF7974_201510072210023e5.jpg
↑サイヨウシャジンかな


DSCF7986_201510072210049eb.jpg
↑詳しい種類はわからないけど、なんとかアザミ~


DSCF7991.jpg
↑ヤマラッキョ


DSCF7995.jpg
↑オオマルバノテンニンソウ

この花がめちゃめちゃ多くて、その時はわからなかったので
後で調べて判明~

DSCF7999_2015100722100859d.jpg
↑アキチョウジ、写真はぼけちょうじ~


DSCF8003_2015100722102138f.jpg
↑入山公墓とありました。

竹田城主(荒城の月の竹田城)三代目のお墓だそうです。
こんな山の中、墓参りも大変だろうな~

帰りのバスで、登った時のルートを忘れて違う方に降りた方がおられたそうです。
ありえないけど・・・ そんなぼーっとしていたらホント道に迷いますよ。
事前にルート調べておくのは最低条件だし、分かりにくいなら地図持参ですよね。

今はスマホで地図や現在自分がいる場所もわかるので便利になりましたね。
といって、まだ使いこなせないワル猫・・・ (*^_^*)

でも、大体方向には敏感です。地図がなくても予め調べておけば
大体覚えています。それに自分が来た道を戻る訳でしょ
間違えるなんてありえない~

ま、人ぞれぞれかな

DSCF8007_2015100722102328e.jpg
↑これがお墓のようです。

DSCF8011.jpg
↑ピントばっちりのアキチョウジ~


DSCF8019.jpg
↑雲海が出てきました~ ソバ焼酎かも~


DSCF8021.jpg
↑イヨフウロかな、


DSCF8023.jpg
DSCF8020.jpg
↑アキノキリンソウ

てことで続きます~




 久住パルクラブから大船山へ
2015年10月08日 (木) | 編集 |
シルバーウイークは、もちろん山に登りました。
普通は日帰りで難しい大船山、さてさて・・・

DSCF7894_20151007205835804.jpg
↑大船山・入山公廟唐山バス駐車場とあります。久住高原パルクラブです。

まず、久住高原パルクラブとは・・・
大分県久住町にある障害のある人たちが自立のために活動する施設
温泉や売店、野菜を作ったりもされています。

DSCF7896_20151007205837167.jpg
↑結構広いです。

宿泊施設もあり、ログハウスやテント場も

DSCF7899_20151007205838845.jpg
↑奥が宿泊できるゲストハウスかな


DSCF7900_201510072058400db.jpg
↑駐車場にあるトイレ

ちょっと不安でしたが、なんのなんの、超きれいでしたよ。外はくたびれていますが
中は最新式~ ま、どうでもいいか・・・

DSCF7906_201510072058415ca.jpg
↑登山バスってありますね。

まさか山頂までは登らないでしょうけど・・・
実はこの取り組み、今年から試行されたそうです。
ためしにやってみるか~ってことみたいです。

語ります。
ここ久住町は、久住連山の南側に位置する町
しかし、北側には、九重町(「くじゅう」ではなく、「ここのえ」と読みます)

久住連山に山登りする方はほとんどは、北側の九重町から登られます。
牧ノ戸峠、長者原という有名な登山口はすべて九重町。
久住連山の中でも南側に位置する大船山には非常に行きずらく
坊がツルの山小屋かキャンプ場で一泊するのが一般的だそうです。

なので、オイドンも大船山には登る機会無いかと思っていましたが・・・

それが、久住町が観光振興の一環で登山道路を開発(一般車両は入れない)
そこまで、無料の登山バスを運行してくださるっていうから最高~

そのバスが久住パルクラブから出るんです。

DSCF7907_20151007205923d22.jpg
↑4WDのワゴン車です。

8人乗りです。

DSCF7911_201510072059252b0.jpg
↑白いのもあり、二台で運行しています。


DSCF7913_20151007205926edf.jpg
↑普通の車では登れない場所のようですね。


DSCF7915_20151007205928681.jpg
↑バスと牛とミヤマキリシマ

ワクワクドキドキ~

DSCF7916_20151007205930d92.jpg
↑池窪ってのが登山バスが行く目的地みたいですね。

一日6便、これで十分でしょう。
でも、ミヤマキリシマのピーク時は乗れないでしょう
もちろん、予約は必要です。

DSCF7922_20151007212628f40.jpg
↑この日はお天気はまあまあでした~


DSCF7924_201510072126291f6.jpg
↑だんだん舗装していない道になりました・・・ 揺れる~


DSCF7926.jpg
↑遠くに阿蘇が見えました。


DSCF7929_2015100721263216b.jpg
↑30分程で登山口に着きました。

とても歩いてここまでは無理~
ありがとうござました。また帰りもよろしくです~






















 連休最後も畑です~
2015年10月07日 (水) | 編集 |
連休最後の日は畑作業です。

IMGP0202_20151005221624c7c.jpg
↑今年はオクラが好調先生

早くたべないと固くなるんで頑張って食べてます。

IMGP0203.jpg
↑甘長ししとうは元気です~


IMGP0204.jpg
↑もうバケツ一杯になる~


IMGP0205_20151005221628251.jpg
↑レタスぼちぼち収穫できそう・・・

こりゃお手軽~

IMGP0206.jpg
↑しかし大根は虫が跋扈しております。ばっこじゃなく、バッタかな (*^_^*)


IMGP0207.jpg
↑白菜も結構やられてます。

なので・・・

IMGP0209_201510052216558c8.jpg
↑ネット~甲子園だ~

グラスファイバーのポール、これって便利ですね。





DSCF5400.jpg
↑全く関係ないけど、アップのタイミング遅れました。いつものうどん屋さん


DSCF5398.jpg
↑佐賀県鳥栖市と福岡県久留米市に店舗のある、みの屋

これは鳥栖の本店

DSCF5393.jpg
↑それなりに大きいお店ですが、いつもお客さんは多いです。


DSCF5394.jpg
↑かまあげと天ぷらのセット。お値段忘れたけど、800円前後だったかな


DSCF5395.jpg
↑通の方は釜揚げだそうですが・・・

オイドンはうどんならザルでも、ぶっかけでも、普通の奴でもなんでも大好き

DSCF5396.jpg
↑たまにはボリュームあってもいいでしょう。

DSCF5397.jpg
↑いなりも付いて、腹ほしけた~(満腹の意)




















 シルバーウイークの初日は野菜植え付け~
2015年10月05日 (月) | 編集 |
祝日と祝日の間も祝日になります。よって、9月にシルバーウイークなる大型連休が
ばってんオイドンのメインは畑です(*^_^*)

9月19日気合入れるぞ~

IMGP0185_2015100420204549f.jpg
↑これがオイドンの新聞紙農法

雑草防止です。しかし、これだけだと風で吹き飛びます。
以前は無理やりそれだけでしたが、今は・・・

IMGP0186_20151004202046c2d.jpg
↑上からマルチをかぶせています。

マルチは日光の作用でぼろぼろになり回収しなくてもいいっていうタイプ。

IMGP0187_201510042020475ba.jpg
レタスを植えました。


IMGP0188_20151004202049e73.jpg
↑こちらは白菜

いずれもポットの状態です。植えるときは一定の間隔が必要ですからね~

IMGP0190_2015100420205016e.jpg
↑マルチなしの新聞紙だけのニンジン

それなりに元気です。

IMGP0191_2015100420210598f.jpg
↑大根が芽を出した~

IMGP0192_20151004202106f08.jpg
↑葉ネギも芽を出した~


IMGP0193_20151004202108b22.jpg
↑新聞紙とマルチを併用です。


IMGP0196_2015100420210934f.jpg
IMGP0197.jpg
↑甘長とうがらし 校長先生です。


IMGP0198_20151004202649b29.jpg
↑こちらは伏見甘長。元気モリモリ


IMGP0201_201510042026518d4.jpg
↑てことで白菜を植え付けました。

それから二週間程で、リーフレタス早採収穫しました。
もちろん、ゆっくり収穫することもできます。















 9月上旬の家庭菜園の続き~
2015年10月03日 (土) | 編集 |
耕したので、適当に植えます~

IMGP0166_2015100322114356c.jpg
↑まずはチンゲンサイと葉ねぎ

チンゲンサイは手軽に作れるらしいですが・・・
ネギには虫はあまりこないけど、すぐに雑草に埋没してしまうので

IMGP0167_20151003221145721.jpg
↑久々の新聞紙農法

オイドンのオリジナルの技です。特許申請しようかな~ (*^_^*)

IMGP0168_20151003221146883.jpg
↑こちらは新聞紙なし・・・

した方がいんですけどね。手抜きです。

IMGP0169_20151003221148313.jpg
↑おでん大根 泡盛のビンは関係ないですが・・・


IMGP0170_20151003221149499.jpg
↑種をまく場所をビンで形付けます。


IMGP0171_201510032212082e2.jpg
↑とりあえず、三列植えます。


IMGP0172_20151003221209e37.jpg
↑こちらはジャガイモ

秋ジャガは、切らずに植える。これ鉄則ですよね。
でも、オイドンは切って植えてます。シリカゲルを付けると大丈夫と聞きました。
今のところ成功のようです。

IMGP0173_20151003221211af5.jpg
↑わけぎは二週間程で大きくなりました。

今はもう食べることもできます。お手軽です。

IMGP0174_201510032212127fb.jpg
↑人力作業です~


IMGP0177_20151003221214820.jpg
↑畝を作ってと


IMGP0178_201510032218549bf.jpg
↑話が飛びます・・・ (*^_^*) ジャガイモは定番のデジマとニシユタカ


IMGP0180_20151003221856b9d.jpg
↑スタンバイしている白菜苗


IMGP0181_20151003221856874.jpg
↑白菜植え付け予定地

もちろんすでに植え付けは完了ですけどね。記事はボチボチです。

IMGP0182_20151003221858341.jpg
↑おでん大根のほかに普通の大根も植えました。あまうま大根だそうです。


IMGP0183_2015100322185911f.jpg
↑大根のタネがブルーです。何の意味があるのか不明です。

とりあえずは植えたので安心。




















 9月上旬の家庭菜園~
2015年10月01日 (木) | 編集 |
菜園ブログの場合、ほとんど毎年パターンは一緒です~

IMGP0143_20150930214026e9f.jpg
↑わけぎは、一週間で発芽しました。水やりさえ忘れなければ誰にでも作れます。


IMGP0144_201509302140282b2.jpg
↑畑の小ネギを撤収してプランターにまとめました。


IMGP0156_20150930214111307.jpg
↑青ジソも貴重な二本、雑草の中から救出しました。

IMGP0146_201509302140309d4.jpg
↑草ぼうぼうの人様の場所


IMGP0147_20150930214031b69.jpg
↑ひっくり返したコンポストから勝手に生えてきたカボチャ

この倍ぐらいは見つけました。
思わぬところにあるんですよね~

IMGP0145_20150930214029047.jpg
↑こちらはオイドンのメインの畑


IMGP0148_20150930214046366.jpg
↑一気です~ 百姓一気~ (*^_^*)


IMGP0149_20150930214048f30.jpg
IMGP0150_20150930214049098.jpg
↑この赤い先生に頑張ってもらいました~


IMGP0152_20150930214052434.jpg
IMGP0153_20150930214106ea2.jpg
IMGP0154_20150930214108640.jpg
IMGP0155_201509302141090c4.jpg
↑こういうことになりました~

よっしゃ~また気合入れるぞ~