野菜作りや温泉などの日常の出来事を綴ったつれづれなるままの日記です。ズボラで手抜きの勝手に菜園ですが、よろしくお付き合いください。
 佐賀北新聞部OB会 後半は佐賀城本丸歴史館だ~
2011年01月17日 (月) | 編集 |
ホントは新聞局ですが、わかりにくいのでブログでは新聞部で行きます~

P1180576.jpg
↑天拝山の歌碑、どの歌も大宰府に流された無念さと都への望郷の念が感じられます・・・

さすがに恋の歌はありません~(^_^;)
大宰府も住めば都、いやオイドンから見たら大都会ですけどね~

P1180577.jpg
↑え~っと取材不足です。誰だったかな・・・説明のパネル見たのに写真撮影してなかった~

後で調べたら・・・藤原虎麿の像だそうです。
虎麿は、藤原鎌足の子孫で九州最古の仏跡である武蔵寺の創設にかかわった人物
また、二日市温泉の発見者だとも言われているとか・・・
オイドンは周りに沢山いたニャンコが気になりました~

P1180579.jpg
↑この舞台は、能、狂言? なんか立派な施設だな~

新聞部のお昼のイベントを締めくくるにはバッチリかも~
ここで、福岡の同級生二人とは解散となりました。次回は夜の部に佐賀までよろしく~

P1180599.jpg
↑佐賀市内に戻ってきました。正面の佐賀駅で待ち合わせです。

お昼のランチでのんびりしてちょっとハードスケジュールになりました。

P1180601.jpg
↑悪人ロケ地だ~ オイドンはドケチだ~ 

悪人は、妻夫木聡&深津絵里主演の人間ドラマ ここで主人公の二人が出会うシーンです。
おお~先輩方は既に悪人モード? いや善人でした~ 銭んくれましたから~(^_^;)

P1180602.jpg
↑先輩方お懐かしゅうございます~ 

仕事の合間になんとか時間作ってきてくださった先輩も・・・
次回こそ、ちゃんとご連絡申し上げますからよろしくです~

では夕方の部に出発だ~

P1180610.jpg
↑佐賀のがばいばあちゃんでも登場した佐賀城の跡地 鯱(しゃち)の門

この門だけはいまでも当時のまま残っています。明治維新後の佐賀の乱の弾痕もまだあるとか・・・

P1180612.jpg
↑佐賀城本丸歴史館

文化の薫り高い佐賀北新聞部のOB会にふさわしい場所ですね。タダやし・・・(^_^;)

P1180618.jpg
↑皆さん歩くの遅いな~ ちょっと待つの廊下~

もちろん皆さんにもWTBの名札つけてもらいました~(^_^;)

P1180637.jpg
↑殿の御前じゃ~ 図画工作~ じゃなかった頭が高い~


P1180640.jpg
↑佐賀は明治の偉人が沢山でたところです。


P1180663.jpg
↑鍋島のお殿様は藩を改革して近代日本の礎を作られたとか・・・


P1180666.jpg
↑もしもし~ 昔の偉人の声が聞けるそうです・・・


P1180667.jpg
↑江藤新平はあまり他の県の方には知られていませんが、現在の民法の基礎を作ったすごい人物です。


P1180671.jpg
↑誰の声を聞いておられるのかな~



P1180682.jpg
↑佐賀城本丸歴史館の向かい側にある物産館に行きます。



P1180704.jpg
↑佐賀レトロ館  レストランもありますよ~



P1180692.jpg
P1180693.jpg
↑友人ところで作っておられるこだわりのお醤油です。

とても歴史のあるお醤油屋さんですよ~ 女将さんめちゃ美人やし・・・(^_^;)
もちろん、工場はここじゃないですよ~ 
こんど、オイドンも買って男の手料理に使おうっと・・・いつになるかな~(^_^;)


P1180699.jpg
↑そもそものOB会開催のきっかけを作ってくださった、先輩です。

仕事の合間で時間を作ってきていただきました。
相変わらずかっこよかですね~
新聞作りに熱く燃えておられた先輩でした。

新聞部OB会の話題もいよいよ次回が最終回です~ よろしく~





























スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
ワル猫さん こんにちは♪

ワル猫さんとこは 同窓会やらOB会とか
集まりも多いんですね~。 楽しそうです^^
佐賀には明治偉人さんが 多いんだ~
大隈重信は 知ってます~^^

↓ 紅葉がすばらしか~~~
にゃんこが住み着いている山だなんて・・・・

>ありがとうございました^^
25人、どんだけ親戚が多いかって 分かるでしょう~^^;

沖縄の桜、カンヒ桜ももう開花し始めて
先週から桜祭りが開催されていますよ。
まだ 雪 雪の日本列島なのにね・・・
そちらは雪は大したことなかったんですね~
沖縄もそれなりに冷えて、昨日はあっちこっちで霰が降ったようです。
2011/01/17(月) 15:01:06 | URL | mana #cFDUgT.c[ 編集]
なんだか良いなぁ裏山しいなぁ~♪
高校の部活は、私の母校では盛んでは無かった気がします。
当時は同級生とはよく遊んだけど、先輩は殆ど知らないんです。
卒業して時間が過ぎて、先輩後輩と集まるなんていいな~
古いお友達って、会ったとたんに時間が縮まりますよね。
きっとみなさん、高校時代とあまりお変わりじゃないんでしょうね♪♪

天拝山は公園の様に整備されているんですね。
教科書で習った覚えは無いけど(忘れたのかも^^;)
佐賀には、凄いことをされた方が多いですね~
佐賀城に親しまれていることも、高校時代の頃からなんですか?
それって素敵ですね~!
若い頃、小倉城をまともに見たことも無かったです^^;

その、レトロ館も気になりま~す♪
古いお醤油屋さんもお知り合いなんですね。
こだわりの出汁醤油や、味噌ダレも美味しそう~

真面目に見たり読んだりしたんだけど、途中の図画工作とドケチには
思わず吹きだしました(^Q^)
佐賀の夜の部も、楽しみにしています♪
2011/01/17(月) 17:53:51 | URL | トマコ #LkZag.iM[ 編集]
そうですか
そうですか新聞部でしたか道理で取材が上手で納得しました
こうして学生時代の皆さんと集まってどこかに行けるなんて裏山鹿です
ワル猫さんは仕事替えしてWTBも順調のようで皆さん喜んでるでしょう
私の高校時代は演劇少年でしたが才能に自信がなく自由医になりました
何人かはプロになりましたがメジャーではありません
ご住職や調教師など変わり者が多く懐かしく思い出しました
今度集まれるよう声をかけてみます

佐賀城の様子初めて見ましたこんなお城があるとは知らずに失礼しました
何せ隠れキリシタンではないですがいつも潜ってました
2011/01/18(火) 05:00:31 | URL | 自由医さん #-[ 編集]
楽しそうなOB会ですね。
音頭をとってこういう会を開くのも何だかとてもエネルギーがいりそうですが、そういう活動も積極的になさっているので、いつまでも若々しくしておられるのかなあと・・、あれ、ほんとにお若かったんでしたっけ。ごめんなさーい。失礼しました。

天拝山の歌碑、どれも悲しいものや寂しげなものばかりですね。しみじみ心にしみるものもありそうですが、でも、登山するには私はもっと明るい歌の方がいいなあ。恋の歌とかのほうが歩くのも元気が出そうな気がしますけどね。
2011/01/18(火) 11:35:36 | URL | うさぎ #-[ 編集]
天拝山は、近くて遠い山。
行きたい行きたいと思いながら、まだ1度もいったことない山です。紅葉もきれいですね。雪景色も美しいでしょうね。(寒いのは苦手なんだけどね・・・)

ネコちゃんの周りは友達がいっぱい。っていうのが、ようーくわかります。私もちゃっかり友人の一人に加えてもらったし・・・。

同窓会やOB会は、お世話をしてくれる人がいないと、なかなか開かれないもの。
山登りもそう。ネコちゃんには感謝感謝です。

さてさて、我、商品。
ネコちゃんの腕にかかると、醤油や味噌だれがりっぱに見える!胸を張って並んでいますねぇ・・・。

大盛況のうちに進んでいる、新聞部OB会。
最終回は、いかに・・・。
2011/01/18(火) 12:11:35 | URL | 醤油屋女将 #-[ 編集]
佐賀城、立派ですね!
佐賀藩のことは知っていましたが、お城がこんなに立派とは知りませんでした。脱帽!!
お城フリークとしては一度訪ねてみたいですね。
春になったら博多に飲みに行きますので、その折に立ち寄ってみます。
2011/01/18(火) 16:52:41 | URL | southfellow #pT6py8Ww[ 編集]
manaさんへ
佐賀には七賢人といっていろんな方がおられましたよ~
ってオイドンもそこまで詳しくありません~
大隈重信公は皆さんご存知ですよね~早稲田大学の創始者ですからね。

色んなイベント楽しいですけど、連絡するのが結構大変ですよね~ 食事どころも予約しないといけないし・・・
予約なしで行き当たりばったりなら楽チンだけどな~

はい、まだまだ寒いですが、木々を見ると小さな木の芽が見えたりしますよ~ 確実に春は来ますからね。


2011/01/18(火) 18:55:38 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
トマコさんへ
確かに部活に入らないと上級生や下級生とはなかなか知り合いにはなりませんもんね~
オイドンは新聞部という性格上、各クラブに気軽に取材名目で遊びに行っていました~
それに生徒会室は取材ネタの宝庫なんでいつも行って、お手伝いまでしていましたよ~(^_^;)

そうですね卒業してもう30年以上なのですが、みんな変わっていませんね~ 
いや明日ちょっと変わった後輩が出てくるかも~(^_^;)

天拝山は教科書に出てくるような有名な山じゃないですよ、ただ地元の方には親しまれている市民の山です。きれいに整備されてあるので、気軽にも登れるし、ちょっと登山雰囲気を味わうのであれば、天神様の小径ルートを行けばいいですよ~

佐賀城はここまで整備されたのはつい最近です。でも佐賀には偉人が沢山出てってのは高校の授業(佐賀バージョン)でよく習いました~
門は昔からあったんで、卒業写真にそれを題材に使ったクラスもあったと思います。

佐賀城内には県庁もあるし、図書館もあるので、みんな普通に場内で遊んだり勉強したりしていました。
手漕ぎボートもありましたよ~ そのエピソードは次回の最終回ですけど・・・

レトロ館は、佐賀の名物が一度にお手軽に見れます。結構こだわりの品があったりもするようです。オイドンは普段はもっぱらスーパーの安い買い物オンリーですが、このお醤油はスーパーには置いていませんもんね~ 佐賀の直売所あたりにありますよ~ でも、実はまだ見たい県、いや未体験~

佐賀の夜も盛り上がりました~ はい、次回もお楽しみにしてください~




2011/01/18(火) 19:06:44 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
自由医さんへ
いやいや自由医さんも多趣味でいらっしゃるようじゃないですか~ 仲間と一緒に出かけたり出来るのは嬉しいことですよね~
でもそのためにはまず健康ですね。自家製野菜を食べて健康になりましょう~(^_^;)
オイドンより自由医さんの方が大都会にお住みですけど、よっぽど健康的な生活されているようです~

ありゃ、演劇少年? 過激な歌劇団だったのかな~(^_^;) 同時のお友達まだやっておられる方おられるんですね~ いやそちらも大変でしょうけど、自由医さんも生半可な勉強では無理でしょう~ 尊敬です~

佐賀城は、お城はほとんど残ってないですが、門だけは立派に現存しています。中の記念館は最近なのですが、いい施設ができて県外の方に自慢できるので嬉しいですよ~

3月にはひな祭りもイベントもやって九州内では結構賑わう場所のひとつです。



2011/01/18(火) 19:12:09 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
うさぎさんへ
いやいや、もうそんなに若くありません~ (^_^;)
でも、当時の友人と会って、昔話をすれば若返ったような気がしますね~

そうなんですよね~道真公はどうしても都に帰りたいと思っておられたようで、その思いを込めた歌がほとんどのようです・・・
この歴史公園には道真公以外の歌もいくつかありますが、残念ながら勉強不足で誰もわかりませんでした~(^_^;)

うさぎさんがもし行かれたそこらへんもよろしくです~
正規のルートだと登山って感じは全くしませんよ~ただの散歩の延長です~

2011/01/18(火) 19:16:32 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
醤油屋女将さんへ
どうも~ お忙しいのにコメントありがとうございます~
天拝山、高い山ではないですが、とてもいい雰囲気の山です。公園がよかとですよ。紅葉時期だったからバッチリでしたよ~もっともその時期にあわせてイベントしたんですけどね~

歴史も深いし、高さは適当に楽チンだし、ニャンコもいて駐車場も完備されているなんて文句の付け所がありません~
実は、今回行ってないけど、温泉も福岡市近郊では唯一の源泉かけ流しなんですよ~ 硫黄の匂いが漂ういいお湯ですよ~

いえいえ、ちゃかりだなんて、こちらこそ友人に加えてもらって光栄ですよ~ また行きましょうね~
ちょっと今は寒くて厳しいんで少し暖かくなってからですよ~
雪山はめちゃきれいやけど、ちょっとリスクもありますから、安全第一の登山がいいと思います。
往復の交通手段もちょっと心配ですしね。

はい、大切なお醤油さんたちがきれいに並べられていましたよ~ 今度オイドンもゲットして料理に使いますからね~たぶん夏野菜になると思うので半年後です~(^_^;)


2011/01/18(火) 19:23:14 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
southfellowさんへ
佐賀城、天守閣は残っていませんけど、この門は本物のまま残っています。中は資料館みたいになっていますけど、結構楽しめます。佐賀のことをあまりご存知ない方でもたぶん帰りには明治の若者達の思いを感じられるのでないでしょうか~

春になったら?3月はひな祭りもやっているので一段と佐賀市内も華やかになります。普段は全国どこもそうですが、シャッター商店街なんですけど・・・

2011/01/18(火) 19:25:44 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する