FC2ブログ
野菜作りや温泉などの日常の出来事を綴ったつれづれなるままの日記です。ズボラで手抜きの勝手に菜園ですが、よろしくお付き合いください。
 九州陶磁文化館に行ってきました
2011年12月18日 (日) | 編集 |
以前もご紹介した九州陶磁文化館、地元では九陶と呼ばれています。
そういえば、ソーラーの工事会社も似たような名前でCMしてたな~(^_^;)

雨だったので、建物の写真なし、中の方だけです。

P1250824.jpg
↑蒲原(かんばら)コレクションの皿

ヨーロッパから里帰りしてきました。
HPでは蒲原(かもはら)とありますが、正しくは「かんばら」と読みます。

P1250836.jpg
↑焼き物の解説などできません・・・ 

ただ撮影してきただけです・・・(^_^;)

P1250837.jpg
↑似たような茶碗見かけます。今でも江戸時代の様式を大切に守っている窯元も多いとか・・・



P1250838.jpg
↑これは少し色合いが薄いような・・・

焼く技術も時代によって変わってきたのかな~ そこらは全く詳しくありません。

P1250839.jpg
↑解説不可能~(^_^;)


P1250840.jpg
↑これもよく分かりません・・・


P1250841.jpg
↑これは有田焼きでは結構珍しいようなデザインじゃないかな~



P1250844.jpg
↑書いてあるとおり~



P1250849.jpg
↑色絵と皿ってのは分かります~(^_^;)



P1250855.jpg
↑これは染付技法ですね~


P1250871.jpg
↑出た~VOC オランダ東インド会社のマークだ~

このお皿、誰のだろう・・・ オランダ~ (^_^;) ちと古すぎました・・・

P1250886.jpg
P1250888.jpg
P1250900.jpg
↑さっぱり分からないので一気だ~



でも、次は分かりやすいです。この前の記事でお見せできなかったもの・・・
これだ~ 1.2.3~

P1250862.jpg
↑有田焼のからくり時計が動いてる~


P1250863.jpg
↑よ~っく見てくださいよ~ 中の歯車も有田焼です~

この後も、以前ご紹介した場所ですが、前回お見せできなかったものが・・・ (^_^;)






















スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
沖縄から帰っていらっしゃったんですね。
お帰りなさい・・・。

そしてまた、間髪いれずに取材ですか??
なんでそんなに早く瞬間移動ができちゃうんですか・・?

沖縄のホテル暮らし(?)はうらやましかったで~す!!
出来たら私も一緒にお食事したい気分。
主婦って、なかなかゆっくり座って食事が出来ないんですもの・・・。

九陶のコレクッションはいつも圧巻ですね。
私は染付が好きだな~。     キーマ
2011/12/18(日) 17:30:54 | URL | #24FJNFM2[ 編集]
すっご~い!
有田焼コレクションの図鑑?の様なページですね♪
私もさっぱりわかりませんが、どのお皿も綺麗ですね~

よく思うのですが、大きなお皿も食事に使ってらしたんでしょうか・・・
やっぱり 食事ではなく美術品ですよね。
鍋島のお殿様は、もっと凄いのを使ってらしたのかな・・・
佐賀は凄いなぁと思います。

オランダのは、なんとなく庶民的な雰囲気が良いな~
東インド会社の・・そういう意味なんだ~♪
勉強になりました(^^)v

からくり時計覚えてますよ~!
すごく可愛いのに、歯車まで有田焼なんですね。
次回の見てないもの・・・なんだろう~楽しみです♪
2011/12/18(日) 22:55:19 | URL | トマコ #LkZag.iM[ 編集]
キーマさんへ
はい、時系列はいろいろと錯綜していますが~(^_^;)

記事を作って貯めておくことが出来るので便利ですよ。もう沖縄シリーズでブログネタ貯金使い果たしました~v-8

キーマさんは主婦業だけでなく、お店されてらっしゃるから、なおさらお忙しいですよね。
でも、今年も年末はあそこに行かれるのかな~

染付、シンプルですが、古伊万里って感じですよね~



2011/12/19(月) 22:37:34 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
トマコさんへ
トマコさんはまだ行かれてないんですよね。
無料だから、これからは有田に行かれたら寄ってみられたらいいですよ。

ホントはいろいろと説明しないといけないですが、本を買ってないので分かりません~
見るだけで十分かな~
でも、学芸員さんから説明してもらうと、また目からウロコですよ~

今回特別展やってましたけど、そこは陶磁器以外の収蔵品じゃない写真があるので撮影はご遠慮くださいとのことでした。
焼き物はいくら撮影しても悪影響ないから大丈夫だそうです。
館内ではご遠慮くださいのプレートもありますけど、学芸員さんがストロボを使わないなら全然問題ないですよとのこと・・・

東インド会社やら世界中に輸出した有田焼とそれらを収蔵しているヨーロッパの写真でした。

焼き物自体は、ここに収蔵しているものなんですけどね。
ありゃ、オイドンも説明が支離滅裂になってきた~(^_^;)

からくり時計、30分毎に踊りますから是非見てくださいね~
それと二階の喫茶コーナーで本物の江戸時代の器でコーヒー飲んだり、それは期間限定だったかな~

とにかくいいところですよ~ 何度も言いますが、タダ~(^_^;)

次回の所はちょっと普段はいけないので、スイマセン・・・

2011/12/19(月) 22:45:44 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
ああー、いいものがたくさんありますね!
これがレストランのショーウインドーでしたら、美味しそうだけど、手が出ないというものばかりです!(笑)
そこにある作品をそっくり写した現代物もありますが、やっぱり味わいが異なりますね!
次ページの柿右衛門のにごしでもいいですね!
ろくろ師さんと絵付師さんと、それぞれ分かれて作業なさっていますが、おそらく絵付師さんは、下絵付けと本絵付けに大きくわかれているのではないかしらー!?
ご豆腐三種もいいなぁー!
ワル猫さん、佐賀の広報室のようなレポートですね!(笑)
焼き物関係のものにとっては、嬉しいレポートです!(笑)
2011/12/20(火) 01:25:47 | URL | マルコ #-[ 編集]
マルコさんへ
オイドンも詳しくはないのですが、ひととおり表面的なことなら有田の歴史とかは分っていますよ~

やっぱり歴史のある本物っていいですよね~
現代の物もいずれは歴史に評価されるようになるんでしょうね。

そうそう、いろいろと分かれておられるようで、説明では、太い線専門のかた細い線専門の方と言われていました。
下絵と本絵付けに、なるほどね~ さすが視点が違いますね~

まあ、お値段としては家が買えそうな物もあるかも~v-39

2011/12/20(火) 07:43:41 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する