FC2ブログ
野菜作りや温泉などの日常の出来事を綴ったつれづれなるままの日記です。ズボラで手抜きの勝手に菜園ですが、よろしくお付き合いください。
 戦国の風雲児 立花宗茂
2012年03月22日 (木) | 編集 |
島津の軍勢は五万、父である大宰府の高橋紹運は、700名で岩屋山にて抗戦。
二週間持ちこたえ、島津に五千名の損害を与えたといいますが、多勢に無勢
全員討ち死に・・・
息子である立花宗茂の守る立花城の運命もこれまでかと思われましたが
奇策を用いて、島津軍を翻弄。時間を稼いで秀吉の応援を待つ作戦に出ました。

攻めあぐんだ島津の軍勢は、撤退し、秀吉の応援が到着する前に
父の岩屋城まで奪還したのでした・・・

P1280124.jpg
↑立花家資料館も、御花見学のチケットで入れます。

お嫁さんが来られるまで少し時間があるようでしたので・・・

P1280137.jpg
↑勇猛な武将としてだけでなく、立花家にはさまざまな花のある品々が伝えられているようです。

立花宗茂は、秀吉に認められ、大友家から独立して柳川13万石の藩主となったのです。
その後、関が原の戦があり、秀吉に恩顧のある宗茂は、西軍に味方をしたものの
西軍が敗れて、撤退しますが、その際、兵のほとんどを失った島津義弘に対し、
父の敵を討つことも出来たのですが、「敗軍を討つは武士の誉れならず」と
逆に道中、島津の護衛をしながら九州に戻ってきたといいます。

P1280138.jpg
↑当時は高級な乗り物だったんでしょうが、確かに狭いですよね・・・

関が原で西軍についたことから、領地を失い、浪人になるわけですが、主従ともども一体となって
この難関を乗り越えていきます。
加藤清正の信が厚く、一時は肥後に身を寄せますが、やがて家臣と京都や江戸で暮らすことになります。
当然、収入が無いわけですから、家臣が肉体労働や虚無僧をしながら、主君を支えていきました。
そんな中、江戸で徳川の二代目将軍である秀忠の信を得たことから、関ヶ原で西軍に属したものの
奥州棚倉(福島県)一万石の領主として大名として返り咲くことができました。
また、大阪夏の陣では秀忠の参謀として参戦し、旧領地である柳川藩を取り戻すことができたのです。

九州においては、全ての大名豪族が、豊後の大友家の家臣でさえも裏切って島津に服従する中、
父である高橋紹運と二人で大友家への義を貫き通し、
関ヶ原では天下の流れは徳川と分っていながらも、豊臣秀吉への恩顧のために義を貫き、
そしてまた、大名に取り立てられた徳川家への恩義のために義を貫いた武将でした。

関が原で領地を失って、取り戻すことが出来たのは立花宗茂が唯一と言われています・・・
まっすぐに戦乱の世を生きた、信義の厚い武将だったようです。
そしてまた、花を愛し、民を愛し、家臣を愛した、そして愛された戦国の風雲児が
立花宗茂公です。


P1280139.jpg
↑婚礼の調度品だそうです・・・


P1280140.jpg
↑なんじゃこりゃ~

起き上がりぼうしらしいえすが、これだけ小さいとは・・・五ミリのもあるそうです・・・

P1280141.jpg
↑だそうです・・・(^_^;)


P1280142.jpg
↑お雛様ですが・・・

調度品というか、道具がすごいです。シルバニアファミリーも真っ青~



P1280143.jpg
↑殿様ならではですよね。庶民ではこんなもの持てなかったでしょう



P1280144.jpg
↑これは同じ貝を合わせる、遊びの道具ですよね。

本物は大きな蛤ですよね。これはシジミで作ってあるようです・・・


P1280145.jpg
↑カルタはここにありました~

インドネシアの人も大好きらしいですよ、ジャ~カルタ・・・

P1280146.jpg
↑なんとも、この芸の細かさにはビックリです



P1280148.jpg
↑お魚もあります~

そうそう、写真撮影OKなんですよ~ ありがたいですね~(^_^;)

P1280149.jpg
↑あわびやらイセエビもある~



P1280152.jpg
↑立花家に伝わる植物図鑑です。

これはミニチュアじゃなく、本物サイズでした~


P1280154.jpg
↑もちろん武将ですから、鎧兜もあります・・・



P1280156.jpg
↑童門冬二さんの本もありました。宗茂公についての本、こんなにあるんだ~



P1280157.jpg
↑さてさて、水郷柳川の嫁入りです。続く~(^_^;)


まだまだ、引っ張りますよ~ よろしく~


























スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
うわぁー!今回は、歴史と文化のお勉強のようです!
立花宗茂公は、関が原の戦い以降は、浪人て゛
二十年後におきあがりこぼしというか、柳川の領地とお城をとりもどせたのですね!
立派なお武家さんですー!
おひなさまのひよりを選んで、お嫁入りー!
こちらにも潮来花嫁さんがありますが、そちらは、堀来花嫁さんなんですねー!!
2012/03/22(木) 11:38:13 | URL | マルコ #-[ 編集]

ワル猫さん こんにちは♪

最近はワル猫さんやトマト家のブログで 歴史の勉強になっております^^
こうやって名所に訪れたり
その時代のものに触れながら勉強できたら
もっと学生時代は歴史に詳しくなれたのにな~なんて^^
子供の頃よりも大人になってから興味をもつ事が多すぎて
時間が足りない 足りない^^

昔の人が作ったものって 凄いですよね。
ほんと手が込んでいる。
ゆっくりした時間と共にあったからかな~
どの作品もすばらしいですね。

>沖縄は車社会だから 無料駐車場も多いけど
しかし、10分で500円は高すぎます・・・・
私も東京で三年ほど暮らしましたが
車での移動なんて 考えたこともなかったですね。
電車がほんと便利で、
あ~~沖縄にも鉄道があったら良いのに・・・

2012/03/22(木) 14:51:54 | URL | mana #L8AeYI2M[ 編集]
覚えられませんが、何度も読ませて頂きました(^^)
最近 ちょこっと調べ物をしていて知ったのですが
佐賀城や福岡城や小倉城だけでなく、城跡って凄く多いんですね。
それだけ多くの戦いがあり 武将がおられた事に、まずはビックリしました。
立花家のお殿様は、人望の厚い方だったんですね♪
「敗軍を討つは武士の誉れならず」 お優しいでうね~!
こうして詳しいお話しを聞かせて頂くと、その方のお人柄も印象に残りますね。

細やかで豪華な調度品の数々にもビックリですが・・・
貝殻は、おはじきかと思いました~^^;
>これは同じ貝を合わせる、遊びの道具ですよね
おわかりになる、ワル猫さん凄い!!
貝殻合わせ・・・風流で素敵な遊びがあったんですね~
そして、立花家の植物図鑑に釘付け~~~♪
押し花でしょうか? 凄いです~!!
お花もとてもお好きな家系でいらしたんでしょうね。
あ・・・だから御花???
柳川のお嫁さんも、楽しみにしています。
2012/03/22(木) 19:26:03 | URL | トマコ #LkZag.iM[ 編集]
マルコさんへ
ありゃりゃ~ 立花宗茂とおきあがりこぼしをかけるなんて、マルコさんもやりますね~

人生七転び八起き! きっと明日はなんとかなりますよね~ (^_^;)

宗茂公の物語、ぜひ読んで見たくなるでしょうね~ 週末図書館に行ってみようかな~

イタコ花嫁さんは読めますが、ホリコ??? なんだろな~ 


2012/03/22(木) 21:42:29 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
manaさんへ
トマコさんの歴史物もなかなか奥が深そうですよ~
オイドンも負けられん~

学生時代は年号や出来事の表面だけを広く浅くでしたもんね~ ストーリーがないと覚えられませんよ~
オイドンは日本史専攻でなかったんで、なかなか日本の歴史は詳しくなかったんですが、大河ドラマを見たり(^_^;)、各地に出かけたおりに、地域地域の歴史に触れたいと思っていますよ~

佐賀にだって、当時、日本一の大きさのお城があったんです~ 豊臣秀吉が作ったもので、もう何十年も発掘、復元が行われ続けているようです・・・

2012/03/22(木) 21:47:34 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
マルコさんへ
オイドンはこのお話だけは、興味があったんで覚えました~(^_^;) 
歴史の年号や同じような名前が出てくるとチンプンカンプンなんですけどね~

城跡、沢山あったようですが、今は無いのが残念ですね~ 戦国の世じゃないから、城は殿様が住むだけで、戦いのためのものは作らせないという、幕府の方針だったようです。
今考えるともったいないな~
今、山城があれば、村おこしにいいんだけど・・・

立花の殿様のお話は今回で終わりですが、トマコさんだけに続きを教えますね~(^_^;)
な~んて肩すかしですが、実は、今年の直木賞作家ご存じでしょうか?
純文学の芥川賞の田中さんだけが独特の言動でマスコミが大騒ぎしましたが、一般の小説の直木賞、北九州市出身の方なんですよ。
葉室麟さん。もちろん立花家にゆかりのある方じゃないですが、高校は久留米の明善高校。
筑後川のすぐ近くの学校なんですけどね。今も久留米市にお住まいだそうです。

で、その葉室麟さんの、直木賞の後に出版された第一号の記念作品。なんと、立花宗茂を描いたものなんです・・・ 

「無双の花」

勇猛果敢な武将としての活躍ではなく、その後、城や領地を失って浪人になりながらも、家臣を一人も見捨てず、誠実に歩んだ浪人になってからの生き様や、夫婦の姿を描いたものだそうです・・・
読んでみたいですね~

新作か~ 図書館にはないな~ 仕方なか、童門冬二さんの作品読んで、しばらくして図書館に入ってくるのを待つかな~
そっか、佐賀市ではリクエストが出来たんだったっけ~よっしゃ~

ちと脱線しましたが、情報提供でしたよ~

そうなんですよ~ 花が好きな武将でもあったようです。

はい、お嫁さんはあまりアップにできないので・・・
なんとなくです~




2012/03/22(木) 22:06:54 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
講演会
直木賞受賞後第一作となる立花宗茂公を描いた「無双の花」の作者葉室麟さんの講演会が母校の西南学院大学で6月27日開催されます。(無料)
2012/06/12(火) 09:17:50 | URL | 今井 #Z0eBfVjg[ 編集]
今井さんへ
情報提供ありがとうございます。「無双の花」は丁度数日前に読んだところです。
同じ宗茂公を題材にしても、それぞれの作家の方で作風が違いますね。
葉室氏はペンネームかどうかは存じませんが、葉室姓は藤原家につながる由緒ある氏のようです。
葉室氏の作品、他のものも読んで見たくなりました。時代小説、歴史小説は以前から大好きなのでよく読んでいました。
また、好きな作家の方が増えて嬉しいです。

2012/06/12(火) 21:56:32 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
ハムリン作品について
葉室麟はペンネームです。西南学院大學フランス語専攻を卒業後フクニチ新聞社に就職するも会社が倒産、その後KBC九州朝日放送を経て50歳過ぎて作家デビュー、波乱万丈の人生のようです。エリート人生ではないだけにその経験が作品ににじみ出ているような気がします。お薦めは何と言っても直木賞受賞作「蜩ノ記」か松本清張賞の「銀漢の賦」だと私は思います。
2012/06/21(木) 08:46:25 | URL | hiro #Z0eBfVjg[ 編集]
hiroさんへ
情報ありがとうございます。葉室さんはペンネームなのですね。
波乱万丈、おそらく作家というジャンルの方はそういう方が多いような気がします。
なるほどなるほど、お奨めはやっぱりなんですね~
今度読んでみますね。
2012/06/21(木) 22:51:05 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する