FC2ブログ
野菜作りや温泉などの日常の出来事を綴ったつれづれなるままの日記です。ズボラで手抜きの勝手に菜園ですが、よろしくお付き合いください。
 朝倉と中大兄皇子
2012年04月07日 (土) | 編集 |
ご神木もありました・・・

P1280331.jpg
P1280332.jpg
↑よ~く読むと母の斉明天皇を弔うためとあります・・・

当時、朝鮮半島は百済・高句麗・新羅の三国に分割され、争いを繰り返していましたが、
660年7月、百済はついに新羅・唐の連合軍に亡ぼされ、
かつてから親交関係にあった日本へ救済の要請を。
そこで、翌661年斉明天皇は、百済を救済するため
福岡県の朝倉に都を遷したとされています。

朝廷のほとんど全ての人員と機能を遷したとありますから、遷都だったのでしょう。
橘の広庭公園(朝倉インターから北側あたりの山裾)がその場所ではと言われています。
福岡県の朝倉が日本の都だった・・・ ビックリですよね~ 
ちゃんとウィキベディアに掲載されていますよ。

しかし、斉明天皇は長旅と百済救済のご心労からか、朝倉に着いたものの、
百済への援軍を出発させる前に、この朝倉の地にて御崩御なされました。



P1280327.jpg
↑では、神社の裏手に回ります・・・



P1280330.jpg
P1280328.jpg
↑この裏手が木の丸殿跡です・・・ 中大兄皇子、のちの天智天皇

御崩御なされた母の斉明天皇を弔うため、この山腹に、木の皮の着いたままの丸太と
葦で編んだ、粗末なムシロ(苫:とま)を乗せて作った木の丸殿を立てられました。
そして、一日を一月として、12日間で一年間の喪に服されたのです。

これで、なぜ、大化の改新の中大兄皇子が、この朝倉に来られたのか
なぜ、粗末な小屋で雨に濡れながら母の喪に服されたのかがおわかりだと思います。

この恵蘇八幡宮では、その後、応神天皇のみならず、斉明天皇、天智天皇も祭神として
祀られることになります。


P1280326.jpg
↑階段を上って神社の裏手に行きます。



P1280322.jpg
↑階段を上ってきました~

曇りですが、ぽつぽつ雨が降りそうな三月のお天気でした。

P1280323.jpg
↑先の方はなんだか丸い古墳みたいになっています・・・



P1280324.jpg
P1280325.jpg
↑斉明天皇が一時、安置なされていた御陵山です。

聖地ですから、静かに敬いの心を持って拝見させてもらいました。

歴史秘話、まだ続きますよ~





スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
こんばんは
こんばんは
朝倉が都だった時期が、少しとはいえあったんですね。
歴史って奥深いもんですね~
宇佐八幡は実家が近いので身近なのですが
八幡さんも多いですね~。でも、しらないとこも多いな~。

さて、週末は桜見をさめですかね~
2012/04/07(土) 00:27:44 | URL | ibuki #-[ 編集]
ワル猫さん こんにちは♪

>朝倉が日本の都だった・・・
へ~~ へ~~
まだまだ知らない歴史がいっぱいだな~
学校で学んでも忘れたり
教科書では教えてくれないことなど・・
いっぱいありますからね~
むしろ 大人になってから知ることの方が多かったり・・
勉強になります。

>寅さんも好きだったけど
まさかあのシリーズを リチャード・キアだなんてね^^
2012/04/07(土) 15:50:30 | URL | mana #L8AeYI2M[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/04/07(土) 19:01:28 | | #[ 編集]
中大兄皇子が福岡に来られていた事でも驚いたのに
朝倉が都の事があったとは、ビックリビックリでした!
邪馬台国のミステリーでも、朝倉はよ候補地だと聞きます。
静かな山間の地という印象だけど、歴史深い土地なんですね~

大樟は、もしかしたらお手植えなのかもしれませんね!?
武雄で大樟を見たとき 樹齢何千年もの大木で驚きましたが
1500年くらい前なら、十分に植えられた可能性があるなぁ・・・なんて♪

私は、神社には架空の神様が祀られている事の方が多いと勝手に思っていたけど
実在された方を祀っておられる神社も多くて、一定の期間そこにいらしたとか
その場所で何かがあったとか、そういう場所である事も多くて
歴史的にも意味の深い場所であることがあるんですね~。
思いも寄らない聖地が身近にあり、今も見守って下さっているのかなぁ・・・
深い部分から、感謝と畏敬の気持ちが湧いてくるような気がします。
続きも楽しみにしています♪
2012/04/07(土) 19:16:15 | URL | トマコ #LkZag.iM[ 編集]
ibukiさんへ
そうですよね~ 飛鳥時代って奈良県でしょ~
その時代に九州に都が遷ってきたなんて、にわかには人事難い話ですが、本当なんですよ~
福岡すごいです~

宇佐神宮、メチャメチャ広いですよ。あれは一つの山登りみたいなもんですよね~
全部回ったら相当体力が必要です~

桜、そうかもですね~ 油山とか高いところはまだ大丈夫かもしれませんが・・・

2012/04/08(日) 00:05:36 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
manaさんへ
多分、朝倉では学校で教えてくれたと思いますけど、太宰府と道真公のことは、よく聞きますけど、まさか朝倉がそうとは思いませんよね~

歴史って結構繋がっていますよね。オイドンは明治維新頃の青春群像が好きで、よく本を読んでいたのですが、また司馬遼太郎の戦国物読むかな~

ブログ始めてから読書しなくなりましたけど、今は更新頻度落としているので、また本を読もうと思っていますよ~

2012/04/08(日) 00:08:23 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
トマコさんへ
やはりトマコさんもご存じなかったんですね~
もちろんオイドンも知りませんでした。
朝倉のことを紹介しようと思って調べていたら・・・
確かに神社は気になっていたんですよ。
まだまだ次ぐので詳しくは言えませんが~(^_^;)

朝倉にされたのは、太宰府に攻め入れられても、次に守りやすい地にされたんじゃないですかね、
いざ隣ったら彦山の方を拠点にしてもいいわけだし・・・
それに筑後川の回りで水運にも恵まれていたはずです。

なるほど、大きな楠の木は、お手植えかもですね~ そう思えばまた繋がりを感じますね。

神様、日本人はどんな物にでも神様が宿っており大切にするという、とても素晴らしい宗教観を持っていると思います。
はい、確かに敬いの心、大切ですね。

歴史シリーズはまた、後日続きますけど、当分はまた出し忘れのネタになりそうです・・・

2012/04/08(日) 00:14:01 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
日本史の時間は、わりに好きだったけど
こんな話はきかなかったようなー!(笑)
前回からつづくミステリー秘話を楽しみにしていました
そうなんですか、斉明天皇は百済を助けるために、遷都までなさったんですねー!
それでむすこさんの中大兄皇子の登場となるわけなんですね!
しかも遷都先で天皇は崩御なされ、とむらいの場所とか、御陵があるってことなんですね
えっ!まだまだミステリーはつづくのでしょうかー!?
次回を楽しみにいたします

2012/04/08(日) 12:31:07 | URL | マルコ #-[ 編集]
マルコさんへ
そうなんですよね~ たぶん、地元以外ではそこまで知られていないかもしれません。

女性天皇の斉明天皇と息子である天智天皇、お二人にはそんな秘話、親子の愛情の物語があったんですよ~
舞台は福岡県ですよ~ すごいでしょ~

次はミステリーではなく、ちょっとしたウンチクかな~
なるほど~と思っていただけると思います。
もしかしたら何かの場でご披露されると、さすが教養ある~って思われるかも~ (^_^;)

次回もお楽しみに~



2012/04/08(日) 22:41:56 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
中大兄皇子が福岡に行っておられたとは~(@-@)
それに、朝倉に遷都していた時期があったとは!
まったく知りませんでした~
いまでこそ交通機関も発達し、格安の飛行機も飛ぶ時代になりましたが
九州って…遠いですよね。
でも、朝鮮半島とのつながりが濃かった時代だから
政治の要所だったのですね。防人の歌もありますもんね。 
百人一首で一番初めの歌です(^^)これだけよーく覚えてます。
野宿の歌だとは知っていましたが、こういう深い事情があったとは!
一首の歌が肉厚なドラマをもって迫ってきます。広大な風景が広がりますね。
勉強になりました!!
2012/04/11(水) 17:54:26 | URL | gerogero #8klwOKB6[ 編集]
gerogeroさんへ
そうなんですよ~ 本拠地は飛鳥地方だったんでしょうが、九州朝倉でもちゃんとお過ごしだったんです。
ちゃんとウィキでも都だったと書かれています~

九州、今は近いですけど、確かに船や馬だと大変でしょうね。

野宿の歌、確かにそうですね・・・ (^_^;)

はい、歌に思いを込める当時の教養だったようですけど、今のオイドンたちならブログかな~(^_^;)

オイドンのは教養といえるようなもんじゃなくて、強要かもですけどね・・・

しかし、福岡が都だったと大きな声で言えてホント腹高々です~ (^_^;)



2012/04/12(木) 21:29:45 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する