野菜作りや温泉などの日常の出来事を綴ったつれづれなるままの日記です。ズボラで手抜きの勝手に菜園ですが、よろしくお付き合いください。
 史跡 秋の田
2012年04月11日 (水) | 編集 |
中大兄皇子、後の天智天皇と福岡県の朝倉との関わりについて、
まだ秘話がありますが、取りあえず地元ネタで・・・

P1280319.jpg
↑手島一路、本名手島勇次郎の碑

明治から昭和に生きた歌人。実業高校教育に貢献し、大正5年から歌人として活躍されたそうです。
地元では有名な方のようですが・・・ スイマセン、私は全く存知上げませんでした。

大宰府や博多にも歌碑があるそうです・・・

P1280321.jpg
↑博多工業高校の校長先生も勤められたそうです。

ゆり短歌会というものも知りませんでした・・・ 

歌人といえば、佐賀の方でも日本全国で知られていると言うわけではなくとも
なぜか佐賀北高校と接点のある方がおられまして、
そんなシリーズもぼちぼち始まるかも~ (^_^;)


P1280318.jpg
↑斉明天皇の御陵山の前にありました・・・ 竜が三匹 

ちゃんと意味がありました・・・

P1280320.jpg
↑時の記念日をあらわしているんですね、これが時計なんです。


P1280312.jpg
↑山の裏手に行きます。



P1280317.jpg
↑竹林もあって整備されていますが・・・

小鳥の鳴き声も・・・ 撮影はとてもムリでした・・・ ウグイスも鳴いていましたよ~

P1280314.jpg
↑桜の蕾でしょうか・・・ 春を待ちわびています・・・






P1280311.jpg
↑天智天皇がこの朝倉の木の丸殿にて歌われた歌です。

これもちょっと読みにくいので、説明します。「朝倉の木の丸殿に居ると、御殿の下の街道にある朝倉の関
(名乗の関)で自分の名を名乗りながら、許されて関を通っていく子がいるが、どこの誰の子であろう
子供で旅をしているが可哀相なことだ。」とあります。

この歌の歌碑は見あたりませんでしたが・・・


P1280310.jpg
P1280309.jpg
↑とても見にくいですが・・・ 横書きで 史跡 秋の田 とあります。

天智天皇御製 百人一首
「秋の田の 仮穂の庵の苫をあらみ 我が衣手は 露にぬれつつ」
上の句 あきのたの かりほのいおのとまをあらみ
下の句 わがころもでは つゆにぬれつつ

皆さんこれはご存知でしょう。天智天皇の作かどうかはご存知なくても
小倉百人一首の巻頭句です。まず、最初に覚える句ではないでしょうか・・・

意味はいろいろと解釈があるようですが、朝倉では・・・
「秋になって、稲を買った後の仮の小屋に泊まって過ごしていると
葦で編んだ苫の目が粗いものだから、私の着物は夜露に濡れどうしだよ」
とされています。

つまり、木の丸殿にて、母である孝明天皇を弔ったときの様子と秋の農民の暮らしぶりを
歌ったものでないかと

歴史は単に年号を覚えるだけだと面白くもなんともないですが、その中に人々の思いや暮らしぶりを
感じることが出来ると、急に興味が涌いてきませんか。
そして、それが郷土(福岡ですが、お隣の県ですから郷土みたいなものです)であれば、なおさら・・・



P1280305.jpg
↑神社の前は狭いのですが、ぐるりと回るとこんなに広い駐車場が・・・

時の記念日や、何かイベントがないときは、とても静かな神社です。
皆さんもぜひ行かれて見てください。30分もあればぐるりと見て回れます。
古代、朝倉は日本の都だったんですよ~ そういっても過言ではないような歴史があったんです。


一応シリーズはこれで終了ですが、不思議と次?のシリーズに
少し関係してきたりします。
歴史って繋がっているんですよね~






スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
ワル猫さん こんにちは♪

いや~~
なんか 登山から歴史の勉強まで
勉強になることばかりですな^^

竜が3匹・・・
これが時計なんですか? へ~~
中国から伝わったものなんですね。

昔の人って こんな風に短い歌に
いろいろな思いをのせて 綴っていたんですね~
そこから歴史的な背景が見えてくるって すごいですよね。
2012/04/11(水) 17:55:27 | URL | mana #L8AeYI2M[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/04/11(水) 17:55:50 | | #[ 編集]
朝倉の思いがけない遷都ロマン、驚きながら楽しませて頂きました。
ワル猫さんのお知り合いには、歌人もおられるんですね~!
山頂や神社などで歌碑を見ることがあるけど、私もチンプンカンです^^;
百人一首は、中学の頃は覚えていましたよ~♪
カルタ取りに燃えていたので(^^)v
秋の田・・は、朝倉の事だとは思ってもいなかったけど
朝倉の地名ではないかとも言われているそうですね。
これもまたロマンですね~♪

恵蘇八幡宮の事を読んだ時に、漏刻の事を知りました。
天智天皇は、筑後川下流で舟人たちに時を知らせたそうで
もしかしたら、有名な飛鳥のものよりも先だったかもしれないんだそうです♪
時の記念日って、こんな古い時代からの事だったんですね~!
一つの場所を調べると 色々な方のお名前が出てきたりして
その場所に流れる時みたいなものを感じる事があるような・・・♪
大嫌いだったハズの歴史に結構ハマっているのは、私も郷土だからです^^
地元の思いがけないロマンに、わくわくします。

枝と蕾の写真、とっても綺麗です。
2012/04/11(水) 21:14:00 | URL | トマコ #LkZag.iM[ 編集]
神話に近いような古代の話だったのに、
今回のご紹介でとってもリアルになりました(@-@)
奈良と福岡と…遠く離れているのにとても近かったのね。ウフフ♪
天智天皇のお人柄がしのばれますね(^^)
額田王も同じ時代だったのよね~v-9
漏刻も…
たぶん、そちらのほうが先かも知れませんね。
それだけ海外との貿易が盛んだったのでしょう。
文化も宗教も人や技術がたくさん行き来していた時代…
ずっしりとしたロマンを感じます!!
2012/04/11(水) 22:55:54 | URL | gerogero #8klwOKB6[ 編集]
やっぱり九州は歴史の街ですね。
そして朝倉こそ都♪
こうなると、知られていない真実がたくさんありそうな予感がします。
邪馬台国ももしかして…とか。
連休にココ、絶対行きます。多いかな~
ほかにも行きますが。
わる猫さまのブログで行くとこ探しますからね~
2012/04/12(木) 09:27:12 | URL | 乙羽 #-[ 編集]
manaさんへ
和歌の世界ってほんとすごいですよね。
今では普通に歌を歌うなんて、天皇家ぐらいじゃないですか? オイドン達は一生に一句も作れないだろうな~

龍は水の流れと時の流れをつかさどっていたんでしょうね。
歴史の流れ、龍は空の上から見ていたんでしょうかね~

2012/04/12(木) 21:32:27 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
トマコさんへ
ありゃ~ やはりトマコさんは百人一首とくいでいらっしゃいましたか~
我が家も娘の授業と合わせて一緒に勉強したつもりですが、まったく覚え切れませんでした~
でも、最初の歌だけは覚えましたね~

朝倉への遷都、ほんとにロマンですよね。
実際には争いが元ではあったのですが、
百済の民を救うためということで・・・
ま、結果は敗北だったんですが・・・
その、話がまたいつかブログネタで復活しますからね~ うふふ・・・

オイドンの歌人の知り合い? いや知り合いとは恐れ多いお方なんですが、よくお会いしてお話はお聞きしておりました。
ネタバレすれば、な~んだ~ となりますからね~
そのうちです。

時の記念日、確かに九州が早かったのかな~
ま、そこらははっきり分かりませんが、遷都は間違いないみたいですよ~

とりあえず今回でこのネタは終わりますが
もしよければ、トマコさんたちもいつか
尋ねてみられてください。
大きな神社ではないですが、歴史を感じることができますよ~



2012/04/12(木) 21:38:31 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
gerogeroさんへ
古代のお話って、神話なのか、実話なのか
分からないことが多いですよね~

でも、天の岩戸は九州ですからね~
そもそも、神話だと日本は九州から出来たようです~
でも、残念ながら邪馬台国は近畿だそうですけど・・・

奈良と福岡はとても関係あるようですね~
では、さようなら~ (^_^;)

2012/04/12(木) 21:41:42 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
乙羽さんへ
そうですよ~ 九州は古い歴史が沢山あるところですよね~

連休中、いや~ たぶん神社には誰も居ないと思います~ (^_^;)
オイドンが後から紹介するお店は満員で入れないと思いますけどね~

道の駅めぐりやのんびり、川を眺めて・・・
そんな旅もいいと思いますよ~
節約でいきましょ~(^_^;)

2012/04/12(木) 21:44:17 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
こんばんわー!

この調子ですと、しばらくワル猫先生から九州の歴史を教えていただけそうです!
朝倉に都があったなんて、まずビックリですし、山田の堰にもまたビックリ!!
水がないと生きてはいけませんし、作物もできませんもの、江戸時代の日本人に拍手です!!
もしかしたら、海の津波を防ぐヒントにもなりませんかねー
ドーンと防波堤にぶつかるより、山田堰のようななだらかな堰を段階的に浜辺に作る方が津波の力が弱まるとかー(アバウトで、単なる思いつきですけど)
ははーん、百人一首にある秋の田の刈穂のとまのにはじまる御歌の舞台は、朝倉だったのですね!!
我がころもでにつゆぞかかかるるーと覚えていました!!
記憶違い、わかって良かった!(笑)
次は、どんな旅をなさるのかなー
2012/04/12(木) 23:40:43 | URL | マルコ #-[ 編集]
マルコさんへ
どこの地域にも、歴史があると思います。
九州は天孫降臨の伝説のある、日本誕生の場所ですよ~ 
いや、オイドンも歴史は詳しくないのですが、折角ならそんな歴史に触れながらの散策が楽しいですからね~

山田堰は、ほんとにきれいな堰です。人工の堰ではありますが、自然に調和して全然違和感もありません。それなのに田畑を潤す大切な役目を果たしているってすごいと思いますよ~

秋の田、有名な区ですよね~ まさか朝倉と関わりがあるとは(という説もあるというぐらいのことなんでしょうけど・・・)

でも、ちゃんと朝倉という名前の入った句もありますからね~ まんざらでもないのかな~

旅は色々ですが、手抜き記事も沢山スタンバイでしています~(^_^;)

2012/04/14(土) 07:04:03 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する