FC2ブログ
野菜作りや温泉などの日常の出来事を綴ったつれづれなるままの日記です。ズボラで手抜きの勝手に菜園ですが、よろしくお付き合いください。
 嗚呼壮烈岩屋城
2012年05月15日 (火) | 編集 |
四王寺山に岩屋山があります。戦国時代筑前を支配していた大友家の武将
高橋 紹運が拠点とした岩屋城があるところです。

DSCF0236.jpg
↑島津軍五万と戦って玉砕した高橋紹運

以前ご紹介した立花藩の初代藩主 立花宗茂の実の父です。
辞世の句、別に伝えられているものもあります。
「屍をば 岩屋の苔に 埋みてぞ 雲井の空に 名を止むべき」

DSCF0139.jpg
↑道路沿いに車を止めて下に降りていきます。

少し広がっているので、ここらが二の丸跡だといわれています。
四王寺山全部を山城としたわけではないようですね。
それだと広すぎるのでしょう、詳しい記述はないのですが、
書物を読んでいくと、そうとしか思えなくなりました。
歩いて分かりましたが、この6.8キロはとても700人では守れません。

DSCF0135.jpg
↑お墓が見えてきました。


DSCF0136.jpg
↑御子孫の方が今でもきれいに掃除されておられるようです。

実に潔い、戦国の名武将だったそうです。その気質が息子である立花宗茂にも・・・

では、その岩屋城に行ってみましょ~

DSCF0134.jpg
↑ちゃんと案内看板が出ています。

大宰府に戻る途中にあります。

DSCF0217.jpg
↑急な石段です。守るには急なほうがいいですからね。


DSCF0218.jpg
↑急な斜面の上にあるようです・・・


DSCF0219.jpg
↑ありました。とても見晴らしがいいです。


DSCF0220.jpg
↑戦いの歴史があったんですよね。

日本の国土、どこでも戦争があったらしいです。土地争いですね。
でも結局は徳川幕府が支配するようになって争いは終わりました。

DSCF0224.jpg
↑この周りを五万の敵兵が囲んだんです。

夜はかがり火を焚いて・・・ 降伏することは許されません。
降伏すると今度は息子の城を攻める最前列に立たされます。
その息子も降伏すると、今度は豊臣秀吉に対抗する兵として全面に・・・
だからどうしてもここで島津を食い止める必要があったのです。

結果として大損害を島津軍に与えたことで、立花宗茂が柳川藩主になった・・・
そんな歴史は柳川の川下りでご紹介しましたね。

DSCF0234.jpg
↑ピンボケ、ぶれぶれですが、鳥さんも見つけました~ 誰ですか~ (^_^;)


今回のトレッキングで唯一見つけた山野草・・・

DSCF0141.jpg
↑岩屋城の登り口にありました。


DSCF0142.jpg
↑ツルニチニチソウ なぜかここだけに咲いていました。



DSCF0237.jpg
↑せっかくなので、太宰府天満宮へ・・・

普通に帰ると大渋滞なので、裏手に回ります。
裏手だと、おいしい梅が枝餅の「お石茶屋」に行けたはずなんですが・・・
ちと場所を確認してなくて・・・

DSCF0238.jpg
↑桜が咲いていました~ 4月上旬のことです。

山の方は全然咲いてなかったんですけど、平地では満開でしたよ~

DSCF0240.jpg
↑定番の「かさの家」にてお持ち帰りです。

ありゃりゃ~ 店員さんが売り切れの札もってうろうろ~ やば~

DSCF0245.jpg
↑なんとか間に合いました。 その場で熱々を食べると、お餅がしっとりしておいしい~

家に帰って外側だけオーブンで焼けば、パリッとなります。左側です。
しっとりが好きなオイドンは右側のやつ、レンジです~



























スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
ワル猫さん こんにちは♪

お墓へ行くまでの 木々にピンク色がありますが
桜ですか? 桃かな?
澄み切った青空ですね~
見晴らしの良い場所に 城が建っていますね。
戦国時代、そこはどんな風だったのでしょうね。

>鳥さんも見つけました~ 誰ですか~
誰でしょう~

>母の日 気持ちだけでも十分嬉しいんですけどね。
次は父の日ですね^^
娘さんに美味しいスイーツの手作りをおねだりしてみては?
2012/05/15(火) 15:00:24 | URL | mana #L8AeYI2M[ 編集]
戦いの歴史・・・ちょっと触れると切ない歴史でもありますが
そのおかげもあって、今の私たちの平和な暮らしがあるんですね。
戦国の事はあまり知らないけど、大友宗麟は良い部下に恵まれていた様ですね♪
立花宗茂公のお父様も、立派な方だったんですね~
そして今でも、ご子孫の方がお墓を守っておられる・・・
柳川の御花も、そうなんでしょうか?
自分の先祖がわかるって凄いし、お墓を守り続ける子孫が残ることも凄いです。
大きな戦い続きの中で、生き残ってきたって事でもあるし・・・

>書物を読んでいくと、そうとしか思えなくなりました。
なんか良いですね~(^^)
歴史を知って、自分でも想像したり考えたり出来るって良いな~
そういう風に考えられると、城跡や史跡を訪ねた時の楽しさが倍増しそうです♪
今は眺めが良くて気持ち良いけど、物凄い数の兵士が囲んだ時代もあったんですね。

その鳥は、多分だけどシロハラのような気がします。
キョキョキョキョッっと鳴いて、藪に隠れませんでしたか?
冬から早春の間にうちの畑にも庭の裏藪にも居て、とっても用心深い鳥です。

梅が枝餅だ~♪ うちではトマオがパリッと派で、私はしっとり派です^^
2012/05/15(火) 18:17:54 | URL | トマコ #LkZag.iM[ 編集]
お石茶屋は・・・本殿抜けて一番奥にありますよ~
因みに私はパリッと派です。
みてたら食べたくなりました~
2012/05/15(火) 21:50:32 | URL | ポメポメチョコ #-[ 編集]
manaさんへ
はい、桜ですよ~ だいぶ前の記事なんです。
見晴らしのいい場所は、戦略上の都合ですね。
ここを五万の兵に取り囲まれて、自分達の運命ももはやこれまで・・・どんな気持ちだったんだろ・・・

本文でも触れていましたけど、日本の戦国史上もっとも激戦だったのがここ岩屋城の攻防です。
戦死者の数とかいうことではなく、一つの城が全員討ち死にというのはこれまでありませんでした。
城主が降伏して切腹すれば、城兵は助かると言うのがこれまで・・・

でも、全員が死ぬことを目的に決して降伏しないことを誓い合った主従です。降伏したい兵はあらかじめ、戦いの前に城を降りろといわれて、誰も降りなかったとか・・・

2012/05/15(火) 22:44:41 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
トマコさんへ
また今回もトマコさんのすごいコメントに脱帽です~
おっしゃるとおりですね。切ないけど、その歴史の上に今のわれわれが生きている・・・これは間違いのない事実ですね~

大友宗麟は晩年はキリシタン狂いになって酒池肉林、部下からも見放されたのですが、立花道雪(本人は立花名乗らず、戸次姓としています)がいさめるものの・・・

またこの高橋紹運が優れた武将でして・・・ 戦国だから戦うことは間違いないのですが、主家に忠義を尽くす。それに生きた人物です。なので、その息子の立花宗茂も・・・

これは大河ドラマになってもいいような話なんだけどな~

歴史を知って、城跡を巡るのはいいものです。歴史で過去のことを知って未来に生かさないといけないですねどね。

シロハラなんですね~ 我が家は梅が枝餅、ベツバラかも~



2012/05/15(火) 22:52:18 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
ポメポメチョコさんへ
はい、行くとは思わなかったのでリサーチしていませんでした~
有田とかなら詳しいけど、大宰府はまだまだ未熟者でした~
今度は場所も確認したので、いけると思いますよ~車を駐車して中でのんびり食べたいと思います~

2012/05/15(火) 22:53:45 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
いまでも戦国の国があちこちにありますね
いったい、いつになったら陣取り合戦や権力闘争はなくなるのでしょう!?
まだ六十年とちょっとしか生きていないけど、この世から戦さがなくなるような気がいたしません
歴史に学ぶ事は自国に限らず、他国にもとめてもいいですよねー!
はぁー、ため息ばかりです!
この間の立花宗茂公のお父様の山城なんですね!お父様は、精錬潔癖で部下に厚いお武将さんだったようですねー!勉強になります!

2012/05/16(水) 01:08:16 | URL | マルコ #-[ 編集]
梅が枝もちはしっとり派なんですね。
私はパリッと派です。
なのでオーブントースターでチンです。
しっとり派でしたらレンジですね。
かさの家さんも美味しいでしょう。
私は向かいの中村屋です。

歴史はわる猫さまそのものが歩く(登る?)教科書でいらっしゃるので、ご家族はお幸せ☆
私はサッパリなので、知りたいときはわる猫さまのブログを検索してます♪
2012/05/16(水) 10:13:50 | URL | 乙羽 #-[ 編集]
マルコさんへ
おっしゃるとおりですね。でも、少なくとも日本では争いがなくなり、平和な時代が続いています。
でも、最近海の向こうがきな臭いです・・・

歴史に学んで戦争を繰り返してはいけませんよね。

はい、小説の話だけではなく、史実として忠義の武士だったそうですよ~
無双の花、早く図書館に入ってこないかな~

2012/05/16(水) 21:42:00 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
乙花さんへ
乙羽さんはうちの家人と同じですね~ 大人かな~(^_^;)

向かいの中村屋さんも多くのお客さんがおられました。

はい、家人には歴史の話題になると講釈をたれるので嫌がられています~(^_^;)

でも、地元の歴史って大切ですよね。乙羽さんは四王寺山、ぐるりと回られたことあるのかな~
途中まででもいいですけど、行って見られたらいいですよ~

2012/05/16(水) 21:44:32 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
スミマセ~ン
↑のお家が閉まってたのでこちらへ廻ってきてしまいました

↑のカッパちゃん!!
これですよぉ~ ワタシがTVで見たのは~
この次男ちゃんのおしりが可愛いんですよねぇ
で、長男君!ワタシも握手したいですw
水野 真紀さんが佐賀に惚れたのもわかりますぅうe-266

ご友人の画家さん、東京在住でいらっしゃるんですね
今度、東京個展があったら教えて下さいませねぇ
お花の絵の雰囲気とっても好きですe-343
2012/05/17(木) 07:55:50 | URL | komorebi #92eFZkuY[ 編集]
komorebiさんへ
休業中でスイマセンでした~(^_^;)

そうですよね、たぶんと思いました。今でも水が出るんだな~と感動でしたよ~
子供たちが小さい頃、よく遊びに来たものです・・・

はい、ありがとうございます。今度個展があったときは、佐賀のワル猫のブログ友だとおっしゃってくださいね~ 情報が入ればお教えしたいと思います~ 作風はちょっと分かりやすくはないですが、先生いわく、良い絵を描いているな~ってことでしたよ~ 

2012/05/17(木) 21:01:43 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する