野菜作りや温泉などの日常の出来事を綴ったつれづれなるままの日記です。ズボラで手抜きの勝手に菜園ですが、よろしくお付き合いください。
 筑後川中流四堰を探訪(その1)
2012年12月03日 (月) | 編集 |
機会があって、江戸時代からの筑後川での農業用水について
ネットや現地で勉強してみました。
管理する土地改良区にもふらりと立ち寄ったり・・・
変なオヤジと思われたろうな~(^_^;)

まずは最も上流の袋野堰から・・・

DSCF4015.jpg
↑ここは福岡県と大分県の境にある、夜明ダム

ダムの中に堰? そうなんです。もう堰は水没しています。


DSCF4014.jpg
↑しかし、取水口はちゃんとあります。

これが江戸時代から?? いえご心配めされるな、
当然ながら取水口については、現代的に管理がされています。
ここから延々二キロ、山の中にトンネルを掘っています。

誰がって、当然江戸時代の方がノミとツルハシで・・・
このトンネルと通ると(年に一回清掃で通れるとか・・・)
アワビとかの貝殻が明かり用の油を置く台として残っているとか・・・

堅い岩盤をですよ・・・測量機械なんてなかったろうし・・・

DSCF4016.jpg
↑夜明ダムは、九州電力の発電専用ダムです。

昭和28年の大洪水で決壊したダム。建設途中でゲートがあげる操作がうまくいかなかった
と聞きました。

普段われらが目にするダムとはだいぶ様子が違うような、ダムというより堰?
なんでも高さでダムと堰は、区別されるようです。

DSCF4013.jpg
↑これがそのトンネルの出口

新しく出来た水路のようですが、基本的には江戸時代のままだそうです。
もちろん補強はされていると思いますが・・・

ここで語ります・・・

筑後川の中流域は平地はあったものの、暴れ川の筑後川で洪水被害があったり
でも、そこから少し広がると、高台になっていて、川の水が利用できない。
痩せた荒地だったそうです。

そこで、堰を作って水を大地に引く、そんな大事業が主に農民のチカラで
なされました。藩も関わって作った堰もありますが・・・

その堰の位置は、水を使う大地より、だいぶ上流じゃないと無理。
てことで、山の中に作られたのがこの袋野堰です。

DSCF4011.jpg
DSCF4012.jpg
↑全財産を投げ打って堰を作った庄屋の田代親子を祀る田栄神社

天下泰平、五穀豊穣 今の時代もその願いは同じですね。


このほか三つの堰がありますので少しずつご紹介していきます。


DSCF4017.jpg
↑夜明ダムの下流にある橋

水量が多いと、当然水没します。後ろの鉄橋と比べるとわかりますね。

この橋は九大線(久留米・大分間)が筑後川を横断する唯一の場所
はい、日田市の中心部から上流は筑後川ではなく、玖珠川と呼ばれていますから。


DSCF4019.jpg
↑道の駅うきは



DSCF4020.jpg
↑そこから眺める豊穣の大地

緑の濃いのは大豆でしょう。袋野堰及び袋野用水の恩恵を受けてる場所です。


次は大石堰です。

DSCF4006.jpg
↑場所は筑後川温泉の少し上流

江戸時代のままではないですが、同じ場所に改築されています。
昭和28年までは江戸時代の堰だったのですが、大洪水で・・・
この地域では、佐賀県でもそうですが、昭和28年の大水害
28水といいますが、その被害が大きく、語り継がれています。
私の母もよくその話をしていましたが、やはり久留米市が最も
人的被害が大きかったようです。


DSCF4003.jpg
↑五庄屋遺跡、今では神社は祭事等の場合以外は立ち入り禁止です。

五人の庄屋さんが発議して藩の事業として取り組んでもらうことになりました。
しかし、失敗したら獄門という約束。
堰近くのこの場所に磔柱が建てられたそうです。

DSCF4004.jpg
↑水神社です・・・

DSCF4008.jpg
↑堰を流れる水、この前の7月に洪水が起きて大変でした。

まだ記憶に新しいですね。


DSCF4007.jpg
↑堰のとなりの取水口


DSCF4010.jpg
↑この道路の下を通っています。


DSCF4005.jpg
↑このスゴイ流れと高低差に着目してください。

これだけ高さが違うと、この場所では大地に水を組み上げることができません。
もちろん、現代ならポンプがありますが、当時は無理でした。
なので、実際に利用する場所より、かなり上流に堰を作っています。


DSCF4009.jpg
↑この大石堰による水利が一番広く利用されているようです。

浮羽町、吉井町、田主丸町、北野町だったと思います。

特に吉井町では、五庄屋をたたえる歌が校歌になっている小学校があるそうです。
校歌なのに獄門磔という歌詞。
歴史を伝える、学ぶということは大切なことですね。

DSCF4001.jpg
DSCF4002.jpg
↑途中の水路、だいぶ高低差が少なくなってきましたね。

この水運により、吉井町は農業だけでなく、ハゼ、蝋、木材等の商品経済の
流通基地として栄え、白壁の町として賑わいました。
ぺったんこのおひな様をご紹介した町です。

さてさて、大石堰については、次回も少し触れます。




スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
ワル猫さん こんにちは♪

江戸時代からあったダムなんですね。
凄い歴史だ~。あの時代にこれだけのダムを造ったなんて
どれだけの人力が使われたのでしょう。
昔の人ってすごいですね。
いつの時代も自然の猛威を見せつけられてきたんですね。
水の力も本当に凄いものがあります。
でも 人間にとってはならなくてはならないもの。

>昨日は大雨の中、那覇マラソンが行われました。
インタビューで 佐賀から来た方がいらっしゃって
このマラソンに参加して11年になるけど こんな雨は初めてって話していましたよ^^
そう ちなみに今回で28回目だったのですが第1回目の時以来初めての大雨だったそうです。
2012/12/03(月) 13:22:18 | URL | mana #L8AeYI2M[ 編集]
ダムについて、深く知ろうと思った事は今までありませんでした^^;
なので、とっても勉強になりました!

江戸時代からトンネルを掘ったり・・・
獄門覚悟で人々のために事業を起こしたなんて・・・
昔の人々の知恵と勇気と努力には、頭が下がります(*_*)
ふと考えてみると、江戸時代から現代までって
ほんの150年ほどしかたっていないんですよね。
昔の人なんて、簡単に言えないような気持ちになってきました。

筑紫平野も佐賀平野も、農業の盛んな地域として有名ですが
北部の遠賀川も含めて、大水害の事は私も何度も聞いて育ちました。
九州北部は豪雨地帯でもあり 海抜の低さから干ばつや洪水にも悩まされて
それを克服してきた地域なんですよね。
水の大切さと、水の力の偉大さや怖さを良く知っている地域であり
それでも今もなお、大水害の被害が出ているんですよね。
改めて、自然への畏敬の念と人々の努力への感謝を感じます。
水神社や田栄神社、神社は歴史を語り継いでくれている場所でもあると
最近は思っているけど、校歌にも歌われているなんて素晴らしい~
人々の思いが、ずっと思い継がれていきますように。
そして、日本の農業を大切に思う心も継がれて欲しいと願います。
2012/12/03(月) 21:02:35 | URL | トマコ #LkZag.iM[ 編集]
こんばんは~
夜明けダムは発電用だったんですね
なんか雰囲気が普通のダムと違うな~と思ってたんですが
なるほどです。

しかし昔の方の覚悟ある仕事っぷり感銘を受けますね。
こんど選挙で選ばれる人も、それぐらい気合いれてやったら
いろんなことが良くも悪くも決まって行きそうです。

しかし自分は記事の内容でなく地名にひっかかって
筑後川温泉行きたくなりました^^
2012/12/03(月) 23:41:45 | URL | ibuki #-[ 編集]
なんだか勉強になります。
なんだか勉強になりますね。
昔から日本全国、水の路を作ることに全人生をささげた偉人の話は多いですね。
私の知人に琵琶湖から京都市内に水路を引いた偉人の子孫がいます。相当の資産家だったようです。
昔の大金持は公共事業に私財を投げ出した人が多いですね。
最近は自分の為だけの人が多いようですが・・・。
2012/12/04(火) 15:10:34 | URL | southfellow #pT6py8Ww[ 編集]
manaさんへ
は~い、ダムはさすがに江戸時代じゃないんですが、このダムの中に江戸時代の堰が水没しているんです。

川は恵みをもたらしてくれるし、自然の怖さも教えてくれます。上手に付き合わないといけませんね。昔の人はすごいと思いますよほんと・・・

2012/12/04(火) 19:33:48 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
トマコさんへ
トマコさんのコメントが素晴らしくて感動です・・・
いや、記事を書いた自分さえそんなコメント出てきません・・・

深くではないですが、この流域に住む人、恩恵を受けている人は知るべきでしょう。川にも歴史があるんです。
人々が川と戦い、川と共存してきた歴史が・・・
人間の力は微々たるものですが、それでも川を治めてきたわけですからね。
先人のおかげで今の筑後川あるんです。

これからも表面的ではありますが、少しずつご紹介していきますね~



2012/12/04(火) 19:37:44 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
ibukiさんへ
発電用のダムって結構あるんですよ。作るのに時間とお金はかかりますが、自然エネルギーなんですけどね~
日本の川は急激に流れ過ぎて利用しにくいと聞きました。

筑後川温泉ですか~ 結構トロトロしていますからね~(^_^;)

2012/12/04(火) 19:39:53 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
southfellowさんへ
おっしゃるとおり昔の人はすごいと思いますよ。
琵琶湖疏水でしたね。インクラインがあって船を引っ張って・・・

水がなければ都市は成り立ちませんから、ほんと大切です。
藩政時代、水を治めることが国を治めることだと言われたぐらいですからね。


2012/12/04(火) 19:42:25 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する