野菜作りや温泉などの日常の出来事を綴ったつれづれなるままの日記です。ズボラで手抜きの勝手に菜園ですが、よろしくお付き合いください。
 筑後川中流四堰の探訪(その4)
2012年12月11日 (火) | 編集 |
江戸時代からの四堰、最後は一番下流にある恵利堰です。
ここは、少し難航しました(^_^;)

DSCF3937.jpg
↑久留米市の北東、筑後川の対岸に位置する大刀洗町

豊かな穀倉地帯。

DSCF3935.jpg
↑メインの道路沿いではない、やや狭い堤防の上から見た恵利堰

なので訪れる人はほとんどありません。
この堰から取水する水路は、床島用水と呼ばれています。

そもそも大刀洗町の床島地区は、筑後川の右岸。
恵利とは、筑後川の左岸。水を使うのは右岸の床島地区や大刀洗町、小郡市・・・

???

DSCF3932.jpg
↑大刀洗町役場でこの堰のことを聞くと・・・

床島堰ですねと・・・???

確認すると、はい、恵利堰とも呼ぶらしいです・・・???
自信がなさそうな答・・・


DSCF3933.jpg
↑管理する三井郡床島堰土地改良区に行って教えてもらいました。

「確かに床島堰と言いますが、それは施設全体を捉えた呼び方、
堰単体では、恵利堰と呼ばれています」とのこと。

確かにネットで確認すると、恵利堰とそのあとに作られた佐田堰、床島堰を
総称して床島堰と呼ぶと書いてあります。

では、佐田堰と床島堰とは? 聞いてみました。

「佐田堰はもう今はありません。床島堰は、作られた当時とは変わっていますが
今でもありますよ」とのこと。


DSCF3934.jpg
↑水が少ない時期でもこの水量、豪雨の時はとても怖くて近づけません。

もちろんそんなときは、田んぼの確認も厳禁です。

DSCF3931.jpg
↑恵利堰は改修されて魚道もキレイになっています。


このあと、その床島堰を探してみたのですが、森みたいになっていて確認できません。
少なくとも筑後川の本流にはなかったようです。
土地改良区でいただいた、古地図によれば、本流ではなく、
桂川が筑後川と合流する際の、中洲というか出口に作られているようです。

草が茂ってとても近づけない感じでした。

7月の北部九州豪雨では、筑後川の本流は氾濫しませんでしたが、
桂川等の支川が溢れたとのこと。



この恵利堰を作るとき、その堰のすぐ上流、桂川のあたりは水はけが悪い地域。
そして利用する地域は筑後有馬藩、水はけが悪い地域は筑前黒田藩。

反対する農民に庄屋が拉致監禁されたという歴史もあります。



DSCF3928.jpg
↑床島用水のメインのルート「江戸水路」と呼ばれているそうです。

この水路も向かいの小石原川をサイフォンで越しています。
向かいにあるのは大堰神社。


DSCF3924.jpg
DSCF3925.jpg
↑大堰神社です。

さて、旅の目的はほぼ達成しました。床島堰が見つからなかったのだけが
心残りですが・・・

DSCF3911.jpg
↑大刀洗町のお隣は北野町 コスモスロードがあります。

規模はそう大きなものでもないのですが、地元の方がキレイに管理されています。

DSCF3912.jpg
DSCF3913.jpg
DSCF3914.jpg
↑のんびり帰ります。


DSCF3915.jpg
DSCF3917.jpg
↑長らく引っ張りました~

そうそう、大刀洗町は戦前は飛行場があり、今でも零戦が展示されている
記念館があるそうです。
それに歴史のある教会もあったりとか・・・
またいつか訪問したいと思っています。
































スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
ワル猫さん こんにちは♪

久留米の北東はそんな景色が広がっているんですね~
いえね、うちの近所に久留米から来たおばあちゃんが住んでまして
よく田舎の話をされるんです^^
自然が豊かなところなんですね~
それと水が豊富、沖縄とは違うわ。
コスモス街道ってこちらにもあったような・・・・
多分咲くのは春頃でしょうけど^^
季節感が違いますね~

↓ ごめんなさい^へ^; またまた勘違い。
まさかね~ 考えてもみればそりゃそうですよね~ 汗

>家の中でもダウンと帽子ですか?
こっちは暖房がないので、毛布を巻いて座っている人もいますよ^^;
本土から移り住んでいる方が 寒い寒いと言っています。
すっかり体が沖縄仕様になっている様子です^^
2012/12/11(火) 14:10:48 | URL | mana #L8AeYI2M[ 編集]
堰を探す旅、興味深く楽しく見せて頂きました♪
筑後地方は静かな田園地帯というイメージですが
その歴史は川とともに、人々の力強い意思や知恵や努力に溢れているんですね。
今回のワル猫さんの記事を見せて頂いていると
都会の繁栄とはまた違った、とっても静かにしっかり息づいているというか
ずっと続いていかないといけないコトを、感じさせて頂いた気がします。

川はけっこう身近にずっとあったけど、堰がどこなのか何なのかも
殆ど考えた事は無かったので、興味深かったです^^
江戸時代からの堰を探し訪ねる旅・・・
ドキュメンタリー番組を見ている様でしたよ^^
コスモスの道を歩きながら去って行く、リポーターさんが見えそうな♪

大刀洗に飛行場や零戦の展示があるのも知らなかった~!
福岡県南部、奥深い歴史が多いですね~
県民なのに、知らないことばかり^^;
2012/12/11(火) 22:05:12 | URL | トマコ #LkZag.iM[ 編集]
いや、更に深いですね
いや、奥が深いですね。九州には水との闘いが有るのですね。
東京に居ると川や堰など気にして見たことありませんが、
よくよく見ると、
神奈川と東京の境を流れる多摩川にもいくつもの堰や取水口や小さなダム等ありますね。
ただ見ているだけですが・・。
2012/12/12(水) 11:09:05 | URL | southfellow #pT6py8Ww[ 編集]
manaさんへ
久留米の方ですか~ そりゃお隣ですね~
自然はすごく豊かです。九州の中でも、筑後、筑前、肥前と筑後川の流域は特に豊かな場所ですよ。
田んぼもだけど、果樹も豊かです。

お懐かしいだろうな~ 
水は豊富過ぎるほど豊富です。それでも使う量が多いから結構水不足になったりするんですけどね。

2012/12/12(水) 22:16:19 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
トマコさんへ
ありゃ~またも深いコメントだ~(^_^;)
オイドンは深く考えてないけど、軽い気持ちで堰の探訪

でも、先人の残してくれた堰のおかげで地域の農業が発展しているのを見るのは感動ですね。
とても緑豊かな土地が広がって・・・ 九州最高~(^_^;)

そうそう、福岡といっても南部、それも純農村地帯にはなかなか行きませんからね~
オイドンだって普段は通り過ぎるだけの町もあるんですが
細かく探せば、それぞれの町に自慢できるものがあるんですよね。
佐賀市も結構田舎ですが、それなりに深いですよ~(^_^;)

コスモスの道を歩きながら・・・ いや関連したネタ、次回予定しています~(^_^;)


2012/12/12(水) 22:24:14 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
southfellowさんへ
水との闘い、水のめぐみの甘受。九州だけではなく、
日本全国だと思いますよ~

東京も玉川や利根川を利用しているんですよね。
もちろんダムもたくさんあると思います。
人が住む都市、水がないと成立しません。
ど田舎だと井戸水だけってところもあるんですが
都会じゃ考えられませんよね。

この近く、水が豊かですが、水道普及率が0%の市もあるんです。たぶん日本でそこだけだと思いますけど・・・
水が豊かだから水道がいらない。でもそれなりに大きな問題もあったりするんです。

2012/12/12(水) 22:30:14 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
こんばんは~
こんばんは~
まだコスモス咲いてるとこ、あるんですね~
夏の豪雨は日田から耶馬溪方面へ向かった際に
目の当たりにしました。
橋が流れていたり、民家の一回部分の壁だけなかったり
ほんとすごかったんだなーと思いました。
水との戦いが、ごく稀なことなら良いのですが
この異常気象が常識になりそうで、怖いですよね。
2012/12/12(水) 23:12:08 | URL | ibuki #-[ 編集]
わる猫さま、こんにちわ。
ずっと過去記事から見させていただきました。
地理に歴史に、学校の授業はちっとも面白くないのに、わる猫さまの授業はいつも楽しいです♪

ツーリング記事も感動ものです。
わる猫さま、健康的ないい趣味をたくさんお持ちだから羨ましいです。

2012/12/13(木) 10:38:15 | URL | 乙羽 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/12/13(木) 14:55:25 | | #[ 編集]
ibukiさんへ
は~い、10月の記事ですよ~
まだ稲刈りが全部終わってません~

夏の豪雨すごかったですね。九州は台風以外は災害少ないところですが、大雨被害は実は台風よりも梅雨の時期なんですよね。

ほんと異常気象かもですね~
昔は冬もあまり寒くなかったような・・・
今はコタツから出られません~


2012/12/13(木) 18:22:33 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
乙羽さんへ
授業と言うほどのもんじゃないんですが、ありがとうございます。
地域のことを知るってのは大切ですね。
でも確かにオイドンも昔は眠たい授業が多かったです~

バイクは寒くても厳しいし、夏はストーブ抱いて運転しているようなもんです。
10月頃が一番いいのかな~

そうそう、山登りもそうですよね~
2012/12/13(木) 18:25:31 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
鍵コメさんへ
は~い、色んなことして楽しんでます~
九州も結構広くて、南部の方面には滅多に行きません。佐賀と福岡だけでも結構楽しめますよ~
温泉と山は熊本・大分ですが・・・

2012/12/13(木) 18:27:50 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する