野菜作りや温泉などの日常の出来事を綴ったつれづれなるままの日記です。ズボラで手抜きの勝手に菜園ですが、よろしくお付き合いください。
 猟師岳はハイキング気分
2013年04月17日 (水) | 編集 |
3月下旬のこと、ふらりと山に出かけました。

DSCF0447.jpg
↑くじゅう連山のふもと、長者原です。

この日は硫黄山の噴煙、上がっていませんでした。

DSCF0448_20130331171038.jpg
↑長者原ビジターセンターで情報収集



DSCF0450_20130331171040.jpg
↑ここはのんびりできます。

しかし、残念ながらこの時期、花は咲いてないようです。
マンサクとアセビぐらい。草花は、これから野焼きをしてその後のよう。


DSCF0452.jpg
DSCF0454.jpg
↑野焼きの準備で木道の周りは草刈りされています。

この日、一部の場所では野焼きが行われるとのことでした。
焼かないとノリウツギ等の低木が草原に進出して
生態系というか、エリアが変わってしまうそうです。

DSCF0457_20130331171119.jpg
↑てことで、戻ります~


DSCF0458.jpg
↑いつものご紹介~


DSCF0462_20130331171122.jpg
↑牧ノ戸峠から500m程後の方に進みます。

広い駐車場がありました。ミヤマキリシマのシーズンには
ここも牧ノ戸峠ルートの駐車場として大混雑します。

右手上に登山口が見えています。

DSCF0464_20130331171124.jpg
DSCF0465_20130331171126.jpg
↑この日は天気がイマイチで、雨の準備はしていましたが・・・

途中で雨が・・・引き返しましたが・・・
ありゃ、止んだぞ。

また登りました(^_^;)

DSCF0467.jpg
↑登ってきたルートを振り返ると・・・

右上は星生山かな? 左は三俣山、牧ノ戸の売店も見えますね。

岩場でもなく、登りやすい道でした。

DSCF0468.jpg
↑明るい登山道。道に迷うことはありません。

これなら運動靴でも登れるかな。

DSCF0471.jpg
↑右端にくじゅう山



DSCF0472_20130331172652.jpg
↑牧ノ戸のすぐ向かい側にある黒岩山、その後ろは泉水山かな


DSCF0474_20130331172653.jpg
↑山の名前はありませんが、とりあえずピーク。



DSCF0476_20130331172736.jpg
↑阿蘇五岳の涅槃像



DSCF0478.jpg
↑わいた山



DSCF0479.jpg
↑これは一目山かな~


DSCF0481_20130331172741.jpg
↑今回の目的地は猟師岳(猟師山とも呼ばれています)

向かいにある、何となく高い丘のようなところ。
先月の中岳と御池があまりにハードでしたので、
初心者向けのルートにしました。

もちろんオイドンも初心者の域は出ていません。


DSCF0492_20130331174048.jpg
↑猟師山と書いてありますね。逆は合頭山

ゴウトウと読みます。名前は恐ろしいけど、ほんわかした岡です。


DSCF0488_20130331172743.jpg
↑これはアセビですよね。これはたくさんありました。

でも、6月になると反対側の登山道からのルートでは
ツバキの一種、オオヤマレンゲが見事だそうですが・・・

草原でしたが、ススキ以外は何もありませんでした。
ちょっと早かったかな~

DSCF0497.jpg
↑スキー場が見えました。まだ雪が残っていて滑っておられましたよ。

去年、娘がスキーに行ったそうで、とても楽しかったそうです。
本人いわく、結構上手だとか・・・
普段のゴロ寝姿を見ているとそうは見えません(^_^;)


DSCF0499.jpg
↑スキー場とわいた山

このスキー場近くに車を止めて、一目山、みそこぶし山を経て
わいた山に登るルートもあるらしいですが・・・

往復で早くても五時間ぐらいかかるようです。
ちとハードだな~

DSCF0506_20130331174053.jpg
↑1423mです。くじゅう連山が1700m級ですからだいぶ楽

標高にして100m程登ることになります。

DSCF0496.jpg
↑今日は気軽にあせびました~(^_^;)


DSCF0509_20130331174158.jpg
↑おひさしぶりです~

今年もゆるく低山メインに行きますよ~

DSCF0517.jpg
↑いつの間にか、いい天気に


DSCF0520.jpg
↑では下山して食事に行きます~

思いっきりのんびりでも2時間です。











スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
すがすがしい お山のお写真に
癒されましたw
なんか心に綺麗な空気が入ってきたような…
リフレッシュ できた気分です!
お花が無いお山の写真も 凛として素敵~

いいですねぇ~
こうして、フラッと ファミリーさんでトレッキングできて~
息子が トレッキングを始めたと聞き
「ワタシも~」とお願いしたら
「一人がいい」と却下されましたv-12
お荷物になるのが、わかってるのかも(笑)
2013/04/17(水) 08:42:02 | URL | komorebi #92eFZkuY[ 編集]
ワル猫さん こんにちは♪

硫黄山の噴煙?
じゃあ 噴煙が上がっていると あの硫黄臭さがするのかしら?
ゆで卵のニオイ~(笑)
(でも半熟卵は臭いません^^)

ご夫婦で登られたのかな?
良い運動にもなるし、まずご夫婦で趣味がご一緒ってイイですね^^

>伊江島は北部まで行ってさらにフェリーに乗るので1日がかり
今はそういうプチ旅行もなかなかです^^;
息子が高校を卒業して無事大学へ行ってくれたら 心置きなく行けます^^
2013/04/17(水) 15:18:25 | URL | mana #L8AeYI2M[ 編集]
猟師岳、ご一緒させて頂きました(^^)
硫黄山に、噴煙が無いことなんてあるんですね~ビックリ!
いつでも煙が上がってると思ってました。
タデ原湿原も、野焼きの準備のころだったんですね。
九重連山の方まで焼いてるんでしょうか!?
平尾台であまりに広範囲で驚いたので、九重もなのかなと(^^ゞ

猟師岳の別の登山口付近には、オオヤマレンゲを観に行きました♪
猟師岳には行ってないけど私たちが行った方からだと、なんだか険しそうでした。
ワル猫さんが行かれたコースは、見晴し良くて気持ち良さそうですね!
阿蘇の涅槃像だ~♪ 何度でも観たい光景です^^
わぁ・・・わいた山だ~ スキー場からロングコースを歩きました。
こうして写真を見せて頂いても、歩いたって信じられない感じ(^^ゞ
お嬢さんは、スキーがお上手なんてウラヤマシか~
私は後ろに滑るのと止まらないので、コワくてムリです(笑)
奥様とののんびり山歩き、良いな~♪
私たちも、近場の低山にも行ったんですよ^^
古代ロマンと山・・・ってテーマも今年はいくつかあるカモ。
お食事はどこでしょう~♪
2013/04/17(水) 18:16:17 | URL | トマコ #LkZag.iM[ 編集]
komorebiさんへ
登るときは雨になって、いったん引き返したんですが
山の天気ですね。

からりと晴れたら、爽快です。

息子さんとトレッキングは厳しいでしょう。
komorebiさんは写真、息子さんはそれなりに
ピークをクリヤーでしょうからたぶんペースが合いません。

ふらっとトレッキング、結構大変なんですよ。
あらかじめルートや温泉、食事処を探しておかないと・・・(^_^;)

2013/04/17(水) 19:53:35 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
manaさんへ
そういえばそこまで匂いは感じなかったかな~
でも、数年前までは噴煙が強くて登山禁止エリアもありました。

今でも、山自体は登れませんよ。

家人の趣味ではありません。オイドンが無理やり連れて行ってるだけ・・・
温泉と食事をセットにして、楽ちんだからと誘い文句・・・
後でクレーム付けられます・・・(^_^;)

2013/04/17(水) 19:56:52 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
トマコさんへ
そうですよね、ほとんどいつも噴煙上がっていますよね。
雨だったから、目立たなかったのかもですね。

久住連山は焼かれてないと思いますが、阿蘇や久住の高原は焼かないと草が新しくならないのでしょう。
焼いたらミヤマキリシマまで焼かれますからね。

はい、オイドンのコースは楽ちんで景色もすごくいいですよ。
花が少なかったので、いつもかどうかわかりませんが
他の方のブログでは夏あたりはそれなりに花もあるような・・・

わいたはそのルート、ちと厳しいですね。ほかの方のブログでは
往復四時間と書いてありましたが、相当急がないと無理のようです。

スキーは娘の自称上手ですからわかりませんよ~(^_^;)

低山の方が地元の歴史があるでしょうね。
特に北部九州は大陸との交流もあった訳だし
オイドンはどちらかといえば、古代より戦国かな~(^_^;)

食事は黒川にいくつかあるお気に入りの場所ですよ~





2013/04/17(水) 20:03:41 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
猟師山
ワル猫さん、こんばんは。

猟師山に行かれたんですね。
ゆっくり低山気分で登れる、こんな山大好きです。

リーフはオオヤマレンゲを見に行って、登りました。
ワル猫さんは、反対側から登られたんですね。
反対側から登れるとは思いもしませんでした。

野焼きのお蔭で九重や阿蘇の草原が保たれているんですよね。
皆様のご尽力に感謝、感謝です。
2013/04/17(水) 22:12:38 | URL | リーフ #-[ 編集]
リーフさんへ
実際にはそれなりに高い山ですが、高いところからなので低山気分ですよね~

家人と登る時はロングコースはダメなので、せいぜい四時間以内なんです。ここは短くてバッチリ~
それなのに、眺望はメチャ楽しめます。

牧ノ戸側から登るのは地元の方が教えてくれました。しかし、登っている人はほとんどおられませんね。
やはりくじゅう山が人気です。
2013/04/17(水) 23:08:57 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
ふらっと…行けたらどんなにいいか~(^皿^)決断が必要です~
こうして普段着のまま、見せていただけるだけで満足じゃ~(笑)

枯山水のようなお山…これもいいですね!
なにせ、見通しがいいですもん(^^)安心安心♪
空気も澄んでいて遠くまで見えるし…

人間が行けるところでまるっきり野放しの自然って無いですよねー
ちゃんと手入れされないと、見たいものが見れなくなってしまうというのはよくわかります。
自然って本当は手ごわいですからね(^^;)

ここがこれから緑色になって花いっぱいになって…
と思い浮かべながら、ご飯は何かな?(爆)

2013/04/18(木) 11:00:58 | URL | gerogero #8klwOKB6[ 編集]
gerogeroさんへ
決断、行きたくなったら行く、それだけですね~

でも、行くところはいつも一緒かな~(^_^;)
でも、同じ場所でも毎回微妙に違う場所に行けるし・・・

オイドンは安全派、楽ちん派です。冒険はしませんよ~

はい、花も咲くでしょうけど、まずは腹のほうですね~(^_^;)

2013/04/18(木) 20:34:01 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する