野菜作りや温泉などの日常の出来事を綴ったつれづれなるままの日記です。ズボラで手抜きの勝手に菜園ですが、よろしくお付き合いください。
 GW島原雲仙の旅(2)
2013年06月05日 (水) | 編集 |
平成になって起きた雲仙普賢岳の噴火、平成3年6月3日
最悪の火砕流が警戒に当たっていた消防団や取材陣を巻きこんで・・・

DSCF1825.jpg
↑道の駅の隣にある土石流被災家屋保存公園


DSCF1827.jpg
↑大きな人的被害を出した後も火砕流の被害は続きました。

平成7年には一応の収束を見たことになっています。
しかしまだ山は生きています。

DSCF1829.jpg
DSCF1830.jpg
DSCF1831.jpg
↑屋外にも被災家屋がありますが、劣化を防ぐため屋内で保存される家屋も


DSCF1832.jpg
DSCF1833.jpg
↑自然の力とはいえ、恐ろしいです・・・


DSCF1834.jpg
↑マグマが出てくるところの写真だったと思います。



DSCF1835.jpg
↑家の中にも容赦なく土石が入り込んで・・・


DSCF1837.jpg
DSCF1838.jpg
↑これらの家に住んでおられた方はさぞかし無念だったでしょう・・・


でも、その後は人的被害はほとんどなかったと聞きます。

DSCF1839.jpg
↑みずなし本陣のみずなしとは・・・

道の駅の裏手にある水無川から来ています。雨が降ったときだけ流れる川
しかし、火砕流はこの流域を一気に流れてきました。

DSCF1840.jpg
↑「がまだす」とは、島原地方の方言で、「がんばるという意味です。


DSCF1842.jpg
↑これはたしか江戸時代に大きな火山被害を引き起こした眉山

山の裏手から少し入ったところに・・・

DSCF1844.jpg
↑平成新山ネイチャーセンター

入場無料で、普賢岳周辺の自然や動植物について学習できる
ビジターセンターのようなところです。入場無料。


DSCF1847.jpg
↑普賢岳に登る前にあらかじめここで学習しておくといいかも。

いや、今回はその予定はありません。

DSCF1849.jpg
↑平成新山の写真、ここはもちろん登れません。


DSCF1850.jpg
↑いろいろと工夫されている施設



DSCF1851.jpg
↑ほっぺたが白いからホオジロ??

鳴き声で鳥を見分けるコーナーのオブジェ


DSCF1854.jpg
↑あの山が平成新山かな?


DSCF1857.jpg
↑水無川流域は今も防災上の整備が行われているようです。


DSCF1858.jpg
↑日本で最初に世界ジオパークに認定された三か所のうちの一つが島原半島

ジオパークとは、地球を科学的に見て重要な自然の遺産を含む、
自然に親しむための公園だとか、「大地の公園」と訳すそうです。
今は日本には五か所の世界ジオパークがあるとか。

DSCF1861.jpg
DSCF1864_20130525174222.jpg
DSCF1866_20130525174238.jpg
↑いまでも防災工事が行われている水無川流域の様子

さてさて、続きます。



スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
山の力も…
海の力も…
自然はホントに美しいけど
怖いモノでもあるんですヨネ…

でも、こうして保存していくのは
とっても大事な事だと思います
島原サンはおエライですネ
今回、ワタシが行った夙川も
被害は甚大でしたが
爪あとは何も残っておりませんでした…

ワル猫さんツアーズは かなり面白いコースですネ~
ワタシとgerogeroさんのコンダクターも
どうぞ宜しくお願いしますw
2013/06/05(水) 08:33:39 | URL | komorebi #92eFZkuY[ 編集]
ワル猫さん こんにちは♪

被害にあった場所がそのまんま残されているんですね。
外国の有名な夫婦の写真家がこの時に亡くなられましたよね。
自然の力を思い知らされます。
眉山という山も休火山なんですか?

>久しぶりに良い試合でした~
出場は決まったけど 本当の戦いはこれからですね。
日本も強くなりましたよね。
2013/06/05(水) 15:05:10 | URL | mana #L8AeYI2M[ 編集]
大被害をもたらした火砕流が起きて
まもなくして仕事で現地に行きましたが
森や田畑は焼け、家屋は倒壊し、交通網は寸断されすごい光景した。
大自然の圧倒的な力に人間の無力さを痛感させられました。
あれから20年以上たちましたが、今でも鮮明に覚えてます。
犠牲になられた方たちのご冥福を祈るばかりです。
2013/06/05(水) 21:10:02 | URL | トマオ #B2CsETZw[ 編集]
komorebiさんへ
そうですね。自然は美しいだけではなく、我々の命そのものですね。
恵みも与えてくれますが、脅威も・・・

島原の火砕流でマスコミ報道の在り方や二次災害を防ぐ大切さも改めて大きな提起をされたのではないでしょうか。

2013/06/06(木) 21:10:53 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
manaさんへ
そのままなんですよ。なんといっても山そのものが
災害の大きな記録ですね。

眉山、これが崩れて今の島原があるそうです。
被害も大きかったでしょうが、今は静かな山のようです。

外国の写真家さんだったんですね。取材に来られたんでしょうがやはり安全第一ですね。

2013/06/06(木) 21:13:01 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
トマオさんへ
直後に行かれたんですか・・・
悲惨な光景だったんでしょう・・・

今は復興してきれいな台地になっていますが、
すべての家が新しく、きちんと区画整理されているところが
大きな災害の後を感じます。

そうですね、火山は地球の大きな息吹でしょうが
その上の人間や動植物には、恵みもあったり脅威であったり・・・

あれから22年、早いものです・・・

2013/06/06(木) 21:17:00 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する