野菜作りや温泉などの日常の出来事を綴ったつれづれなるままの日記です。ズボラで手抜きの勝手に菜園ですが、よろしくお付き合いください。
 GW島原・雲仙の旅(4)
2013年06月11日 (火) | 編集 |
雲仙の街に降りてきました。

DSCF1910.jpg
↑環境省のビジターセンターですね。


DSCF1912_20130525210844.jpg
↑入り口にあった花、ドウダンツツジですよね・・・



DSCF1906.jpg
↑冬の樹氷もめちゃきれいだそうです。



DSCF1905_20130525210810.jpg
↑小鳥の紹介もありました~


DSCF1907.jpg
↑おしゃれなレストランとかもあるようです。

でも、ここは地元の食堂が有名だったような・・・
もちろんホテルでの食事が一番でしょうが、おとまりじゃないので・・・

DSCF1908_20130525210816.jpg
↑老舗の九州ホテル


DSCF1909.jpg
↑雲仙地獄の湯気があちこちから・・・


DSCF1916_20130525210846.jpg
↑車中からだけの撮影です~


DSCF1920_20130525210849.jpg
↑近くの湖、色がすごい緑色でした。


DSCF1923_20130525210850.jpg
↑旅亭 半水盧(りょてい はんずいりょ)

超高級なお宿らしいです。記念に撮影してみました(^_^;)

DSCF1925.jpg
↑国民宿舎 青雲荘

雲仙は日本で最初に国立公園に指定された場所の一つ
国民宿舎とはいえ、かなり新しく立派な建物。
たしか、以前はそれなりに古かったような・・・(^_^;)

リーズナブルで人気の宿。
もちろん日帰りです~
温泉だけの立ち寄り・・・

IMGP1142_20130525212005.jpg
IMGP1144.jpg
IMGP1145_20130525212029.jpg
↑硫黄の匂いのする白濁のお湯

これが青雲荘の名物露天風呂
内湯もありますが、その都度着替える必要があります。
だからちと面倒かな・・・

内湯もいいですが、やっぱり露天がいいですかね~

IMGP1150_20130525212035.jpg
↑内湯はこんな感じ、泉質は同じですが解放感が違いますね。


IMGP1149.jpg
↑のんびり休憩もできます。


DSCF1933.jpg
↑諫早湾を締め切る堤防の道路

佐賀県は開門調査、長崎は開門反対で揺れ動いている場所
この道路を通れば、高速を使うよりスムーズに雲仙まで行けます

DSCF1934.jpg
↑干拓に沈む夕日

GWのメインの旅が終わりました。
長らくお付き合いありがとうございました。





スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
雲仙
ワル猫さん、こんばんは。

雲仙はもちろん山登りで行きます。
ミヤマキリシマや紅葉、そして雲仙新道に咲く美しい花たちに会いに何度も行きたい山です。

でも火山の山なんですよね。
あの火砕流は有明海を挟んで佐賀からも見えたとか~
登っているときは忘れているんですが、平成新山を目の前にすると、
やっぱり噴火したんだと気づかされます。

今年の秋は雲仙に登り、温泉に泊まりたいと思っていますので、参考にさせていただきますね。

オレンジ海道から堤防道路を走ると雲仙が近くなりましたね。
もうすぐ秘密のあの花が咲くんですが~行けるかな?
2013/06/11(火) 00:39:41 | URL | リーフ #-[ 編集]
お久しぶりです~

五月の連休は、窯めぐりと島原・普賢岳・ジオパークだったのですね。
久しぶりに伺ってみると、やっぱり九州はひろかばい。
行ったことのないところがどっさりでてきました。
普賢岳は、平成新山のほうが高いんですね。
当時の怖さは、いまでも思い出すことができます。
山は、生き物ですね。
溶岩と火砕流がふくらみあがつて襲ってくる様は、ホントに生き物でした。
江戸の時代にも噴火があったのですね。
日本中、何処に行っても、200年とか300年のサイクルで何かが起こる~~のかなと、ここ数十年の災害から思います。

ワル猫さん、ほったらかし菜園の今回のありがたや~なフレーズは、なんでも植えるまでが大切です。後は、ほったらかしてもよか~です。
いつも、読み逃げしていてごめんなさいね~
ありがとうございます~~
2013/06/11(火) 10:31:22 | URL | マルコ #-[ 編集]
ワル猫さん こんにちは♪

春夏秋冬 なんて美しい風景なんでしょう~~
沖縄にはこれがありません。

良いお天気ですね~
ほんと雲がない青空。 沖縄はこれも少ない^^;
湖が緑 なんで?
にごり湯がいいですな。 いつか温泉巡りもしていたいな~

>お嬢さん ご飯代わりに納豆を?
あらま・・・ 若いのにもうダイエット?
女性にとっては永遠のテーマですね^^;
2013/06/11(火) 14:39:23 | URL | mana #L8AeYI2M[ 編集]
雲仙の旅、楽しませて頂きました^^
私はまだ行った事が無いので、迫力や臨場感がこんなにあるとは
色々な事を考えさせられたり、綺麗だなと思ったり・・・

そうそう、火山の事があるまでは 雲仙といえば温泉の印象でした^^
白いお湯が、私は一番好きなんです~
硫黄のにおいがする温泉が、温泉だ~~~って感じます。
耕吉の湯も、そうでしたよね♪

四季折々にも、綺麗な所なんですね。
阿蘇や九重もだけど、火山はとてつもなく恐ろしい所でもあり
大自然の美しさを、いっぱい感じられる所でもあるんですね。
温泉の湯気が上がる光景も、とっても好きです。
神秘的な湖も、観てみたいな~
九州って、ほんとに火山の島なんですね。
ワル猫さんの記事て、それを一番に感じました^^
2013/06/11(火) 20:01:02 | URL | トマコ #LkZag.iM[ 編集]
リーフさんへ
やっぱりリーフさんには、雲仙は登山の山ですよね~
秘密の花の山でもあるんですか、なんだろ・・・

あの時期、まともに雲仙を見る気にはなりませんでした・・・
悲惨な火砕流・・・

有明海はすぐ前ですからね・・・ 確かに見えたことでしょう。

雲仙で温泉ですか~ いいですね~ 
ちょっとリッチなお宿が多いと思いますが
青雲荘はリーズナブルじゃなかったですかね。
お食事は未確認です・・・

そういえばバイキングでCMやってるお宿もあったな~

オイドンも雲仙はほとんど詳しくありません。
情報提供よろしくです。

2013/06/12(水) 21:34:18 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
マルコさんへ
小さい日本、その中の一部である九州
でも、じっくり探せば意外と知らない場所や
感動できる場所があるもんですよね。

どんな町にも人々の暮らしがあり、その暮らしを感じることのできる旅が出来ればと思っています。

火山の災害ってめったにないんでしょうが、起きたら大きな被害になりますね。怖いことでした・・・

ありゃ、ほったらかし菜園の賛同者が増えたんですか
嬉しいな~(^_^;)

読み逃げ歓迎です。読んでいただけるだけで幸いですよ~
コメントは気になさらないでくださいね~

2013/06/12(水) 21:38:32 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
manaさんへ
雲仙の春夏秋冬もいいようですね~

沖縄も素敵な景色が多いですよ~

九州や東北にはにごり湯の温泉も結構あります。
これは気持ちがよかですよ~

2013/06/12(水) 21:41:51 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
トマコさんへ
トマコさんは雲仙行かれたことないんですね。
確かに北九州からだと少し遠いけど
お宿の駐車場には北九州ナンバーの車も多かったですよ~

九州の避暑地としてちょっとリッチな場所だっだようですね。

トマコさんのコメントが素敵なので、なんとお返事していいか・・・(^_^;)

はい、確かに九州は火山の島、だから温泉も素敵だし
山の登ればいろんな表情がありますね。
阿蘇は、つい数年前まで噴火の石で近づけない時もありましたし、ミヤマキリシマが焼けてしまったところもありました。

久住だって、硫黄山の噴火で星生山も規制があったそうです。
霧島もそうでしたよね。
でも、そんな山こそ、落ち着いて登れるようになると
いろんな表情を見せてくれます。

九州バンザイですね。自然のありがたさと怖さがあります。
山に登ると特に感じますね。

2013/06/12(水) 21:48:25 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する