野菜作りや温泉などの日常の出来事を綴ったつれづれなるままの日記です。ズボラで手抜きの勝手に菜園ですが、よろしくお付き合いください。
 雲仙ソロ登山(2)
2013年09月30日 (月) | 編集 |
ガスの雲仙を登っていきます。整備された登山道なので安心ですが・・・

DSCF5538.jpg
↑樹木が少なくなってきたので、晴れていれば・・・

残念、何も見えません。

DSCF5541.jpg
↑約40分で山頂へ

雲仙普賢岳ではなく、お隣の妙見岳です。
どちらかといえば、眺望はこちらがいいとか・・・
これだけのガスならどこも同じですけどね(^_^.)

DSCF5542.jpg
↑ロープウェイの山頂駅です。

しばらく休憩してこれからどうするか考えます。

DSCF5545.jpg
↑すぐ目の前にあるのにこんな感じの駅舎


しばらく休憩していたら、同じようにソロ登山の女性が下から登ってこられました。
「このガスですけど、どこまで行かれますか?」と聞いたところ
「もう登ってきました」 エッ!そしてまた登ってこられたの?

「普賢岳山頂で体が飛ばされそうになりました。」
「平成新山ルートは特に風が強くてとても歩けたもんじゃないと聞きました」
との情報を

こりゃ平成新山も普賢岳もあきらめて、反対側に回って普通に下山するか・・・


DSCF5547.jpg
↑妙見神社で帰路の無事を祈願してと・・・


DSCF5548.jpg
↑ありゃ、どっちに進むんだったけ?


DSCF5549.jpg
↑装備はそれなりに準備していますが・・・

この日は気候も厳しいです。

DSCF5550.jpg
↑国見岳の方向に下山していきます。


DSCF5551.jpg
DSCF5552.jpg
↑緩やかな尾根道であり、見晴らしもいいはずですが・・・



DSCF5553.jpg
↑ここで国見岳方向には行かずに普賢岳の方向に進みます。


DSCF5556.jpg
↑写真じゃわかりませんが、風がめちゃすごいです。

朝は何も風吹いてなかったのに・・・
急な坂を下りていきます。降りるほうでよかった~
上りなら力尽きたかも~(^_^.)

DSCF5564.jpg
↑ツルボかな~


DSCF5565.jpg
↑鬼人谷に来ました。

山で100mって、平地とは全然違いますよ。

DSCF5566.jpg
↑ここから、西の風穴、北の風穴を通って行くと・・・

平成新山(雲仙普賢岳の隣、あの溶岩ドーム)をまじかに見ることができます。
もちろん今日は見れないし、行きません。
険しいルートで一方通行だとか、天気のいい日にいつか再チャレンジです。

普賢岳のピストンならここから一時間か~ それもパス。下山します。

DSCF5567.jpg
↑木が横に生えてる・・・


DSCF5568.jpg
↑茶屋についた~ って、別にお店がある訳じゃないです。

単なる休憩場所です。先客ありなので、先を急ぎます。


またまた続く~(^_^.)





スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
ワル猫さん こんにちは♪

神秘的といえば神秘的なんですけど
なんかやっぱり怖いですね~
こんなになっちゃうんだ~@@
その中を歩いているだけで びしょびしょになっちゃいそうですね^^;

>献立の材料を配達するというコンセプトの会社が増えていますね。
今の時代背景なのでしょうか。
どこもアイディア勝負なんですね。
2013/09/30(月) 12:52:44 | URL | mana #L8AeYI2M[ 編集]
雲仙はこの夏に観たばかりなので興味シンシンですが・・・
これほどガスが出てたら、本当に怖いです。
お一人で行かれたんでしょう?
怖さ倍増じゃないですか(>_<)
女性でも、お一人で行かれた方もおられるんですね。
凄すぎる~~~
いつか小倉の低山に登った時、見晴しがとっても良い分
強風で、立つと吹っ飛ばされそうで、頂上では立てませんでした。
山はガスもだけど、強風も恐怖~ですよね^^;

ちょっとお話しはそれますが♪
妙見って、たしか北極星の事だったと思うのですが
雲仙の妙見岳もやはり、北極星の方向にあるのでしょうね?

木が横に生えるって、凄い強風の場所だそうですね。
一定方向の風が強い場所に、そういう木が生えると聞いた事あります。
きっとそこは、いつも同じ強風が吹いてるんですね。
続きもお気をつけて♪
2013/09/30(月) 21:32:18 | URL | トマコ #LkZag.iM[ 編集]
ちょっと…いえ、そうとう怖すぎです…
恐怖ですねぇ。
風もでしょう?
独りの女性の方、そうとう慣れていらっしゃるんですかねぇ…
やっぱり山は舐めちゃだめですね。
しっかり知識がないと大変なことになりますね。
なによりパニックに陥りそうです。
こうして画像見ているだけでも恐怖が伝わりました。
2013/09/30(月) 22:00:36 | URL | 乙羽 #-[ 編集]
manaさんへ
ここは、登山道が整備されているからいいんですが、
そうじゃないところで、ガスの時に道に迷ったら最悪ですよね。
そんな時は、あきらめてそのまま引き返すのが基本です。

晴れてさえいれば、どってことないんですけど・・・

2013/09/30(月) 22:44:03 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
トマコさんへ
雲仙は見晴らしもいいし、山野草も豊富で素敵な山だと思いますよ。
噴火の歴史、それもありましたけど・・・

女性の一人(それも若い)はやっぱり危ないな~ といってもスタミナはオイドンよりあるような方でした。

吹き飛ばされそうな風って、竜巻もありましたし
実際、用心しないといけませんね。

北極星の方向ってどうなんだろ?妙見信仰と関係があるかどうかは定かではないようです。

確かに風が強いとそれに対抗するために横に伸びるんでしょうかね~
普賢岳の方に進めば、直接岩に横に生えている木があるそうです。

はい、とりあえず無事に下山したわけで、してないならブログアップできませんからね~(^_^.)
険しい山は単独はいけませんね。人気の山はいいんですが
まさか、こんな天気になるなんて思いもよらず・・・

朝の天気予報は晴れだったんですよ~ もう~ 残念です~



2013/09/30(月) 22:52:01 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
乙羽さんへ
万が一、途中で野宿するようになっても大丈夫なように
食料とか簡易テント持っていくべきでしょうが、
さすがに雲仙で初秋にその装備は・・・

本来は晴れる予報があったから行ったわけで・・・
途中で天気予報がはずれたんです。

はい、山は複数で行かないと行けません。
何度も行ったことがあったり、多くの方が登山される山は別としても・・・

もしこれが真冬なら、命の危険、確実にありますね。
用心しないと・・・

2013/09/30(月) 22:56:05 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
これだけモヤってると
道間違いは気をつけないといけないんでしょうね
最近 ウチのジュニアもソロ登りを始めたので
降りてきたよーってメールが来るまで 本当に心配ですw
もうベテランさんのワル猫さんなら
ご心配はいらないでしょうが くれぐれもお気をつけて~

西の風穴 とか北の風穴って
まるで ドラクエの地図ですねぇ~
楽しそうですw
2013/10/01(火) 15:14:58 | URL | komorebi #92eFZkuY[ 編集]
komorebiさんへ
オイドンはなんちゃって登山ですよ~ 素人です。
整備されたルートでなるべく半日で帰ることができるような

基本的にソロは避けた方がいいですよね。
でも、ファミリーコースならいいんでしょうが・・・

風穴は、夏でも涼しい風が吹いてくるそうです。
ドラクエ? そんなんされるんですか~
ある意味すごいな~(^_^.)

2013/10/01(火) 21:05:27 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する