野菜作りや温泉などの日常の出来事を綴ったつれづれなるままの日記です。ズボラで手抜きの勝手に菜園ですが、よろしくお付き合いください。
 雨の黒髪山後編
2013年10月25日 (金) | 編集 |
なぜ一人で雨の黒髪山にわざわざ行ったかというと・・・
11月2日の土曜日に佐賀北10期生の同窓会が武雄温泉でお泊りであるんです。
翌日に桃林窯に行くことになっているので、どうせなら目の前にある黒髪山に・・・
その下見に出かけました。雨の日でも登れるかどうか、それを確認するために
たぶん二十年以上前に一度だけ行ったような気がする黒髪山に確認登山でした。

そういえば小学校の時にも行ったけどあの時はチェーンあったのかな?

DSCF6121.jpg
↑雨で写真が・・・ 少し紅葉もしているのかな?


DSCF6122.jpg
↑宮崎ナンバーの方とすれ違いました。チェーンの場所を譲り合って・・・


下りるときが用心ですね。後ろ向きになって下ります。当然ですがこれが安全ですね。


DSCF6124.jpg
↑そしてまだあるんです。


DSCF6125.jpg
↑ここが最後のチェーンかと思って気合入れます。


DSCF6126.jpg
↑奥に見えるあの場所が頂上のようです。


DSCF6128.jpg
↑少し広い場所に出たので、振り返って撮影です。桃林窯ですよ~

裏手の湖が見えますね。

DSCF6129.jpg
↑こうすればもっとはっきり見えます。


DSCF6132.jpg
↑岩の上なんですが、あの先のその上が頂上

で、この岩の周りは断崖、滑って落ちたらレスキューのお世話になります。

DSCF6133.jpg
↑あまり下は見ない方がいいかも・・・(^_^;)


DSCF6135.jpg
↑ひとつだけ花が咲いていました。ハギですかね。


DSCF6136.jpg
↑でた~ 最後のクサリ場

今までのクサリ場は、遠回りのルートで行けば、通らなくても済むらしいけど
ここは、どうしても通ることになります。

DSCF6137.jpg
↑ここもほぼ垂直状態かな・・・(^_^;)


DSCF6138.jpg
↑着いた~ 普通はここに座って記念撮影です。

一人なので無理、それにビビッて先に進めません(^_^;)

DSCF6140.jpg
↑岩の前にあります。黒髪山


DSCF6141.jpg
↑説明プレートもあるようです。


DSCF6142.jpg
↑さすがに陶磁器の町、有田、武雄。

磁器のプレートです。
確か正面は佐世保の方向かな、右下手は伊万里、左下手は有明海とあります。
てことは反対側が天山あたりかな?

晴れていれば天山はすぐにわかりますが、とにかく真っ白です。

DSCF6143.jpg
↑これは有田ダムでしょう、ダムの下が深川製磁の本社や陶山神社のあるところ


DSCF6148.jpg
↑どこがどこやら、何がなんだか・・・


DSCF6149.jpg
↑下りのクサリ場は写真撮影の余裕がありませんでした(^_^;)

広い道に出てきてホッと安心。

DSCF6152.jpg
↑雌岩に来ました。怖くてこれ以上進めません。


DSCF6153.jpg
↑小さな像が置いてあります。

ここも何か謂れがあるんでしょうね。

DSCF6154.jpg
↑もう一度手を伸ばして、カメラを先に・・・

これが精一杯~ ほとんど変わりませんね(^_^;)

DSCF6155.jpg
↑すごい断崖なんですよ、こんなところ登れるわけないし・・・

でも、ロッククライミング禁止の札があるから、登る人いるんでしょうね。


DSCF6157.jpg
↑すいません、小さくしていますがわかりますね。

大きくするとビックリしますので・・・(^_^;)
山道で出会いました。おとなしくてビックリ。
そして大きさにビックリ、このカタチで図っても二十センチ程はあったでしょう。
ヒキガエル、いわゆるガマガエルのようです。

霧隠才蔵は人が乗れる程のガマを操っていました(もちろん面白おかしくの世界)が
それに負けずとも劣らずの大きなガマでしたよ~(^_^;)

皆さん、ガマンしてくださいね。

DSCF6159.jpg
↑まだレンズが濡れています。

ルートを確認すると、天道岩の真下にすぐ行けるルートもあるようですが
いずれにせよ、あのチェーンは乗り越える必要があるようで、
同窓会で山に登ったことのない人に挑戦させるのは無理と判断しました。

DSCF6163.jpg
↑帰りにお邪魔しました。

あいにくとご主人はインドに修業中だったかな(^_^;)

DSCF6164.jpg
↑お世話になりました。

で、同窓会の時に登山は無理でも、別の冒険はと、またまた別の日に下見を・・・
はい、それは続きです~














スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
ワル猫さん素晴らしい~
皆さんの為に事前調査ですか!
お偉いですネ~

それにしても この鎖場は…
最近 かなりのお山に登っているらしいジュニアなので
こうゆう画像を見ると「キィツケテ~」って念をいれます(笑)
別の冒険…??
楽しみにしております~
2013/10/26(土) 08:58:25 | URL | komorebi #92eFZkuY[ 編集]
どっひゃ~(@0@)
これはブログならではです!!
とても登れないところに連れて行っていただきました!
ありがとうございますぅ v-10
しかしっ! …キモが冷えました~

あら、おじさまがこんなところに…
そろそろ冬眠シーズンですよね。どうしたんだろ(笑)
2013/10/26(土) 10:05:33 | URL | gerogero #8klwOKB6[ 編集]
私は無理ですね。
本気モードだったんですが、無理っぽい…
ほんとに小学生でも登れるんでしょうか。
逆に子どもの方が登れるのかな。
途中に象がありましたが、どうやって運んだんでしょう。
それとも岩を彫って作られたのかな。
きっと何か謂れがありそう。
なんかすごく興味の湧く山ですが、行けるとこまで行ってみると言う手もあるなぁとか…

福岡にもありますね。西の方に。何山って言ったかな。
一度登ったことあります。
でもそれよりもっとすごいっぽい。
いえ、絶対すごいでしょう。
ワル猫さま、カメラ持って登って行かれたんですね~
信じられないですぅ
2013/10/26(土) 11:09:04 | URL | 乙羽 #-[ 編集]
ワル猫さん こんにちは♪

いいですね~
同窓会をそんな温泉で開催されるなんて~~
それにしても こんな所を?
ひゃ~ 怖い (*_*;
雨も降っているので 余計に怖いです。
しかし ほんとお好きですね~^^ 山を愛してらっしゃるのね。

>そちらは大雨とかなかったですか?
ようやく台風も過ぎ去ってくれて一安心ですね。
もう終わりにしてほしいな~~
2013/10/26(土) 16:00:57 | URL | mana #L8AeYI2M[ 編集]
黒髪山の鎖場は、やっぱり怖そうです(*_*)
3~4mなら身長の倍以上ですよね・・・
そこで待ってる事にしようっと^m^

ワル猫さん、同級生のみなさんのための下見で
お一人で雨の中を行かれたんですか?
同級生のみなさんは、ワル猫ツーリストさんが友達で
ほんと心強く嬉しいと思います。
でも、十分お気をつけてくださいね♪

桃林窯さんが見えるんだ~(^^)
望遠で、そんなにはっきりと写るんですね!
湖との位置関係もよくわかりますね♪

最後のクサリ場の写真、迫力ありすぎ・・・^^;
雨で濡れてるし、ゾゾゾゾ~っとします。
そんな岩場の頂上に磁器のプレートがあるなんて、さすが佐賀県!
断崖絶壁の下は、写真でも怖いです(>_<)
ほんと、お疲れ様でした!
桃林窯さんに着かれた写真で、ホッとしました^^
2013/10/26(土) 17:36:22 | URL | トマコ #LkZag.iM[ 編集]
komorebiさんへ
まだまだ超お若い息子さんなら、これぐらいどってことないでしょう。危険だと思えばより注意もされるでしょうから、逆に普通の場所が意外と危なかったり。
山が危ないのではなく、危険は日常生活の中でもさまざまありますけど、とはいっても親心、無事に帰ってくれたらほっとしますよね。

別の冒険は鎖がないので誰でも大丈夫かな~(^_^;)

2013/10/26(土) 18:20:48 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
gerogeroさんへ
はい、小学生でも高学年なら登れると思います。ちゃんとリーダーがいればですけどね。

ありゃ、gerogeroさん、肝が冷えたらボチボチ冬眠されるのかな~ おじさんも冬眠前の食糧探しだったかもですね。
2013/10/26(土) 18:23:11 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
乙羽さんへ
象ってのは、エレファントじゃなくて、仏像のことですよね~(^_^;)

ビックリしました、何かの心霊現象で乙羽さんだけに見えるのかと・・・
この場所で彫ってあるのかどうか、未確認です~
あそこまで行くのもちとビビりです。
置いてあるように見えるけどな~

はい、もちろん無理せずに登れるところでいいんじゃないですか?
福岡にもお近くにいろいろとあるようですよ。




2013/10/26(土) 20:09:18 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
manaさんへ
温泉同窓会、それなりに盛り上がるでしょうが
なかなか参加してくださる人が少ないようです。
ま、お金もかかりますからね。

山にでも登らないと、昼間からお酒飲まないでカフェでまったりなんて、オヤジには難しいですよ~
登っていれば何も考えずに済みます~(^_^;)

2013/10/26(土) 20:11:46 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
トマコさんへ
桃林窯が見えるってことは、桃林窯からもいつも見えてるってことですよね。
でも、山はどこも似ているからわかりにくいですね。

はい、無理せず下で待っておられた方がいいかもですね。
登るのはなんとかなるでしょうが、下りは少し慎重に。

磁器のプレート、これだけ高いところにあると興味本位でいたずらするって人はまずいませんよね。
山に登る人はマナーのいい人ばかりだと信じています。
今でもプレートがきれいなままなのがうれしいです。

断崖絶壁の上で立ったまま下を眺めたりはできません。
それは怖いでしょう~




2013/10/26(土) 20:17:17 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する