野菜作りや温泉などの日常の出来事を綴ったつれづれなるままの日記です。ズボラで手抜きの勝手に菜園ですが、よろしくお付き合いください。
 桃林窯裏山の冒険
2013年10月27日 (日) | 編集 |
同窓会でのイベントで翌日お世話になる桃林窯さん、そこでご相談したところ
裏山を散策(冒険)するルートがあるとのこと。では・・・

DSCF6515.jpg
↑この日は晴れていました。気持ちいのいい秋晴れ

桃林窯さんところから、50m程先にあるところから森に入ります。

DSCF6516.jpg
↑では出発~

ここは冒険東コースの一部


DSCF6517.jpg
↑どこにハゲワシがいるんだ~

もちろん、ハゲワシは、とりで~す(^_^;)


DSCF6518.jpg
↑歌のマークがあります。ここで歌えってこと?

そうです、前回の黒髪山登山も入り口の案内看板ありましたね。
ここは、黒髪少年自然の家、子供たちの冒険コースなんです。

ここでは大声を出すことがルールだそうです~


DSCF6520.jpg
↑砦の上に登りました~


確かに叫びたくなるかも・・・


DSCF6521.jpg
↑砦の上から湖を・・・


ありゃ、対岸の山の上・・・

DSCF6522.jpg
↑カラスが乗って歌っているよ~(^_^;)

あそこまで行けるのかな~ もちろん冒険です。

DSCF6523.jpg
↑シダ植物が茂る道を超えて・・・

DSCF6524.jpg
↑池の周りだからそれなりの湿気があるんですよね。

だからシダ類が繁殖しています。

DSCF6525.jpg
↑湖の上流、そこを渡ります。


DSCF6526.jpg
↑小鳥の泉だそうです。



DSCF6527.jpg
↑黒髪の山から流れてくる沢の水が集まって湖になっています。

ここで水温を計測するのが課題になっているようですね。



DSCF6528.jpg
↑青いテープを目印に進みます。赤いのは進入禁止のテープ


DSCF6529.jpg
↑少し坂になってきましたが、前回の黒髪山を思えばどってことありません。

やはり天候は大切ですね。危ない天候なら無理しない、これが鉄則です。

DSCF6530.jpg
↑あっという間に着きました。トンガリ岩

特別に危ないこともなく、疲れた訳でもなく・・・
でも、この岩の上は無理です。カラスじゃないし・・・(^_^;)


DSCF6531.jpg
↑気持ちいい~


DSCF6532.jpg
↑桃林窯さんと家人が手を振ってくれています。二人ともお留守番です。

大きな声で叫びました。「元気だよ~」
そうです、元気があれば何でも出来る~

同窓会イベントの時は、自信のない方はここから、引き返していただければ。
山に慣れておられる方ならここから先も楽勝です。


DSCF6533.jpg
↑ここはちょっと難しいです。

簡単そうだけど、斜面を横切るので・・・
雨降りは無理かもです。

DSCF6535.jpg
↑あとはいわゆる尾根道というか、普通の登山道

しばらく歩くと、頭がクモの巣で綿菓子状態、棒を振り回しながら進みます。


DSCF6538.jpg
↑ここはラクダのこぶ

ヒトコブラクダのようです(^_^;)

DSCF6539.jpg
↑とても気持ちがいい風が吹いてきます。

風が吹いている~♪ ここで吹いている~♪

DSCF6540.jpg
↑下りのルートになります。



DSCF6541.jpg
↑でかいロープが・・・ なんだかいやな予感


DSCF6543.jpg
↑またも垂直に降りるコース~

晴れているからそこまでないですけど・・・

DSCF6544.jpg
↑逆に登る方が楽勝かもですね。


DSCF6545.jpg
↑滑らないようタイヤを置いてあります。



DSCF6546.jpg
↑わなげの国がありました~


DSCF6547.jpg
↑最後の関門 レンジャーです。



DSCF6548.jpg
↑うっ!ここはちょっと・・・

迂回路を探して安全に下りました~

DSCF6551.jpg
↑さて無事に着いたと思いきや・・・

ここは少年自然の家じゃなかったんです。

DSCF6552.jpg
↑辻修さんの工房でした。

ここで迷いました。方向は概ねわかるけど、いくつか道があって不安
登りと下りがありました。
下りを選択・・・

いったん登ってから、砂利道を下るといいような気がしました。

少年自然の家のルートでは、まだほかにもチャレンジする箇所もあるそうですし
黒髪山の登山口の西コースもあるとか・・・

DSCF6553.jpg
↑民家のあるところには付いたけど、どう見てもこれは桃林窯とは反対方向・・・

桃林窯さんにSOSを出してレスキュー依頼。
家人だと道がわからず余計に迷います・・・

しばらく待ったら来てくださいました。どうもご迷惑おかけしました~(^_^;)
で、写真がめちゃくちゃになっていました・・・ ちと焦ったのかな?

DSCF6555.jpg
↑またもお世話になりましたよ~


てことで、同窓会参加の皆さんもご一緒にぜひ冒険しましょう。
一度下見したので今度は迷いません。たぶん・・・(^_^;)







スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
わぁ~
楽しい!
コレ 絶対楽しそう~!!
ワタシは 足には全く自信がありませんけど
引き返さずに ロープのコースを♪

アレ~
怖いよ~
ワル猫さん助けて…って
ワタシは同窓生サンではありませんでしたw
でも 楽しかったですe-266
2013/10/27(日) 09:07:25 | URL | komorebi #92eFZkuY[ 編集]
桃林窯さんの裏山は、アスレチックコースでとても楽しそうです。
難所がいくつかあるようですが、魅力的な山ですね。

垂直に降りるコースで、写真を撮ってるなんて
まだまだ余裕がワル猫さんにはあるじゃないですか!
私もレンジャーコースを含めて楽しめそうですが
頭がクモの巣で綿菓子状態になるとは・・・・
単独で一人で行くのは私には絶対ムリです(ー_ー)

ありゃ~ 迷子になられたとは、Oh,迷子ッド です!
桃林窯さんが近くで良かったですね。
2013/10/27(日) 21:04:37 | URL | トマオ #B2CsETZw[ 編集]
冒頭のプレートがココで繋がりました。
なるほどな~と納得です。
子どもたちは喜ぶでしょうね。
私もこちらの方が(笑)
同窓会記事も今から楽しみの予感です(笑)
2013/10/28(月) 09:34:06 | URL | 乙羽 #-[ 編集]
komorebiさんへ
活動的なkomorebiさんならきっと大丈夫ですよ~
小学生のチビッ子でも楽しんでいるコース。
リーダーがいて、みんなで眼隠しして歩くなんてコースや
クイズがあったりするコースも。

アウトドアに親しむことを教えてくれる佐賀県の施設です。
どうです。田舎だけど結構楽しめるんですよ~(^_^;)

2013/10/28(月) 19:52:35 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
トマオさんへ
東コースが桃林窯さんの裏手、西コースは未確認ですが、森の中のようです。でもおろちの国だからな~(^_^;)

夏場だと多くの子供たちが来るのでしょうが、秋は少し少なくなっていたようで、クモ軍団が喜んでいましたよ~
トマオさんはやっぱり苦悶式ですか~

桃林窯さんにカマ~ンとお願いしました~(^_^;)

もし機会があればぜひチャレンジされてください。雨上がりはやめたほうがいいかもですが・・・(^_^;)

2013/10/28(月) 19:56:33 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
乙羽さんへ
他にもいろんなコースがあって、楽しく二時間遊べるんです。
佐賀県の子供たちはだいたい行くようですけどね~

他にも北山少年自然の家があって、こちらも人気です。

同窓会記事、いつになるかな~(^_^;)

2013/10/28(月) 19:59:44 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/11/09(土) 09:13:15 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する