野菜作りや温泉などの日常の出来事を綴ったつれづれなるままの日記です。ズボラで手抜きの勝手に菜園ですが、よろしくお付き合いください。
 秋の天山(4)
2014年09月28日 (日) | 編集 |
シリーズ最終回、どんなことになるかな~

DSCF2571.jpg
↑やっと着いた~

正面に見えるのは阿蘇惟直(あそ これなお)の墓です。
南北朝時代、北朝の足利尊氏が九州に落ちてきたときに南朝側として合戦。
各地で戦いながらも、この天山の麓で討ち死にしたそうで、
故郷である阿蘇山が見える天山の山頂に墓を作ってくれとのことだったとか。

なるほどね~ 室町幕府ができる前のことだったんですね。
その時に戦った千葉氏は、小城の祇園さんが居城だったですよね。

天山からは、天気が良ければ阿蘇が見えるんだ~ PMがなければいいかもですが


DSCF2573_201409201940523d4.jpg
↑とりあえず、無事に山頂に着きました。


DSCF2574.jpg
↑山頂は広い草原になっています。のんびり寝そべります。

みなさんそうされています。

DSCF2575.jpg
DSCF2577.jpg
↑秋の天山を代表する花 マツムシソウ


DSCF2578.jpg
↑ウメバチソウもありました。

DSCF2581_201409201941174ab.jpg
DSCF2582_201409201941194e0.jpg
↑ヒメアザミ

途中にもたくさんアザミがありましたが、山頂のが一番色鮮やか

DSCF2583.jpg
↑いまひとつピントが・・・(^_^.)

真ん中のところにも模様があるのがヤマホトトギスだとか。
ヤマジノホトトギスとの違いもう分かったかも~(^_^.)

以前平尾台で見つけた時の花は、確かに真ん中のところ(なんと呼ぶか分かりません~)が
つるつるで何も模様がありませんでした。

それに外側のガク?が下に下がっておらず、平でしたよ。
なるほどね~

DSCF2584.jpg
↑タンナトリカブト

猛毒です。どこに毒があるかよくは知りませんが・・・
確かに兜の形はしていますね。

DSCF2589.jpg
↑ハチが蜜を集めているけど、蜜には毒ないのかな~



DSCF2590.jpg
↑トリカブトは探せばたくさんあるかもですが・・・

オイドンは二か所しか見つけることができませんでした。
それも先客さんが教えてくださったから・・・

DSCF2591.jpg
↑頂上部分、まだず~っと続きますが、帰りが遅くなるので戻ります。


DSCF2592.jpg
↑と思っていたらピンボケのキュウシュウコゴメグサ

こりゃいかん、家人カメラで引き続きアップだ~(^_^.)














スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
天山4
ワル猫さん、こんにちは。

やっとのことでパソコンが使えるようになりました(ほっ~)
タンナトリカブトと蜂の取り合わせがいいですね~
シャッターチャンスばっちりです!
花には毒がないのでしょうね。
根には猛毒があるのに~

阿蘇惟直のお墓のことは最近知りました。
小城の祇園さんのことは知らなかったです。
いろいろな故事があって、知れば面白いですね。

すごく晴れた日には天山から阿蘇の噴煙が見えたような気がします。
2014/09/29(月) 17:31:23 | URL | リーフ #-[ 編集]
天山、山頂にお墓があるのは、そういうわけだったんですね。
阿蘇山が観えるというのもビックリです。
ですが昔は空気が澄んでいて、驚くほど遠くも観えたんでしょうね。

マツムシソウ綺麗ですね~
天山で最初に観たお花です(^^)v
タンナトリカブトにも出会われたんですね。
いつか私達が行った時は、草の中に沢山咲いていました。
天山のアザミも、とっても綺麗だった印象です。
いいな~♪
またいつか、こんな時期に行きたいです^^
ヤマホトトギスとヤマジノホトトギス・・・
平尾台では何度も観たと思うけど、どうだったかチンプンカンです^^;
ワル猫さん凄い観察力!
奥様のお写真も楽しみです~(^^)/
2014/09/29(月) 21:59:14 | URL | トマコ #LkZag.iM[ 編集]
こんばんはー
こんばんはー
天山の山頂にお墓あるんですねー
しらなかった。
草原がとっても良さげです。
上りはどれくらいで登れるんでしょう?
1時間くらい?

トリカブトって普通に探せば結構あるんですね。
あまり、どれがトリカブトか気にしてみてないだけか。
蜂さんは平気なんですねー
2014/09/29(月) 23:51:06 | URL | ibuki #-[ 編集]
リーフさんへ
オイドンもやっとご返事できました~

タンナトリカブト、猛毒らしいですが、蜜に毒があったら繁殖できないからですよね。
根っこは猪とかに食べられないようにかな~

数十年前でしたっけ、事件で有名になりましたね。

阿蘇唯直のことはオイドンも最近調べてわかりました。お墓だったとはね~
千葉氏は当時小城で勢力を持っていたようですが、その割に小城の方で千葉さんて聞かないような・・・
オイどんが知らないだけかもですね。

フムフム、きっと阿蘇は見えるはずですよね。
京都の山からだって富士山が見えたって話も聞きました。


2014/09/30(火) 19:20:02 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
トマコさんへ
そうですよね~ PMとか排気ガスとか昔はなかったでしょうからね。

わいた山に登った時、天山方面が見えたような気がしました。
多分普通に見えるんじゃないかな~

タンナトリカブト、そんなにたくさんあったんですね。
オイドンが行ったときは時期が微妙だったのかも。

マツムシソウは花が大きくて撮影しやすいです~
キュウシュウゴゴメグサ、ほんと小さな米粒ですよ。
ピント合いません~

この季節が一番かもですね。ヤマジノとヤマはきっとお分かりになられると思いますよ。

2014/09/30(火) 19:24:09 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
ibukiさんへ
一時間ぐらいです。大人だと40分かな?
でもオイドン達は一時間半かかりましたよ。
のんびりが楽ちんでよかです。

小さな子供さんも歩いて登っておられました。
でも、途中で疲れたようでしたよ。
登ってしまえば草原が気持ちいいんです~

ぜひどうぞ。

トリカブト、珍しい花の形していますから、あればすぐに分かるでしょうね。
マツムシソウも結構珍しいかな~
平地にはありませんからね。



2014/09/30(火) 19:38:13 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する