野菜作りや温泉などの日常の出来事を綴ったつれづれなるままの日記です。ズボラで手抜きの勝手に菜園ですが、よろしくお付き合いください。
 2014定番の芋づる炒め
2014年10月04日 (土) | 編集 |
台風はそれなりにそれなりでした。畑以外には大きな被害なし。とりあえずは一安心。
久しぶりの男の手料理。適当です。

IMGP1525.jpg
↑芋づるは、メインの茎じゃなくて、葉っぱになっているところをちぎります。

なんだか赤い色が付いています。
種類一緒の芋でも赤いのと緑のがあるんですよ。
なぜか不思議です。

IMGP1526_201410042050116e1.jpg
↑こちらはきれいな緑色の芋づる

ここから手間がかかるんです。

IMGP1527_2014100420501259d.jpg
↑洗いながら、皮をむいていきます。

料理は油いためと佃煮の二種類
佃煮は皮を全部向かない方がいいとの説もありますが・・・
今回は全部向きました。

手が痛い~(^_^.)

IMGP1528.jpg
↑三時間ぐらいかかったかな?

こちらは赤い方なので、佃煮にします。なかだか固そうです。

IMGP1529_2014100420501596a.jpg
↑いったん茹でてから、自家製唐辛子で炒めます。

じっくりじっくり・・・ 途中で塩コショウを少し、みりん、お砂糖、お醤油は適量です。
感覚で作っています。量のレシピはありません。

それと昆布を小さく切って入れています。

IMGP1530_2014100420503048f.jpg
↑ある程度炒めました。もっとじっくりやる必要があります。

ここで、所要が出来たので、炒めものを同時に作ります。

IMGP1531_2014100420503102d.jpg
↑油いためは、しゃきしゃき感を残すため、茹でません。

油と唐辛子、今度は市販の一味にしました。

IMGP1533_2014100420503324e.jpg
↑丸天がなかったので、アジ天にしました。こちらが高級です(^_^.)


IMGP1535_20141004205034938.jpg
↑完成です~


DSCF2595.jpg
↑こちらは翌日に丸天で作った定番の油いため

器は桃林窯になってます。

DSCF2597.jpg
↑娘がフィナンシェを作っていました。学校の友人用だそうです(^_^.)

オイドンはデブになるからダメとのこと。確かに・・・

DSCF2598.jpg
↑栗の甘露煮を入れたフィナンシェ

栗は山に住む、山の仲間が持ってきてくれました。
ゆがいて、むいて、煮込んで、味付けして・・・
おいしく頂いてます~

ちょうどフィナンシェのタイミングと合ってばっちり~

そういえば最近お菓子作ってないな~ メタボ検査に引っ掛かりそうなので
最近控えています。いや食べるのは控えてませんよ~(^_^.)




















スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する