野菜作りや温泉などの日常の出来事を綴ったつれづれなるままの日記です。ズボラで手抜きの勝手に菜園ですが、よろしくお付き合いください。
 穂高神社と北野家さん
2015年08月28日 (金) | 編集 |
穂高駅に着きました。とりあえずの目的地です。

IMGP6438_20150822100651240.jpg
↑穂高駅に着きました。


IMGP6436_201508221006483ee.jpg
↑駅のこの人形は何だったから調べてません~

いや調べたけど分かりませんでした。

IMGP6437_2015082210064955f.jpg
↑駅前だけど、そう大きな町ではないですね。

高いビルもないし。

IMGP6440.jpg
↑安曇野パークホテル、今夜のお宿はここです。

荷物を置いてビール買いに行ってと・・・
お昼ご飯は四時頃駅前でおにぎり一個でした。
六時に夕食です(^_^.)

IMGP6444.jpg
↑駅のすぐ前の通り 食事処 北野家さん

近くには、そば屋さんがたくさんあります。おしゃれなレストランもあるようですが
昔ながらの食堂が良かったので、ここに決めていました。

IMGP6449_20150822100722fb0.jpg
↑テーブル席とお座敷に二つの席、広いお店ではありません。

空いててよかった~

IMGP6446_20150822100720f42.jpg
↑穂高で食堂はうちだけだよ~ とおっしゃるおじさん。

もう年だな~と、確かに注文した品(酒のつまみ)忘れられてしまいました(^_^.)
ま、全然ノープレブレム~

いい感じのお店でしょ~

IMGP6452.jpg
↑少しお味噌の感じが九州と違いますね。いい感じです~

IMGP6453.jpg
↑友人のソースカツ定食 1200円

カツがめちゃでかくて多い~ ご飯も大盛り~
さすがに無理と最初から減らしてもらっていました。

IMGP6454_2015082210232271e.jpg
↑オイドンはソースカツ重、1000円です。

こちらは少しカツが小さ目だけど、いや~ ご飯もボリュームあるし
カツが脂っこくなくて、とてもおいしい~ 長野県のお米もおいしいですね。

このお店には別に名物がありまして。中華そば600円なんです。
今回はお昼が少なかったので、ソースカツにしましたが、次は中華そばにします(^_^.)
ソースカツは昔懐かしの味です。ソースカツというか、ソース自体我が家は使わないので
新鮮で懐かしい感じでした。

トンカツ、コロッケ、ハンバーグ~ ソースがなければ怒ります~♪
って、そんなCMソングご存じかな~

いや~ ほんとおいしいですね。豪華なお刺身とかステーキなんかより
こんな素朴な食堂がおいしいと感じるオヤジです。

昔ながらのカレーもあるようですよ~ また今度です。ちと遠いけど

ここから、今回記事のもうひとつのメインです。語ります。

IMGP6457.jpg
↑北野家さんのお隣に鳥居がありました。穂高神社です。


IMGP6459_20150822102325ab5.jpg
↑多分正面じゃなく、横から入ったと思います。

IMGP6460_201508221023276bc.jpg
↑安曇野は道祖神の宝庫と言われています。

それをイメージしたオブジェがありました。
同祖神は、村の守り神でもあり道中の安全を守る神だそうです。
また、男女一対を象徴するものでもあるとか・・・

ここ安曇野には多くの道祖神(石のやつ)があるようです。
これはあくまでもイメージですよ~

IMGP6461.jpg
IMGP6462.jpg
↑穂高神社に参拝。もう薄暗くなってきました。

この穂高神社の御祭神は、穂高見命(ほたかのみこと)他、三つの神様
穂高見命って、北九州をルーツにする安曇族だそうです。

北九州がなぜに長野県??
神社のHPを見ていると、菅原道真公もあるし、道祖神もあるし、
安曇族の安曇比羅夫は、天智天皇の名で白村江にて・・・
そこで北九州と繋がる??
天智天皇は、福岡県朝倉市との繋がりあるし、朝倉は日本の首都だったんですよね~
(そこらは、オイドンの昔のブログでもご紹介)

そもそも、穂高見命は、豊玉彦命の子だそうで、豊玉彦命って、海彦山彦の海の神
いや~こんがらがってくる~
海彦山彦は宮崎市日南海岸でしたよね・・・
神話なのか伝説なのか史実なのか、どこからどこまでか、分かりません~

ま、神話の世界のルーツはそもそも九州だし、そこで安曇族って海人が
活躍して、この長野の地で栄えたのかな、てことにしておきましょ~(^_^.)
穂高神社の関係者の皆さん、間違ってたらスイマセン~

語る人は一日ここで過ごしても足りないかも~ 
いや食べたりないかも~ (^_^.)

で、その穂高神社ですが、ここ安曇野市の駅前が本宮
上高地に奥宮があり、そして奥穂高の山頂(日本で三番目の標高)には嶺宮
神主さんはアルピニストでないと無理ですね・・・

もちろん、どちらも行ったことありません。

IMGP6463_20150822102348ecf.jpg
↑お酒が置いてありました。安曇野、黒部、大雪渓、白馬、北アルプス・・・

てことで、もう最初からお分かりでしょうが、そういうことなんです~(^_^.)
地元の友人と関東代表の友人と三人で行ってまいります。

IMGP6464.jpg
IMGP6465.jpg
IMGP6466_20150822102352512.jpg
↑宿の近くにこんなお店もありましたってご紹介~ おもしろカフェスプーンアート


IMGP6468_20150822112137306.jpg
↑お酒を飲みながら、翌日のルートの最終打ち合わせ

そうそう、この五一ワインってのは地元のおいしいワイン。
コルクだったので抜くのに苦労~
ワイン抜きを差し込んで、回すだけで良かったはずなんだけど、
コルクル、コルクル回ってばかりで抜けませんでした~ (^_^.)


IMGP6474_20150822112138540.jpg
↑スポーツニュースを見ることもなく、早めに就寝

おやすみなさい~








スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント

ワル猫さん こんにちは♪

確かに駅前にしては道も小さい感じ
こじんまりとした町なんですね。
そしてその昔ながらの食堂がいいな~
沖縄にもこんな食堂がいっぱいあります。

それにしてもカツ ボリュームありますね(゚д゚)!
これは食べ応えありそうです。
今日は盛りだくさんでしたね !(^^)!

>炊き込みご飯によもぎなんて 考えられないでしょう?( *´艸`)
沖縄では定番なんですよ。

2015/08/28(金) 15:35:49 | URL | mana #eQhucDEg[ 編集]
やっと登場ですね
食堂のおじさん面白かったね!
穂高神社と菅原道真公が繋がっていたとは驚きです
上高地の明神池にある穂高神社も大きいですよ!
上高地は是非案内したいとても絵になるところです。最近は海外の方がほんとに多くなりました。
2015/08/28(金) 20:14:18 | URL | オリーブ #-[ 編集]
manaさんへ
そうなんですよね。沖縄には食堂多いですよね。
それぞれ味のある食堂。絶対におしゃれなイタリアンより沖縄食堂がいいに決まっています。

今度沖縄いく時も食堂巡りしたいと思っていますよ~

カツはボリュームありましたけど、意外と入りました。脂っこくなくてあっさりでしたよ~

2015/08/29(土) 21:36:31 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
オリーブさんへ
ありゃ~ 三年程ご無沙汰ですよ~(^_^.)
お元気でらっしゃいましたか。何よりです。

てことは上高地行かれたことあるんですね。
オイドンはないんです・・・

穂高神社は、北九州との繋がりのようです。
安曇族というのがあるそうですよ。
邪馬台国あたりの時代のお話だそうです。

オイドンは全く詳しくないのですが、世の中には
そういうジャンルに詳しい方もおられるようです~

記事は続きますよろしくです~



2015/08/29(土) 21:41:36 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
穂高
ワル猫さん、こんばんは。

数年前に上高地から奥穂高に登りました。
奥穂高の山頂に確かに小さな神社を祭ってありましたが、
詳しく観察する余裕もなく、そそくさと下りました。
上高地の明神池も散策しましたが、神聖な場所だったです。
懐かしく思い出がよみがえってきました。
続きも楽しみにしています。
2015/08/29(土) 23:46:24 | URL | リーフ #-[ 編集]
リーフさんへ
奥穂高ですか、北アルプスでは一番厳しいと言われている山だと思います。
すごか~ オイドンは、そんな提案は一蹴して
安全なところだけ行きますよ~ (^_^.)

上高地も歴史のあるところだそうですね。
今は観光地なんで、皆さんそんなこと思わないでしょうが・・・

ま、確かにアルプス登って神社に謂れがあるなんて、そんなこと考える余裕ありませんよね。
オイドンも途中でボ~っとなってしまいました。
結構疲れましたよ。

2015/08/30(日) 18:07:00 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
お久しぶりです(^^)/
アルプス山行、長野県の観光etc興味深く見せて頂いてます!
本格的な山に行かれたんですねぇ。
無事の御帰還、何よりでした。

神社のお話しにも興味津々~♪
穂高神社には安曇族の神様が祀られているって
私はこちらの志賀島の志賀海神社の事から知りました。
志賀海神社は今でも、安曇氏の末裔の方が守っておられるそうです。
神功皇后に満珠干珠の珠を献上したのが、安曇の祖の阿曇磯良・・・
そんなお話しから、興味を持ったんだったと思います~(*^^*)
古代のロマンチックな伝説の場所、見せて頂いて嬉しいです!

松本城や、ご当地の美味しそうなものにも釘づけでした!
長野県には高校の修学旅行でスキーに行った時に
たぶん、志賀高原から見えた山々がアルプスだったのかな!?
って、当時は全く興味が無くて覚えてないのが残念ですが
高い山々が観えて、九州とは違う光景に感動した事を
今でもなんとなくだけど覚えています。
続きも楽しみに見せて頂きます(^^)v
2015/08/31(月) 20:35:52 | URL | トマコ #LkZag.iM[ 編集]
トマコさんへ
お久しぶりですね~ コメントありがとうございます。
はい、無事に帰ってきましたよ~ 無事が一番ですね。

安曇族の発祥が北部九州だとか、そもそも安曇族とは~
なんて、少し調べましたが、なかなか難しいです~(^_^.)
なるほどですね、やっぱり神功皇后なんですね~

すごく高い山の頂上に穂高神社のお宮あると聞きましたが、とてもその山にはオイドンは登れそうにありません。いつか、近くには行きたいですが・・・

松本市、四方が山に囲まれているんですよ~
佐賀とは全然違います。
白馬とかもいい感じなんですよね~

はい、長丁場ですが、よろしくお付き合いくださいね~


2015/08/31(月) 20:52:06 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する