野菜作りや温泉などの日常の出来事を綴ったつれづれなるままの日記です。ズボラで手抜きの勝手に菜園ですが、よろしくお付き合いください。
 北アルプス燕岳を目指して
2015年08月30日 (日) | 編集 |
8月下旬、北アルプスにある燕岳を目指して登山することになりました。
もちろんオイドンは初めて、同級生の二人をガイドに雇っての登山 (^_^.)

IMGP6477_201508222237389aa.jpg
↑4:46 有明荘の先にある燕岳登山口のトイレに到着

3:30に目覚まし時計、4:00に穂高のホテル前にてタクシー乗車 運賃約9000円

IMGP6481_2015082222373920f.jpg
↑登山届を出すのはとても大切なことです。

オイドンは登山の捜索費用が出る保険に入りました。モンベルの野遊び保険。
500円ですが、登山届を出しておくことが保険の出る一つの条件だそうです。
もちろん、保険を使わないことが目的です。いわばお守りですね。

IMGP6483_2015082222374106e.jpg
↓登山口の標高1462m、久住の牧ノ戸峠より100m以上高い場所


IMGP6487.jpg
↑ジャスト5:00から出発です。カメラは最小限にしてひたすら登ります。

ホントに登れるかな?少し不安です。

IMGP6488_20150822223744f3c.jpg
↑では行ってきます。

で、早速急坂になりました。

IMGP6492.jpg
↑随所にベンチがあります。ここは第一ベンチ 5:35

一キロを35分、オイドンにしてはまあまあのペース。
いや、思いっきり気合入れたかな (^_^.) 
でも、ほんとは最初はゆっくりじゃないとダメなんですよ・・・

IMGP6495.jpg
↑こんな平坦な場所もあるんですが・・・

概ねは急な坂です。手を使う程ではないけど、延々と坂登りが続きます。

IMGP6499.jpg
↑途中の合戦小屋まで食糧等を運ぶ索道です。

索道って、お分かりですよね~ (^_^.)

IMGP6502.jpg
↑6:05 第二ベンチ ここまではまあまあかな・・・


IMGP6501.jpg
↑他にも上っておられる方が・・・

我らよりも年配に見えましたが、当然ながら我らより早いです (^_^.)

IMGP6504.jpg
↑リュックが重いです・・・ 想い出ならいけど・・・

ちょっとペース上げ過ぎた~ (^_^.)

IMGP6506_20150822230220fc7.jpg
↑延々と坂を上ります。

日本アルプスの三大急登だそうです。
いや、登りはここに限らずどこでも大変です・・・

IMGP6507.jpg
↑6:44 第三ベンチです。

初心者だと、各ベンチの間を50分(休憩含む)ってことですから、
一応、その標準はクリヤしました。

早く着くことが目的ではないですが、余裕を持って行動するため
できれば早めの行動がいいのです。

しかし、ここらあたりからオイドンのペースが落ちました。
荷物が重いのです・・・ 水が多すぎたかな・・・

IMGP6508.jpg
↑こんな感じの森の中を抜けていきます。


IMGP6510.jpg
↑富士見ベンチは7:22 まだ何とかなるかな・・・

距離的にには、半分は来たってことか・・・
ここで、ツアーの団体さんがインストラクターの方から説明を受けていました。
山を下りるときの歩き方。お尻の筋肉に力を入れて小さい歩幅で・・・
フムフム、有料の講座でしょうが、無料で聞かせてもらいました (^_^.)

スティックは年配の方は別として基本使わない方がとも・・・
いや、無理です。初心者歩きが抜けないけど、下りる時も登るときも
あれがないと大変。
特に下りには絶大な威力を発揮しますからね、しかしそれに頼り切ると
いけないということのようです。

荷物も重いのにスティックなしでスイスイ降りてこられる方、結構多いですよ。
若い人だけじゃなく、それなりの年配の方もスティックなしの方おられます。
オイドンはずっと初心者かな~

ここのベンチでちょっとしたハプニング
同行の友人がベンチに座っていて動こうとした時、リュックが転がって下の斜面に
おにぎりコロコロ状態です。ありゃ~
凄い谷なんですよ・・・ 下まで降りたら取りに行けない~
幸い3m程度落ちたところでクマザサでストップ
その団体さんのスタッフの方が素早く降りて取ってくださいました。
ありがとうございました。

リュックがないと山には登れません。雨具や水が入っていますからね。
リュックおろす時も場所には用心しないといけません。
もちろん自分自身が滑り落ちないことも大切です。
ほとんどすべての行程、ルートを外れ落ちたら登ってこれません。
ルート外がなだらかになっているのは、山小屋周辺以外では
まず見当たりません。



IMGP6515.jpg
↑チシマギキョウ

本州中部から北海道にかけて分布するそうです。
咲いているのはほとんどありませんでした。


IMGP6516_20150822230250f0c.jpg
↑光量不足でぼけてますが、アキノキリンソウかな?

もうちゃんと撮影する元気もなし・・・

IMGP6521.jpg
↑とりあえずのメイン休憩場所、合戦小屋 8:00

三時間で着いたことになります。標準が4時間10分(燕山荘HP)
これって自分を誉めてあげたいです~

で、しばし休憩

IMGP6522_20150822230253a6c.jpg
↑合戦小屋、お水やコーヒー、ビールまであります。

うどんもありますが、宿泊はできません。
トイレも一応あります。一応です。

IMGP6523.jpg
↑では、朝食タイムです~

いや、撮影してない、そんな元気ないけど、おにぎりとかサンドイッチで朝食

IMGP6524.jpg
↑スイカが名物だそうですが、この日は寒くて食べてません。

他のお客さんは食べている方も・・・

IMGP6528.jpg
↑合戦小屋の由来は、坂上田村麻呂が鬼と戦って・・・

だそうです。
8:30合戦小屋を出発します。

ここから標準で1時間30分で燕山荘に着くはずです。

IMGP6530.jpg
↑途中の道で槍ヶ岳が見えました。

北アルプスを代表する山の一つ。その独特な形が目を引きます。
頂上の槍の右が小槍、アルペン踊りは踊れません・・・

IMGP6538_20150822233256a85.jpg
IMGP6539_20150822233257c84.jpg
8:47 名前は付いてないけどありがたい休憩所

ライチョウですか、近くで見てみたいな~ 
人を怖がらないそうです。いじめる人がいないからでしょうね。

てことで続く~












スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
こんばんはー
こんばんはー
かなり本格的な登山ですねー
北アルプスって聞いただけで、遭難が良くおこるとこって
思っちゃいます。
槍ヶ岳ってイモトさんが、練習で登ってたとこでしたかね。。
なんか、こんな感じのとこチャレンジしてたような??

無事ご帰還なので、ブログにUPされてるんでしょうけど
怪我なく完遂されることを祈ってます。続きの記事に。
2015/08/30(日) 00:28:37 | URL | ibuki #-[ 編集]
いいなぁ
ワル猫さぁん、こんにちは~
のんびり信州旅行かと思いきや、いきなりの燕岳登山ですか!
本格的ですねー
ちょっと羨ましいなぁ
私も登山趣味にしてましたが、去年あたりからちょっと遠ざかってるような?
紅葉の時期になったらまた磐梯山や安達太良山へ行こうっと

やはり燕岳はキツかったですか?
(´°д°`)

2015/08/30(日) 14:55:44 | URL | あっつぁん #W3fW6d3U[ 編集]

ワル猫さん こんにちは♪

ガイドさんを雇っての登山、
すごいな~
険しいですね。 荷物が転げ落ちたりとハプニングもあって
確かにいろいろな危険もあるわけで
常に学習ですね。
スイカ 美味しそうですが 寒かったんですね((+_+))

>オクラの天ぷら 美味しいですよ~ ぜひ(*^^)v

2015/08/30(日) 17:00:35 | URL | mana #eQhucDEg[ 編集]
ibukiさんへ
ここは北アルプスでも、表銀座というぐらいで
とても安全な場所なんです。鎖場も一つだけだし
そう高くもないし。
しかし、一歩足を滑らせて谷に落ちたら、そりゃタダじゃすまないでしょう。

夏山だと安全だと思いますが、冬はまた全然違うでしょう。
イモトさんは、冬に登られたんでしょうね。
オイドンには無理かな~(^_^.)



2015/08/30(日) 18:10:10 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
あっつぁんさんへ
はい、オイドンにとっては山に登ることがすなわち観光です。
かといって、ハードな登りは無理なので、表銀座と言われる燕岳です~
合戦小屋まではなんとかでしたが、最後の小屋までの登りがちょっと疲れました。
なんといっても、荷物の水が重たくて堪えました。
あれだけの水は要らなかったな~(^_^.)
結果論です。

東北の山は紅葉がすごくきれいと聞きました。
オイドンもいつか山と温泉に東北行ってみたいな~


2015/08/30(日) 18:14:05 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
manaさんへ
雇うといっても報酬はタダです~(^_^.)
初心者のオイドンに付いてきてもらいました。

そこまでお天気じゃなかったんで、気温が上がらず、寒いというほどでもないけど、スイカ食べる程ではありませんでした~

一切れ800円です (^_^.)
運ぶ手間がありますから当然ですけどね。


2015/08/30(日) 18:16:27 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
燕岳
ワル猫さん、こんばんは。

今回は燕岳に登るのが目的だったのですね。
山の先輩に聞いたお話では、登りが本当にずっと登りっぱなしで大変だと聞いていました。
でも山頂からの眺めは素晴らしく何度も行きたい山だとか~
次回も楽しみにしています。
2015/08/30(日) 23:21:17 | URL | リーフ #-[ 編集]
リーフさんへ
はい、燕岳は、北アルプスの女王と呼ばれているきれいな山ですよね。
比較的アプローチが楽な山なようです。
登りっぱなしとはいえ、安全だからゆっくり登れば必ず着きますよね。
はい、眺めは・・・ 次回の記事をご期待ください~

2015/08/31(月) 20:53:47 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
燕岳は、日本アルプスの三大急登の山ですか!
標準が4時間10分のところを3時間で登られるとは流石です。
私達だと倍の時間がかりますよ(^^)
槍ヶ岳、カッコイイ!

チシマギキョウ、咲くとどんな花なんでしょう?
きつい登りの途中で見ると癒されるだろうな~

ライチョウは、人を怖がらないんだ。
それは、えらいちょー!です。
2015/08/31(月) 21:41:44 | URL | トマオ #B2CsETZw[ 編集]
トマオさんへ
いえいえ、いっぱいいっぱいでしたよ。
写真撮影することもなく、ひたすら・・・
休憩地点でも三分程度の休憩でした。

ほとんど途中は花も咲いていなかったし眺望も今一つだったので、ひたすらひたすら・・・

アルプス一万尺、一万円弱じゃないですよね~(^_^.)
槍ヶ岳のことだと思います。

チシマギキョウ、リンドウみたいに小さく咲くようですよ。つぼみしか見ていませんが・・・

ライチョウ、飛んでいたんですが、あまり近くにはいませんでした。
あとから、あれがライチョウなんだと分かりましたよ。

ライチョウ、すなわちサンダーバード、国際救助隊ですかね~(^_^.)
救助隊のお世話にならないようにしないと・・・

2015/08/31(月) 21:50:06 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する