野菜作りや温泉などの日常の出来事を綴ったつれづれなるままの日記です。ズボラで手抜きの勝手に菜園ですが、よろしくお付き合いください。
 北アルプス 切通岩とコマクサ
2015年09月09日 (水) | 編集 |
草花が繁る登山道から、また岩場にやってきました。

IMGP6693_201508231102187ec.jpg
↑大天井岳の前に手前のコブを乗り越える必要があります。


IMGP6695.jpg
↑滑りさえしなければ、快適な山道

まわりにクマがいないか見渡しながらと・・・ (^_^.)

IMGP6696_20150823111053417.jpg
↑雨も上がってお天気、雨具は脱いで身軽になりました。


IMGP6697_20150823110222981.jpg
IMGP6698_2015082311022382b.jpg
↑鳥を発見、イワヒバリだそうです。

ライチョウは見かけたけど撮影できなかったので、鳥あえず野鳥をやっちょいました~

IMGP6699_20150823110239ebf.jpg
↑これはきれいに咲いていたコマクサ


IMGP6702.jpg
↑快適に歩いていきます。



IMGP6705_2015082311024227c.jpg
↑薄曇りで日差しがないので暑くないですよ~


IMGP6706_20150823110244ae6.jpg
↑見ているだけだと、楽ちんみたいですが・・・ 結構疲れてきました。


IMGP6708_20150823110245344.jpg
↑ここが切通岩でしょう・・・

IMGP6710_201508231119492cc.jpg
↑ううっ! このコース唯一の鎖場


IMGP6712.jpg
↑下から見ていると大したことないようだけど、上からだと怖いです。


IMGP6713.jpg
↑そしてまた登ります。


IMGP6718.jpg
↑イワツメクサ


IMGP6719.jpg
↑槍ヶ岳との分岐点、槍へは右に行きます。

われらは左に・・・
ここで時間計測 14:18 てことは、燕山荘から3時間45分以上かかっています。
標準だと3時間です。写真撮影でだいぶ休憩したから、そんなもんかな。

IMGP6720.jpg
↑槍ヶ岳へのルートは厳しいらしいです。

かといって、大天井岳が楽ってわけでもないような・・・

IMGP6721.jpg
↑ここまではなんとか登ってきました。

ここから距離にして500m、標準コースタイム40分

IMGP6726.jpg
↑常念岳は翌日の予定でしたが・・・


IMGP6727.jpg
↑今夜の宿は大天荘、燕山荘のグループです。

IMGP6728.jpg
↑振り返って山の稜線を見ると・・・ やばいっ!

ガスが出てきました。

IMGP6731_201508231151336a9.jpg
↑遠くに燕岳が見えていますが、先を急がないと・・・

ここから、たった500mなんですけど・・・

IMGP6730.jpg
↑結構な坂なんです・・・ う~

500m 50分かかりました。空気が薄い~ 足が上がらん~

てことで、まだまだ続きます~












スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
こんばんはー
こんばんはー

鎖場は本格的ですねー
ガスの出て来る様が、すごいですね
峰を隔てて、あっという間に、真っ白になりそうですね。
真っ白になる前に付けば良いですが。。。
さて、どうなるのやら。
続きが楽しみです。
2015/09/10(木) 01:04:42 | URL | ibuki #qbIq4rIg[ 編集]

ワル猫さん こんにちは♪

小鳥もいますね~^^
こうしてみると 本当に尾根を歩いていくんですね~
いや~~ これはなかなか怖いですよ。
高所恐怖症には絶対に無理 (+o+)
よく上りましたね~ (゚Д゚;)
空気も薄くて はぁはぁですね。

>台風から大雨被害、 本州は大変ですね。
早く穏やかなお天気に回復しますように。
2015/09/10(木) 14:14:01 | URL | mana #xdCs4oSQ[ 編集]
イワヒバリは、すばしっこそうな鳥に見えますが
よく撮れましたね。
あはは 鳥あえず野鳥をやっちょいましたか!

かなりの高度感のある鎖場のようで
画像からも高さが伝わってきます。
あああ! 急がないとガスが・・・
ガスが出来ている写真は、危険がせまってる感じがして
恐いですね~
2015/09/10(木) 20:31:35 | URL | トマオ #B2CsETZw[ 編集]
快適な稜線歩き
こんな稜線ばかりだと楽チンなんですけどね(^^)v
あずみ野のある東側だけに温められたガスが上がってきて
面白い景色ですよね

この鎖場を最初に見たときは、尻込みしましたがそのうち慣れました

イワヒバリは初めて見ました、人を怖がりませんね
 
さてこれからが.......


2015/09/10(木) 23:11:17 | URL | オリーブ #-[ 編集]
ibukiさんへ
ガスは急に出てきましたよ。
迫力ありました~ でも、夜だったりすると
山岳事故につながるんですよね・・・

続きは楽しみにできますよ~ (^_^.)

2015/09/12(土) 21:48:05 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
manaさんへ
尾根を歩いている分には、怖いことないですよ。
岩場とかはちょっと用心ですね。
雨にぬれてたりするとやばいかも。

空気薄いです。マジですよ。少し動いただけで
はあはあです。

2015/09/12(土) 21:50:08 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
トマオさんへ
鎖場は大したことはないですが、もちろん落ちたら大変です。
しかし、ガスは迫力ありました。穂高のホテルのポスターと同じような感じでした。

滑りやすい場所ではなかったのでよかったですが、
雨の中を歩くのはつらいですので、少し気合いれましたが、一向にペースが上がりません。
やっぱり高山なんだなと思いましたよ。

2015/09/12(土) 21:53:18 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
オリーブさんへ
鎖場、佐賀の黒髪山と同じぐらいのレベルかな。
この鎖場は大丈夫でしたが、まだまだすごい鎖場もあるようなんですよね。
表銀座にはないのでよかったです。

ガスが上がってくる様子はすごかったですね~
あれを見ただけでも価値あったかな・・・
しかし、息が上がりました。

イワヒバリ、普通はあそこまで近くには来ませんよね~
山の生き物は人間怖がらないのかな。


2015/09/12(土) 21:56:13 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
常念岳
ワル猫さん、こんばんは。

標高が上がるにつれて、息は上がるし足は動かなくなってきますよね。
ワル猫さんのこの状態がよくわかります。
先日の山行でメンバーの人が表銀座から常念岳に登ったと言っておられました。
ワル猫さんはどうなのでしょう?
次回も楽しみにしています。
2015/09/12(土) 23:47:29 | URL | リーフ #-[ 編集]
リーフさんへ
はい、常念岳のところがどうなったのか、
そこらはもっと引っ張らせていただきます~(^_^.)

確かに息が上がって、山小屋でダウンしようとしていたら、もう少し起きていた方がいいとアドバイスがありました。
高山病になりかけていたかもしれません・・・

日頃運動していたはずですが、やはり平地とヤマでは全然違いますね。

2015/09/13(日) 00:55:09 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する