野菜作りや温泉などの日常の出来事を綴ったつれづれなるままの日記です。ズボラで手抜きの勝手に菜園ですが、よろしくお付き合いください。
 久住分かれと久住山
2015年10月29日 (木) | 編集 |
8:14に出発しました~ 何度も説明しておかないとオイドンが忘れます(*^_^*)

DSCF8863_20151025151426e54.jpg
↑広場が見えてきた~ ここが有名?な久住分かれ 10:25

久住に行くのか、星生山に行くのか、はたまた中岳に行くのかの分かれ道かな

DSCF8865_201510251514280e8.jpg
↑避難所とバイオトイレ(冬季は使用禁止)があり、修学旅行なんかの時の集合場所

正面は中岳(九州本土最高峰)の手前にある天狗が城かな
ここに登れば火山湖の御池が見えるんですけどね。


DSCF8868_20151025151429070.jpg
↑避難小屋は普段は使わないですが、冬や大雨の時は皆さん利用されるようです。

ま、そんな時期は登山する方は少ないでしょうが・・・

DSCF8871_20151025151430ed6.jpg
↑標識が新しくなっている~ 奥に見えるのは三俣山

ここの紅葉もみごとだそうです。

DSCF8872_201510251514328c7.jpg
↑硫黄山、以前は実際に硫黄の採掘が行われていました。

そこまでの道路も整備されていました。

DSCF8873.jpg
↑三俣山の紅葉は、窪みのところにある大鍋小鍋という場所らしいです。


DSCF8874_20151025151447999.jpg
DSCF8876_2015102515144868f.jpg
↑リュックをおろして休憩、ぱいくろを食します~

大きいかと思っていたら・・・

DSCF8877_201510251514500a9.jpg
↑こんな感じでした。

なんか食べたことあるような感じだな~と思っていたら
東鳩の商品、そっか、キャラメルコーンに似た味なんだ~

DSCF8879_20151025151451de3.jpg
↑了解しました~ 登ります~


DSCF8880_20151025152907429.jpg
↑すごい急こう配、に見えますが、そこまで大したことはありません。

のんびり登るつもりでいれば大丈夫です。ペースを上げ過ぎると大変かな

DSCF8882_201510251526211dd.jpg
↑実際はこんな感じです。 後ろは硫黄山


DSCF8886_20151025152624ba0.jpg
↑このあたりはリンドウがたくさんありました。咲いている~


DSCF8896_2015102515262492a.jpg
↑ここは久住山頂だったかな、自信なし~


DSCF8900_20151025152626f62.jpg
↑DVD作成用にワイドモードにしておくの忘れた~ (*^_^*)

まだ山頂ではないです。

DSCF8901.jpg
↑つぼみと開いたのと両方、リンドウですよ~ 何リンドウか知りません~(*^_^*)


DSCF8903_20151025152640d43.jpg
↑星生山と硫黄山


DSCF8904_20151025152642ecc.jpg
↑右は天狗が城、その左は三俣山


DSCF8907_201510251526431a0.jpg
↑延々と岩場、岩場、岩場~


DSCF8913_20151025152645723.jpg
↑とても気になった丸いケース、何が入っていますか? 聞けばよかったな~(*^_^*)

オイドンの想像では、抹茶を立てるセットとか・・・
以前屋久島の山頂で、麻雀している人がいたな~(*^_^*)

DSCF8914_20151025153833955.jpg
↑1786mの久住山の山頂です。 11:32

久住分かれから、約1時間 出発してからだと3時間15分。
てことは写真撮影せずに淡々と登るなら2時間半ってところかな。

まだまだ続きます~
























スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
ワル猫さん こんにちは♪

>何度も説明しておかないとオイドンが忘れます(*^_^*)
もう~ しょっぱなで笑いのつぼ くっくっく・・・

空に手が届きそう~(っていうのはオーバーだけど
なんて綺麗な空なんでしょう~^^
その青い空をバックに お菓子で休憩ですか(*^^)v

あ りんどうが開いてる~^^
前の日記のりんどうが開くとこんななんですね~
やっぱり 普通のりんどうともちょっと違いますね。
高山植物って面白いです。

>机でパソコンしていると、足が寒くてしびれてきます
そんなに寒いんですね~(゚д゚)!
こちらがそんな風になるのは1月~2月くらいです^^;
2015/10/30(金) 14:07:21 | URL | mana #xdCs4oSQ[ 編集]
ほんとだ! 標識やペンキの印が新しくなってる~
登山者にとって分かりやすい標識があるとありがたいです。
霧などで視界が悪い時は、ペンキの印は大助かりですからね。

丸いケースには何が入ってたのかな? 
楽器のケースで山頂で演奏するとか・・・
持って登るのも大変でしょうに 気になります。

屋久島の山頂で、麻雀???
その方達は、ずいぶんと暇じゃんですね~
2015/10/30(金) 19:41:52 | URL | トマオ #B2CsETZw[ 編集]
manaさんへ
引っ張ってばかりでスイマセン~(*^_^*)

こんな青空、最高の久住でした。
雨降ると最悪なんです~
下界が晴れでも、ここだけ大雨ってことはよくあること・・・

リンドウは群生していました。そういえば以前来た時もそうだったな~
花って、人間の思惑や気持ちと関係なく咲いているんですよね・・・
ただただ、生きるため・・・
険しい環境の山に咲く花達、それを不幸とも思わず、与えられた環境で咲く、花達、見ているだけで幸せですよ。

人間社会はいろいろだな~ (*^_^*)
だから、山に登りたくなるのかな

2015/10/30(金) 21:01:19 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
トマオさんへ
屋久島で麻雀、コメントへの返信だけど語ります~
30年前です。屋久島は
学生時代に久住登って、それから8年程山に登ってなくて、桃林窯さんに誘われて屋久島へ
早朝から、夕方、いや夜まで歩きっぱなしです。

でも、オイドンは疲れなかったな~ もちろん体力ある年代だったからかな。
マングローブの森から森林限界の山頂まで
途中には、巨大な杉、倒木、湿原がありました。
普通に登る山ではありますが、久住程度かな・・・
ただ、距離は長かったかもです。

屋久島となると時間も費用もかなりかかります。
それならアルプスってなりますよね。
ま、熊はいないから安心かな。
でも、帰りのトロッコルートは腰が引けて
ビビりました。

山頂までコタツみたいなのを担いで登った方々がおられまして、
その隣では、お茶をたてられていて・・・
異次元空間でした~(*^_^*)

多分、今回の丸いバッグもそんなシャレなんでしょうけどね。
山に登るのに手に荷物を持ってなんてありえないですもんね。

以前は久住の山頂でビール売ってました(*^_^*)

夏だったかな。すいません、以前は40年程昔です~ まだ、すがもり小屋があった時代。
あの小屋は結構厳しいかな~
アルプスの山小屋は結構快適です。GWやお盆は別として・・・

2015/10/30(金) 21:09:58 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
リンドウ
ワル猫さん、こんばんは。

紅葉の九重、美しいですね。
お天気の時に登られてよかったですね。

何年か前に久住山に登った時は春だったので、
足元にハルリンドウがわんさか咲いていて、それを見ながら
幸せな昼食をしたことを思いだしました。

天山にも咲いていたリンドウが咲いていますね。
お花が咲いていると、登りのきつさも忘れますよね。

紅葉の九重、次回も楽しみにしています。



2015/10/30(金) 22:20:17 | URL | リーフ #-[ 編集]
リーフさんへ
そうなんですよね~ お天気で紅葉、PMもないなんて最高の日でしたよ~

ハルリンドウもここらにたくさん咲くのかな~
その時期もいいですよね~

紅葉の久住は次回がメイン記事かな~(*^_^*)

2015/11/01(日) 21:25:23 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する