野菜作りや温泉などの日常の出来事を綴ったつれづれなるままの日記です。ズボラで手抜きの勝手に菜園ですが、よろしくお付き合いください。
 2016のほんげんぎょう
2016年01月10日 (日) | 編集 |
リアルタイム記事です。昨日と今日のお話。
この地方では、7日正月を迎える行事としてほんげんぎょうが行われています。

DSCF0227.jpg
↑メインの孟宗竹を切り出す作業を担当

これはすぐ終わったので、次は真竹切り出しの作業、
近くに里山や竹林がたくさん、というかそればかりの我が郷土 (^_^.)

DSCF0228.jpgDSCF0229.jpg
↑廃材をやぐらに組んで燃えやすい状態に

DSCF0233.jpg
↑ワラのロールをまわりに敷き詰めます。

DSCF0236_201601100730290b2.jpg
↑竹を立てかけるのですが、これも結構大変


DSCF0242.jpg
↑たおれないようロープでしっかりと結びます。

毎年同じ先輩が作業してくれます。

DSCF0246.jpg
↑だいぶ出来上がりました。


DSCF0253.jpg
↑最後に女竹を大量に置いていきます。


DSCF0258.jpg
↑出来上がりました~

ここで、ほんげんぎょうのご紹介、公民館からの案内チラシによれば・・・

「七日正月のお火焚き行事。
かつては各家・町区単位で行われ前夜から泊まれる小屋を作ったそうです。
この火で体を温めるとその年が無病息災であるといわれ、
また書初めの手習いを燃え盛る火にかざし、
高く燃え上がれば字が上手になり、青竹がポンポンと爆音を立てて威勢よくはじけると
鬼が逃げ出し、その年は豊作になるといわれています。」

DSCF0262.jpg
↑朝の六時前、まだ皆さん来られてません。

ボチボチです。

DSCF0263.jpg
↑お正月のしめ飾りをここで燃やします。

みなさんだいぶ集まってこられました。地区の会長さんなどの短い挨拶の後


DSCF0265.jpg
↑子供たちが松明で火を付けています。

昨日はこの松明作りも担当しました。竹を切ってタオルを結びつけるだけですが・・・

DSCF0268.jpg
↑今の時代、普段は直接火を扱うことはありませんよね・・・

みんな怖がっています。

DSCF0270.jpg
↑いっせいに点火するとパチバチと燃え上がって行きます。

DSCF0272.jpg
DSCF0273.jpg
↑風がなかったのでよかった~

消防団のみなさんが万が一に備えて待機されています。

DSCF0276.jpg
↑でも、火の粉が・・・


DSCF0277_201601100744058cb.jpg
↑ファイヤ~


DSCF0279.jpg
↑火は高く燃え上がります。


DSCF0281.jpg
DSCF0281.jpg
↑燃えて~ 燃えて~ 燃えて~ ♪


DSCF0285.jpg
↑竹の先を焼いて三角に形作って魔除けにして持ち帰られる皆さん


DSCF0292.jpg
↑まだまだ熱くて近づけません。


DSCF0295.jpg
↑恒例の無料ぜんざい会


DSCF0296.jpg
DSCF0297.jpg
↑ありがたくいただきます。

うまい~ 温まる~

DSCF0299_201601100752126db.jpg
↑お漬物も食べ放題~


DSCF0300_20160110075213029.jpg
DSCF0303_2016011007521525e.jpg
↑じゃんじゃん餅が焼かれています。

さあ、これで一年は無病息災だ~ (^_^.)
以上、たった今行ってきた、ほんげんぎょうの行事でした。



スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
ひゃあああ~(^@^) カッコいい!!
いつも思うのですが大規模でドキドキします。
竹の弾ける音…実は嫌いです(爆)
怖いんだもーん(オマエハ鬼か!)
子供たちが火をつけるの、大切ですね。
怖い…恐れる気持ちを体験することが安全につながると思います。
良い行事です!!

燃え上がるのは一気ですけど…準備するのは大変~
青竹、切るだけでも力がいるのに、それを運んで組むなんて…
生の竹は重たいですよ(ToT) 九州男児は違いますね(@m@)
お疲れ様でした。。。

おぜんざい、おいしそ~(^~^)/ 
お餅を焼くのも大忙し? こっちの手伝いはできそうだにゃ~
それより先に列に並びたいわぁ~(コラコラ)
2016/01/10(日) 09:58:41 | URL | gerogero #8klwOKB6[ 編集]
こんにちはー
ワル猫さぁん、こんにちは~
これはすごい一大イベントですねー
神社で行われるお焚き上げのような感じかなぁ?
でも規模迫力が違い過ぎます
良いですね!!
ぜんざい、お餅、お漬物が無料なんですかぁ
素晴らしいサービス♪
(〃゚∇゚〃)ウレシイ
準備する側は大変でしょうね


2016/01/10(日) 13:28:44 | URL | あっつぁん #W3fW6d3U[ 編集]

ワル猫さん こんにちは♪

今年もやって来ましたね~
こちらでこの光景を拝見するようになって
何年目だろう?(*^-^*)
ほんと 迫力ありますね。

ぜんさいの美味しそうなこと(*^-^*)
何人くらい集まられるんでしょうか?

>最近はフライパンも安いので
使い古したら思い切って捨ててます( *´艸`)
まだまだ断捨離しないといけないんですけど

2016/01/10(日) 14:57:18 | URL | mana #xdCs4oSQ[ 編集]
迫力ありますね~
ものすごく燃えていますね。
準備は大変だったでしょう

私も今朝、地元のほうけんぎょうに行きました。

お互いに今年も健康でありますように。

2016/01/10(日) 19:04:10 | URL | RSくん #wUpZTPhQ[ 編集]
ほんげんぎょう
ワル猫さん、こんばんは。

ワル猫さんのところでは、毎年ほんげんぎょうをされているんですね。
前日の準備から、朝の早い時間の本番までお疲れ様でした。
地域の行事が守り継がれるというのは、いいことだと思います。
寒い朝のホットなぜんざい~美味しかったことでしょう!
2016/01/10(日) 21:31:26 | URL | リーフ #-[ 編集]
gerogeroさんへ
ワンコもあの爆音、嫌がりますよね。
小屋の奥にじっとしています。まさか同じレベルですか(^_^.)

はい、妄想だけじゃなくて、孟宗竹はとても重たいです。
そこらあたりはどこでもあるのでしょうが、
佐賀はほとんど平野なので、孟宗竹はどこでもある訳じゃないです。
なので、この風習も最近はあまり見かけられなくなってきましたが、また復活された地域もあるとききました。

熊本県北部あたりでは、今日多くの地区で、少し小ぶりながらお火焚きされていたようです。

ばんざ~い、ぜんざ~い、今年はちゃんとありつきました~ (^_^.)





2016/01/11(月) 17:29:10 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
あっつぁんさんへ
神社なら相当境内が広くないと無理でしょうね~
安全な河川敷等でされている地区もあるようです。
許可は必要でしょうけどね。

はい、準備は大変だと思いますが、まあ田舎なので続いていると思いますよ。

2016/01/11(月) 17:30:54 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
manaさんへ
去年はちょっとアップをさぼりました(^_^.)
来年は動画にしようかな~ もうから、来年のこと考えています(^_^.)

多分ですが、500人ぐらいは来られていたように思います。誰もカウントしていませんが・・・(^_^.)


2016/01/11(月) 17:32:44 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
RSくんさんへ
RSさんところでは、ほうげんぎょうでしたね。
微妙に呼び名が違うのが、古くからの行事っていう感じしますね。

ありゃ、RSさんのまともなコメントですか~
珍しい~(^_^.)

2016/01/11(月) 17:34:07 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
リーフさんへ
はい、とても小さな村ですから、ある意味行事を大事にされているんだと思います。
長老方がおられなくなったら、われらがそれを引き継いでいかないといけないのですが、なかなか難しいですね~

2016/01/11(月) 17:35:19 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
こちらでも15日に近くの神社でどんと焼きがありますが
ちょっと大きめのたき火くらいかな~
佐賀のほんげんぎょうは、ワル猫さんの写真でしか観たことありませんが
大迫力ですごいです。

無料ぜんざい会には感無量ですね~
2016/01/13(水) 19:54:09 | URL | トマオ #B2CsETZw[ 編集]
トマオさんへ
熊本県の北部でも結構さかんに行われているようです。
都会では難しいかもですね。
燃やした灰がすごいんですよ~

来年は動画にしようかな~ 迫力ありますよ~

2016/01/15(金) 23:34:02 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する