野菜作りや温泉などの日常の出来事を綴ったつれづれなるままの日記です。ズボラで手抜きの勝手に菜園ですが、よろしくお付き合いください。
 GWは有田陶器市(その1)
2017年04月30日 (日) | 編集 |
もう30年以上、毎年行っている有田陶器市のご紹介です。
とりあえずは、有田というか、武雄市と長崎県の波佐見になりますが・・・

P4293132.jpg
↑武雄市山内町にある友人の桃林窯

陶器めぐりのスタートはここです。春の窯びらき

P4293133.jpg
↑陶器市の混雑とは一切無縁の、お隣山内町。

黒髪山のふもと、少年自然の家の手前にあります。
ここには若手陶芸作家の方が十数件集まって陶芸村のようになってます。

詳しい情報でなくてすいませんが、途中ですごくでかい採石場跡地みたいなところがあり
そこに、近代的な図書館、カフェ、美術館??? のような窯があります。
あまりにも敷居が高く、一度も入ったことないですが、
桃林窯さんに聞いたら、世界的に有名になった陶芸家の方がおられるとか・・・

まったく存じあげませんでしたが、コーヒーカップだけで十数万円とか
バブルの頃は、有名芸能人の方がビックリするようなお値段で大皿を買われたとか・・・

その大皿のベースは、頼まれたので自分が作ったけど、
それに一年間かけて絵を描いたのが彼だと、話してくれました。

そもそも名前もよく知りませんが、行く機会があったらご紹介しますね。

P4293134.jpg
↑木漏れ日の坂道を上るとギャラリーがあります。


P4293135.jpg
↑坂の途中に掘り出し物が・・・ もう売り切れたかな~(*^_^*)

今回お店は撮影していません。同窓会の話とかに夢中になってました。
当日は写真撮影だけで、ほとんど誰とも話できませんでしたからね・・・ (*^_^*)


ちなみにですが、陶器市は高速道路を使わずに(使っても多久か武雄まで)
山内町方面の裏道から行くのがベスト。
これだと陶器市で渋滞するバイパスを通らずに旧道の有田の一番手前に行けます。
広い駐車場もあるのでバッチリです。深川製磁本社へも近いですし
いくつか美術館もあります。

柿右衛門さんとか源右衛門さん、九州陶磁文化館に行かれたい方は
渋滞覚悟でバイパスに出るか、そもそも有田ではなく、伊万里に行って
裏から行くルートもあります。早朝以外ならそちらのルートがいいかな。

説明が中途半端ですいません。以前の記事に地図とルート紹介したのがあるはず。
ネットにもいろいろと出ているかな?

で、渋滞覚悟でバイパスに出て、有田ではない、反対側長崎県の波佐見に

P4293154_201704300715267c2.jpg
↑コンパクトな会場なので、全部回っても大したことはありません。

有田陶器市だとメインだけで2.5キロ程、往復することになるので計5キロ
路地とかも合わせれば、8キロぐらいにはなりますが、
こちらは500mの範囲に全部集まってます。

有田陶器市といいますが、そもそも有田や波佐見は、土の陶器ではなく、石の磁器。
陶器もあるので、陶磁器祭りが本当なんでしょうけどね~

ここ波佐見の磁器も、有田では有田焼みたいな雰囲気で売られています。
最近は波佐見がかなりおしゃれな雰囲気になってます。
有田は昔からの伝統って感じかな、伊万里の大川内山はまた違う雰囲気。

P4293155.jpg
P4293159.jpg
リーズナブルな器が、コンテナに山積み。


P4293160.jpg
P4293161.jpg
ここのコーナーは波佐見の産業会館?だったか、常設展示販売場の前

正真正銘の波佐見焼だけを置いています。外のテントには美濃焼とかもあるので、
分からない方は、会館の前が確実です。お値段は一緒ですが値切ることはできません。
たぶんですが・・・

P4293162.jpg
P4293163.jpg
↑インディゴブルー系の器、最近波佐見でよく見かけます。

有田焼の昔からの定番にもブルーはありますが、かなり雰囲気は違いますね。
深川製磁の深川ブルーは別物。あれはいいですけど、お値段が・・・

P4293164.jpg
P4293166.jpg
↑お皿に盛りつけたときのイメージ写真と合わせて展示しているのがあれば、波佐見焼

これはモダンブルーとありますね。

P4293167.jpg
P4293168.jpg
↑パステルカラーの器もありました。


P4293169.jpg
P4293170.jpg
↑なんだかわからんけど、ニャンコもいました~


P4293171.jpg
P4293172.jpg
↑カラフルな作品も


P4293173.jpg
↑クラゲだそうです・・・


P4293174.jpg
P4293175.jpg
↑アニマルシリーズ



P4293183.jpg
↑写真の左隅が切れていますが、これ、テントです(*^_^*)

説明しなきゃいけない写真って最悪ですね、アハハ 
この焼き物公園の中にあります。公園は行ってません。

で、ここへの行き方ですが、嬉野インターからが一番近いですが、最悪の渋滞になります。
伊万里方面に行ってから、有田に戻り、中心部の手前で裏道行くのが一番。
佐世保方面から行くなら大丈夫ですが、そもそも佐世保に行くのが渋滞です。

山内町から、そのまま南下して山越えするルートは混まないけど、道が大変です。
ま、行かれる方は事前にリサーチした方が無難です。
駐車場もめちゃ混みますが、公営駐車場が満杯なら個人宅の駐車場がねらい目かな。

陶器市はシリーズになりますが、次はとりあえず畑記事です。


スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
ワル猫さん こんにちは♪

もう30年以上
そんなにですか~~
素敵ですよね。
いつも拝見させていただいていますが
いつか行ってみたいのです。

あ~でもその陶器市
買い過ぎてしまいそうです^^;
お写真を見ただけでもあれほしい これほしい状態です。


>GWもイベントが目白押しなんですね^^
お天気に恵まれると良いですね~
2017/04/30(日) 17:52:30 | URL | mana #xdCs4oSQ[ 編集]
こんばんはー
こんばんはー
GWといえば有田陶器市ですね。
いろいろな陶器、磁気が安く手に入れられてイイですよね。
人出も多いので、自分はパスしてますが、
何時も両親が言ってます。
臨時のバスかなんかで行ってるようなことを聞きましたが。
 
有田陶磁の里プラザに今年は行きましたが
あそこ見て回るだけでも、すっごい時間かかりました
でも、楽しかったですけどね。好みのも手に入ったし^^!
2017/05/01(月) 20:03:35 | URL | ibuki #qbIq4rIg[ 編集]
こんばんは~
ワル猫さぁん、こんばんは~
陶器市、楽しそう
こういうの大好きなんですよね~
アニマルシリーズ可愛い♪
クラゲも良いですね!!
生き物が好きなので、やはりその手のデザインに目が行っちゃいます
(ノ´∀`*)

2017/05/02(火) 21:41:58 | URL | あっつぁん #W3fW6d3U[ 編集]
manaさんへ
確かに昭和40年代は、なんでもいいので安く大量に買う時代でした。
今は、気に入ったものを少しだけ、高くてもいいから買う時代。
それでも、安い方がありがたいですね。

きっとmanaさん、買いすぎますよ。
オイドンも30年行っているから相当買ってます。

2017/05/02(火) 22:08:10 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
ibukiさんへ
確かに中はそれなりに人多いですが、渋滞避けることもできるし、何より早朝だと大丈夫です。

臨時バス、う~んそんなのは使わなくてもいいんですけどね~ とにかく早起きです。

陶器の里プラザ、逆にどこだか分かりません~(*^_^*) そこはオイドンが行かない場所なんでしょうね。



2017/05/02(火) 22:10:24 | URL | ワル猫です #-[ 編集]
あっつぁんさんへ
動物ものはいくらでもありますよ。
お子さん向けから、しっとりした大人向けもあります。

買いだすと止まらないでしょうね。
オイドンは毎年だから、一度に二枚か三枚買う程度です。

2017/05/02(火) 22:11:37 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する