野菜作りや温泉などの日常の出来事を綴ったつれづれなるままの日記です。ズボラで手抜きの勝手に菜園ですが、よろしくお付き合いください。
 またも有田陶器市です・・・
2008年05月15日 (木) | 編集 |
もうGWは過去の話題ですが、所用もあったので、また有田陶器市にきました。
今度は、有田駅から一キロ程はなれた黒牟田窯元巡りです。
混乱しやすいのですが、武雄市に黒牟田焼ってのがあり、ここも歴史のある窯元みたいです。
世界一の登り窯があるのはこの武雄市の方です。

でも、有田町の黒牟田地区の窯元もかなりいけてます・・・

CIMG6411.jpg
↑中心部から離れているので、混みませんし、駐車料金が無料です・・・

全部で二十件程あったと思いますが、全部はまわれないので・・・

CIMG6412.jpg
↑しん窯は、青花というブランドで、昔ながらの青(紺色)でシンプルです

派手さはありませんが、全部同じイメージで統一されています。すんません、シンプルすぎて写真撮影していません。


CIMG6410.jpg
↑個人でされている小さな窯みたいです・・・

黒牟田の青いイメージとは少し違って土物でした・・・

CIMG6409.jpg
↑ほんとにこじんまり・・・特に有名な窯元ではないと思いますが・・・

それぞれ気に入った窯元を探すってのもいいのでは・・・・駅前だと沢山ありますが・・・
やっぱ窯元ですよ・・・陶器市の時は気軽に(買わなくても)入れますもん・・・

CIMG6418.jpg
↑ここ黒牟田でもっとも有名なのは・・・ご存知源右衛門窯です・・・

駐車場もいつも満車です・・・
別の共同駐車場においてのんびり歩いて散策しました・・・

CIMG6416.jpg
↑先ほどのしん窯よりは華やかなイメージです

お値段は・・・急須が9000円、花瓶が25000円とかついています。
アウトレットのお値段ですよ、これでも・・・

CIMG6415.jpg
↑湯飲みはぐっとお安くなり、2500円から6000円ぐらいまで・・・

で、アウトレットじゃない本物を見てみましょう・・・

CIMG6421.jpg
↑もうお値段はどうでもいいのですが・・・見事な壷です・・・

いったい何に使うのでしょう・・・料理は盛れないし・・・湯飲みにはでかすぎるし・・・
ちなみに260万円以上だそうです。
中に古伊万里の展示館もありますが、売り物ではありません。値段つけられないでしょう・・・

CIMG6425.jpg
↑みごとなしゃくなげの庭があります。もう少し時期遅れだったかな~ よって写真なし

ここも少し変わったやつありました。それなりのお値段ついてます・・・

CIMG6426.jpg
↑実際手にとって見ないと分かりません・・・とって見てもわかりませんけど・・・

駐車料金無料でのんびり見て回ることが出来ましたよ・・・
高台にある有田焼の卸団地から降りたところですが、私的にはこの卸団地はお奨めしません。いろんな商店があるのですが、有田に来たならやっぱり窯元か、にぎわう有田駅、もしくは深川製磁あたりを味わうのが定番かと・・・
時間がなくて、有田の焼き物をひととおりずらりと見たいのなら卸団地でもいいのでしょうが・・・やっぱりそれぞれの窯元かにぎわう街中まで行かれた方が、掘り出し物ありますよ~

以上来年のための陶器市講座でした・・・帰りにここから伊万里方面に行けば・・・
秘窯の里、大川内山。ここはいいですよ~行かないと損します。
でももう10年ぐらい行ってません、大損だ~(笑)

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
陶器市講座有り難うございました!
来年こそは、・・・・(^^;)

260万円以上ってのも凄いですね!
私なら住宅ローンを繰り上げ返済しますよ。
って妙に現実的に考えちゃいました(笑)

2008/05/15(木) 01:04:02 | URL | ポム・ド・テール #u.2ZbkdY[ 編集]
して
ゆっくりまわってありますが、所用はよかったのでしょうか?
ラブちゃんはお元気でしたか
綺麗な焼き物ですが、私にはなにを入れて飲んだらいいか
思いつきません。
2008/05/15(木) 06:22:56 | URL | RSくん #wUpZTPhQ[ 編集]
20件ですか??
これはさすが全部回るのは辛そうですね!!
やっぱどれも値段が普通のよりお高めですね。。。
うちがいつもお茶の時間の使ってる急須はいくらだろ~!!笑

260万円!!これで車一台買えちゃいますね!!


2008/05/15(木) 06:46:09 | URL | 韋駄天56号 #-[ 編集]
ポム・ド・テールさんへ
まだ一度も行かれてないんですか・・・なるほど・・・
朝早く行かれることをお奨めしますよ~朝の五時に熊本を出発しないと厳しいです。一般道路を使って鹿島経由で裏道ならのんびりいけます。
でも、駐車場が大変ですよ~ 少し早めだと割りといいかな~

いずれにしろ早寝早起きですよ~
2008/05/15(木) 07:50:23 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
RSくんさんへ
所用の件も少しだけアップ予定です。ラブ・・・残念ながら会えなくて~その代わり・・・おっと~それは記事で(笑)

もちろん、お湯飲みならお湯割りですよね~、お湯のお湯割りですか・・・低コストです。
あっ、仕事いかんばやった~では~
2008/05/15(木) 07:53:40 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
韋駄天56号さんへ
車の方がはるかに使い勝手ありますが、車と違って税金や保険は必要なく、ほぼ永久に家宝として保存できます・・・しかし車買うひとはいても壷を気軽に買う人はいないでしょうね~ 

お値段、かなり高いです・・・中には掘り出し物、試作品とかサンプル品とかありますが・・・有田駅前やらは激安品が並んでいますよ~
2008/05/15(木) 07:56:22 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
お気に入り復旧~
原因わかりませんが、今復旧したみたいです。
では仕事いってきま~す。
2008/05/15(木) 07:57:42 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
窯元めぐり

やっぱりワル猫さんがおっしゃるように、お気に入りの窯元を巡るのがいちばんじゃないでしょうかーーー
あまりにも沢山あるので一日、二日ではムリでしょうけれどーーー
気にいっている焼ものの高台裏に刻印されている陶刻を目印にーーーその窯を探し当てるというあんばいかなぁーーー
源右衛門さんの蓋付の菓子器かなぁーーーいいですね!!
でも、そんなに古いものではないようなーーー
またまた、そちらへ飛びたくなってしまいますーーー
2008/05/15(木) 10:57:15 | URL | マルコ #-[ 編集]
黒山窯さんの土物器、素敵な器たちです~。(私好み)
やはり有田焼は、 お高いですね~。
2・260万?@@ ぎょえ~ 

いろいろな器屋さんを巡って、羨ましいです・・・。
沖縄には、独特の焼き物や窯もいっぱいありますが、
どこも、観光客相手・・・・・。
普段使いの器屋さんが、ここには あまりないですね~。
陶器市とか、行ってみたいです。

↓の 新聞紙マルチ! ほっほ~イイですね~。雑草が生えにくくなるんですね?
お手軽だし、良いことを知りました^^。
(私は、やりませんが 叔母に教えてあげよう~っと・・・)
沖縄では、さつまいもの葉(カンダバー と言います)もよく食べますよ。 応援♪
2008/05/15(木) 11:42:50 | URL | mana #cFDUgT.c[ 編集]
有田焼
焼き物は好きで趣味で集めています
実家の伊万里の大皿をこの前くすねてきました(笑
知人が信楽焼の窯元でこれまた土の肌触りが
ステキです。
私の収集は絵柄で選んでいます
壺260まんですかー
バイク買います(笑
2008/05/15(木) 13:13:07 | URL | hinahina #xgNwnFx6[ 編集]
有田には、黒牟田地区というところもあるんですね。
落ち着いた雰囲気で、ゆっくり見て回れそうです。
源右衛門さんの、ぐっとお安い(?)お湯のみが
重ねて並べられてるのがスゴイ~(@_@)
もっとうやうやしく、一品ずつ並んでそうなお湯のみですよね。
窯元ならではの光景なのでしょうね。
目の保養に、古伊万里も見てみたいです~
大川内山には、こないだの佐賀訪問の時から
ゆっくり行ってみたいと思ってます~♪
雰囲気の良い所で、ゆっくり歩いて見て回りたいです。
一度も行った事ないから、モノスゴイ大損してますね(^O^)
2008/05/15(木) 16:16:22 | URL | トマコ #LkZag.iM[ 編集]
マルコさんへ
マルコさんは焼き物の専門家でしたね・・・
いろいろとあると思いますが、おっしゃるとおり要は自分がピンと来たやつってことでしょうね。
そのためにはいろんな焼き物を沢山見る必要があると思います。私も買わずに見るだけはかなりのものですよ~(笑)

源右衛門さんのやつは古いものではないですよ、所蔵されている古伊万里は別の棟にありました。縁がないので撮影もなしです・・・
世の中にはこんなの買える人もいるんだな~
家宝にするにはいいかもですけど・・・税金も保険もいらないし・・・ガソリンも不要・・・ほぼ永遠といえるぐらい長い間持つでしょうね・・・





2008/05/15(木) 19:37:56 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
manaさんへ
そうですね、沖縄には琉球ガラスってのが有名だったような気がしています。
普段使いの食器を気軽に買えるのが有田陶器市ですが、有田以外の焼き物も出回っているようです。見ても私には分かりませんが・・・窯元で買えば確実に有田焼ですよ。

新聞紙マルチ、なんといってもタダってのはいいですよね~
2008/05/15(木) 19:49:11 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
hinahinaさんへ
伊万里焼の大皿・・・どんなに安くても30万円はするでしょう・・・高いのは・・・値段つけられないぐらいのもあるかな~ 陶器市には出てきませんよ。

260万のバイク・・・ホンダのゴールドウイングが1800CCでありますけど・・・でかすぎますね。ハーレーだと260万でも足りません・・・いろいろとドレスアップやら改造費用がかさむのです・・・
私は安い国産なので二台買えますよ~ 今はトラクターにしか乗ってないけど(笑)
2008/05/15(木) 19:52:06 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
トマコさんへ
こればっかりは、行ってみて手にとらないとね~
大川内山は陶器市とかの時じゃなくてもいい雰囲気しています。窯元を決めているなら陶器市じゃなくてもいいかもしれませんが、人ごみの中安いものを探していくのもまた楽しみみたいです。期間中百万人突破するんですよ・・・

源右衛門さんとこのは、実家にもあると思いますが、ほとんど見たことありません。大事に奥になおしているようです。使わないと意味無いのに・・・
割れてもいいから使いましょう・・・そしてまた買いに行きましょう(笑)
2008/05/15(木) 19:55:47 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
里山窯・・・桜の花びらみたいな模様ですね。
市内に同じような模様の陶器?磁器?を焼いておられる窯元さんがおられます。
どこからこられたのか・・・???
まだ、買ったことはありませんが、きれいで好きです。
明日はお休み~~~
丹波のお酒飲んで(ねたでした^^;)おやすみ~~~
2008/05/15(木) 22:38:09 | URL | ぴよぴよ #9JVWN9jg[ 編集]
一度、バス旅行で有田焼の里に行ったことがありますが、懐かしい光景です。ワル猫さんのお宅からは近いんですか?

有田焼って、艶がありいいですね。
2008/05/15(木) 22:58:59 | URL | 楓山 #S0NL222Y[ 編集]
ほ~っとため息が出ました。
見事な作品ばかりですね~(@0@)
250万円の壷、究極ですね!見ているだけで満腹感が(^^)
最近、美しいものを見ていないような気がします。
なんでも鑑定団という番組でよく古伊万里の大皿とかが出品されていますが、
これはやはり本場に行って本物を見るべきでしょうね!
大きなものは買えないけれど、私もいつか気に入ったものを見つけてみたいです(^^)
2008/05/15(木) 23:50:50 | URL | gerogero #9rbG.mt.[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/05/16(金) 00:57:43 | | #[ 編集]
ぴよぴよさんへ
細かいところまで見ておられますね~
そうみたいですね。作られる方がお好きなんでしょう。
磁器はあまり各地にはないはずなので、陶器でしょう・・・
お休みですか、それはよかったですね~、体を休めてください。
2008/05/16(金) 20:44:32 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
楓山さんへ
一度こられたことあるんですね~ 窯元ってのは独特の風景ですよね・・・陶器市じゃないときの方がじっくりは味わえますけどね~
なんといっても焼き物では日本一のイベントですから・・・

一度源右衛門窯に寄られたらどうでしょう・・・古伊万里とか・・・見るだけで十分かもですが・・・
2008/05/16(金) 20:47:41 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
gerogeroさんへ
壷で満腹ですか~ ♪壷の中から~ハハハ~ンハ飛んでくる~♪
ハンバーグが大好きな魔王でしたね。
古伊万里なんて見てもどこがいいのかさっぱり分かりません。区別もつかないし・・・

大きいものや高いものではなく、いろいろ回って自分好みの窯が見つけられたらいいと思いますよ~
有田でなくても、陶器は日本各地にいろいろと有名なところがありますからね~
まさか、260万はしないでしょ・・・
2008/05/16(金) 20:51:20 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック