野菜作りや温泉などの日常の出来事を綴ったつれづれなるままの日記です。ズボラで手抜きの勝手に菜園ですが、よろしくお付き合いください。
 有田はトンバイ塀の街・・・
2008年12月23日 (火) | 編集 |
先日、有田町まで足を延ばしました・・・ 陶器市の時は賑わう有田も
普段は静かな街です・・・

IMGP3633.jpg
↑有田陶磁美術館・・・ いや有料だったので・・・ ケチ猫です(笑)

古伊万里なんかをおいてある窯元のギャラリーもあります。そっちは無料なんだけどな~
九州陶磁文化館はすごく大きな規模の施設、こちらは行ったことありますが・・・

今回の目的は・・・

IMGP3635.jpg
↑有田の路地裏です・・・ ニャンコはいるかな~

いやネコを探しにきた訳じゃなかですよ~ 


IMGP3634.jpg
↑この煉瓦造りの塀、これがトンバイ塀です・・・

IMGP3636.jpg
↑有田駅の通りを一歩裏に入ると・・・トンバイ塀が並んでいます・・・

これは、登り窯を作ると時に使った古い煉瓦を使って作るもので、塀を高くして
焼き物作りの秘密が外に漏れないようにするためだったとか・・・

IMGP3638.jpg
↑日本全国に土の陶器を作るところは沢山ありますが、石の磁器はとても珍しいものだったとか

今では焼き物の窯も昔ながらの煉瓦を使っているところは少ないので、
もう本物のトンバイ塀が新しく作られることはないのでしょうね~

IMGP3637.jpg
↑ここは本当に塀が高かったな~ 陶器市の時は裏通りにも出店されているようです・・・

もちろん有田には他にも沢山の見所がありますが、今回はこのトンバイ塀がメインです・・・

IMGP3639.jpg
↑ニャンコが出てきそうな街並みですが、今回は出会えなかったな~


表通りに出ました・・・

IMGP3640.jpg
↑煉瓦造りの見事な建物・・・味わいがあるな~ そうです・・・

ここが深川製磁の本社・・・ 富士山のマークの日本を代表する磁器メーカーですよ~
宮内庁御用達です・・・ オイドンも持ってますって~(笑)

IMGP3641.jpg
↑富士山のステンドグラスですよ~ 間違いなく深川製磁です~

ここからすぐそばに・・・神社がありました・・・

IMGP3642.jpg
↑有田焼きの祖といえる李参平公をまつっている陶山神社です・・・

袴姿のお子さんがお参りにこられていました・・・
ここは陶器で作られた淡いブルーの鳥居を持つ神社
おそらく日本中探しても他にはないのでは・・・

写真ではちとわかりにくくてスミマセン・・・

IMGP3643.jpg
↑狛犬も陶器です・・・有田の街を守っています・・・

学生時代、夏休みになると一か月間泊まり込みで鉄工所のアルバイトに来ていました。
焼き物の窯の配管とかも・・・有田は懐かしい思い出の街です・・・ 
でもロマンスは無かったな~ 鉄くずとペンキにまみれた青春でした~(笑)

なぜ有田が日本で有数の磁器生産地でありえたか・・・その秘密は・・・

IMGP3645.jpg
↑この山です・・・泉山という場所にあるんですが・・・

この地の石が良質の磁器の原料となったことから、有田が磁器の街として栄えることになったんです。
その磁器の技法を伝えてくれたのが、陶山神社にまつられている李参平公です・・・

IMGP3644.jpg
↑今ではこの泉山磁石場も使われていません。天草から良質な磁石粉を取り寄せておられるとか・・・

一つの山を崩して焼き物にされてしまったんですよ~ すごいな~

さて、このシリーズ・・・あと数回続きますが、今年の勝手に菜園の総まとめとも言える
すごい取材を敢行していますよ~ ご期待あれ~

といつもの誇大広告でした・・・(笑)

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
見ごたえのある記事で感激しました。
有田には一度だけ、陶器を見に行った事があるけど
表の通りしかわからず、大きな販売店だけしか見ていません。
裏にはこんなステキな所が続いていたんですね~
トンバイ塀は先日の記事で知ったけど、有田が主なんですね。
趣があって、さすが焼き物の町という感じだけど、ヒミツを守るためだったんだ・・
焼き物にまつわるヒミツの場所が、佐賀にはいっぱいありますね!

深川製磁さんのお皿といえば、蝶々♪
レタス巻きをチンされるワル猫さんは、私もしっかり覚えてますよ~(笑)
建物が、こちらで見る古いレンガ造りの建物と似ていて・・・
時代が同じ頃なんでしょうね。
今でも本社として使われてるのがステキです。

磁石場や李参平公の神社のことも、全く知りませんでした(^^ゞ
こうやって見せて頂くと、改めて歴史深い焼き物なんだなぁと・・・
色々と勉強になりました!(^^)!

夏休みに泊まりこみで? 
鉄くずとペンキにまみれた青春の有田の町だったんですね。

これ以上スゴイ記事って事ですよねぇ?
ぉおおお~v-10 期待が高まります!


2008/12/23(火) 00:51:08 | URL | トマコ #LkZag.iM[ 編集]
トマコさんへ
深夜からコメントありがとうございます~ 夜更かして朝早く起きて・・・ まさかお昼寝されているんじゃないでしょうね~(笑)
寝不足にならないようにしてくださいね~

ありがとうございます。こりゃ誇大広告の明日の記事が出しにっか~ アハハ

ちょっとトンバイ塀で写真枚数かせぎました~ 時間がおしていたので他には行けず・・・

でも、磁器の鳥居ってのは珍しいですよ~
神社マニア(そんな方がおられるかどうか知りませんが~)なら是非一度は訪れたい場所でしょうね~

香蘭社もすぐそばにあるんですよ~ ここから山手に行ったところにある有田ダムも深緑の湖・・・
観光地ではないですがとても綺麗なところです・・・

他にもいろんな窯元や九州陶磁文化館等、焼き物好きな方なら見逃せないところばかりですが

さて明日はそれらとまた違った有田のシンボル?
そこらを紹介しますのでよろしく~ まあ肩すかしにはなりますけどね~(笑)

2008/12/23(火) 07:34:27 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
ワル猫さん!素敵な記事でした~e-420
なんだか、ANAの雑誌を見ているようでした。
有田は陶器市しか行ったことないから、
裏通りをのんびりゆっくり歩いてみたいです。
それも暑くない時期に・・・はははe-454

深川製磁大好きなんですよ。
少ししか持ってませんが、上品で洗練されてて・・・いいですね!
大事に使ってます!チンは致しませんe-264
こちらではデパートに少ししか置いてないので
じっくり いろんなお皿を眺めたいなぁ。

次の記事も楽しみにしてます!
2008/12/23(火) 10:26:22 | URL | なお #-[ 編集]
レトロ。
いや~いい街並みですね~!

トンバイ塀、なんか沖縄の石壁ににています。
いい雰囲気ですね。
ゆっくりお散歩いいな~。。。
2008/12/23(火) 11:08:32 | URL | ひろし #-[ 編集]
なおさんへ
そりゃほめすぎ~ 
♪ネコもおだてりゃ木に登る~♪

いや~ありがとうございます~
嬉しいですね~ 陶器市の時にのんびり散策されていいんじゃないですかね~ 普段はあまりに静か過ぎますよ~

深川製磁・・・ 今はシリーズ変わっているようですが、あの蝶々のお皿シリーズは良かったな~
たぶんもう探してもないと思いますが・・・

香蘭社もそばにありますので、そちらも是非一度・・・ 

陶器市は渋滞が大変ですが、一番近いインターの波佐見ではなく、ひとつ手前の武雄でおりて国道ではなく、伊万里市に抜ける県道の裏道から山内町(桃林窯の入り口)の前通っていけば全く渋滞しないはずです・・・帰りもそのルートがいいですよ~

もし武雄も混むようならその手前の多久インターでもOKです!

オイドンは毎年必ず行っていますよ~ まず桃林窯に行きますけどね・・・

では来年の陶器市でお会いしましょう~(笑)


2008/12/23(火) 12:51:10 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
ひろしさんへ
はいのんびり散策といいたいところですが、
次の予定が押しているので・・・ 駆け足での写真撮影になりました~

もう11月下旬ならば有田の大イチョウってのがそばにあったのですが、私が行ったときは全部葉っぱが落ちていました・・・ 残念です

2008/12/23(火) 12:53:15 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/12/23(火) 15:44:11 | | #[ 編集]
鍵コメさんへ
了解了解~ よかですよ~ 気にせんでよか~

2008/12/23(火) 17:19:27 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する