野菜作りや温泉などの日常の出来事を綴ったつれづれなるままの日記です。ズボラで手抜きの勝手に菜園ですが、よろしくお付き合いください。
 烏帽子岳の花々・・・
2009年10月12日 (月) | 編集 |
烏帽子岳は最初は平坦ですが、近づくとそれなりに急な坂になります。
のんびりマイペースで登ったらいいんですよ~

P1080063.jpg
↑白い建物は阿蘇火山博物館です・・・

その向かい側は阿蘇五岳のひとつである杵島岳・・・

P1080103.jpg
↑オイドンは撮影しながらなんでいつも最後尾です・・・


P1080136.jpg
↑少しガスも出てきました。晴れてはいるけどあまり景色はよく見えません・・・



P1080129.jpg
↑草千里を上からみるとこうなっています・・・

何かに似ていませんかね~ 大阪万博の太陽の塔だと言われていますよ~

P1080131.jpg
↑ノリウツギ、九重町の飯田高原でもご紹介しましたよ~



P1080089.jpg
↑アキノキリンソウ



P1080102.jpg
↑サイヨウシャジンもありました~ ちょっと少なかったですけどね



P1080052.jpg
↑これが一番多かったかな~ アザミですが、いろんな種類があるそうです・・・

チクシアザミとかノアザミとかあるらしいですが、判別不能です・・・

P1080067.jpg
↑ワレモコウ


P1080081.jpg
↑野菊系ということだけは分るのですが・・・

オオシロヨメナかな~ 自信がありません・・・

P1080075.jpg
↑これは一般的な花なんでしょうか・・・ 阿蘇の花で検索しても出てきません・・・


P1080119.jpg
↑これも野菊系で、おそらくノコンギクではないかと思うのですが・・・

ほとんどそっくりな花にシロヨメナがあるそうです。
葉っぱで違いが確認できるそうなんで、今度行ったら調べておきます。


P1080086.jpg
↑ありました~ 去年も久住でみつけたリンドウ・・・



P1080108.jpg
↑ここが山頂ではありません・・・ 山頂への目印です・・・

あと少しだ頑張ろう~

P1080127.jpg
↑ミヤマキリシマは山一面の満開でなくても、これでも十分きれいです・・・

季節はずれでもしっかり咲いているのは何だか嬉しいです。
少数派でもいいもんね~

P1080105.jpg
↑リンドウが満開です・・・

くじゅう山よりこっちの方がリンドウが多いと思いますよ~

P1080163.jpg
↑烏帽子岳(えぼしだけ)、とり帽子とは呼びません(笑)・・・



P1080135.jpg
↑ちょっと霞んではいますが、阿蘇中岳の火口が見えます。

噴煙あがっていますね~ 時間があれば行きたかったのですが・・・




















スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
阿蘇って活火山だけどこんなに近くまで登れるんですね 知らなかった…リンドウは懐かしいな 昔小学校まで歩いて通ってましたが、山奥ですからかなり距離がありまして…帰りお腹が空いて野いちごやヤマブドウ、ススキの新芽、それとこのリンドウの花の中央の芯の部分を食べながら帰ったこと 覚えています 今思うとすごいものを口にしてたな (^^ゞ
2009/10/12(月) 16:53:50 | URL | mimi #-[ 編集]
mimiさんへ
わ~お~ ワイルド~ すごい幼少の頃をお過ごしだったんですね・・・

野いちご以外は考えられません~ リンドウ
そもそも道ばたにそんな花咲いていませんよ~
すごいところだったのかな~ 毎日が登山かも~

阿蘇は火口のすぐそばまで登山できます。火山活動が激しい時は入山禁止になることもありますが・・・
風向きとかで硫黄ガスが来るときは皆さん大あわてで降りられるとか・・・ 最近はそこまでひどくないと思いますが・・・
ただ、阿蘇の火口だと砂ばかりで花も咲いておらずいまひとつおもしろみに欠けます。スターウォーズの荒涼とした砂漠ですよ・・・

でも、いつかは行くと思います。結構ハードで初心者にはムリだとか・・・
2009/10/12(月) 21:16:58 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
あらま~、活火山なんですね(@-@)
人の記憶というのはあやふやなものです…
阿蘇は芝生が牧場のように広がっている印象でした。
もっとも、修学旅行で行ったときは霧?雲?で覆われていて数メートル先は見えないという有様で…

結構、登ってますね(^-^;)
花がどれも綺麗です~ v-9 
アザミってこんなに可憐なはなだったかな~(^^;)
りんどうの蕾、パラソルみたいで面白いです。
2009/10/12(月) 23:36:20 | URL | gerogero #8klwOKB6[ 編集]
ここが烏帽子岳なんですね(^^)v
トマオと見せてもらってますが、2枚目の写真~
ここは両側が崖なんですか? 道も見えませんけどe-451
きっと、行けば道だとわかるんでしょうね♪
ガスも出るんですね。 これくらいなら大丈夫ですか?

草千里に二つの池は、下からじゃわかりませんよねぇ?
こんな景色初めて観ましたよ!
へぇぇぇ~ こんなことだったんですねe-349
万博に行ったのが自慢のトマオが、太陽の塔だと喜んでます~♪
ノリウツギは多分、見たら思い出すと思います(^^)v
サイヨウシャジンやアキノキリンソウも、覚えておきたいです。
ワレモコウの写真も綺麗ですね~♪
アザミにも色々な種類があるんだ・・・
わからないお花を、登録してるサイトで調べたけどさっぱりでした~(+_+)
やっぱり野の花は難しいですね~
でも、名前はわからなくても、見つけたら嬉しいな♪

阿蘇の火口は一度だけ見たけど、もちろん煙は無かったです。
こんな風に見えると、火山なんだ~って実感しそうです。
2009/10/12(月) 23:56:57 | URL | トマコ #LkZag.iM[ 編集]
gerogeroさんへ
gerogeroさんがおっしゃることも当たっています。
阿蘇の火口の手前までは緑の芝生みたいな牧草地なんです・・・ しかし、火口の付近は火星みたいな(行ったことないけど)、荒涼とした感じです。
そこを歩いて登山する方もおられますが、それだと最初から遭難したみたいな雰囲気になりそうです・・・

リンドウのつぼみ、ほんとですよね~ ちょっと珍しいですよ~


2009/10/13(火) 07:59:12 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
トマコさんへ
両側は崖ですが、それほどでもなく樹木もあるのでちょっと足を踏み外しても大丈夫です。危なくはありませんよ~
ガスが出たとしてもルートははっきりしているし、雨模様になれば下山した方がいいですが、お天気の時のガスはすぐに晴れたりするので、そう気に病むこともないと思います。
冬は別ですが・・・

そうなんですよね~ 真ん中の鼻みたいなのがあるんで、片方しか見えないと思いますよ~ ちょうど中間地点からだと両方池らしきものがわかるのかな~ そこまで考えてなかったですけど・・・
普通の観光の方が行かれるコースは全く行っていません。あくまでも登山ルートのみでした・・・

難しいですよ、ノコンギクとシロヨメナ、毛の長さが違うとか、葉っぱの光沢が違うとかありますが、両方一度に見ないとわかりませんよね~
ただシロヨメナが湿気のおおいところで、山道とかはノコンギクと書いてあるサイトがありましたので、それで判断しただけのことです・・・ 外れているかもわかりません・・・

火口は多分コバルトブルーの池になっているかと・・・時間があれば行くべきでしょうね~ もちろん車で行ってくださいね~ オイドンは今回行っていませんので~



2009/10/13(火) 08:05:24 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
天高く、馬こゆる秋~~~こちらは食のほうに出かけましたが、トレッキングも、いいなぁ~~~!
烏帽子岳、登りやすそうなやまですね~~~!
山や野に咲く花には、そこでしか出ない色があって、しみじみいいです~~~!
われもこうの色の深いこと!!!
空気も美味しそうです!
こちらの近くの山と異なって、ひろびろ感があります~~~!
海だけじゃなく、山も広いぞ~~~~~つて!(笑)
2009/10/13(火) 09:44:06 | URL | マルコ #-[ 編集]
おおぉ…!
まさに太陽の塔ですね。
実物はコレ見て作ったんじゃないか!ってくらいソックリ。
火山の噴煙もナマナマしいですね。
チョット怖い気もします。
2009/10/13(火) 11:17:37 | URL | kenken #-[ 編集]
■ ワル猫さん  こんにちは♪

いいですね~
気持ちよさそうです。
阿蘇山には、中学の修学旅行で行きましたが
時期が冬でしたので、寒かった~。
今頃の季節の方が、登山には良さそうですね~
草千里にも、行きましたよ~  懐かしいです~
(って ほとんど覚えておりませんが・・・・ 笑)
山の花もいろいろですね。
ワル猫さん、名前も結構覚えたんじゃないですか?^^

>もう~作ったおかずは なんでも丼にしています(笑)
1品作れば、ご飯にど~んと 嬉しい献立です (^―^)v
はい、ヤドカリは夜行性です~
なので、昼間はあまり見ることが出来ません~
夜中 ガサゴソ音がしていますよ ^^
2009/10/13(火) 13:00:20 | URL | mana #cFDUgT.c[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/10/13(火) 13:01:02 | | #[ 編集]
マルコさんへ
ここはかなり登りやすい山です、しかし、山は山なめたらあきまへんよ~ ガスが本格的に出たらちょっと怖いかな~

その時は引き返すに限ります・・・

ワレモコウはもっと素敵な写真ありますから明日明後日とお楽しみにしてくださいね~

それとサプライズも~ ウフフ~
2009/10/13(火) 19:03:31 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
kenkenさんへ
おっしゃるとおり~ 岡本画伯はこれをイメージされていたのかな~ ほんとよく似ていますね~

阿蘇の噴煙が激しいときは石が飛んできたと聞きます。恐ろしいです。防空壕みたいなシェルターが火口の近くにはいくつもあります・・・

2009/10/13(火) 19:05:35 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
manaさんへ
我らは年に一度は阿蘇に行くって感じですよ~ でも山に登るようになったのはここ最近です。
自分の足で登るといままで見えてなかったものが見えます。

ほんといいですよ~ 最高でした~

たった一度だけならほとんど覚えてらっしゃらないでしょうね~ 今はデジカメなんかあるから記録にはバッチリですよね~

花は覚えて、そしてすぐに忘れます~ アハハ

2009/10/13(火) 19:08:05 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
鍵コメさんへ
そちらの方にコメントいたしましたよ~
2009/10/13(火) 19:08:35 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する