野菜作りや温泉などの日常の出来事を綴ったつれづれなるままの日記です。ズボラで手抜きの勝手に菜園ですが、よろしくお付き合いください。
 久住山に登ってから下山です~♪
2010年02月16日 (火) | 編集 |
さて、下山しましょうか・・・ 冬の山は日が短いし・・・

P1100961.jpg
↑途中何カ所か滑りやすい場所もありました・・・

こりゃほんと積雪があったらここまではこれないでしょう・・・

P1100964.jpg
↑東千里が浜、奥に見えるのが昼食をとった白口岳です・・・


P1100965.jpg
↑先の方は久住高原、くじゅう花公園とか長湯温泉がある場所です。

で、結局いつもと反対側から久住山に登ることに・・・
見上げただけでぐったりしてきました・・・

P1100966.jpg
↑う~、大丈夫かな~


P1100967.jpg
↑友人はスイスイ登っていきます・・・ 見た目より身が軽いかも(失礼)

そういえば、昨日ちょっとお酒飲み過ぎたかもしれません・・・

P1100977.jpg
↑でも一歩ずつ登ればちゃんと着きますね・・・


P1100978.jpg
↑すぐ目の前が久住山の山頂です。

その手前は岩場じゃないのでゆっくり腰を下ろして休憩です。
抜群の眺望でしたよ~ よく久住に登る友人も10年ぶりの景色だとか・・・

P1100979.jpg
P1100997.jpg
P1100999.jpg
↑大自然のパノラマに酔いしれました・・・



P1110006.jpg
↑帰り道にも沓掛山の手前にアセビが・・・


P1110007.jpg
↑ここを乗り越えたらもうあと少しです・・・


P1110008.jpg
↑結構な岩場です・・・


P1110015.jpg
P1110022.jpg
P1110028.jpg
↑整備された登山道を降りていきます。

降りるときに膝を痛めないよう用心です。スティック持っているとほんと助かりますよ~

P1110029.jpg
↑ありゃ、もうオイドンの車しか残っとらんばい・・・


P1110030.jpg
↑もう四時半です。売店も冬季は閉まっているので登山する方の車しかありません・・・

ここがこんながら空きなのは初めて見ました。夜中は別として・・・

P1110031.jpg
↑無事に牧の戸に着きました。

さて、次は温泉ですが・・・ また旅の最初の写真もアップしてないので、
それらは後日になるかな~ 畑の記事もアップしないといけないし

皆さんほんとに長らくお付き合いありがとうございました~
また、日常のブログに戻る・・・かもネギ~




スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
うーん…すばらしい眺めですね。
山頂ではスーハ―スーハー! 
私ならあたりの空気を全部吸い込んでしまうかも(笑)
でもチョット、3枚目の写真でクラッときました。
遠景が遠くて、この山、高い~(@-@)
画面でみているだけで息切れする人も珍しいかも(爆)
ま、普段は低地の田んぼの中に住んでますからね e-250

岩でごつごつのところに丸太を組んで登りやすくしてくださっている~!
登山道を整備されている方に頭が下がります。
これなら途中まででもプチ登山が楽しめそうです。
もちろん、装備はそれなりにちゃんとしないといけませんが…
雪が残ってましたものね(^^;)
2010/02/16(火) 10:30:25 | URL | gerogero #8klwOKB6[ 編集]
でも一歩ずつ進めば、ちゃんとつきますね~~
さらっとおっしゃっていますが、名言ですね!(笑)
でも、これがなかなか難しい~~!
九州は、広いですね!
なんと、見晴らしのいいこと~~
そこにワル猫さんがいらしたということが圧巻です!
かんたんには真似できません~~
おそらく私でしたら、二合目くらいが関の山かも!
足腰を鍛えてからでないと~~!(笑)
2010/02/16(火) 11:37:49 | URL | マルコ #-[ 編集]
アラ?
ここは名犬「平治」君のお住まいのお近くでは??
まったく土地勘がないので…??ですが
平治君のお話読もうと思っててまだでしたw
今度探してみなくちゃ!!
2010/02/16(火) 14:24:13 | URL | komorebi #92eFZkuY[ 編集]
ワル猫さん  こんにちは♪

雪が見られたのも良かったですけど、
危険のない程度で良かったんですね~
青空がとっても綺麗ですね。
それにしても下を眺めると すごい~ 絶景ですね。
山肌も魅力的です。 酔いしれますわ。
登山は 下山の方が大変と聞きますけど、
降りていくのは やはりちょっと 怖い感じがします^^;

>我が家で もし動物を飼うことがあったら
私が仕事を辞めた時ですね^^
今は、無理ですよ~ 飼ったとしても動物が可哀想。
子どもたちは 飼いたがっているんですけどね・・・

2010/02/16(火) 16:06:16 | URL | mana #cFDUgT.c[ 編集]
なぜ山に登るのか
なぜ山に登るのか?-そこに山があるから。
なぜラーメンを喰うのか?-腹がへるから。
なぜこんな質問するのか?-暇な時間があるから。
ワル猫さんのアウトドアー指向が良いですね。
私は古城登りでも顎出しています。
2010/02/16(火) 17:02:46 | URL | southfellow #pT6py8Ww[ 編集]
凄い眺めですね~!!!
平尾台に登ったときに思ったんですけど、すぐそこが頂上ってわかっても
自分が既に高い所に居るから、頂上が頂上に思えなかったんです。
でも下の景色を観たら、いつも下からしか見ない所に居るって実感してきて
同時に空に近い様な感覚や、自分のちっぽけさや色々な気持ちが湧いてきました。

久住と平尾台ではスケールは違うけど、あの時の気分を思い出しました♪
でも硫黄の煙や見渡す限りの山・山・・・これは久住ならではですね~
やっぱり行ってみたい~(^Q^)
春にはどこかにと思ってるけど、阿蘇か久住か迷います。
やっぱり湯布院に最低でも一泊ですねv-48
急斜面の登りばかりで無いなら、片道2時間程度なら行けそうな気がするんですよね~^m^
もしもくだびれたら、潔く引き返せばいいし♪
野草を見ながらだと、もっと時間がかかるかな・・・色々考えてみようっと。

それからもう一つ思ったんですけど、いくら地図で確認していても
実際の道の雰囲気が違って迷う場所もあると思うんです。
そんなとき、これだけ写真を見せて頂いてたら助かりますねv-221
見覚えのある道に出たら、とっても安心しそうです。
下りはホントに、スティックは必需品ですね。
登山靴も合わせて、教えて頂いてて本当に良かったですもん♪
整備されてるけど、これだけ長い階段は、かなりヒザにきそう・・・
安心しながら、ゆっくり楽しみながら降りたいな~
って、降りて他にダレも居なかったらやっぱり急にサビシクなりそうだ~(^^ゞ
2010/02/16(火) 18:24:12 | URL | トマコ #LkZag.iM[ 編集]
gerogeroさんへ
三枚目の写真とはオメガ高い~ そりゃ杉山清貴でしたか・・・
この下からも登るルートがあるんですが、ただひたすら登るだけ、高原の散策じゃなく修験者の道みたいです・・・

こんな山の中に小屋作ったり大変ですよね・・・資材はヘリコプターで運ぶらしいですよ・・・
かなりの労力ですよね~

天気がいい初夏ならば運動靴程度でも登れるかもしれませんよ~ オイドン達も学生時代は登山靴やら持ってなかったし・・・

雪山はダメです。装備もだし、慣れた方と一緒じゃないと・・・
2010/02/16(火) 20:30:33 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
マルコさんへ
登るときはどうなるかと思いましたが、ゆっくりでも一歩ずつ進む、それが大事なんですよね~

ここ久住の牧の戸峠からはとてもアプローチしやすいルートなんですが、いかんせん、最初の階段のハードルが高いです。ここさえ乗り切ったらいいんですけどね~

でも、ほんといい天気でたすかりました。
今日あたりは冷え込んで一面銀世界、というか吹雪かもしれません・・・

2010/02/16(火) 20:34:01 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
komorebiさんへ
平治のこと覚えてくださっていたんですね~
ありがとうございます~

図書館とかにいけば、本はあるでしょうし、もしかしたら映画のビデオも残っているかもですね。
児童向けの本なんですが、とってもいいですよ~
「ありがとう山のガイド犬平治」です。著者は坂井ひろ子さん

2010/02/16(火) 20:36:07 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
manaさんへ
降りるときの方がラクチンでも事故は起きやすいでしょうね。登るときにはコケないけど、下りは滑ったり転んだりしやすいです。

そこで、スティックが一本あれば、全然違いますよ~

いい天気でしたけど、今はきっと雪が降っていると思います。佐賀でも高い山は雪みたいですから・・・
こんな日は厳しいですよ~ ブルブル・・・

2010/02/16(火) 20:39:10 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
southfellowさんへ
のんびりお時間あるならいいじゃないですか~
サイクリングとか芸術とかいいご趣味お持ちのようですし~

山は忙しくても登ったらすべてを忘れられます。
もちろん降りたら現実が待っていますけどね~ (^^;)

沖縄の山城(ぐすくって読むんですよね)も結構石段あるみたいですね~
首里城は行ったことありますよ~

2010/02/16(火) 20:41:30 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
トマコさんへ
山に登ったら皆さんやっぱり自分を見つめ直すってこと、あるみたいです。
大自然の中で人間の営みってとっても小さいことじゃないですか~
♪ちっちゃいことは気にしない~ それワル猫、ワル猫~♪

やっぱり一泊は必要でしょう。だからオイドンが軽くプランニングすると
朝起きて、食事は途中のコンビニおにぎりとして7時に出発します。多分10時前に牧の戸峠の駐車場に着くでしょうから、それからおにぎり持って登った方がいいです。
鳥栖を通って高速で九重インターがいいですよ。ETC割引きで千円だし・・・

ゆっくり登っても五時間で往復できますし、途中でトイレもありますから安心です。

久住分れまで行って、久住山や中岳は登らなくてもいいでしょう。でも御池だけは見た方がいいかもです。高くはないけど、扇が鼻が途中にありますから、そこの方が花が沢山あるかもです。久住や中岳は火山の影響で草花がほとんどありませんからね・・・

三時か三時半には駐車場着きますから。それから湯布院に戻ってのんびりされてください~

ゆっくり温泉入って登山の疲れをお宿で取ればいいんですよ~
ただ、湯布院に戻るとなると翌日は、そのまま道の駅散策かな~ ちょっともったいない気もします。

湯坪の民宿(休日前でも7千円)だと翌日に長者原の木道を散策して(無料ガイドのネイチャーコースみたいなのもあったはず)って選択肢もあります。その後はくじゅう花公園でぐるぐるウインナー食べてってコースもいいでしょうし・・・

泊まってから次の日登るより、少しムリして前日に登った方がいいです。

お泊まり場所を阿蘇の民宿にするならば、翌日は烏帽子岳やら牛が怖い杵島岳も登れるかも・・・
久住はミヤマキリシマがキレイだと言われていますが、その季節(6月)はお奨めじゃないです。天気は不安定だし、何よりも人が多すぎます。
4月から5月中旬までの方が人も少ない(それでも多いです)かな~

黒川や阿蘇方面に行かれた場合は、帰りが渋滞するんで、早めに帰った方がいいです。
まあ、そこらは都会に住んでおられるからご存じでしょうけど・・・

きっと久住は何度行かれてもそのたびに違う感動があると思いますよ~
もし行かれるようならいくらでもプランニングお手伝いしますよ~

2010/02/16(火) 21:14:49 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
この駐車場だけは行ったことがあります(笑)

いつも下から眺めるだけですけど、登ってみると結構変化に富んでいるんですね。
久住に何度も通っている知人がいるのですが、やっぱりそれだけ魅力がある山なんだなと思いました。
いつか登ることがあるだろうかと思いながら見せていただきました。なにしろ相棒がですね・・・
2010/02/18(木) 16:49:20 | URL | うさぎ #-[ 編集]
うさぎさんへ
最初から久住はちょっとハードルが高いかもですが、神社とかによく行かれているようですから、神社には階段がつきものですよね。
だから、結構足腰は丈夫なんじゃないかな~
玖珠の万年山とかなら片道一時間もかからないし、頂上はメチャメチャひろい草原でワンコも危なくないですよ~
オイドンもまだ登ったことはないですが、きれいな花が咲くらしいんでそこも行ってみたいな~

なんなら、くまさんは留守番で料理作ってもらって、その間にうさぎさんと正ちゃんで山登りなんてのもいいかも~ (^_^;)

2010/02/18(木) 19:15:58 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
万年山なら登ったことがあります。友人に連れて行ってもらったので、頂上だったのかどこだったのかよくわかりませんけど、とにかく万年山って言われました。あんまり登るという感じではなかったですね。草原みたいなところがあったような・・・
5月でした。ゴールデンウイークの時。
そうそう、花が咲いていましたよ。
名前は、確かレンゲツツジだったかな(違うかもしれません。もっと違う名前だったような気も)、黄色とかオレンジとかのツツジみたいな花(シャクナゲやみやまきりしまではありません)が群生してるんですけど、確かまだ時期が少し早かったような・・・あるいは遅かったか・・・
その時は近くの山(きりかぶ山だったかな)のキャンプ場のバンガローにとまったんですよ。小屋だけで、何の設備もないところで、寝袋だけでは寒かったのを覚えています。
その時にくまが、焚火をして、キャンプの楽しさに目覚めてしまって、その後しばらくの間多い時は月に2回もキャンプしましたよ。
切り株山では、今もあっているのかどうかわかりませんが、パラグライダーの競技が行われていて見にいきました。スタートする山の上と降りてくる下の目標のところと両方見たんですが、近くで見るとすごく迫力があっておもしろかったです。
今でもあってるんだったら、そのころに行かれたらきっと楽しいですよ~
2010/02/18(木) 23:53:37 | URL | うさぎ #-[ 編集]
うさぎさんへ
万年山は登られたことがあるんですね~
それもその時からキャンプに目覚められたんですね~
確かに登山って感じはないということですが、いろんなルートから登ればそれなりの登山になるようです。

でも、春はミヤマキリシマじゃなくてもいろんな花が咲いて見事だと聞きますよ~

いいな~

切り株山がパラグライダーの基地だとは聞いたことがあります。そうですか~迫力あるのが間近で見れるんですね~
今度機会があったら登ってみたいですね~

黄色とかオレンジのツツジってのはよく知らないですが、なんだろ~GW頃はミツバツツジってのも咲くとか聞いたような・・

もうキャンプは何度もされておられるからご存じだと思いますが、寝袋にもいろいろとランクがあって冬用は確かにそれなりに暖かいようですよ~ シュラフカバーとかマットとかを工夫すればそれなりに暖かくなるとも聞きました。

いや~オイドンは山でキャンプはちょっと厳しいかな~ やっぱ民宿がよか~ って軟弱者のワル猫でした~(^_^;)



2010/02/19(金) 00:01:42 | URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する